プロフィール

14238074_1095765063827083_8541138827138648478_n

 

14238074_1095765063827083_8541138827138648478_n

 

 

 

 

 

数多くのホームページの中から、本ブログをご訪問いただきありがとうございます。

冨安寛樹、29才です。

23才から5年ほど北海道の平取町、夕張市に住んだ後、現在は岡山県美作市上山にいます。

生い立ち

生まれ:大分県

育ち:横浜市保土ヶ谷区上星川

生年月日:1988年4月28日

出身校:鎌倉学園→立教大学

このような生い立ちで、育ちはほぼ横浜市でした。大学では部活でフィールドホッケーというスポーツをしていました。

ここからがややこしいので時系列でご紹介します。

2011年3月 立教大学に2単位足りず留年する。

2011年7月 就職活動を辞めて(諦めて)大学は休学して、地域おこし協力隊制度を使って北海道の平取町に移住する。

2012年9月 とりあえず卒業しなさい!と平取町の方々の配慮のもと立教大学に復学する。

2013年4月 大学を卒業して、再び平取町地域おこし協力隊をやる。

2014年4月 地域おこし協力隊任期が終わる。協力隊をしていた、平取町で公務員になる。(公務員試験に受かった)

2015年4月〜2016年3月

公務員を辞めて、更にお世話になった平取町を去り夕張市に移住。

0からフリーランスへ。

フリーランス(クラウドソーシング活用)、知人の繋がりなどからライター業を。

さらにAirbnbなどの民泊、ドローンなど色々とやってみる。

2017年4月 岡山県美作市上山に移住。今ここ

フリーランス的に生きるのは変わらずです。

地方に移住した理由と目指したいこと

なぜ地方に移住してやっていこうとしたか?について、大学4年生の時にアトピー性皮膚炎が激悪化しまして入院しました。その時になぜアトピーという病気が世の中は出るのか?

ということを考え、働き方や食や暮らしのバランスがおかしいからで、さらに子どもたちが生まれながらに病気や障害を持って生まれることは、世の中に問題があるということだと思いました。

今の暮らしのツケを次世代が負うのはおかしいよなーと思い、持続可能な社会について考え始め、自らも実践者でないと駄目だと思いとりあえず地方に行くことにしました。

どう地方に行くか?考えて色んな人に出会ったりしながら地域おこし協力隊制度を発見して、これだ!と思い北海道平取町に辿り着きました。

大卒からの地域おこし協力隊は、草刈りや除雪など地域の困ったことを解決するような事、高齢者向けのパソコン教室、祭事手伝い、林業と木質バイオマスエネルギー、空き家利活用など取り組みました。

仕事を創って定住することが目標でしたが、実力不足で出来ませんでした。結果として公務員試験に受かり協力隊後は平取町役場の職員になりました。

公務員として安泰した生活を送れたのかもしれませんが、何となく結果が出なくてもお給料が貰える公務員、地域おこし協力隊という環境だと甘えてしまうと思い公務員は1年で辞めました。

それで自分が結果を出す以外に道がない個人事業主、フリーランスをやることに。

持続可能な世界とか何とか言っても、まず自分のことを自分で責任もって回せるようにならないと話にならないなと思ったからフリーランスをやろうと思いました。

そして平取町から夕張市に2度目の移住をしました。

夕張市に移住したのは、ブログ経由で繋がりができたためです。

クラウドソーシングや知人経由でライター業など仕事を受注しつつ、夕張メロンのネットショップやAirbnbを利用した民泊、ドローン空撮などやってきました。

9c45384e-dc13-4f0a-afda-1d5bf21c9c7c

これらの経験を生かしつつ、美作市上山では上山集楽メンバーと棚田再生に従事しつつ、自立して暮らしていけるよう活動していきたいと思っています。

18620146_1332188816836333_402535625277056055_n

僕自身ライフスタイルや仕事を模索しつつ、次世代に残せるような日本であり世界を創っていけるように生きていきます。

ぜひ色々な方と繋がり、その繋がりからポジティブな変化を生んでいければ嬉しいです(^^)

follow us in feedly