ファミマこども食堂参入をみて、これからは人間味あるコンビニが生き残るんだなと思った。

どーも、冨安です。

「ファミマこども食堂」を全国で展開 |ニュースリリース|ファミリーマート

株式会社ファミリーマート(本社:東京都豊島区/代表取締役社長:澤田貴司)は、地域交流および未来を担うこどもたちを応援する取り組みの一環として、2019年3月より「ファミマこども食堂」の取り組みを開始いたします。

 「ファミマこども食堂」の取り組みにより、全国のファミリーマートの店舗を活用し、地域のこどもたちや近隣の皆さまが、共に食卓を囲みコミュニケーションできる機会を提供することで、地域の活性化につなげてまいります。

 ファミリーマートでは2018年度に東京都、神奈川県、埼玉県の5店舗で「ファミマこども食堂」をトライアル開催いたしました。このトライアルを通じて、「皆と仲良く話せて良かった」「学年を超えた交流を楽しめた」(参加者アンケートより)といった反響を頂き、開催地域を全国に拡大することを決定いたしました。

大手コンビニチェーン、ファミリーマートのこども食堂参入が話題になってますね。

知人でもこども食堂に関わってる人がいますが、直接関わったことはありません。

子どもが1人でも利用でき、無料~数百円ほどで食事ができる食堂。NPO法人や自治会、個人が運営している。貧困家庭孤食の子どもに食事を提供する場として、2012年ごろから注目され始めた。現在は誰でも利用でき、地域交流や子どもを見守る場としての食堂も増えている。食堂の支援普及に取り組む「こども食堂安心・安全向上委員会」が今年1~3月に調べたところ、全国に2286カ所に上った。県内では和歌山市の「こ・はうす」が15年に誕生したのを皮切りに広がった。

https://kotobank.jp/word/%E5%AD%90%E3%81%A9%E3%82%82%E9%A3%9F%E5%A0%82-1817709 より

福祉サービスみたいな印象を持っているのですが、こども食堂という福祉サービスになんとコンビニが参入するそうです。

あなたは子ども食堂のファミマ参入をどう思いますか?

僕はこれはすごく相性が良くて広がるだろうなーと思いました。

理由は3つあります。

理由1:小売の業界バックグラウンド。

まずコンビニなどの小売業界は、Amazonなどネットショップの広がりにより市場は狭くなってると思います。

わざわざ今の時代、大概ネットで買い物できるのでリアル店舗がある価値は薄れます。

すでに宅急便の受け取り、行政サービス、コピー、ATMなど色んな機能があります。

モノを売ってるだけだと先細りするので、こども食堂のような体験や人のつながりを生む場所にしていく必要があるんだろうと思います。

モノを買うだけだったらAmazonでいいので、ネットショップにはないリアル店舗の価値を出していかないといけない。

その1つがこども食堂なのかと思います。

理由2:行政機能の低下

理由の2つ目は行政機能の低下です。

行政の福祉サービスにかける財源、人的資源は縮小して、手が回らないところが増えると思います。

行政中心で行われていた福祉サービスにコンビニみたいな異業種が参入することが増えてきて、役割が棲み分けられていくのかなーと。

スーパー、ガソスタ、銀行みたいなとこが福祉サービスやり始めるみたいなこともあるんじゃないでしょうか。

今回のファミマこども食堂の動きは、行政としては大歓迎で自治体とコンビニで連携をはかるような流れになっていくのかなーと。

理由3:すでに人が集まる機能があること

コンビニが子ども食堂と相性がいいと思う1番の理由は、すでに最強の集客プラットフォームを持ってるからです。

地方でもコンビニって車で30分圏内には大概1つはあるし、1日に一回はコンビニに立ち寄る、という人も多いはず。

単に小売だけでなく、行政、銀行機能、宅急便、ネット、カフェなど色んな機能があるコンビニは、安心感とブランドがあり人が集まる場所としては最強じゃないですか?

すでに集客基盤があるコンビニは、こども食堂との相性バツグンだと思います。

こども食堂に限らず、色んな体験会や交流があるコミュニティーの基盤にコンビニは適当なんじゃないでしょうか。

人が集まる場所がこども食堂と相性がいいと考えたとき、ガソリンスタンドか?スーパーか?銀行か?ホームセンターか?

とか地方で人が集まる場所を考えたのですが、コンビニほど人が集まる場所は思いつきません。

銀行にしろホームセンターにしろドラッグストアにしろスーパーにしろ、リアル店舗の価値が薄れてきたのでファミマみたいな取り組みが必要なのかもしれませんね。

コンビニこども食堂の問題。

こちらの記事でファミマこども食堂の問題について書いていました。

ファミマ子ども食堂への3つの懸念と意見(藤田孝典) – 個人 – Yahoo!ニュース

従来のこども食堂の在り方との乖離、低賃金の小売がこども食堂をやる矛盾、国家責任を衰退させること

と理由3つをあげています。

1つ目の理由がファミマがどうこども食堂回すの?という問い。

ファミマが地域性の強いこども食堂をどう運営するか?人をどう回すのか?

地方の場合はコンビニの店員さんはだいたい知り合いだったりするので、コンビニの店員さんでもこども食堂運営できそうですよね。

そこまでの負荷ある仕事を非正規のスタッフはやれないと思うので、誰がやるのか1つ問題ですよね。

企画は地域の人にまかせて、ファミマは場所だけ提供するとか役割分担するとかなのか。

2つ目の小売がワーキングプアを生み出してるという指摘なんですが、コンビニは地方では一大産業でコンビニのパートタイムジョブは多くの人を救っていると思います。

ないよりはあった方が稼げる人は増えるコンビニアルバイト。小売が斜陽産業なイメージなので給料の低さはどうしようもない気がします。

3つ目の行政機能の話について、行政機能が縮小するのは仕方ないので行政と民間でどういう連携をするのかが大事なのかなと思います。

記者が指摘したいのはファミマがこども食堂をやること自体よりも、それ以前にある子どもの貧困や社会保障など社会問題という印象の記事です。

ファミマ子ども食堂への3つの懸念と意見(藤田孝典) – 個人 – Yahoo!ニュース

人に優しいコンビニが生き残る

今回のファミマこども食堂参入から、これからは人間味ある人に優しいコンビニが生き残っていくんだろうと思いました。

Amazonにはない、コンビニなどリアル店舗の価値は「人」に尽きると思うからです。

人を繋げて、交流を生む場所としてのコンビニの可能性はすごいんじゃないでしょうか。

地方のコンビニってやたら広い駐車場が多いんですけど、更なるインフラ構想をしてこれだけ広くしてるのかな?

51272902 2393237084079868 3962838316813910016 n

と夜のコンビニを眺めながら考えていました。

これからコンビニは何を売るようになるんでしょうね?

草刈りは、脳トレ。

どーも、冨安です。

耕作放棄地の草刈りというとイメージの湧かない方も多いかもしれません。

僕はーーのため、みたいなものでなく目的なき草刈りが好きです。

最近バイトを辞めて時間を作り半端にしてたとこを刈ってしまいたいと考えています。

51435162 2390883004315276 709906249478569984 n

夏場の追われる草刈りはしんどいのですが、冬場の草刈りはエクササイズに素晴らしいと思います。

耕作放棄地の草刈りは、体力増強と脳の活性化に繋がると考えています。

普段デスクでPCに向き合ってばかりの方にオススメしたいです。

草刈りをするときはどんなことを考えるか?

草刈りをするときは無意識のうちに色々なことを同時に考えています。

51435162 2390883004315276 709906249478569984 n

まず全体を見てみてどこからどう刈っていけばいいかな?

と考えます。

草刈りをするときは基本右から左に草を刈り、下から上に上がっていきます。

上段から刈っていくと、刈った草が下段のに覆いかぶさって刈りづらくなるので下から刈っていきます。

まあ気まぐれで刈りたくなったとこから刈ってしまうのですが。

 

そして実際に刈り進めるのですが、草刈り機はとても危険が伴う作業でケガをしないように安全を考えながら作業します。

51751388 2390883074315269 6582743349189410816 n

最悪どうやったら刃の跳ね返りがこないか、足を切らないか、放棄地は足場が見えづらいことが多いので足場は大丈夫か?

雑木がうっとおしかったり、草に別の草が絡まり合ってやたら刈りづらかったり。

51427901 2390883170981926 3324657484307628032 n

傾斜があるとこは傾斜に合わせた角度で刈っていったり。草に隠れて傾斜があるとき、草刈り機の角度を手首で調整しながらやったり。

草刈りは草刈り機を振り回してるだけにみえるかもしれませんが、脳は無意識のなかでフル稼働していてとても奥の深い作業だと思います。

今日の晩ごはん何にしようかな、とかどうでもいいことも考えますが。

長時間やるときはテキトーに力を抜いてやらないと体力が続かないので、腰が痛くならないようにーとか腕が疲れないようにーとか体の使い方も考えます。

草刈りという作業は同時に脳内で色々なことを処理しながら体を動かすので、体力増強と脳の活性化に繋がり、アンチエイジングになるのではないかと思います。

脳を鍛えるには草刈りしかない

閑散としたショッピングモールは切ない。

どーも、冨安です。

地方にはイオン系列のスーパー、ショッピングモールがたくさんあります。

通りがかったときに食料品を買うために寄ることがありますが、歩いていると切ないというか悲しい気分になるときがあります。

0

平日の洋服コーナーとかめっちゃ閑散としています。

これだけの商品があるけど、これらの店舗は割に合うような商売が可能なんだろうか?

何%セールとか札がたくさん並んでると、商品が売れなくて店員さんが消耗しながらやってるのかなー?

ここで売れないとこれらの服を製造してる、どこか中国かバングラデシュなどの製造現場が安売りせざるをえなくなって消耗してー。

さらに原材料を作っているどこかの農場が消耗してー。

閑散としたショッピングモールをみていると、連鎖して世界のどこかで消耗する人たちが増えるのかと考えます。

これだけの商品があるということは例えば衣料なら、原材料を作る人、加工して服を作る、デザイン考える人、店舗で販売する人、運ぶ人など凄まじいほどの人のストーリーがあり、命を削りながら作られている事実があると思います。

0

でも多くの過程を経て商品になっても、売れないことは無駄が多いということ。

最初から買うもの、売るもののマッチングができるネットで買えば早い話なので、閑散としたショッピングモールは時代の流れに適応できなかった結果なんだろうか?

それとも閑散としてるようにみえても黒字なんだろうか?人口が減ってるから?

ネットやスマホの普及によりリアル店舗、ショッピングモールの役割は180度変わっていくんだろうか?

今日明日もどこかでたくさんの人が消耗しながら、ショッピングモールは運営されているんだろうか?

とか閑散としたショッピングモールを歩いていて感じました。

閑散としたショッピングモールはどうやって姿形を変えていくと思いますか?

インドやバングラディシュで「ありがとう。」をあまり使わないのはなぜ?

どーも、冨安です。

最近バングラデシュの農業研究者5人が、上山に移住してきて一緒に暮らすという貴重な経験をさせてもらっています。

そこで彼らは5人でのコミュニケーションはベンガル語なのですが、会話を聞いていると「ありがとう」にあたるベンガル語「ドンノバッド」をほとんど聞かないんですよね。

日本人と話すときは日本に合わせたコミュニケーションをして「ありがとうございますー。」などよく使うのをみます。また日本人がよく「すいません。」を使うのですいませんもよく使いますw

でもバングラメンバー5人での会話ではありがとう、すいません。

Thank you

の方がよく使うのも1つみたいですが、Thank you も彼らの会話ではそんな耳にしません。

に当たる言葉をほとんど会話のなかで使ってないなと思い「バングラデシュの人は、ドンノバッドってほとんど使わないの?」と聞いてみました。

親しい関係のときに「ありがとう」はいらない。

もし関係性が近いときには「ドンノバッド」は使わないそうです。

お互いにGIVE&TAKEの関係性だからいちいち言わなくても分かってる。

水臭いからいいよ。

みたいな感じだと思います。

みててお互いに何かを共有して助け合う文化が自然に根付いていて、日本とはここの価値観は大きく異なる印象です。

仲間意識もすごく強いイメージ。

例えば奥さんがなにかをしてくれたときに「thank you」とか言ったら奥さんはがっかりするよ。

なんてことも言ってました。

僕は一緒に彼らと行動するなかで、「ありがとう」「すいません」を言わなくてもいい感じは好きです。

TAKEばかりでなくGIVEのバランスがあってこそだと思いますが。

日本人謝りすぎ?

一方で日本だと一言がないとすごい怒る人とかもいます。

どこかのお店でもそんな「すいません」言わなくてもいいのに…てくらい「すいません」連発する人とかいますよね。

僕は比較的「ありがとう」「すいません」とか一言がなくても気にしないし、そっちの方が気楽です。

それも相手との関係性によりけりかもしれませんが。

コンビニの形式的な「ありがとう」とか例えば必要なんですかね?

何かをしてもらったときの考え方は国によって違うんでしょうか?

宗教による違いがあるんでしょうか?

インドは個人主義だから?日本は個人より組織、和を尊重するから?

色んなバックグラウンドがあるんでしょうね。

言葉ではなく行動が大事ということか?

書いていて思いました。

感謝を言葉で表現しないから行動が大事なのかもしれません。

バングラメンバーは困ったときにはお互いに助け合う、共有しあう。

これを日本人とは違う感覚で自然とやっるようにみえて、この感じがすごく好きです。

国際経験が豊富な人とコミュニケーションして、すごいと思うこと。

どーも、冨安です。

最近バングラデシュの農業研究者5人がご近所さんになりました。

彼らの中にはバングラデシュ以外にもイギリスや中国に住んでいて、話せる言語も英語、ベンガル語に加えてもう一言語という人もいます。

日本人は日本語しか話せない人が多いことを考えると、3ヶ国語を話せるとか異国に住んでいる経験があるとかいいなと思います。

僕は異国に住もうというとこまで踏み切れないので。

それで国際経験も豊富な人とコミュニケーションしていて、すごいなーと思うことがあります。

相手側の視点に立つ能力。

彼らとコミュニケーションをするとき基本的に英語なのですが、僕の英語力はスムーズにコミュニケーションを取ることは難しいです。

相手の話してることが聞き取れないことがあるし、単語が出てこなくて言葉に詰まることも多いです。

日本語でも言葉に詰まることは多いですけど。

国際経験もあり色んな国の人とコミュニケーションを重ねてきたであろう彼らは、相手側の視点に立ってコミュニケーションする能力に長けていると感じます。

例えば僕が理解できない英語があったとして、

僕が何を理解していて、何を分かっていないか?

理解しようとしてくれて、ゆっくりと話してくれたり言葉を変えて伝えてくれたりします。

ここを自然とよく観察していて、お互いに理解ができなかったときの会話の軌道修正が上手なのかなと。

また例えば僕が単語が出てこないとき、僕が何かを思い出そうとしているとき、特に言葉を挟まずにじっと待っていたりします。

「ああ、こいつは今単語を思い出そうとしているんだな。」

みたいなことを察してるんでしょうね。

母国語のようにスムーズに話せないシチュエーションを多く経験すると、相手が何を理解していて何を分かっていないか?日々この壁とのたたかいなのかなと想像します。

日本人が外国人と、日本語で話すときも然り。

同じように日本語に慣れない外国人と日本語で話すようなシチューエーションでは、相手の視点に立つことが大事だと思います。

例えば日本語を学んでいる途中のバングラ友達は、新しく覚えた日本語を使ってコミュニケーションをしてくることがあります。

日本語を勉強途中の彼らの日本語は、語順や発音などどこかおかしいところはたくさんあります。

このときに相手側を想像して、どこまでのことを理解していて、何を勉強して、何を言おうとしてるか?

考えるようにしています。

とはいっても相手の視点に立つことはできないので、同じ視点に立とうする姿勢が何より大事なのかもしれませんね。

当たり前に言語でコミュニケーションができないとき。例えば外国人と認知症の人はコミュニケーションするとき同じ感覚で、想像力を働かせます。

これは普段のコミュニケーションでもいい訓練になるかもしれません。

例えば誰かがなにかを話しているとき

「この人はどういう背景で育って、ーーな経験をしてるから、世界をーーなふうにみていて、ーーなことを言っているのかなー?」

とか。

そこまで考えられないことも多いですが、外国人や認知症など違う感性を持ってる人とコミュニケーションを取ることは面白いですね。

僕のことを認識してた?認知症の方の辞め際の涙にビックリした。

どーも、冨安です。

今日で半年ほどバイトしてた介護施設を辞めました。

初めての介護業界でしたが、特に働いてみてよかったことは料理のスキルが上がったことです。

また認知症はよく知らなかったのですが、認知症の人の観察は面白くて案外飽きませんでした。

端からみてると不審な行動をなぜしてしまうのか?

認知症の人がどんなふうに世界を見ているのか?

何をどこまで分かっていて、何を分かっていないのか?

介護で大事なのは、想像を働かせて相手の視点に立つことでした。

テキトーに切羽詰まって始めたバイトでしたが、相手の視点に立ってコミュニケーションをとるトレーニングになりました。

僕が辞める挨拶をしたとき涙を流した人が2人もいて。

それで今日僕がめちゃくちゃビックリしたこと。

今日で最後になりますーみたいな挨拶をしたときに、泣いてた施設の利用者が2人いたんです。

ホントすごいビックリしました。

なぜなら一人は日々接していても、何をどこまで記憶していて何を分かってないか?

よく分からないんですよね。

仲はよかったんですが、いかんせん向こうがどう僕を認知してるのか分からない。

なので「え、俺のことそんなちゃんと認識してくれてたの?」

と思ったんです。

場の空気感で感極まったのかよく分かりません。

その利用者は普段から、今がいつでどこにいるか分かっていません。

僕をいったいどこの誰だと思っているのか?分かっていません。

何が何だかわからないけど日々接しているという、僕からしたら想像つかない世界におられます。

よくわからないのですが、記憶のどこかでしっかりと刻まれてたんだなと思いました。

結構友達感覚でしたね、その方とは。

そしてもう一人はなぜか僕のことを「トシちゃん」と呼ぶおばあちゃん。

なぜ「トシちゃん」になったのか全くもって謎です。

彼女のなかでは僕は「トシちゃん」らしいので、特に何も否定せずに「トシちゃん」だったんですが。

「トシちゃん、お仕事が落ち着いたらお散歩に連れて行ってね。」

と、よく散歩に連れて行ってくれとお願いされていて、よく散歩してたのでその記憶は刻まれていたようでした。

お二人ともそんな僕のことを認識してると思ってなかったので、感極まられていたことがすごくビックリしました。

そして、とてもうれしくもありました。

コミュニケーションは表向きの言葉だけではないなと感じました。

マイノリティーの人が持つパワーはすごい。

認知症の人は世間一般的にいえば、ボケて自分のこともできなくなり社会のお荷物、

というか社会がお荷物にしてしまっていると思います。

認知症の人は僕とは全く異なる世界をみており、その価値観や世界はとても興味深くて面白い。

インドに行ったら訳のわからない人がたくさんいて狭い世界で悩むことがバカバカしくなるように、全く異なる価値観で生きてる認知症の人と接すると気が楽になることがあります。

認知症の人と接することで、救われる人が多くいると思います。

認知症のように世間一般のこうあるべきだ、

からは外れているマイノリティーは、ときに多くのことを教えてくれます。

認知症、障害者、外国人、ジェンダー、ニート、シングルマザー、起業家とか。

自分とは異なる価値観やバックグラウンドを持って生きてる人と接することは、生き方の選択肢を増やすことでもあると思います。

1つの選択肢しか見えてないとしんどくなりますが、

「こっちもありなんだな。」

とその人自身が教えてくれます。

例えば外国人も認知症の人もなかなか交わる機会がありませんが、もっと日常的に混じり合った世の中になったら日本はいい国になるんじゃないかと思います。

そして、無職になりましたw

言語の距離。習得しやすい第2言語の選び方

rp_414K4WhOicL.jpg

どーも、冨安です。

最近バングラデシュの友達ができたことにより、英語とベンガル語に触れて使う機会が増えました。

また日本語を教えることもあるので、日本語についても改めて考える機会になっています。

0からベンガル語を覚えるオススメの勉強方法。

同時に3つの言語に触れていると、それぞれの言語の特徴も見やすくなってきます。

言語を学ぶことはその国が辿ってきた歴史を学ぶことでもあるので、言語の歴史を追いかけるのめっちゃ楽しそうだなあと思っています。

漢字、カナ、平仮名。ややこしい日本語は、どうやってできたか?

例えば日本語の歴史を追いかけていると、中国の秦の始皇帝の時代にたどり着きます。日本語で初めて使われた文字は中国から輸入された漢字で、漢字を簡体化したものがひらがな、カタカナだからです。

秦の始皇帝は、今のEUのようにバラバラな当時の中国を漢字を統一したことで知られています。

今の中国があるのは漢字という言語統一が成されたことが1つ大きな要因なんじゃないか?

とか言語の歴史は現代に繋がって面白い。

日本人が習得しやすい第2言語の考え方

英語とベンガル語をやってみて、日本人が習得しやすい第2言語の選び方があるなと思いました。

第2言語習得することに興味が出まして、こちらの本を読んでみました。

そこで書かれていたテーマの1つが言語同士の距離について。

「日本人は英語ができない」とよく言われます。できない理由はひとつではないのですが、まず第一に重要な障害になっているのが、英語と日本語の間の距離です。つまり、学習者の母語と学習対象となる言語が似ていれば似ているほど、つまり距離が近ければ近いほど、全体としては、学習しやすいのです。

本書のなかでは、日本語と新たに学ぶ言語の距離により習得スピードを変わるといっています。

言語の距離とは言語同士がどれくらい似ているか?

ということ。

例えば英語と日本語は、文の構造が違うので言語同士の距離が遠い。

私はご飯を食べます。

I eat dinner

あなたはご飯を食べますか?

Do you eat dinner

僕はいまだに英語の疑問を話すときに、どうしても肯定文と同じになってしまいます。

日本語脳から英語脳に切り替わりません。

一方でベンガル語と日本語は、文の構造が同じです。

私は元気です。

Ami valo ache.

Ami=私は valo=元気 ache=です(状態を表す)

例えば文の構造という点では、日本語とベンガル語の距離は近いです。

発音、文字などなど。

文の構造以外では例えば発音や文字も、距離をはかる上で考える要素です。

ベンガル語は日本人からすると文字への抵抗があると思います。

আমি ভালো আছি।←これ

日本語との距離を感じますよね。

ただ

①日本人がベンガル文字を覚えること

②ベンガル人が日本の文字(ひらがな、カタカナ、漢字)を覚えること

比較すると①の方が俄然簡単です。ベンガル文字は全部で50文字くらい覚えればOKなので、1000を超える漢字を覚える必要があることを考えると…。

漢字圏外の外人からすると、日本語の漢字を覚えるハードルの高さは悪夢。

今度は中国語。

漢字が分かる日本人は、中国語の文字への抵抗は少ない。

けど中国語は発音がややこしい☓文の構造が日本語と違う。

日本人が中国語を学ぶときは、文法と発音が習得の大きいハードルになる。

では今度はアメリカ人が中国語を学ぶとき。

英語と中国語の文の構造は同じなんだけど、アメリカ人にとって中国語は漢字がハードルになる。

このように母国語と新たに学ぶ第2言語には相性があります。

パッと思いついた言語の距離が、発音、文字、文の構造の3つでした。

他にも色んな要素があって言語同士の相性や距離は決まると思います。僕たちが第2言語を習得するときに、どれだけ母国語の言語に近いか?

より言語同士の距離が近いほど、習得は楽なので言語選びも大事なのかと思います。

具体的にどう選べばいいか?というとき

例えば今回紹介したような発音、文字、文の構造を比較したりするといいと思います。

外国語学習の科学-第二言語習得論とは何か (岩波新書)

スパイスを適当に混ぜたら、カレーになった。

どーも、冨安です。

バングラデシュの友達といて彼らといると、彼らの食文化にはスパイスが根付いています。

日本人は出汁文化が根付いているように、とにかくどの料理もスパイスが使われてスパイシーな料理が多いです。

そこで僕も自分で料理をするときにスパイスを使ってみよう!

と思いまして、100円ショップでスパイスを買いまして日々スパイス料理の実験をしています。

50913087 2378443158892594 5906978451876741120 n

スパイスってなに? 

スパイスは香辛料のことで塩こしょう、など日本人の生活にも欠かせません。

例えばルーカレーの原料をみてみると、色んなスパイスが使われてることがわかります。

 わさびや生姜なども日本ではポピュラーですよね。

適当に混ぜたらカレー風味になったときの衝撃。

これまで僕はスパイスには興味はなく知識もありませんでした。

よく分からないけど、玉ねぎとジャガイモ、鶏肉に適当に買ったスパイスを混ぜてみました。

 50913087 2378443158892594 5906978451876741120 n

50866831 2378443092225934 7006124887173496832 n

50790038 2378443208892589 8398442989776535552 n

51163554 2378443245559252 6476788013530611712 n

カレーっぽいものができたではありませんか!

カレーがどうやってできるのか?

ルーカレー以外の作り方は知らなかったので、スパイスカレーはどうやって作るものなのか?

イメージが初めて持てた瞬間でした。

食材とスパイスだけで作るのがきっと本来のカレーですよね。

水の加減がよくわからず、スパイスを使うと水っぽくなるものなんでしょうか。

水気を全部飛ばすくらいまで、煮詰めた方がいいんでしょうか?

ガラムマサラはミックススパイスらしくて、これがあればカレー風味になる便利なスパイスらしいです。

カレーは4つのスパイスがあれば作れる! マニアに学ぶスパイスカレー入門 – それどこ

化学調味料を使わないから健康にも良さそうにみえるんですが、健康への影響はどうなんでしょうね?

色々とスパイスカレー作りの実験をしてみたいと思います。

Amazon pay。Amazon銀行ができたらどうなるか?

THIS_IS_NOT_A_STORE___現在のカゴの中.png

どーも、冨安です。

先日初めてAmazonPayというAmazonの決済サービスを使う機会がありました。

購入者様 | Amazon Pay

2015年から始まってるみたいなんですが、初めて知りました。Amazonが決済サービスを持ったらやばいことにならないか?

と直感的に思ったので、なんでなのか考えています。

AmazonPayはAmazon以外のサービスで、Amazonの決済情報を使えるサービス。

THIS IS NOT A STORE 現在のカゴの中

Amazonが決済サービスを持ったら、あらゆるネット上の決済はAmazonが主導権を持つ。

なぜならすでに多くの顧客データベースを持っているから。

Amazonで買い物をして、Amazonの決済は楽だし抵抗がない人が多い。

あらゆるネット上の決済はAmazonになっていくんじゃないか?

例えば楽天市場で支払い方法に、AmazonPayを選べるような感じになるんじゃないか?

とか思います。

Amazonはショッピングに限らず、あらゆる決済情報を持つようになる。

人々の財布を握ることになる。

どこでいつどんな買い物をして、どんなことにお金がかかるか?

一般大衆のお金の流れを掴むことになり、個々の信頼が分かることになる。

そうすると融資業がスムーズになる。

都市銀行にはないギフトカードやポイントカードなどの特典をいかして、Amazon銀行に囲い込む。

都市銀行よりもAmazon銀行を使ったほうが、色々とお得になりそうじゃないですか?

僕だったらゆうちょ銀行よりもAmazon銀行を使いたいです。

メリット多そうなので。

Amazonがインフラから税金の支払い、買い物まであらゆる決済を担うようになり、Amazon中心の社会システムが出来上がるんじゃないか?

ここを目指して、いまAmazonはベースとなるAmazonユーザーを地道に増やしている。

ショッピングはもちろん、KindleUnlimitedやプライムサービスなどを使っている方も多いはず。

クラウドファンディングをやってる会社が銀行代わりになる日も近そう。もう始まってるかな??

金融業の在り方が全く異なる時代になりそうですね。

下記エントリーは読み物として面白いです。

【amazonに都市銀行が敗れる日】とは|池松潤 Jun Ikematsu|note

「amazon銀行」からお金を借りる日|池松潤 Jun Ikematsu|note

ブログが続く理由は、飽き性だから。

どーも、冨安です。

このブログは約7年続いていてトータルの記事は600ほどです。

1年に100記事前後くらい書いているみたいです。

更新する期間があったりなかったりしますが、7年間続いているものは僕には他に何もありません。

住む場所もやってることもコロコロ変わる中で、ブログだけはよく続いています。

性にあっているんだと思います。

ブログが続く理由は、飽き性だからかもしれない。

自分のブログを客観的に見たときに、雑記なのが特徴です。

特にテーマは絞っておらず、その時々で興味のあることを淡々と書いています。

例えば何かにテーマを絞って(働き方やドローン、民泊など)サイトを作ったら、アクセスを増やすことや収益化を目指すこともできるのですが、そこをやる気が起きません。

アフィリエイトとかもどうも興味が出ません。

結果としてアクセスも収益も大してないのが本ブログです。

なぜ続いているかといえば気づけば完全にライフワークになってるからで、ブログを通じて頭にあることをアウトプットする回路が出来上がってるから。

僕のブログをやってるのは、頭にあることを外に吐き出すためだと思います。

そしてトータルで600記事の蓄積がありますが、600記事分の脳内アウトプットがこのブログではされています。

それだけネタが続くのは僕が飽き性だからかと考えています。

例えば今はハマっているのがベンガル語なので、ベンガル語の記事が多い。

とっつきづらいベンガル文字の覚え方

0からベンガル語を覚えるオススメの勉強方法。

ですがベンガル語から語学に興味が移り、日本語を含めた語学全体に興味が出始めています。

漢字、カナ、平仮名。ややこしい日本語は、どうやってできたか?

なんで日本人は、中高で英語を6年勉強してるのに話せる人が少ないの?

ヒンディー語とベンガル語が、めちゃくちゃ似ててビックリした。

3ヶ月前の僕のトレンドは認知症で、介護についてばかり書いてました。

介護施設利用者のうたた寝が多い感じは何なのか?

自尊心と施設の都合。急に車椅子の利用者をみて思う、人はどう寝たきりになっていくか?

認知症について興味持ったら、脳科学に興味が出始めて量子や波動に派生して歯止めが効かなくなっていた時期があったのですが、気がつけば飽きていました笑

興味が縦に深まらず、横にどんどん広がっていく。

ベンガル語にハマっていてたかと思ったら、気づいたら違う方向に向かっている。

みたいなことはよくあります。

ハマるときはダッとハマって、その分野の書籍を読み込んだりするんですが、スーッと熱が冷めていく瞬間があります。

ですので1つの分野が中途半端なうちに次に興味がいってしまい、何かを極めるということがありません。

この大卒後の7年間は色々やってみて、ブログのテーマもころころ変わります。

自分のマイブームが今は語学です。

地域おこし協力隊、行政、Airbnb、クラウドソーシング、クラウドファンディング、仮想通貨、ネットショップ、ブログ、ドローン、介護認知症、語学

上記はこれまでブログで扱ってるテーマ。全部自分でやったことや経験していることで、ブログでは自分が実際に経験したこと、その上での考察を書くことを大事にしています。

興味の対象とやることがコロコロコロコロ変わっているのがブログからわかります。

興味が変わるからネタが尽きない。

ブログで600記事積み重ねることができたのは、飽き性だからかもしれないですね。

色々と手を出すからネタは尽きないんです。

それを特に誰かに話すこともしないので、アウトプットの場としてブログがたまたまフィットしている。

僕がおしゃべりな人間だったらブログは必要なかったと思います。

興味の対象が変わっても、ブログでは書き続けることができますからね。

新しい世界を知る→感動する→アウトプットする。

飽きる。

新しい世界を知る→感動する→アウトプットする

飽きる。

これを繰り返しています。

このサイクルに今は語学がハマっています。語学に飽きて次に何が来るのか?

楽しみでなりません笑

僕の興味赴くままに書いている本ブログは、方向性があっちこっち行くので読者に優しくないブログです…!

どうしようもありません。