ドローン屋台を考えていて辿り着いたもの

411tr7S2nuL

どーも、冨安です。

8月11日は上山夏祭りです!

37333608_1794345203989923_3547792936689205248_o

ドローン屋台をどうするか考えていました。

今年もドローン屋台。ポイントは音楽に連動した光るフラフープ。

古きものと新しいテクノロジーを掛け合わせることで面白い屋台ができるのではないか?

と思いまして音と光とドローンを連動できないかと考えていたのですが、ややこしすぎて諦めました。

ドローン屋台を考えると一人一人にかかる時間やバッテリー問題が面倒なんですよね。どうやったら面白いゲームできるかなーと考えていたところ

なぜかモグラ叩きに辿り着きました。

元祖モグラたたきゲーム

この古きよきモグラ叩きに、スマホで光と音楽を連動させることで今時っぽい屋台になるのではないか?

と思っていたところ

なぜかポカポンゲームに辿り着きました。

ポカポンゲーム (2010年ver.)

この古きよきポカポンゲームに、スマホで光と音楽を連動させることで現代っぽい屋台になるのではないか?

と思っております。

というわけで今年は2018年仕様のポカポンゲーム屋台にしたいと思います。

もはやドローンは全く関係ありませんね。

人生同様、こんな感じで考えることは寄り道ばかりです。

ドローン屋台を考えてて辿り着いたもの

411tr7S2nuL

どーも、冨安です。

8月11日は上山夏祭りです!

37333608_1794345203989923_3547792936689205248_o

ドローン屋台をどうするか考えていました。
古きものと新しいテクノロジーを組み合わせることで面白い屋台ができるのではないか?
と思いまして音と光とドローンを連動できないかと考えていたのですが、ややこしすぎて諦めました。
ドローンのバッテリーや一人一人にかかる時間を考えていて、何か面白そうなゲームないかなーと思っていたところ
なぜかモグラ叩きに辿り着きました。
元祖モグラたたきゲーム
この古きよきモグラ叩きに、スマホで光と音楽を連動させることで今時っぽい屋台になるのではないか?
と思っていたところ
ポカポンゲームに辿り着きました。
ポカポンゲーム (2010年ver.)
この古きよきポカポンゲームに、スマホで光と音楽を連動させることで現代っぽい屋台になるのではないか?
と思っております。
というわけで今年は2018年仕様のポカポンゲーム屋台にしたいと思います。
もはやドローンは全く関係ありませんね。
困ったことに、人生同様考えることは寄り道ばかりです。

映像で最も悩ましいのは音楽選び

どーも、冨安です。

ドローンを飛ばすようになってから映像を作る機会が増えました。

無音で景色だけ淡々と流してもいいのかもしれませんが、映像ってなぜか必ず音楽とセットですよね。

例えば同じ景色を映像するにしても明るい感じか、暗い感じの音楽かで伝わり方は全く異なると思います。

映像は作り手の解釈がかなり入り、何を伝えたいかにより音楽の選び方が変わります。

文章作成と映像作成は似ている。

文章を書く作業と映像を作る作業は同じだなーと思います。

人によってどう作るか、

作り方の過程は異なると思いますが。

僕の場合はどっちの場合も

①最初に何を伝えたいか決める

②構成を考える

という順番で文も映像も作ります。

この作り方の過程は、映像も文も全く同じなんだなーと映像作り始めて思います。

最初に音楽を決める。

僕は映像をつくるときは最初に音楽を決めます。

それで音楽の起承転結に合わせて、動画を切り貼りしていきます。

文章に起承転結があるのと同じイメージです。

音楽は映像の全てを左右するくらい重要と思っていて、動画素材を撮った後の動画作りでは音楽選びに最も時間がかかります。

フリー音楽だと探すのに時間がかかりすぎまして、最近は年間1万ほどの有料サイトに登録しました。このサイトはオススメです。

https://artlist.io/

Artlist io Music Licensing For Video Film YouTube 🔊

音楽を選ぶ作業がめっちゃ時間がかかりまして、しっくりくる音楽を見つけるのは中々大変です。

動画作りをしている皆さんがどんな風に音楽を選んでいるのかすごく聞きたいところです。

音楽を選ぶところまで終わってしまえば、後の作業は進めやすいです。

僕は映像を作るときは必ず最初に音楽を決めるのですが、映像分野のあなたはどんな風に映像をつくられてますか?

動画素材を撮る前から

①最初に伝えたい動画イメージを決める。

②そのイメージを元に音楽を選ぶ

③動画素材を撮る

くらいの感じで、もはや動画素材を撮る前から音楽は決めてしまっていいレベルで音楽大事だと感じています。

今年もドローン屋台。ポイントは音楽に連動した光るフラフープ。

37333608_1794345203989923_3547792936689205248_o

どーも、冨安です。

8/11日に上山夏祭りが開催予定です!

上山集楽夏祭り2018

37333608_1794345203989923_3547792936689205248_o

 

昨年は課題だらけで終わったドローン屋台を今年もやる予定です。

そこで去年よりもいかにグレードアップさせるか考えています。

去年は掴んでるモノを標的に落とすゲームをやりました。

IMG 5574

しかしながら操作を覚えてもらう手間など一人一人に時間がかかるのが問題でした。

そこで操作は究極なまでにシンプルにゲーム性を高めてやりたいと考えています。

いかに演出をするか。

そこで重要になってくるのはもはやドローンではありません。

いかに演出をするか?

ここです。

ドローンの操作をシンプルにできるゲームにして、その他の演出でどれだけ盛り上がってる感を出すことができるか?

ここがドローン屋台2年目の肝になるでしょう。

では一体どんな演出をすればいいのか?

①光るもの

②いい感じの音楽

この2つが必要になるのかと。

パチスロ的な発想ですがドキドキする光る演出。

音楽が連動する。

これにドローンゲームを乗っける。

完璧じゃないでしょうか。

音楽に連動する光る何か。

ということで音楽に連動する光る何かを探しています。

ドローンの操作は離陸発着くらいの操作で、タイミングに合わせてドローンを下ろすみたいなイメージです。

光るフラフープをくぐるみたいなのは難易度高くて厳しいかなー。

音楽に連動する光る何かってどんなものがあるかAmazonでリサーチしています。

この辺りとかをうまく生かす感じになるんですかね。

あーこれとか面白いかな。

というわけでドローン屋台はドローンの枠組みをこえて、演出で勝負していきたいと思います。

あーこうしたら面白くなりそうだなと。

何か面白そうなことを閃いたあなた!

ぜひアイデアをこっそり教えて下さい。

民宿むろらんのHPを作成中。

民宿むろらん_–_岡山県美作市上山のゲストハウス(簡易宿所許可済み)_と_民宿むろらんのHPを作成中。_と_MarsEdit.png

どーも、冨安です。

既にあるものをもっといかしていけるように情報発信していこうという今日この頃です。

やった方がいいだろうことをやろうと思いまして、とりあえずブログの固定ページにドローンサービス こちらを追加。

また今住んでいる古民家は簡易宿所許可済みなので、ドローンと同時に宿の発信もやってきます。

というわけでWEBサイトを即席で自分で作っています。

民宿むろらん – 岡山県美作市上山のゲストハウス(簡易宿所許可済み)

民宿むろらん 岡山県美作市上山のゲストハウス 簡易宿所許可済み と 民宿むろらんのHPを作成中 と MarsEdit

ドローン同様、とりあえず何をいくらでどんなことをやっているか?

問い合わせ先やアクセスを作るとか、宿っぽいWEBサイトを作っておくのが大事かなと思いまして。作成中でまだ外側しか出来てないですが更新してゆきます。

ドローン同様、集客と情報発信に力をいれてきます(^^ゞ

ブログのFacebookページは消し、新しく宿や上山ならではの暮らし目線で情報発信してこーと思います。

ドローンサービス用の固定ページ作りました。

どーも、冨安です。

ブログのメニューバーにドローン用のサービス提供ページを作成しました。

ドローンサービス

何をいくらでどんなことをできるか書いています。

特にドローンを観光に使った取り組みは、周囲でそんなにしてる人も見ないのでポテンシャルは高いと思っています。

持続可能なカタチでやっていくために、広報ややり方を含めて今より動いていきバージョンアップさせていきます。

6月くらいからやり始めて、実際にサービスを受けた方の満足度は絶対的に高い一方で、収益やかかる労力など持続可能性な形ではないとも感じています。

どうやって周知していくか?

どうやって地域の観光にドローンというツールを落とし込んでいくか?

とりあえず思い付くことを試しながら進めていきます。

その1つがWEBの活用ということで固定ページ追加、情報発信の量を増やしていきたいと思います。

ドローンサービス

チラシ配布にご協力いただける方など大歓迎です(^^)

ドローン空旅チラシ

岡山でCS60を受けたい、興味ある方募集

Dh5eXw-VMAMk8jP.jpg

どーも、冨安です。

先日記事にしました謎の球体CS60。

謎の球体CS60

ぜひ詳しくはHPで見てみてください。

といっても怪しさばかりを感じると思うのですが笑

東京で肩こり、腰痛、膝痛なら是非、CS60の日本イノベーションへ。 | 東京で幅広い対応実績あります。

「CS60」は、細胞内のミトコンドリアに直接働きかけ活性化するため、慢性的な肩コリ・痛み・シビレなどの諸症状が緩和されるばかりではなく、基礎代謝量の改善により、免疫力アップ、自然治癒力アップ、老化防止、ダイエット効果、美容効果等を上げることができる他に類を見ない画期的で近未来の医療を担う健康施術器具です。

Dh5eXw-VMAMk8jP.jpg

あるきっかけで知りまして、先日高松で実際に施術を受けてきました。

先っぽの球体を擦り体に溜まっている老廃物や余計な電気を抜き出すそうです。

「CS60」の施術を2010年から始めて数多くの人々を施術し、医者から見放された難病や様々な症状に接しましたが、効果が無く断念することはありませんでした。
それ以上に現代医学では治りませんと宣告された人達に希望を与えています

「CS60」の施術は身体の中に潜む酸化物質や老廃物を
“真空掃除機”のように身体の内部から吸い出すことで
細胞を活性させ、人々が持っている自然治癒力や免疫力を
最大限に引き出す施術器具なのです。

”薬に頼らずに”

自前の細胞が病原菌や老化物質を
体外へ排出させる機能が大幅に上がります。

是非体験して下さい

「CS60」は次世代の救世主になるでしょう。

なぜ治るのか?

細胞がどんな動き方をしているのか、理屈は開発者にも分からないそうですがあり得ないようなことが起こるのだそうです。

この謎の球体により。

好奇心がそそられますよね(笑)

岡山でCS60受けてみたい、興味がある方募集

CS60の施術者が高松にいらっしゃいます。

複数人の施術希望があれば岡山に来ていただけます。

僕は一定期間で定期的に受けたいなと思っておりまして、もし岡山でCS60に興味がある方いらっしゃいましたら一緒にいかがですか?

価格がどうなるかとか要相談なのですが。

怪しさが満点ですが、好奇心が旺盛なあなたならもう答えは決まっていますよね?笑

CS60in岡山

ご興味ある方、お気軽にメッセージやメールをくださいませ。

メール:aolarena16@gmail.com

謎の球体CS60

どーも、冨安です。

自分がまだ見たいことのない、体験したことのない世界を見ることができたとき。体験することができたとき。

そんな瞬間が僕はとても好きです。

最近初めてドローンを飛ばしたときのような、新しい世界に触れる機会がありました。

謎の球体CS60

僕が心ときめいたものであり、体験がこちら。

Dh5eXw VMAMk8jP

CS60という謎の球体です。

東京で肩こり、腰痛、膝痛なら是非、CS60の日本イノベーションへ。|東京で肩こり、腰痛で実績あり

正式名称はCell Smooth 60trillion。

Cはセル(細胞)、Sはスムーズ(滑らか)、6060トリリオン(60兆)を表しています。

60兆ある人間の細胞を活性化し、人間の免疫力を高めるのだそう。

代替医療の一種とでもいえばいいのでしょうか。

マッサージや鍼灸などに近いイメージです。

先端の球体で体をこすることで、体に溜まっている老廃物や悪い電気を抜き取ることができるのだそうです。

ときに医者から見放された難病も治してしまうことがある、不思議な球体。

先端の半導体には特殊な回路になっており、開発者の西村先生によればブラックホールのようなイメージで、擦ると老廃物や電気を吸い取ってくれるのだそう。

高城剛ポッドキャストで知る。

CS60のことを高城剛さんボッドキャストで知りまして、車で何度も聞いているうちにこの謎すぎる体験は絶対にしてみたいと思い、実際に高松に受けに行ってきました。

開発者の先生にすらなぜ治るのかはよく分からないらしく、でも過程は分からないけどイメージはできるらしい。

この会のポッドキャストはめちゃくちゃ面白いので車で100回くらい聞いています。

Dh5eXw VMAMk8jP

で、好奇心を抑えきれず高松まで出向き実際に施術を受けました。

なんとも不思議な世界を体験させていただきました。

この謎の体験が1時間7000円だったので、個人的にはこれは安いと感じています。

体が何ともない箇所は痛くないのですが、老廃物などが溜まっている箇所は痛みがあります。

同じ強さで擦っているのですが、痛い箇所はブラックホールに吸い取られるかのごとく重力がかかってギシギシと痛みがあるんですよね。

一番痛いところは刃物で刺されてる感覚がありました。人により悪い箇所が酷い人は、想像を絶する痛みがあるらしいです。

僕は視力とアトピーが気になるとこで、一度では変化は分かりませんでしたがこの不思議な世界を味わうために定期的に通ってまいります。

たぶんこのCS60は怪しい、うさんくさいと思われる方が大半だと思いますが、僕はとても好奇心がそそられています。

こんな謎の球体見たことがありません。

誰もが絶対に「嘘でしょ」と思うものこそ、実体験していくことを大事にしたいと思います。

地域でのドローンツーリズムの可能性

Df4-defU8AAaz29

どーも、冨安です。

ドローンを観光に使えるんじゃないか?とドローンを飛ばし始めたときから思っておりまして、

ドローン空旅チラシ

こちらをスタートしてみました。

ドローンを観光で使ってみよーというドローンツーリズムです。

ドローンを観光に使った取り組みは案外ありそうでちゃんとカタチにしている事例は見たことがなくて、ぐぐってもそんな上手くいってそうな事例もないんですよね。

ということで、この領域は僕が第一人者になろうかと思っている次第です笑

本当に人が来てくれるのか!?

手探りでスタートしましたがありがたいことに週末を中心にお問い合わせいただいてます。

実際に何件か体験してもらったことをふまえて、どんなことをやっているか、どんな可能性がありそうか考えてみます。

ドローンをみる、飛ばす。

やっていることはざっくりいうと

ドローンからの景色をみる、飛ばす。この2つです。

33130352 1885713534832228 4547979236677255168 n

32855344 1883011671769081 5737475999877038080 n

このゴーグルはドローンのカメラと連動して、目の前に映画館のスクリーンのような世界が広がります。

バーチャルなんだけど、ドローンは目の前に飛んでいて実際に棚田のある上山にいる!

という点で町でやるVR体験とは全く質が異なる体験なのかなと思います。

これにより空からの景色を気軽に伝え、空から地域のガイドをすることができるようになります。

33105808 1885696161500632 8865330991690940416 n

またコースにもよりますが、ゴーグルで見るだけだと飽きると思うので飛ばしてもらいます。

35300624 1533033453492630 3302816046599110656 n

GOPR1824

35228506_1533033360159306_3300305432056168448_n

何をどれくらいの時間で、どれだけやる。

みたいな型は特に決めずに、よくいえば柔軟に悪く言えば行き当たりばったりでやっています。

ロケーションは重要で

①安全な場所

②飛ばして楽しいところ

は意識しています。

どっからどう飛ばしたら景色の広がりに楽しさがあるか?どの時間帯にどんな景色か?

とか自分でも飛ばしながらリサーチしています。

ゴーグルの使い方はまだまだ開拓しないといけないところです。

ドローンはまだまだ一部の人にしか触れる機会がなさそう。

僕が初めてドローンを買ったのが2016年で買ってからちょうど2年くらい。

間違いなく持ってる人は増えたし空撮映像も身近になりました。

でもまだまだドローンを体験したことがない人が大多数なのかなと感じています。

10万円以上のドローンを買っても飛ばす場所は限られるし、興味を持っても実際に買う人は少ない印象。

さらにドローンスクールはくそ高い。

という中でドローンを飛ばしたい!というか家族や友人との余暇のエンタメの1つとしてお越し頂いてるパターンが多くなりそうです。

①上山という中山間のロケーション

②ドローンを飛ばす

③ゴーグルをつけて景色を見れる。

この3つが主な面白ポイント。

感想めっちゃありがたいです! 先週は4人家族でのご参加がありまして、親子間で色んなコミュニケーションが生まれるのがええなあとおもいました(^^)

DCIM100GOPROGOPR1837.JPG

 

さらに+α

やっていると色々と思い付くのですが、 映像を撮られたい人向けのコース、映像を撮ってみたい人向けのコースなど上山は棚田やコムスもあるのでいいなと思いました。

例えば自転車やバイクに乗っている方などであれば、撮影会自体がめっちゃ楽しくなるんですよね。

はるばる上山まで足を運んでもらうにはドローンだけでなく、+αでどんな体験を掛け合わせるかで面白さや滞在時間は変わってきます。

上山であれば棚田を中心に他のことを掛け合わさることができます。例えば先日は女子二人旅のキャンプツーリングにドローンも。

そのときの映像です。

ドローンにこだわりすぎずにドローンを要素の1つとして考えて、地域でできる他の要素を掛け合わせるといい感じで機能してくるのかなと感じています。

ドローンツーリズムは日本ではまだまだ未開の領域なので、開拓者になれる楽しみがあります笑

いい感じにしていけるように試行錯誤しながらやっていきます!ご興味ある方はお気軽にお問い合わせくださいませー(^^)

ドローン空旅チラシ

ロボットやAIに棚田は出来るのか?

34199747_1091956280957816_2004495742810456064_n.jpg

どーも、冨安です。

今日は上山では大芦池から各田んぼに続く水の水落しでした。

田んぼの期間はこの溜め池の水門を開け閉め調整して、上山中に張り巡らされてる水路をたどり田んぼに水が入ります。

34033526 1091955730957871 5578818031062089728 n

34090644 1091955780957866 5248450830280949760 n

同時に田んぼの準備も進みます。

棚田なので一枚一枚は小さく細かいところで作業は大変です。

GOPR1768

34199747 1091956280957816 2004495742810456064 n

ロボットやAIに棚田は出来るのか?

今日は棚田で作業をしながらロボットやAIに棚田は出来るのだろうか?

ということを考えていました。

棚田は水路管理から小さい田んぼでの作業など、現時点では人間でないとできないことが多いです。

単純作業はロボットやAIに置き換わっていますが、高い専門性や複雑なことすらも段々ロボットやAIがやってくれる時代。

部分部分の作業だったら棚田でロボやAIが活躍すると思います。

自動草刈り機とかも開発中ですし。

でもやはり棚田全体を維持していくこと(草刈りや野焼き、水路維持、田んぼ準備など)

さらに棚田をきっかけに人を繋ぐこと

これはロボットやAIでは代替できないんじゃないかなー

とか。

いやこの僕の想像を遙かにテクノロジーは進化しているんだろうか。

とか。

これまで1,000年以上の歴史の積み重ねで人間の叡智の結晶が残っている上山。

ロボットが歴史を感じて棚田の凄さを雄弁に語る時代が来るのでしょうか!?

さすがにそれは当分先な気がします(笑)

何かを思い描けるのも人だし、何かを創造できるのは人なのかなと思います。どちらかとえいば、そういうことをやっているので特にロボットやAIと僕は競合しないんじゃないかなと思います。。

僕はといえばドローンでできる遊びを創造しました。

これはロボットでは代替不可能でしょう。というかロボットと人のコラボ作品ともいうことができます。

ドローン空旅チラシ

そうです!

コマーシャルです。