あなたはライターorブロガー?吉見夏実さんが講師の岡ブロレポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
22448664_1654422141298667_26052272268993758_n

どーも、冨安です。

先日倉敷市で行われた岡山ブログカレッジ(岡ブロ)に行ってきました。

岡山ブログカレッジ(岡ブロ)ーブログを楽しく学び合う勉強会 | アナザーディメンション

月1で開催されている気軽に参加できるブログ勉強会です。今回は倉敷市でWEBライターの吉見夏実さんを招いての勉強会でした!

22539933_1591613564242228_6501694221192637937_n

 

22491489_1591613594242225_8834148276409909690_n

 

場所は倉敷美観地区にあるカモ井の2階。いい感じの雰囲気でした。

22448664_1654422141298667_26052272268993758_n

 

吉見夏実さんってだれ?

吉見さんはライター界隈では有名な方。

詳しくはこちら→プロフィール | YOSHIMINATSUMI.COM

2012年から始めたランサーズがきっかけでWEBライターになり、うっかり波に乗れてしまった感があります。普段は京都できれいな空気を吸って生きています。

こんな本も最近出されています。

僕も夕張に住んでいた一昨年、去年はランサーズを使って生きていたので、吉見さんのことを知っていました。Twitterではやりとりがあり、なにげに僕のクラウドファンディングを支援してくれたりしました!

一回リアルでも会ってみたいなと思い、今回岡ブロに行ってみました!

テーマは「ブログに役立つWEBライターの文章術を学ぼう」

テーマは「ブログに役立つWEBライターの文章術を学ぼう」! この日はライターやブロガーなど似て異なる人たちが集まり、どちらにも刺さるお話でした。

文章術を含めて、ライターとしてどうマネタイズいくか? 吉見さんのリアルが聞けて面白かったです。

細かい文章術には触れてないのでコチラをどうぞ。→Webライターが最低限おさえるべき文章の書き方を無料で公開しちゃいます! | YOSHIMINATSUMI.COM  

 

ライターとブロガーは似ているようで異なります。 ライターのメリットの1つはお金稼ぎはしやすい点。

僕もクラウドソーシングをやったり、個人でライターの仕事をしたことがあるので改めて考える機会になりました。

すぐお金になるのはライターの魅力。一方で書いた記事がすぐにはお金にならないけど、信頼など別の資本が蓄積されるのがブログ。

ライターorブロガー?自分の方向性を決める重要さ

吉見さんのお話のなかで今回僕が最も印象に残っていることは、自分がどういう方向性でいきたいか?タイプに関するお話。

何となく考えていたことを言語化してもらった感じ。

僕は完全にブロガーです。他の誰かがやってることを紹介するとかでなく、自分がやってることや考えてることを発信したいタイプです。

あまり自分が実際に経験したこと以外は書く気が起きなくて、自分が実践していることや考えてることを書いています。

僕のブログの位置づけは自分との会話的な要素が強く、ゆえにアクセス稼ぐ感じではないと思います。ドローンと民泊はもっと本気で仕事にしていけるよう発信していくつもりです。

ライターもやってみて、僕の場合は自分ライターじゃないなと気づけました。

吉見さんの収益は以下のかんじだそう。

実践的なWEBライティングについて

重要なポイントを端的に解説してくださいました。分かりやすい。

やりたいことはチャレンジしよう!

最後に。

吉見さんがこんなに人気講師になったのもここ数年の話。周りから何を言われようと、諦めずにチャレンジし続けたさきに何か面白い世界が広がってるはず。

つい惰性に流されてしまうんですが、僕もどんどん新しいことや出来ないと感じるようなことにチャレンジしていきたいと改めて思いました。

また岡山にこんなにブロガーさんいたんだなあ、というのも岡ブロ行ってみて良かったことの1つ。また機会があれば参加してみたいと思います!

岡山ブログカレッジ(岡ブロ)ーブログを楽しく学び合う勉強会 | アナザーディメンション

YOSHIMINATSUMI.COM | webライター・webライティング講師

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク







この記事を書いている人について


最後まで読んで頂きありがとうございました!
北海道夕張市から更新してますので気が向いたら、またよろしくお願いします(^^)
 とみやすについての詳細はこちら



follow us in feedly







コメント

コメントを残す

*