Amazon_co_jp__プライム・ビデオ__Amazon_ビデオ.png

Amazon co jp プライム ビデオ Amazon ビデオ

どーも、冨安です。

先日記事でも、書いたAmazonプライムビデオが今日始まっていました!

TUTAYA殺し!年間3900円で動画見放題の『Amazonプライム・ビデオ』

これは、年間で3900円のAmazonプライム会員になったら

配送料の割引サービスなどのAmazonの特典が受け取ることができるサービスです。

その中の1つが、年間3900円でAmazonプライムビデオ内の動画が見放題になるサービスです。

これ始まったら、プライム会員になってみようかなー!

とか思って始まったから、よし!

プライム会員になってみるか!

とか思ってやってたら

なんと既に僕はAmazonのプライム会員になっていまして、ビックリしました笑

いつ契約したのか全く記憶にありません。

んー。。。

ま、いっか。

というわけで、僕は既にプライムビデオを色々と見ることが出来たのでした。

日本映画や外国映画、AKB特集やアニメなどが見放題

見てみた感じですと、まだそんなにコンテンツは多くないです。

というか偏りがあるかもしれません。

やはり海外映画などは充実していると思います。

日本のアニメ動画、映画やドラマ、海外映画やAmazon独自コンテンツやAKB特集などもあります。

Amazon co jp プライム ビデオ Amazon ビデオ 1

日本映画は知らないのが多い。

Amazon co jp プライム ビデオ Amazon ビデオ

アニメや外国映画。

Amazon_co_jp__AKB48ほか200本以上のLIVE動画一挙配信開始__Amazonビデオ__2015年__2014年__2013年__2012年__2011年__2010年_など

AKB特集。これだけ見放題なのはファンには嬉しいでしょうね。

何かしら、誰にでも引っかかるコンテンツはあると思う。

まだコンテンツは少ないのですが、ラインナップの中に誰でも何かしら、

知っていたり、興味をひくコンテンツがあると思います。

何となく気になってたけど、みたことなかった映画やアニメなど何かしらあるかと。

さすがAmazonさんで世代ごとに、ターゲット絞ってそうなラインナップですから!

僕ですとこの中だったら

気になるかなあ。

AKB特集とかやってたりするので、こういうキャンペーンで確実に手広くファンを増やしていくんだろうなと思います。

後、例えば海外の映画の字幕版はかなり本数あるので、語学学習にも活用できると思います。

外国映画のランナップは、さすがにかなり充実しています!

実質タダでこんだけ見れるって、やはり半端ないサービスですよね。

知ってるけど、見たことはない、

でもDVDでレンタルするほどみたいわけじゃない、

そんな映画とか見るのに最適だと思います(笑)

スマホやタブレット向きかな?

年間3900円で実質月額タダで、これだけ色んな動画をみれるのは本当にすごく、

見てみたかった映画やアニメもあるし、気をつけないと時間を不毛に消耗してしまうだろうなと思います。

ただ、必ずしも見てみたい動画があるとは限らないので、

本当に見てみたい動画は、DVDやTVを利用する人が多いのかなと想像します。

このAmazonプライムビデオは、スマホやタブレットと相性がいいと思います。

前、スマホとパソコンでショッピングする時の心理の違いについて書いたのですが、通じるものがあるかなと。

この本から。

スマホとパソコン、ショッピングする時の心理の違い

PCに向き合う姿勢とスマホを操作する姿勢を比較して、前者は「リーンフォワード(前傾姿勢)」、後者は「リーンバック(体を後ろに傾ける)」と呼ばれていますが、この「リーンバック」の時代になるほどインターネットへの向き合い方は受動的になり、ソファやベッドでだらだらと使うものになってきているのです。つまり、「これを買う」という目的もなく「なにかほしいものがあったかな」と探索しながら買い物をするようになるのです

スマホでショッピングする時は、ダラダラ目的なかったりする一方で

パソコンでショッピングする時は、欲しいものが決まってたりすることがあると思います。

これと似たような話で、

もうよく見知った映画やドラマをみたい時は、テレビなりでしっかりと見る。

一方で、

Amazonプライムビデオは、今まで気になったけど、まあ買うまでもない、レンタルするまでもないような

動画を見ることが多くなるのかなと想像します。

スマホだと画面小さすぎるので、タブレットがちょうどいいのかなと思います。

それとも映画とか短時間で見れないこと考えると、そこまで普及しないかなあ。

案外、TUTAYAとAmazonプライムサービス自体は競合しないのかな?とか思います。

今まで知らなかったコンテンツを知るきっかけになるので、動画や映像産業など業界全体にはプラスで。

Amazonプライムビデオで見たのを知ったのをきっかけに、その映画やドラマをレンタルしたり購入したりするような流れも出来ると思います。

その時Amazonは、プライムビデオと通信販売っていう2つが連動してるので、僕などからしたら利便性が高い。

色々書きましたが年間4000円とか実質タダで、偏りはあるけどこれからコンテンツもすごく充実すると思います。

YouTubeとも何か似て異なるんですが、何なんだろうな??

プライムビデオは、本当に人を廃人にするパワーある、

暇つぶしに素晴らしいサービスだと思います笑

Amazonプライム