4泊5日道南旅。暮らすような旅が育むピースフルな世界

DJI_0125.JPG

どーも、冨安です。

先日4泊5日で急遽洞爺湖や厚沢部町、松前町、函館など道南を巡ってきました。

DJI 0018

IMG 2503

DJI 0097

IMG 2544

今回はちょっと9月前半に夕張でAirbnbミートアップを一緒に企画した、札幌でAirbnbコミュニティリーダーをされている石黒さんとそのお子と3人で道南を巡っています。

【告知】9/3・4日!夕張 × Airbnb in Hokkaido ミートアップを開催!

自分でしか生み出せない歴史をつくる面白さ

このミートアップのときに洞爺湖の礼子さんという方とのご縁が旅のきっかけです。

洞爺湖の礼子さんはくそまじめゲスブロガーのあんちゃ(まじまじぱーてぃー)の母です。写真右

14188551 1164494350290904 6603741992350070144 o

洞爺湖は行ったことがなかったので行きたかったので、せっかく縁もできたことに行くことに。

さらにどーせ洞爺湖まで行くなら函館とかも回ってしまうか!

ということで3泊4日の予定で道南巡りをすることなり、結果として4泊5日になりました。

Google マップ 🔊

トータルで約800キロほど(東京から広島くらい)の走行距離でしたw

人の繋がりを辿る旅

今回の旅のスタイルはAirbnbのカルチャーを愛する石黒さんとご一緒した旅らしく、人の繋がりを辿るような旅でした。

あとドローンを色んな所で飛ばせて大満足!

洞爺湖では礼子さんの家、厚沢部町では僕が地域おこし協力隊時代に知り合った荒木君のところ、函館ではAirbnbの弘年さんの家、最後には再び礼子さんの家という感じでした。

先に「人」があって、そこに「地域」がついてきた。

みたいなイメージでしょうか。

とても有り難いことに行く先々で歓迎してもらい、「人の繋がりがあるからこそできる旅の良さ」を実感しました。

僕自身Airbnbを7月からホスト側を経験したので、ゲスト側としてどんなことが嬉しいのか?

自分でより感じることができたかなと思います。

洞爺湖も含めて道南方面に行くのは初でした。

旅先で「ただいま」といえる新しい居場所に出会えること

今回僕らがした旅はAirbnbのコンセプトでもある「暮らすように旅する」に他なりませんでした。

今回は繋がりある地域もあれば、人の繋がりがなく残念ながら通り過ぎてしまった地域も数多くありますが。

行く先々でそこで暮らす人と繋がり、「また会いたい人」や「また行きたい地域」に出会えること。

「暮らすように旅する」は仕事やプライベートにつぐ、自分の第3の居場所を増やすことでもあると思います。

14359227 1185259591547713 3323497604705081840 n

まずは夕張にて。

14448938 1185259171547755 1708856350213092063 n

洞爺湖にて。

14355553 1185259471547725 1506488828726986507 n

厚沢部町、0円免許合宿の皆さんと!

【0円免許合宿】実質無料で免許を取得できる合宿所が北海道に誕生しました。 | 22歳、北海道の田舎に移住しました。

14212615 1186356921437980 3888406943036715946 n

新しく行く地域でこうしたそこで暮らす人たちと繋がりを持てるのは嬉しいです!

旅先で一瞬一瞬の時間を共有できる幸せ

では「暮らすように旅すること」が、観光地を巡るだけの旅と何が違うのか?

それは「予想外の人の想いや優しさに触れることができること」だと思います。

観光名所を巡ってホテルに泊まって、という旅ってどこか淡泊な印象があります。

既にインターネットで見たものをただ確認するだけで、旅が確認作業みたいになるんですよね。

一方で現地の人と繋がり「暮らすように旅すること」は、マニュアル化することができない予想できない「人の想いに触れる機会」に出会うことが多々あります。

コトの大小は関係なく、人の想いや優しさに触れること自体に大きな喜びがあると思います。

IMG 1562

IMG 1506

そこに住むの人の優しさに触れて、一緒に笑ったり泣いたりと色んな感情を共有できる空間。

縁もゆかりもなかったはずの地域で、そこにいる人たちと過ごす一瞬一瞬の時間を共有できることは幸せだなーと実感。

今回僕らが旅先で経験したカルチャーが広がる意義

「暮らすように旅すること」は知らなかった地域やコトとの距離感を縮めます。

予期せぬ人との出会いや優しさに触れることは、そこに行かなければ出会うことができないことです。

どんなに情報社会が進化しても。

こうした旅により「ただいま」と言えるような第3の居場所が増えることは、生き方の選択肢や人生の幅を広げます。

今がどんなに死にたくても自分には「ただいま」といえるあの場所がある、みたいに思える意義は大きいと思います。

金銭的な価値以上の経験が育まれることもたくさんあるはず。

今回は単なる観光名所に足を運ぶ「確認作業の旅」ではなく「予想外な人の優しさや感動に数多く出会えた旅」でした。こうした旅のカルチャーの先にあるのは個人の壁がなくなり、もっと笑顔が溢れるピースフルな世界だと思います。

そしてそんな世界を育んでいけるよう自分の人生の時間や情熱を傾けていけたらと思えた時間でした。

今回の旅先でお世話になった皆さまやかずしげさん、いち君、本当にありがとうございました!

DJI 0125

洞爺湖のサンセット×ドローン。やばかった。

DJI 0138

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

自分、危機感ない時に進歩してないなと思う。

どーも、冨安です。

4月から、特に仕事も決まっていないのに、新しい土地に移住してみる、

ということをやってみまして

3ヶ月くらいたっていますが、不安定な状況が続いております(笑)

この状況は当分続くだろうなと思うのですが、案外この不安定な常に危機感を感じる状況は、

これはこれで僕にはちょうどいいのかなとか思います。

危機感がない時に進歩してない。

人生を振り返った時に、危機感を感じないような時って、もれなく怠けてるんですよね。

学校のテストなどは、追い込まれてもやらないくらいな事も多く、危機を感じて体が動き始めることが多いです。

大学もそんなんで留年しちゃったし・・。

部活などスポーツでも、より進歩したのは、危機感を感じるような状況下にある時だったなあと思います。

競争があったり、こわい先輩がいたりみたいな。

身に迫らないと、体が動かない系の人間なのでしょうか?

僕のような人間が南国にでも行ったら、確実にただただ怠けますね。100%ギリシャ状態。

そもそも進歩する必要あるんだろうか?

と思いますが、競争社会なので進歩しないとヤバイという危機感はあります。

去年は公務員をやってたのですが、僕のような、怠け者☓公務員はアウトだと思いました。

とりあえず、暮らすだけの収入は確保されてる状況とで、惰性的に過ごしちゃっても問題ないという。

怠け者の僕が公務員やってたら、3年もすれば素晴らしい茹でガエル状態になること間違いなし!と危機感を感じて

公務員は1年で辞めました。

石に上に3年とも言うけど、僕の場合3年いたら茹で上がったカエルになるなと。

危機感がなかったらブログも継続してないだろうなと思う。

例えばこのブログが今、それなりの頻度で継続されているのも、危機感ある状況だからだと思います。

去年は、全然更新されてなかったし。

ヤバイなあ、と思う状況で

とりあえず何か、書き出さないと!

と思い無理矢理にでも1つ記事をつくりだす・・。

それを大衆にさらす。

危機感がなかったら、こんなこと敢えてやらないと思います。

無理に時間かけて、やる必要ないですからね。

結果としては、トライ・アンド・エラーが増えて発見の数も増えるのでいいことだと思います。

新しい1歩は、危機感と好奇心

自分を動かすものは、危機感ともう1つ、

好奇心、もあります。

就活ではなく、地域おこし協力隊を選択したり

公務員を辞めて、新しい土地に0から行ってみる、

などの行動は危機感もある一方で、好奇心もあるなあと思います。

自分が今、北海道にいるのも危機感と好奇心どっちもあってのことです。

特に危機感がある時が1番、思い切った行動してるなと思います(笑)

あの追い込まれてた時に発揮するエネルギーは何なのだろうか?

そしてなぜすぐ怠けてしまうのだろうか?

そんなことを思います。

アフリカや南米を冒険したいですねー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

リアル月3万円ビジネスライフ。公務員辞めて、夕張市に来て何をやって食っていくのか?

IMG_0196

月3万円ビジネス

どーも、冨安です。

今年の3月いっぱいで公務員を辞めて、地域おこし協力隊の時からお世話になっていた平取町を出て夕張市に来ています。

公務員を辞めるという点と地域おこし協力隊をやって定住できた平取町を出る、という2点が端から見たら理解できないと思います。

辞めるまでにも悩みましたし、辞めた後もどうするか悩みました。

結果として、個人でやっていくことにして、夕張市に来ました。

その辺りの辞めるまでに考えたことと、今夕張でどうやって生きていこうとしているかお伝えしておきます。

座ってるだけでお金が入ってくる。第2公務員、公務員をやってて疑問に感じていた

僕って民間で働いたことはなくて、大卒で地域おこし協力隊と公務員1年っていうキャリアなんですよね。

キャリアとも、もはや言えない気もするんですけど。

地域おこし協力隊っていう第2公務員、公務員をやっててよく

「あれ、俺これだけのお金もらえるような価値なんか生み出したのかな?」

っていう疑問をよく感じていました。

そう思いつつも、何となくお給料は入ってくる。

自分次第で協力隊や公務員で環境を活かせる方はいいけど、結果として僕に協力隊みたいに税金でお金入ってくる環境はよくなかった。

また、やってみたいことが他に色々ある中で副業も出来ないし、このままずっとやるのきついなと思った。

1年で辞めるなら最初からやるなよっていう話ですが、これもやってみないと分からない部分がありました。

他に色々とやってみたいことがなければ、ずっと公務員やってたと思うんですけど。。

それで、公務員を辞めるにあたり、転職もすごく考えた結果として、自分でやっていこうという結論になりました。

「あなたは何ができるんですか?」

肩書や組織のバックグラウンドがないと、この問いが全てですよね。

「やばい、俺何にもできない・・」みたいな現実と対峙しています(笑)

この現実に向き合いながら、この問いに答えれる人間になりたいですね。

これは自分の話ですが地域おこし協力隊にしても、公務員にしても、出来てないことを組織のせいにして、自分で責任持ってやるってのが足りない部分だなって思いました。

自分で稼いでいこうとするのが逃げ道なくていいなと。

何で夕張市に移住したか。知り合いの誰もいない場所にいこう!

さらに何でまた移住をしたのか?という部分についてです。

地域おこし協力隊→定住できた平取町には迷惑をかけるが、誰も知り合いのいない町に行こう!と考えました。

知り合いがいると甘えてしまいますから。

東京とか実家とか絶対ダメですね(笑)

基本的には、クラウドソーシングの仕組みを中心に生計立てようと考えたので、場所はこだわりませんでした。

縁もゆかりも無い町に行こう!っていう軸で行く地域を探してました。

道外は引越しが大変なので、とりあえず道内に住むか・・と思い千歳付近などで物件探してました。

空港が近いので便利でいいなと思いまして(笑)

そういう中で、夕張市在住の方とブログをきっかけに繋がり、夕張市に来ることになりました。

IMG_0196

夕張も千歳空港すごい近いんですよね!

それまでは夕張市とは縁もゆかりもありませんでした。

せっかく縁あって来たので、地域とも関わりながらやっていきたいと考えています。

僕がやろうとしてるのは、月3万円ビジネスってやつに他ならない

さて、それで夕張市に来て具体的にどうやって食っていくか?

何で稼いでいくのか?

すげー問題です。先立つスキル大してない中で、収入もほぼない状況からのスタートですから。

皆さん、月3万円ビジネスって言葉は聞いたことはありますか?

1つの仕事で、月20万稼ごう!

じゃなくて

月3万円の仕事を何個も組み合わせて、月20万円稼ごう!

という考え方です。

本は読んでいて知っていたのですが僕が考えているのは、まさにこの月3万ビジネスです。

気づいたらリアル月3万円ビジネスライフですね!

ではどのような手段が具体的にあるのでしょうか?

基本的には、誰にでもやれるものしかないと思います。

1、クラウドソーシング

クラウドソーシング、聞きなれない方もいると思います。

WEB上で仕事の案件を発注したり、受注したりできる仕組みです。

場所や時間にとらわれずに仕事が出来る仕組みとして、地方にいてもできる新しい仕事の選択肢として注目されています。

中間マージンとられるし、出来れば依存したくないなとは思います。

徐々に、比率は減らすにしても当面、クラウドソーシングを使ってお金は稼ぐ予定です。

2、ブログ

見る人が見ればすぐわかりますが、このブログからも収益は発生しています。

今のとこ、せいぜい月1万円程度なんですが。

お金を稼ぐ仕組みをつくる際は、0から1の部分が最も難しいですよね。

ブログに関してそこはクリアできたので、後は徹底的にやるだけだなと思っています。

うわっついた感じにならないようにしつつ、徹底的にやっていきます。

3、夕張市での何か

夕張市との地域とも関わりながら仕事に繋げていきたいと考えています。

今、具体的にどうっていうのはいえないですが、色々とあると思います。

信頼関係を作りながら、アイデアを具体化していけるように頑張ります。

例えば不動産屋の繋がりが出来たので、空き家をAirbnbで活用してみるとか。

安易ですが、例えば可能性としては十分やれるはず。

4、バイト

現段階では、1定額収入として定まっているものがない以上は、

生活費を多少はバイトで稼がないといけないのが現状ですね。

夕張でなくても、周辺地域だったら何かかんかあると思うので(笑)

複数の収入源を掛けあわせて、やっていきます

このような感じで、月3万円くらいのものを掛けあわせてやっていくことになります。

1−4の中でいえば、2と3の比率を上げていきたいですね。

公務員辞めて、いきなりトントンで上手くいくとは全く思っていませんので地道にかんばります!

本では読んでましたけど、リアル月3万円ビジネスライフを送り始めましたね。

安定はしてないけど、これはこれで面白そうですよ!

気づいたらリアル月3万円ビジネスライフ(笑)

月3万円ビジネス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

東京は消耗するのか。僕が横浜から北海道に移住して感じる、都会と地方の3つの環境の違い

スクリーンショット 2014-06-03 22.04.07

スクリーンショット 2014-06-03 22.04.07

どーもこんばんは。

最近とても話題になっていて、賛否両論なお話があります。

それが、プロブロガーのイケダハヤトさんが東京から高知県に移住するに当たって書いたこちらの記事。

イケダハヤトは高知県に移住します。ブログタイトルを変えました→

タイトルが「まだ東京で消耗しているの」。

 

スクリーンショット 2014-06-03 22.10.32

とても話題になっていて、

ただただ、1個人が東京から高知に引っ越すだけなのに、これだけ議論を巻き起こせるのはすごいなーと思います笑

僕は都会より地方の時代!

みたいな、都会と地方を漠然と比較してどっちが上!どっちが下!

という上下関係ではない気がします。

東京で消耗したから、地方に行って消耗しないか!?

といえば、そんなの行ってみないと分からないですよね笑

都会と地方の3つの環境の違い

僕も、3年前に横浜市から北海道の平取町という農村部に移住しました。

今も何とか、そこで生きています。

ずっと横浜育ちで、地方に移住したわけでした。

住んでいて環境的に全く異なる面は当然ながらあります。

今回は、そんな都会と地方の3つの環境の違い、について考えていきたいと思います!

皆さまは、都会と地方の違いって言ったら何を思い浮かべますか??

個人的に思う都会と地方の違い3点は、

 

・生活環境

・自然環境

・人間環境

 

上記の3点です。

この3つの環境の違いは、同じ環境でも、人によって良く感じる人もいれば悪く感じる人もいると思います。

ですから、個人の大事にしたいライフスタイルの価値観に合わせて、どこに住むか考えていけばいいんじゃないでしょうか?

では、生活環境と自然環境と人間環境。

それぞれ詳しく考えてみましょう!

生活環境について

まず、生活環境について。

これは、

住宅、医療福祉、移動手段、教育、買い物、娯楽

などが例えば挙げられますかね。

お金は、都会の方がかかるかもしれないけど、生活環境は都会の方がいいかもしれないですね。

 

住宅環境

都会で住宅には例えばガス、水洗トイレが当たり前に整備されてますが、僕住んでる家は

シャワーはないし、ぼっとん便所です。

ボイラーでお風呂は炊いています。

1つの例えですが、地方ならそういう地域もまだまだあるんじゃないでしょうか??

僕はシャワーなくても水洗トイレでなくても関係ない人間なので問題ないです。

例えばこれが、水洗トイレでウォシュレットじゃなきゃやってけない!!

て人だったら、都会の方がいいかもしれません笑

また草刈大変ですし、虫もたくさん出てくるのも地方では日常的です。

無理な人は無理かもしれません。

一方で夜は静かだし、騒々しさはないのでいいですよ!

医療福祉

医療福祉について、ですが地方の多くの町では「病院」が遠いこと

がリアルに大変だったりします。

症状によっては、平取町だったら苫小牧まで出ないといけなかったり。

不便です。

平取の病院にしか行ったことないですが笑

福祉サービスは、福祉施設や行政サービス含めて、都市よりも行き届いてると感じます。

顔の見える関係で近所どおしで、お互いに助け合う文化は地方ならではかもしれません。

ご近所付き合いが福祉になってるイメージです。

移動手段

地方は車なしには厳しいです。

ペーパードライバーは苦労するでしょう・・僕のように笑

都会の鉄道インフラはすごい便利だったんだなーって今さら思います。

教育

お子さんを持たれているなら影響あるんじゃないかと思います。

日本全体で子供の数は減っていますが、僕が住んでいる町でも徐々に子供は減ってきています。

そうすると部活動にも制限でてきて、やりたいスポーツできなかったり

クラスの人数少なくなったり。

ホントに安易に地方の時代。みたいなことは言えないです。

一方で、自然環境に恵まれた中で子供を育てるのはきっと子供にとってプラスだと思います(^^)

買い物・娯楽

地方でもインターネット繋がって、問題なくネットショッピングもできます。

また日常生活品なら、そんな困らないと思いますし、地場産の農産物は安いし美味しいです!

ただ気合を入れた買い物となれば、平取町であれば苫小牧市まで1時間前後くらいかけて、行きます。

イオンショッピングモールに笑

さらに、色んな買い物や娯楽を楽しみたければ札幌ですねー。

2時間くらいかかるので滅多に行きません。

この点、渋谷や原宿など色んな文化が集まってる東京はすごいですよね。

僕は読書をしてブログをかける環境あれば何でもいいのですが笑

というわけで、生活環境!についてでした。

自然環境について

IMG_0299

自然環境!これは地方の魅力ですよね!

草刈大変とかあるかもしれませんが・・・。

僕は、アトピー持っているので

この都会にはない自然環境が健康にプラスになる側面はあると感じています。

都会から地方に行けば、アトピーが治る!みたいな単純な話ではないですが。

僕的には「水道水」が、キーなんじゃないかと最近思っていて

水が肌に触れた感じ、都会と平取だと全然違うんですよね。

都会にいると簡単にアトピー悪くなるんです。

ですから、水と空気

これが健康に与える影響があると思います。

あんまこの分野の本読んだことないので、直感的になんですけど。

自然環境は地方の魅力だと思います(^^)

人間環境

人間環境というか、人間関係です。

都会だろうと地方だろうと、人が集まるところには

嫉妬や妬みみたいな感情が生まれて、ギクシャクするパターンが多いことには変わりないです。

ただ、違いは

コミュニティを選べるか?選べないか?

という点だと思います。

都会だったら、ある所属していたコミュニティがめんどくさくなったら、別のコミュニティに行けばいいじゃないですか。

嫌なら行かなきゃいい、みたいな。

地域よりも趣味などで繋がるサークルで人間関係をつくるから、可能なことですよね。

地域のコミュニティだと、「俺それ嫌だから行かなーい!」

みたいな話にはならないと思います。

顔が見える関係だからこそ、コミュニティを選べない大変さ、はあるかもしれないですね!

また、東京は特に、色んな文化や人が集まっていて

人と人の相乗効果で、さらに面白いモノやコトが生まれるイメージがあります。

多くの人や文化に触れて刺激が多いのは東京、というか都会の魅力だと思います!

ネットだけでなくリアルで会いたいですしねー。

自分の重視したい価値観が大事!?

というわけで、「生活環境」「自然環境」「人間環境」

の3つについて考えてみました!

いかがでしたか??

なかなか、どれも自分の理想通りの環境!

にはならないのが現実だと思います。

仕事はよくても、自然環境劣悪だったり

自然環境よくても、人間関係劣悪だったり

人間環境も自然環境良くても、仕事なかったり

色々あると思います。

なので、自分が生活の中で何を重視したいか?

「生活環境」「自然環境」「人間環境」

3つあげましたが、

例えば、僕の場合はこの中だったら重視するの

「自然環境」なんですよね。

アトピー都会より悪くならないので。

それがでかいので、ふらっと移住したけど不満は何もないです。

こんな感じで、各個人の事情で重視したいものって異なると思います。

それに合わせてカジュアルに移住もすればいいのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0