別府八湯の1つ。「竹瓦温泉」温泉カルテの情報公開に感動!

IMG_4871.jpg

どーも、冨安です。

相変わらず大分県にいます。

日本有数の温泉地、別府にいることが多く、先日行った温泉の情報公開に感動しました!

別府の老舗「竹瓦温泉」

先日僕が行った温泉は「竹瓦温泉」。

別府のシンボル的な存在としても知られる竹瓦温泉の創業は、明治時代1879年です。

IMG 4879

この建物が独特の造りで、温泉も湯治文化を感じるような、今までで新感覚の温泉でした。

IMG 4866

そして僕が別府で行きたかったのが、砂湯。

IMG 4872

この砂湯ゾーン。

少し地下に作られているのが特徴です。温泉を染みこませた砂を身体にかけて、約15分ほど砂湯浴をした後に温泉に浸かるという流れ。

担当のおばちゃんが慣れた手つきで、写真を身体にかけてくれます。

別府には湾岸沿いにも砂湯がありますが、施設内での砂湯ができるのは竹瓦温泉のみです。

さすがに扉の向こう側は、写真にとってないですが、是非別府に行ったら、

扉の向こう側の景色を見て欲しいなと思います!

地下につくられてるのに、天井が高く、すごく開放的な雰囲気です。

独特だったなあ。

そういえば昔の湯治文化の写真を見ると、天井が高かったような気がして、天井が高いのはなぜなんだろう?

と思いました。

温泉カルテ!ここまで分かりやすい温泉の情報公開を始めて見た!

そして竹瓦温泉に行った時に僕がビックリしたことが、温泉に関する情報公開です。

その情報公開がこちら!

IMG 4871

分かりやすいのは、循環・加温・加水という項目ですかね。

IPhoto

循環とは、1度使ったお湯を濾過させて再利用することです。

つまり源泉掛け流しではありません。

源泉の量が限られる温泉では、循環濾過方式の温泉が多いと思います。

大規模な施設では、多くの湯量が必要になるため源泉掛け流しは難しくなります。

おそらく各地域の観光施設にある温泉は、ほとんどが循環濾過方式の温泉。

温泉は噴出時が最も鮮度が高いですが、その後は少しずつ酸化が進んでいきます。何度も同じお湯を使い回せば、当然鮮度は落ちていきます。

②加温

日本では温泉法という法律があります。温泉では源泉が25度以上か・一定の成分が認められれば温泉と認められます。

源泉の温度が低い場合には、加温を行います。

③加水

例えば別府は地獄と言われるように、源泉の温度が高くそのままでは入浴が難しい場所が多く、加水することで温度を下げます。

竹瓦温泉は加水をしているようですね。

しかしなんと細かく源泉率まで記載されています!

別府温泉Gメンの感覚評価も面白いですね!

浴槽内の状況が分かる情報公開

多くの温泉でも情報公開はしていると思いますが、素人では何を書いているか全くわかりません!

しかし別府の温泉カルテは、素人でもどんな温泉か理解できる素晴らしい情報公開だと思いました。

ただここまでの情報公開ができるのは、別府ならではだと思います。

この情報公開をしたら、マズイ施設が多いんじゃないですかね。

最近温泉に行くとどんな温泉なのか、情報をチェックするようになりました(笑)

温泉カルテとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

薬草の上で蒸されれば、サウナを超える衝撃の発汗量! 別府「鉄輪むし湯」

IMG_4502.JPG

あけましておめでとうございます。

冨安でございます。

今年もブログを適当に更新していきますので、よろしくお願いいたします。

12月の後半から九州の大分県にいまして、おそらく1月の終わりくらいまでいます。

祖父母の実家が大分で、親族は福岡や大分エリアに多くいます。

北海道から来ると、土地柄や文化が異なり、その違いを楽しんでいます。

大分県の中でも、僕がいるのは九重町という町です。

大分県玖珠郡九重町 Google マップ と iPhoto

大分県は日本一の温泉の県として知られていますが、中でも豊後三大温泉として、別府、由布院、天ヶ瀬という3つのエリアが有名です。

天ヶ瀬は聞いたことがない方が多いかもしれませんが、別府・由布院は皆様にもお馴染みの温泉地ではないでしょうか?

九重町は天ヶ瀬と由布院の間にあり、温泉資源にもまれている地域。地熱エネルギーを活用した自然エネルギー自給率は日本一を誇り、ポテンシャルは凄まじい地域だと思います。

だだっ広い北海道から一転して、中山間地域。狭い道を運転していると、北海道の運転って本当にストレスフリーなんだなあと思います。

IMG 4345

ちなみに僕は現在、祖父が入院している別府と九重町を往復しています。

由布院・別府という日本屈指の温泉地を往復しながら、なかなか見て回れていないのですが、本日行ってみた別府の温泉が面白かったのでご紹介いたします。

鎌倉時代から湯治の歴史が続く、鉄輪温泉郷

今回ご紹介する温泉は、別府の中でも鎌倉時代から湯治の歴史がある鉄輪温泉郷にある「鉄輪むし湯」です。

別府は別府湾という海にも面しながら、山にも囲まれた自然資源に恵まれたエリア。そして温泉湧出量は日本一と言われ、別府市内にはそこら中から湯煙がモクモクと上がっており、その光景は圧巻です。

大型のホテルも建ち並び、リゾート地でもありますが、一歩脇道に進めば懐かしいような町並みも残っています。

IMG 4469

IMG 4504

鉄輪温泉郷は、鎌倉時代に一遍上人が湯治場を開いたのが歴史の始まりと言われています。情緒ある町並みに湯煙がマッチしていて、温泉と共に育まれてきた地域なんだろうあと感じます。

IMG 4488

IMG 4489

冬は暖かいからいいですが、夏は暑そうな・・・!

しかしそこら中から、湯煙が上がっている光景は本当に凄い。

そんな鉄輪には特徴ある温泉がいくつかあり、今回行った「鉄輪むし湯」も歴史ある共同温泉の1つです。

窯のような部屋で、薬草の上で蒸される!「鉄輪むし湯」

今回はあまり時間がなかったので、温泉に入るつもりもなく適当に歩いていたのですが、ふらっと立ち寄ってしまいました。

IMG 4502

IMG 4495

「鉄輪むし湯」も一遍がつくったと言われており、その跡地も。

IMG 4494

「鉄輪むし湯」は普通に温泉につかるだけではなく、ちょっと変わったコースやルールが設けられています。

お店に入るとお姉さんがお出迎えをしてくれて、初めての方には丁寧に説明をしてくれます。

蒸し湯は岩盤浴やサウナに近いものだと思います。

IMG 4498

「鉄輪むし湯」は、浴場とむし湯が分かれており、

①さっと身体を洗ってから

②むし湯に入るための浴衣(200円)をきて

③むし湯に入る。時間は8分

④むし湯の時間が終わったら、源泉掛け流しの温泉につかる

という流れとなっています。短パンやTシャツがあれば浴衣は借りる必要はありません。浴衣が必要なのは寝っ転がる時に素肌だと熱すぎるからだと思います。

IMG 4500

むし湯は大人4人が寝られるほどのスペースで、屈まないと入ることができない、それはそれは小さな窯です(笑)

以前北海道で炭焼きをやっていたのですが、その炭窯くらいの大きさかなあ。

地下に温泉が流れていて、地下からの熱で温められた窯の中は75度ほど。そしてむし湯の中には、石菖という薬草が敷き詰められており、石菖の上に寝っ転がります。

石菖は香りもまたいいんですよね。石菖の敷き詰められた窯に寝っ転がるというのは、これまでにない新しい体験でした!

サウナを超える衝撃の発汗量!

そして実際にむし湯に入ると、1分も立たないうちに汗が噴き出してきます!

石菖には代謝をよくする効能があるらしいので、蒸された石菖の影響だと思いますが、本当にビックリしました。

サウナほど暑いわけではないですが、とにかくビックリするくらい汗が噴き出します。

いやーあのむし湯ははまりますね!

またあの石菖の敷き詰められた窯に寝っ転がって、発汗したいです笑

そしてむし湯での8分が経過すると、今度は源泉掛け流しの透明な温泉に。

透明ということは、それだけ鮮度の高い温泉ということだと思いますので、たくさん汗を流した後の温泉もまた最高ですね!

さらに衝撃だったのが、温泉を後にして、

いやあー、気持ちよかったなあ!

とか思って歩いていたら、まだまだ身体がポカポカしていて、しばらく汗が噴き出してくるのです!

温泉入った後に、肌感覚で分かるほど身体が温まる感覚になれる場所はなかなかない気がします。

さすが日本屈指の温泉地別府の有名どころ「鉄輪むし湯」

恐るべしですね。

毎日いこうかな笑

11.鉄輪むし湯|別府市ウェブサイト|

IMG 4496

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

休憩所の大広間には天国のような光景が広がっていた。ユンニの湯レポート①

IMG_4137.JPG

どーも、冨安です。

北海道の色々な温泉を巡ってみたいなと思っております。

夕張近郊ではどのような温泉施設があるのか、何カ所か回ったりしております。

温泉のお湯がどうか?

みたいな部分も大事かもしれませんが、温泉の満足度は施設全体で変わるものではないでしょうか?

本日は、夕張市近郊にある由仁町「ユンニの湯」、のすばらしさについてお伝えしたいと思います。

ユンニの湯ってどこにあるの!?

今回ご紹介する「ユンニの湯」は、由仁町という町にある温泉施設です。

由仁町はのどかな田園風景が広がり、ドライブをしていると気持ちがいい町。

人口は6000人弱で、札幌から1時間、千歳からも40分くらい?と素晴らしい立地にあります。

ユンニの湯 Google マップ

「ユンニの湯」は僕がいる夕張からは車で約30分ほど。

夕張にある温泉施設としては、マウントレースイスキー場の「レースイの湯」でここに行くまでが約20分。

僕が気軽に足を運ぶことができるのは「ユンニの湯」、「レースイの湯」

さらに追分町の「ぬくもりの湯」

この3施設のいずれかになるのではないかと思います。

夕張市に住んでいるので「レースイの湯」を押すべき所かと思いますが、申し訳ありません!

個人的にはこの3施設であれば、

個人的には「ユンニの湯」がNO1です!笑

IMG 4116

「ユンニの湯」は国道沿いから少し奥に入り、丘を登っていくと施設はあります。

施設は木の温もり感じるログハウス

自然に囲まれた中にあるログハウスが「ユンニの湯」。

周囲の景観とも違和感の感じない落ち着いた感じの外観。

IMG 4122

宿泊施設も併設されています。

IMG 4125

IMG 4127

このログハウス施設内は、まったりとしたくなる雰囲気。

IMG 4126

半額だった。

IMG 4128

売店コーナーも充実。

ユンニの湯の魅力は、ログの大休憩所に・・・!!!

さて、もちろん温泉もいいのですが今回は別の視点から「ユンニの湯」の魅力をお伝えしたいと思います。

温泉に入った後といえば身体が温まり、少し頭もボーッとしてさっぱり心地いい気分になりますよね。

そこで重要になるのが、

どのような休憩スペースが用意されているかどうか?

という点ではないでしょうか?

実はここが満足度の高い温泉施設の重要なポイントだと思います。

そして「ユンニの湯」の魅力は、この休憩スペースのすばらしさ。

IMG 4132

まず休憩スペースの手前には、軽食コーナーが設けられています。

レストランとは別で、この軽食コーナーもあり

IMG 4134

ここの名物と言われるが

「あげいも」ですが「チーじゃが」もオススメです。

そしてここで「あげいも」を購入して、冷たい水をお供に休憩スペースへ。

IMG 4133

この木の温もりに囲まれた節電で薄暗い休憩スペース。

ここが好きなんですよねー笑

IMG 4137

テーブル席と座敷に分かれています。

温泉入浴後にここで、のんびりタブレットで読書をするのが1つの楽しみとなっております笑

ここから見ると、まあまあ席が空いているようにみえますが、

座敷の向こう側に足を運んでみると、

そこにはお昼寝をしている人で満席という異様な光景が広がっており、少し衝撃を受けました。

それぞれに敷物を敷いて・・・

タオルケットを持参して・・・

それは気持ちよさそうに昼寝をしているのです。

なんて日本は平和なのだろうとその時思いました笑

温泉施設でこれほどまでに休憩スペースで昼寝をしている人が多いのは、

この辺りでは「ユンニの湯」がNO1なのではないでしょうか?

IMG 4140

休憩スペースは節電のためか、薄暗いのですが、変に明るいよりも落ち着くのでしょうか。

休憩スペースで多くの人がお昼寝をしている光景に、天国もきっとこんな雰囲気なのかもしれない・・・

そう思いました。

皆様も「ユンニの湯」に足を運ぶ際は、敷物とタオルケットをお忘れなく!笑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0