IMG_4707.JPG

どーも、冨安です。

九州にいると北海道にはない、歴史の長さを感じることが多くあります。九州には小京都と呼ばれる江戸時代からの風情ある町も残っています。

今回は日本でも珍しい、「サンドイッチ型城下町」と呼ばれる城下町文化が残る杵築市をご紹介いたします。

個人的に町の文化・歴史がしっかりと、今に至るまで引き継がれていることにビックリしました!杵築城下町の景観は本当に素晴らしいと思います。

大分県杵築市 Google マップ

杵築市は別府からは30分ほどの立地で、国東半島にある町です。

戦国時代はキリシタン大名としても知られる大友宗麟が治め、江戸時代は徳川家ともゆかりのある、松平家が治めてきた約3万石の杵築藩。シンボルは室町時代あたりから建てられた杵築城です。

信長の野望に、はまっていた僕にとって、杵築市はディズニーランドレベルに楽しむことができる町でした。

IMG 4707

見てもわかりますが、周囲を海に囲まれた中で杵築城が築かれています。

この地形が「サンドイッチ型城下町」という珍しい城下町文化に繋がっています。

信長の野望において、こういう城は攻めることができる場所が限られて、力技で攻めるしかなかったことを思い出しました。

江戸時代にタイムスリップしたかのような!杵築の商人町や武家屋敷群

杵築市を観光するときは、メインストリートでもある商人町通りに車をとめて、町を歩くのがいいのかなと思います。

無料の駐車場がありました。

IMG 4776

建物に統一感があって、素晴らしく落ち着いた雰囲気でした。

IMG 4655

IMG 4652

そして役所!

なんでしょうか、このかっこよすぎる役所は・・・!!

IMG 4665

1つの施設だけではなく、役所も含めてエリア全体で城下町の雰囲気が生まれているのですね。

役所もあるメインストリートが、商人町通りでもあります。

IMG 4674

そして商人町の両サイドに武家屋敷。

IMG 4710

塩屋の坂・酢屋の坂、と呼ばれる商人町と武家屋敷を繋ぐ坂です。この両坂の上に武家屋敷が形成されています。海に囲まれたお城を中心にして出来た、この特殊なまちの成り立ちが「サンドイッチ型城下町」と言われる所以です。

多くの城下町では、お城を守るためにお城を囲むように武家屋敷が建ち並び、更に武家屋敷を囲むように商人町も形成されたと言われています。

そこに人が住んでいる住宅街でもある、武家屋敷エリア

商人町から坂を登ると、武家屋敷が建ち並ぶエリアに。

IMG 4681

かっこよすぎる道。

IMG 4714

長く高い土塀に囲まれるように武家屋敷。外敵からの侵入を防ぐためですかね?

IMG 4716

観光ツアーの団体客に混ざって、ガイドの話を聞く俺。

IMG 4718

IMG 4743

武家屋敷には実際に中に入ることができる施設もあります。

そこで必ずガイドの人が解説をしてくれるのですが、どの方もしっかりと施設だけでなく歴史にも精通されていて、本当に質の高い観光地だなあと感じました。

そして杵築の面白い点は、こうした武家屋敷の町並み・商人町で、この地域の人たちがそこに暮らしていることです。

IMG 4677

IMG 4687

武家屋敷通りには普通に地域の人が住んでいます。

江戸時代の城下町を感じることができる素晴らしい観光地でありながら、その土地の暮らしが観光に繋がっている感じ。

これは別府の鉄輪辺りで、地元の人の温泉文化が観光に繋がっている感じと似ているのかなと思います。

盛況なショッピングモールと閑散とした駅前商店街。別府まち歩き

薬草の上で蒸されれば、サウナを超える衝撃の発汗量! 別府「鉄輪むし湯」

IMG 4729

藩校の門。教育の場として明治維新に活躍する人材も多く輩出したそうです。九州と北海道って教育への考え方なども、異なる点があるような気がしました。九州の方が昔から教育のレベル高かったイメージを持ちました。

IMG 4755

そしてシンボルの杵築城。

IMG 4761

杵築城からの景観。信長の野望のBGMが頭の中で流れます。

僕が知るはずのない、戦国時代や江戸時代のことを想像させてくれる杵築の歴史を感じる町並みは、観光地のあるべき姿を感じました。

杵築城下町がすごい!と思った3つの理由

個人的に杵築市は、ここ数年で行ったなかで1番すごい!と感じた地域でした。

本当に杵築市のまちづくりは凄いんじゃないですかね?

これまでブログにあげた写真をよく観察すると、他の町と杵築市の違いに気づくかと思います。

杵築市がすごい!と思った理由の1点目は、市外資本があまり見られない点です。

商人町通りには、なんとコンビニすらありません。

IMG 4660

コンビニ、パチスロ、でかいドラッグストアーなどはなく、建物の高さや屋根の色など統一感があります。

湯布院でもコンビニはあるのに、コンビニすらない杵築市。

そしてせっかくの素晴らしい景観を台無しにする、あれもメインストリートや武家屋敷通りなど目立つエリアにはありません。

何かわかりますか??

そうです、電線です!

というわけで杵築城下町がすごい!思った理由の2点目は主要な通りで電線が隠れていることでした。

IMG 4725

IMG 4778

電線がないだけでも、景観はすっきりするんだなあと杵築市を歩いていて感じました。街灯もおしゃれな。

3点目に目立った広告看板などが見られない点も特徴かなと思いました。

空間へのこだわりは、ディズニーランドレベル!?

こうして城下町文化が町全体でつくられている杵築市を歩いていると、ディズニーランドと似たものを感じました。

ディズニーランドは「魔法の国」と言われ、非日常的な空間づくりや景観づくりには徹底的にこだわっていることで知られます。

ディズニーランドが「魔法の国」を演出しているのであれば、杵築市が演出しているのは「江戸の城下町」です。

ディズニーに「魔法の国」の雰囲気を壊すコンビニやパチスロ店がないように、杵築の城下町の雰囲気を壊す余計なものが見られませんでした。

1つの施設だけではなく役所や周辺の住宅を含めて、町全体で「江戸の城下町」を演出しています。それでいて押しつけがましさもなく、暮らしの延長に観光がある感じもあり、そこが凄いなあと思います。

杵築市にはよきプロデューサー的な人がいたんですかね?個人的にはここまで徹底的にやっている町は、あまり見たことがありません。

こうしたまちづくりは江戸からの長い歴史が今に至るまで引き継がれて、地道な積み重ねがあり、今の景観に繋がっているのだろうと感じます。

杵築市の城下町!

知らない方も多いかもしれないですが、個人的には超オススメです!

九州に行ったら是非足を運んでみてくださいませー(^^)

IMG 4707