かつて、日本のエネルギー産業を支えた男たちの炭鉱話が熱かった!「夕張市石炭博物館再生プロジェクト」

IMG_3089.JPG

どーも、冨安です。

現在、夕張市では様々な取り組みが行われていますが、その中の1つに「夕張市石炭博物館再生プロジェクト」という取り組みがあります。

夕張市は、かつて炭鉱で栄えた町で現在もその名残が多く残っている町です。

「夕張市石炭博物館再生プロジェクト」はその時代を知る「人」にもフォーカスを当てていて、地域ぐるみで協力し合いながら進行しています。

その取り組みの1つとして

「夕張のおもいで語り座談会」が開催されたので、行ってきました!

元炭鉱マン、役所の方、鉄工関係、電力関係の方などがいらっしゃっていました。

炭鉱の栄盛から衰退まで、僕の知らない時代の話が繰り広げられ、面白かったです!

IMG 3089

実は、現在も石炭輸入大国の日本!

石炭博物館のことを考える時に、そもそも「石炭」がピンとこないんですよね。

僕くらいの世代だったらもはや馴染みのないものだと思うので。

全部石油や天然ガスを燃やしているから、もう日本では利用されてないんですよね!?

みたいなイメージな人も多いのではないでしょうか?

でも以外にも日本は現在も石炭輸入大国!

実は世界で2番目に石炭を輸入しています。

Www meti go jp committee sougouenergy shigen nenryo kougyo pdf 001 03 00 pdf

 

現在の僕たちの暮らしは、石炭に加え、石油や天然ガスを海外から輸入することで成り立っています。

Www biwako shiga u ac jp eml Ronso 367 odano pdf

しかし上記の表を見ていただくと分かるように、戦後の1次エネルギー供給は、半分近くが国内炭でまかなわれていました。

戦後の日本では、夕張市のような炭鉱のある町がエネルギー供給源として日本の産業を支えていました。

今ではほとんど輸入しているエネルギーを、日本でこれだけ賄っていた時代が・・信じられない話ですよね。

現場の事故の話から、観光施設誕生の時の話まで

IMG 3087

現場での話から、当時の暮らしのことまでざっくばらんに話は進みます。

僕の知らない地名や、現場での専門用語がバシバシ出てきます!

炭鉱は地下を掘り下げていくので、現場環境をどうやって整えていったのだろう?とか気になります。

自走枠という仕組みが、何とかかんとか・・。

半分くらい理解できませんでしたが、とりあえず炭都夕張は極めてディープな町である、ということは分かりました(笑)

皆さん当時のことを、昨日のことかのようにお話されます。

IMG 3088

こうした先輩方が激動の時代の中で、命がけでエネルギー産業を支えてきたこと。

現在の暮らしは、こうした先人の方々のおかげで成り立っています。

また、そんな先輩が今もこうして夕張に住んでいて、その歴史を語ってくれること。

こうした先輩方がいることが、きっと夕張のすごい所ですよね。

またよそから来て思うのですが、

夕張って他の町にはない炭鉱文化の暮らしがあって、町全体が博物館みたいな印象があります。

炭鉱住宅や浴場。炭鉱遺産がいたる所に残ってたりして。

IMG 3065

IMG 2810

IMG 0277

こうした歴史を未来に語り継いでいくこと

今回の座談会では、石炭の話。エネルギーの話。炭鉱の現場の話。暮らしや文化。

色んな話がありました。

こうした歴史から、何を学んで、どう未来に繋げていくか?

っていうのを考えるのは、若い人たちの役割なのかなと思いました。

とりあえず次は、炭鉱で昼食は何を食べていたのか、など聞いてみたいですね!笑

 

 

清水沢地区ではこんなプロジェクトも。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

「石炭から石油へ」「炭鉱から観光へ」南から北まで歩いて考える夕張市の産業の歴史と未来。

IMG_3067.JPG

どーもこんばんは冨安です。

夕張市に来て1ヶ月ちょいが経ちました。

夕張市といえば「財政破綻」「夕張メロン」というキーワードで知っている方が多いと思います。

特に「財政破綻」というイメージが強いかもしれませんが、コンビニがあればスーパーもあり約1万人の人が暮らしを送っています。

先日、夕張市の国道沿いを南から北までひたすら歩いたので、ご紹介しつつ僕が1ヶ月くらい住んで感じること、歩いてみて思ったことをお伝えします。

縦に長く、6地域にわかれています

夕張市地図  1

(夕張不動産より)

夕張市は炭鉱の町として栄え、その面影が今でも強く残っています。

四方を山に囲まれており、縦に長く、炭鉱会社とともに各地域が発展してきたそうです。

地区により景観が異なり、それは産業の歴史の変遷と大きく関わっています。

夕張の炭鉱の町としての歴史は明治時代初期からはじまり、戦後の開発とともに大きく栄え、ピーク時は10万人以上の人口を抱えました。

しかし国の

「石炭から石油へ」

というエネルギー政策の転換とともに石炭産業は衰退し、炭鉱は1990年までに全て閉鎖されました。

炭鉱城下町だった夕張市からは雇用は大きく減り、

そこで「炭鉱から観光へ」

というフレーズで観光産業に投資が行われていきます。

当時バブル期、中曽根政権のリゾート法による観光産業振興政策も大きく影響しています。

しかし過大な投資が実らず、逆に足枷となり2007年の財政破綻に繋がります。

「石炭から石油へ」「炭鉱から観光へ」

いずれも国の政策とともに夕張市の産業は変遷しています。

そして現在は、若い鈴木市長のコンパクトシティ政策などが注目されています。

とても簡単に紹介しましたが、複雑な歴史があり、今の町があるのだと感じます。

国道274号線沿いの南から北まで、歩いたままをご紹介します!

まず南側の紅葉山にある道の駅メロード

夕張市地図  1

まず南側の紅葉山にある道の駅メロードから出発。

ここから、本庁地区まで約20キロ北上します。

IMG 2913

夕張の道の駅メロード。

 

 

 

 

IMG 2914

紅葉山にはセイコーマートとセブン-イレブンとコンビニが2つあり、道の駅もあります。

僕も住んでますが、便利な地域。

IMG 2919

夕張川。

この川が炭都を支えたのだろうか。

夕張メロンは紅葉山や沼ノ沢地区で

夕張メロンは、上記で紹介した「石炭から石油へ」「炭鉱から観光へ」

という政策とは関係のなく農家さんや関係者の努力で、今のブランドが築きあげられています。

メロン農家さんのハウスは、南側の地区で見ることが出来ます。

夕張は四方を山に囲まれている中でも、北上するほど険しさが増し農業が出来る立地ではなくなります。

だからこそ本町地区で観光への投資が行われたのかもしれません。

以前住んでいた平取町も南北に長かったのですが、南北に長いから??

南北で町の文化や雰囲気が違うのは共通しています。

IMG 2939

IMG 2940

 

IMG 2948

これ

IMG 2947

いかがでしょうか?笑

IMG 2942

こんな企業の施設も。

炭鉱町の面影と市長のコンパクトシティ政策と2つの顔がある清水沢地区

IMG 2950

さらに進んで

夕張市地図  1

清水沢地区に入ります。

清水沢地区は、ちょうど南北の中心に位置し、小中学校や高校もあり人口も多い地区です。

IMG 2954

市長のコンパクトシティ政策がリアルタイムで進められています。

分散している人口や町の機能を集約させて、効率的な経営を目指そう!という政策です。

IMG 2963

IMG 2958

IMG 2964

南清水沢駅。

夕張はJRが通っています。

IMG 2966

 

IMG 2968

面白うそうな本が(笑)

この中だったら「あくび、一回40円」が気になります。

IMG 2955

そして、国道274号線を奥に行くと、炭住と呼ばれる炭鉱住宅がそのまま残っている地区に入ります。

IMG 3064

IMG 3065

かつては、炭鉱会社が運営していたが、炭鉱の閉山とともに炭鉱住宅は市に売却されています。

現在も住宅は利用されております。

炭住には、お風呂がついていないため公共浴場が各地にあります。

炭鉱の町ならではの文化ですよね。

IMG 0277

僕も行きます。気持ちいいですよ!

でも話を聞くと、コンパクトシティ政策の影響でこの辺りの人口も減って、浴場利用者も減ってきているそうです。

IMG 0243

 

IMG 3067

橋をわたると清陵町。

夕張に来ていただくとわかりますが、市営住宅がとにかく多いです。

これらは炭鉱会社から市が買い取った住宅で、夕張市の公営住宅の割合は全国1だそうです。

こんだけの公営住宅、老朽化も進む中で、職員さんは管理相当大変だと思うのですが・・。

IMG 0307

これは清陵町の浴場。

最高です!

清水沢の商店街

IMG 2984

商店街。

IMG 2986

 

IMG 2990

炭鉱が栄えていた時は、きっと発展途上国の首都的な混沌した感じだったんだろうなあーと思う。

IMG 2998

さらに進みます。

傾斜がきついですw

若菜地区に入ります。

夕張市地図  1

IMG 3008

この地区にはサングリンスポーツビレッジという野球場やサッカー場があります。

とても立派なスポーツ施設で、色んな大会が行われています。

めっちゃいいスポーツ施設!夕張市平和運動公園のシーズンはシカの糞拾いから始まる。

IMG 3013

 

IMG 3015

IMG 3017

入ってみる。

IMG 3018

美味しかったです!

IMG 3021

ルパン!気になる!!

IMG 3027

札幌までは1時間でつくし、千歳も近い。

IMG 3030

もう足がだいぶ痛いです。

IMG 3032

 

IMG 3035

10分で開けてくれます!

IMG 3038

本町地区です!

約20キロ歩きました笑

IMG 3041

6月オープン!

アルバイトも募集中だそうな!

IMG 3042

cafebar-pleasureというお店。夜遅くに飲む方はどうぞ。

店長僕より若い!

cafebar-pleasure

IMG 0195

本庁地区。傾斜の厳しい場所に町がつくられています。

IMG 3056

 

IMG 3057

現在も映画祭が行われているように、映画文化のある町です。

IMG 3054

ホテルシューパロ。

IMG 3050

ホテルマウントレースイ。

「炭鉱から観光へ」という流れで誕生した施設。

本町地区に観光産業への投資は集中しており、廃墟となり使用されていない施設がたくさんあります。

IMG 0193

歩き疲れました!

ゴールにしていた屋台村です。

何かあると、ここに食べに来ることが多いです。

IMG 3049

ラーメン屋、ジンギスカン、寿司など5、6店舗入っており、好きなお店を選ぶことが出来ます。

IMG 3046

IMG 0283

ウォーキングの後の、オムカレーは最高ですね。

ゆうばり屋台村

歩いてみて思ったこと

こうして夕張ハツラツダイエットウォーキングは終了しました。

普段は車で移動してばかりなので、歩るくとまた発見があるものです。

計測結果として、紅葉山から本庁までは3万歩でした(笑)

「石炭から石油へ」「炭鉱から観光へ」「コンパクトシティ政策」

南から北へ歩いていると、産業の歴史をすごく感じます。

炭住地区のある清水沢などは、歩いていてどこかの時代にタイムスリップした感覚になります。

一方で「コンパクトシティ政策」という未来を考える取り組みも行われています。

そんな歴史や文化から僕みたいな若い人間は、きっと学ぶことがたくさんあるのだと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ややわかりずらい!国道274号から1つ奥にある道の駅、夕張メロード

IMG_0199.jpg

IMG 0199

どーも、冨安です。

GWですね。

GWといえばドライブをしながら、ついでに道の駅を巡るのは1つの楽しみだと思います。

今、僕が住んでいる夕張市には夕張メロードという道の駅がありますのでご紹介します。

夕張市は面積が広く、夕張市に入っても辿り着くのに一苦労される方は多いかもしれません。

北海道夕張市 Google マップ

メロードは紅葉山地区にあります。

夕張市の中でも南側の紅葉山地区にメロードはあります。

札幌、千歳方面と帯広方面に向かう交差点があって、その交差点から5分くらいの場所です。

IMG 0209

IMG 0212

セイコマートが交差点にはあるので、ここを札幌、苫小牧方面に。

どこから来るかによって違ってきますけども!

IMG 0203

セブン-イレブンが目印

IMG 0205

セブン-イレブンがあり、その向かいの1つ奥にメロードがあります。

僕は道の駅は国道沿いにあるものだと思い込んでいまして、国道を走っていれば、そのうちメロードは見つかるだろうと思っていたのですが

出くわさないので、メロードはどこにあるんだ!?

と住んで1週間くらい思っていました笑

住んでいる場所のすぐそばにあったので、発見した時ビックリしました!

IMG 0208

道の駅!とはでかでかと書いてなくて、ACOOPって看板です。

IMG 0201

桜がいい感じです。

IMG 0199

IMG 2831

JRの駅もすぐそばに。

さて、中に入ってみると道の駅!

というよりも普通にスーパー!

という感じで、そんな感じもまた慣れたらいい気がしますね。

IMG 2833

今のメロードはメロンが出荷されていませんが、すぐりメロンが見所です!

すぐりメロンは、まびきしたメロンのことで、お漬物とかにして食べるようです。

他では手に入らない、ご当地の食材ですのでお立ち寄りのさいは是非(^^)

また夕張はお米も生産されています。メロン熊グッツや炭鉱の歴史を学べるブースがあります。

IMG 2834

IMG 2835

IMG 2837

メロンの歴史、炭鉱の栄盛と衰退の歴史が展示されています。

IMG 2839

IMG 2840

そして普通にスーパー!みたいな道の駅メロードが好きです(笑)

IMG 2838

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

めっちゃいいスポーツ施設!夕張市平和運動公園のシーズンはシカの糞拾いから始まる。

IMG_2791.JPG

IMG 2791

どーも、冨安です。

北海道も少しづつ暖かくなってきまして、雪も大方溶けつつあります。

そんな今日僕はシカの糞と闘いに出掛けました。

夕張市といえば、財政破綻した町ということで行ったことがなく、本州の方から見るとすごい寂れたイメージがあると思います。

でも僕も来るまで知りませんでしたが、とてもいい感じのスポーツ施設があるんですよね。

サングリンスポーツビレッジ(夕張平和運動公園)という名前です。

 

夕張市HPより

Jリーグの「横浜マリノス」、「ガンバ大阪」や「浦和レッズ」のキャンプや「北海道日本ハムファイターズ」イースタンリーグ戦をはじめ、サッカー、ラグビー、野球などの合宿に利用されている夕張市自慢の屋外スポーツ施設で、サッカー・ラグビーなどに利用されている全面芝の第1球技場、第2球技場、フィールド内も利用できる陸上競技場、そして内野が天然芝に覆われた道内でも数少ない野球場があります。

Heiwa

どの辺りにあるかといいますと、赤に囲まれてる夕張市の真ん中あたり。

夕張市って札幌近くて、千歳も近いのでアクセスは便利だと思います。

北海道夕張市 Google マップ

北海道夕張市 Google マップ

本日はそんな、サングリンスポーツビレッジのサッカー場のシカの糞拾いをしてきたのでした。

オフ明けは、シカの糞広いから始まる。

冬季期間は休業していて、春から競技場はシーズンインします。

競技場の整備のために、シカの糞拾いをしなければならないのですが、これは市民ボランティアで行われています。

ゆうばり再生市民会議という団体が主催で行っています。

ゆうばり再生市民会議

IMG 2798

IMG 2799

見づらいですけど、芝生に絡まっていまして、これを掻きだします。

黒豆みたいな感じですね。

IMG 2794

IMG 2795

皆さん、腰を伸ばしながら2時間、休みもせずにぶっ通しでやってました(笑)

IMG 2797

IMG 2790

IMG 2801

作業をしていたのは、ご年配の方がほとんどでした。

これからのシーズン、子供たちに気持よくプレーしてもらえたらいいですね!

お疲れ様でした!

終わってから、少し炭鉱跡地を案内してもらった。

話は別ですが、作業終わってから少し炭鉱跡地を案内してもらいました。

IMG 0191

ズリ山。まだ勉強不足でズリ山が何かわかってないのですが・・。

IMG 0185

炭鉱入り口跡地。

こうして入り口は、コンクリートで埋められるよう。

IMG 2807

これは、石炭を運送するための設備だったらしい。

IMG 2809

対岸に向けて、運ぶシステムがあったらしい。

今では想像つかないけど、膨大な石炭を運搬するための設備やインフラは凄かったんだろうなと想像します。

今日は行かなかったけど、今度ここの中、探検しに行こうと思います(笑)

IMG 2808

そして、屋台村で黒光り石炭ラーメンを食べた。

IMG 0192

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0