【告知】9/3・4日!夕張 × Airbnb in Hokkaido ミートアップを開催!

14021459_1142868105786862_4987762330600208018_n.jpg

どーも、冨安です。

6月~8月にかけては北海道は旅行者が多く、夕張市も夕張メロンのシーズンということもあり他シーズンに比べて活気があります。

僕もドローンを飛ばして水没させたり、7月からairbnbを始めたりしてたらあっという間に夏が終わりそうです!

新しいこと色々とチャレンジできて楽しかったです。

IMG 1544

ゲストと富良野に遊びに行ったり。

シェアハウス新夕張でAirbnbのホスト登録をしてみた!シェアハウス新夕張でAirbnbのホスト登録をしてみた!

ドタバタながら。airbnbで初の受け入れをしてみた

DJI 0026

ドローンを水没させたり。

<悲報>ドローン、夕張川にドロン。Phantom4死亡(買って2週間)<悲報>ドローン、夕張川にドロン。Phantom4死亡(買って2週間)

Airbnbを始めたことによる出会い!

僕自身今年の7月から始めたばかりだったAirbnb。

Airbnbだからできる地方創生。AirbnbJapan主催、ホストミートアップに参加。

札幌で行われたミートアップで札幌のホストの方々との繋がりもできました!

そして東京でAirbnbに特化したブログを運営している、るってぃ。

Twitterで交流がありまして7月後半に実際に足を運んでくれました!

そのときの感想がこちら→Airbnbで夕張に3日滞在し、忘れていた童心を取り戻した【廃校保健室】 | エアログ

現地との繋がりがあるからこその滞在を提供でき、結果としてまた夕張に足を運んでくれることに。

エアログのるってぃは東京でairbnbとパン屋を掛け合わせて、潰れかけのパン屋を再生する取り組みをしています。

Airbnbを手段の1つとして地域でも何かできないか??

エアログのるってぃと札幌でAirbnbホストやホストコミュニティの運営をしている石黒さんらとそんな話になりました!

9/3,9/4 夕張 × Airbnb in Hokkaido ミートアップを開催します!

airbnbにある部屋の貸し借り以上の価値。

airbnb×地域の可能性にチャレンジしたい!ということで9/3,9/4に夕張×Airbnb in Hokkaido ミートアップを開催することになりました。

夕張を楽しんでもらいながら【Airbnb×地域】というテーマで、色々なコミュニケーションが生まれればと思っております!

勢い半分に始まった企画ですが、地に足の着いたものに繋げてまいります。

Airbnbみたいな仕組みを活用した、マスツーリズムとは異なる交流人口を生み出すことができないか?

地道なファンづくりを行うための取り組みのための第一歩。

Airbnbをやっていると気づくのが地域全体での来訪者の受け入れを考える必要性。自分のところだけ良くても全然ダメです。

これはAirbnbをやっているホストの方なら理解して頂けるかなと思います。

今回のミートアップでは各地方のホストさんにも来ていただいて、Airbnbを活用した新たな可能性を一緒に模索していく場にもなってくれれば、というのが個人的な想いです。

開催概要

では開催概要です!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1.参加費 無料

人数を把握したいのでお気軽に僕のメール(aolarena16@gmail.com)までご連絡ください。


2.持ち物 下記の通りBBQを予定しているので、各々BBQやる想定でコンロや椅子やテーブルや炭などの道具と食材のご持参をお願い致します。

ちなみに、宿泊される方は夕張のAirbnbリスティング、もしくは寝袋で廃校保健室もありかもw

車であれば1時間ちょっとで札幌まで着けますし、交通機関での札幌日帰りの場合、新夕張駅から札幌行きのスーパーとかちの最終が21:05発となっています。

なお、こんな感じのプログラムを考えています。
希望する参加者が、各プログラムに分かれて参加する感じで。


[9/3(土)]

11:00 ワイワイミートアップ
 ※廃校になった夕張小学校駐車場でBBQ
 ※道具・食材は持ち寄りで、現地に地元の野菜もあります!
 ※BBQ道具・飲食物は各自持ち寄りで
  周りの人に少しシェアできるぐらいの食材

14:00 石炭ズリ山・火力発電所見学
    http://www.shimizusawa.com/hatsuden
    http://www.shimizusawa.com/zuriyama
    B級グルメ食べ歩きツアー
    廃墟遊園地ドローン体験

16:00 炭鉱浴場体験

18:00 汽車フェスタ(汽車ライトアップ)

20:00 大人の林間学校
    花火に キャンプファイヤー(キャンプファイヤー検討中)
 ※Airbnbについてや参加者みんなの野望の語らい

~早朝 24時間開いているゆーぱろの湯
    https://www.facebook.com/yuparonoyu/


[9/4(日)]

早朝 早朝釣り

思い思いに夕張を楽しんでいってください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

基本的にゆるい感じです。参加したい箇所だけ参加するようなスタンスでも大丈夫です。

宿泊も対応方法はお気軽にご相談ください。

14021459 1142868105786862 4987762330600208018 n

どんな人におすすめ!?

どんな人にオススメか、思い付くものを羅列します!

当日はAirbnbホストの皆さまや北海道にゆかりのあるブロガーさんなど、現段階でも多彩な方にお越しいただく予定です。

・Airbnbホストをやっている人

・Airbnbホストに興味がある人

・インバウンドに興味がある人

・地域で観光に取り組む人

・夕張に興味がある人

・北海道でブロガー交流したい人

・夕張にお住まいの人

などなどですかねー。

当日は夕張のディープな部分も知ってもらえるようなコンテンツも考えております!

一人でも夕張のファンになってもらい、リピーターが生まれるような時間をつくっていければと思います。

友達を訪れる旅。個人に紐付いた旅のスタイル

Airbnbだからできる旅。現地との人の繋がりがあるから提供できる体験など色々挙げられますが、一番は友達ができることかなと思います。

僕はairbnbできたゲストの方とSNSなどで繋がって、その後も交流していたりします。

友達がいる地域って何度も訪れたりするじゃないですか。

Airbnbだからできることは「また会いたい!」と思う「人の繋がり」を育めること。それが結果として地域のリピーターを生み出して、地域にもプラスの循環を生み出すことができると考えています。

その場限りで終わるマスツーリズムではない。ネットやSNSが発達したから可能になる個人に紐付いた旅の可能性にチャレンジするイメージですかね!

今回のミートアップは夕張のファンづくりを行う地道な取り組みの1つであり、夕張に限らず各々の地域で新しいうねりが生まれるきっかけになればと。

小難しいことを書きましたが9月3日、4日は夕張をとにかく楽しんで貰えればとおもいます!!

ご興味ある方は僕【aolarena16@gmail.com】あてでもOKですのでお気軽にお問い合わせくださいませ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

夕張メロン&生ハムは絶対うまい!ホリエモンが夕張市で何かやるらしい!?

どーも、冨安です。

先日Twitterを見ていたら、こんなツイートが流れてきました!

夕張は今年、財政破綻から10周年を迎えます。 最近はかなり紙面を賑わせていますね。 するとここで 、

ここでなんとホリエモンこと堀江貴文さんが登場・・・!

市長も、

「何かやりましょう!」

と応答。行政らしくないTwitterで何かが始まっていく感じ。

個人的にはすごく好きです。

さらにやり取りは進む。

 

堀江さん 「本格生ハム工場やらせてください!夕張メロン&生ハム!」

市長「夕張メロン&生ハムいいですね!!」

何気なくTwitterを眺めていたら流れてきたので、最初はちょっとビックリしました。

 

夕張に住む人間的には、気になる話題ですね!

果たしてどんな展開になっていくのでしょうか??

ちなみに夕張メロン&生ハムは、かなり相性抜群だと思いますね・・・。夕張メロンのあのとろけるような食感、甘さに加えて生ハム!!

この組み合わせはやばいはず・・・!想像するだけでヨダレが・・・!

普通に食べてみたいので、是非実現して欲しいですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

この価格は高い、安い!?新千歳空港から新夕張まで、JRの特急で移動してみた。

IMG_5564.JPG

どーも、冨安です。

僕がいま住んでいる夕張市は、新千歳空港から比較的近く利便性のいい立地。

車で1時間くらいですね。

だいたい新千歳空港まで行くときは、車で行くのですが、先日初めてJR北海道を使ってみました。

北海道新幹線開業迫るJR北海道、深刻な経営危機 | ZUU online

JR北海道といえば、新幹線開業が迫っており話題になっていますよね。

一方で経営赤字が問題になっており、地方路線は留萌線が廃止、復旧の目処が立っていない日高線、運行減数が減少する夕張線・・・などなど地方を繋ぐ路線は、どうなるのか暗雲たちこめる状況。

僕もJR北海道は滅多に使わないので、偉そうなことは何も言うことができない・・・!

新千歳空港から夕張までは、鉄道でも行けます!

そんなJR北海道ですが新千歳空港から夕張までは、まだ電車が走っていますので、電車でも行くことができます。

観光には便利な立地。

なんですが、結局電車で駅から降りてからが不便なので、車移動が中心になるんですよね。

IMG 5555

空港から降りたら、まずは地下へ。

IMG 5556

地下に行くと、JR北海道に繋がっています。

IMG 5557

改札口。

札幌方面にいく観光客などで賑わっていました。

ただいかんせん、どう乗り継いでいけばいいのか分かりづらい・・・と思います。

IMG 5558

ちゃんと理解していないのですが、南千歳駅で乗り換えないといけないパターンが多い。

僕は今回、夕張に行くとき南千歳で乗り換えました。

うーん・・・乗り継ぎのシステムが、未だによく分からない笑

海外の人とか困惑するだろうなあー。

夕張に行くときは、基本的に特急を使う!普通は3本しかないから!

さらに時刻表が、また分かりづらい。

夕張への時刻表は、「南千歳駅乗り換え時刻表」の1番右。

IMG 5551

IPhoto 1

特急であれば、どの電車でも夕張に行くことができます。

IPhoto

普通の場合は、行き先が「追分」までのはアウトです。夕張まで行けません。

夕張まで普通で行けるのは

①10:18

②14:37

③17:37

この3本だけです。

特急は1650円。普通620円

普通は3本しかなく、基本的には特急を利用される方が多いのではないかと思います。

特急は1650円でしたねー。

乗車時間的には、1時間くらいです。

正直なところ思ったより、高かったですね笑

距離的には大したことないのですが、特急を使わざるを得ない部分もあり、1650円で行くことになるかと。

往復したら3,300円ですからねー。

首都圏であれば、1,500円くらいで移動できそうな気がします。

車で移動した方が、断然安くなってしまう・・・。移動の自由度も高いし、千歳までも車移動になっちゃうんですよね。

IMG 5560

IMG 5561

ちゃんと乗り換えましたよ!

IMG 5564

特急なんとか号。

IMG 5565

IMG 5576

素朴な駅。

IMG 5585

利用者が少なく、コストもかさむ負のスパイラル。

今回JR北海道を使ってみて、やはり高い!

と思ってしまったのですが、僕と同じ事を感じて、これなら車で移動しよう、と思う方も多いと思います。

そして利用者は減少していき、運賃はまた値上がりしてしまう・・・。

元々北海道はだだっ広い上に、冬は凍結や除雪など維持管理のコストがかさむ事情があります。

高いから利用されない鉄道。

さらに高くなる運賃。

元々条件不利な北海道という立地。

もし皆さまがJR北海道の立場の人間だとしたら、どんな解決策を提案しますか?

今、廃線する路線も増えている北海道では、

なぜ鉄道が必要なのか?

というのは身に迫ったテーマだと思います。

これは今後の、車の自動運転技術でも変わってくるように思います。

JRがなくなった分の人の移動は、自動運転が進んでいけば解決される問題な気がするんですよね。

細かい地方の足は、鉄道ではなく自動運転してくれる車に任せてしまえばいいという発想です。

鉄道の目的が、人を輸送すること

だとしたら、

車の自動運転が、鉄道の仕事をさらに奪うと思います。

カーシェアサービスなどが広がると思うので、鉄道の存在意義はますます薄れていくのではないでしょうか?

遠距離の移動だけ、鉄道を利用して、細かい移動は自動運転に任せてしまう。

そんな未来も十分考えられるのではないでしょうか?

これまで日本の産業を支えてきた鉄道。

なぜ鉄道は必要なのか?

僕の中でなかなか答えは出てこない問い・・・。同じく北海道では車移動の方が大半だと思うので、難しい問いですよね。

皆さまは北海道に鉄道はなぜ必要だと思いますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

自分が想像外のことをしている時が面白い。夕張地下組織モロー会に参入してきた

IMG_0588.PNG

どーも、冨安です。

4年くらい前に北海道に来てからもそうですが、今も夕張にいて、

何で自分今、夕張にいるんだろうな?とよく不思議に思います。

当然多くの人にも、

何で夕張にいるの?

と聞かれることもあるんですが、僕が聞きたいです。

何で夕張にいるんですかね?

これは僕が普通に東京の方で学生してた頃は考えられないことです。

しかしまじめにこんなことを考え過ぎても仕方ないですから、

ま、いっか。

で片付けます。

夕張に来てなぜか縁遠きバンドに参入した

そして夕張に来ても、

なぜ僕はこんなことをやっているんだ?

と思うことはたくさんあります。

先日は、夕張の地下組織モロー会のバンドになぜか加わりました。

ここに至るまでも、不思議な人の縁が繋がりに繋がらなければ、やっていません。

あの時、あの場所に顔を出していなかったら、誰々とも知り合ってないだろうし、

ここにはいないな・・そんなことがたくさんあります。

でも偶然にも知り合ったから、ここにいるんだよなあーみたいな。

夕張に来て、人間の繋がりの不思議さを感じることは凄く多いです。

音楽には大して興味もありませんので、楽器もできませんけども。

シャネルズのランナウェイなどワンポイントでやっただけなのですが、こうしたよく分からないことをやっている、

訳の分からない時間に面白さを感じます。

IMG 0588

基本的にテンション低めでやる気がない感じの人間ですが、

こういう舞台では緊張あまりせず、何かをやらかしたくなる・・。

爪痕を残すことはできたのではないかと思います笑

想定外、行き当たりばったり

人生こればっかりは、もちろんダメだと思いますが、

想定外、行き当たりばったり

とても好きです。

旅とかであると思うのですが、想定外のことに出くわした時の、

やばい・・どうしよう・・

みたいなドキドキ感や緊張感。

自分はいったい今なぜこれをやっているんだろう?

みたいな訳分からない感じ。

好きなんですよね。

本当にやばい想定外は憂鬱になりますが。。

なぜかは自分でもよく分かりませんが、

自分の意思で北海道にきて夕張にも来ているのは間違いなくて、

自分の意思で行動してたら、遭遇する想定外の出来事。

こういうのは本当に面白いですよね。

これは自分の意思じゃなかったら、ぐちぐち言いたくもなること多いのかもしれません。

色んな選択が日々ありますが、自由な選択が出来ない時だって、いつ来てもおかしくないものだと思います。

いつ死んでも後悔のないように生きていきたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

夕張滝の上公園の紅葉がいい感じになり始めている。

IMG_0476.JPG

IMG 0476

どーも、冨安です。

もはや北海道では夜なんかストーブをつける人が出始めるんじゃないかと思うくらい冷え込みます。

札幌ではオータムフェスタなどが開催されたりして、秋という感じですね。

北海道でも屈指の紅葉スポットと言われる場所が夕張滝の上公園です。

今日は少しづつ色づきつつある滝の上公園の様子をお伝えします!

四季折々いつ見ても壮観な夕張川の渓谷

滝の上公園には、夕張川の歴史とともに育まれた

四季いつ見ても壮観な「千鳥ヶ滝」という渓谷があります。

夕張川を挟む山が紅葉の季節になったら、燃えてるみたいな感じになるのだろうかと想像します。

IMG 3464

入り口。

IMG 3465

少しづつ色づき始めているようだ。

今の季節は歩いていると、清々しくて気持ちいいです。

IMG 3467

IMG 3469

IMG 3472

色づいている葉っぱは、色づいている。

IMG 3471

この橋からの景観が壮観。

IMG 0476

紅葉のピークの時は、どのような景色が広がるのでしょうか!?

IMG 3476

そして橋の向こう側。

ここから先は、1人で歩いていると何かができてきそうなドキドキ感があります。

IMG 3477

IMG 3478

IMG 3479

こっちの方はまだまだ色づいてないですね。

IMG 3482

そしてこの桟橋から最初渡った橋を見るとこのような景観です。

IMG 0480

まだまだ色づくのはこれから!

という感じですが、

紅葉のシーズンに向けて滝の上公園の景観はどのように変化していくのでしょうか?

滝の上公園が、紅葉で絶景になるまでの様子は下記サイトを要チェック!

北海道で自由なライフスタイルを実現可能にするweb・ノマド

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

今を生きている証を美しく。「シニアフォトキャラバンin夕張」

11924820_891177590917439_8699853922888722248_o.jpg

11924820 891177590917439 8699853922888722248 o

どーも、冨安です。

もう終わってしばらく日数が経ったのですが、8月に夕張で

「シニアフォトキャラバンin夕張」

という夕張に通い続けるフォトグラファーさんが行った、とても素敵な取り組みをご紹介します。

高齢化が進む地方の町では、葬儀も頻繁に行われていて、

僕も北海道に来て仲良くなった方が亡くなったこともあり、より地方は人の死が身近なことを感じています。

そんな地方の町ならではの背景もあり、誕生した企画なのかな思います。

企画の趣旨の詳細を清水沢プロジェクトからご紹介します。

彼女がフォトグラファーとして夕張の人たちと話す中でとても頻繁に聞いたことは、「いざというときの写真がなくて、困ったのよね」ということだったそうです。
超高齢化社会の夕張。身近な人を見送ることは日常的に起こっているのですが、自分や家族に万が一のことが起こることはあまり考えたいことではないし、そのための準備として、自分の写真を用意している人なんてほとんどいませんよね。
KEIさんは写真家として、自分が夕張の人たちにできるのはどんなことだろうと考え、生まれたアイディアが「自分の遺影写真を、今生きている証として美しく撮ろう」ということだったようです。

シニアフォトキャラバンin夕張 | 清水沢プロジェクトから

遺影を残す、というと賛否両論ありそうですが、

70歳以上の方の、「今を生きている証を美しく撮ろう!」、という企画。

ちゃんとした写真ってありそうで、案外なくて

やって欲しい人はすごく多いですよね、きっと。

僕も自分のちゃんとした写真が全然なくて、なにしろ現在のFacebookのプロフィール写真は落書きです。

僕自身も、北海道に来てからそれこそ70歳以上の方と接点を持つ機会がすごく増えたのですが

みんな、これやってもらったらすごい喜ぶだろうなあと思います。

フォトグラファーのKEIさんが開催した企画です。

A7b0f140114c3724a8563d2b76b59d8e

KEIさんは夕張の方ではないですが、数年前から定期的に関わってきているそう。

どうでもいい話ですが、僕も一回会ったのですがKEIさんは夕張の方でないどころか、

横浜市在住で、僕も横浜市出身なのですが

出身小学校が同じで、横浜の中でも家が近所でした(笑)

北海道の夕張で、横浜市の地元が同じ方と出会うとかすごいですよね。

東京にいても、滅多にないのに!

清水沢地区と清水沢プロジェクト

この企画は、夕張市の中でも清水沢地区の宮前町という町を中心に行われていました。

宮前町は炭鉱住宅が広がり、産炭地域ならではの雰囲気が今もなお残る町です。

IMG 3065

一方で、コンパクトシティ化により人口集約をする対象になっている地域でもあり、

現在人は減り続け、町が縮小することが決まっている複雑な状況にある地区です。

そうした縮小が決まり、様々な問題を抱える地区で

ともに歩んで町のことを考えていく、清水沢プロジェクト、が行われています。

この清水沢プロジェクトと連動して、「シニアフォトキャラバンin夕張」は行われました。

地域や人との、共感や関係性があるから生まれる写真

人の表情をとる写真って、撮影がすごく難しいものだと思います。

さらにこういう地方の町で、プロの方でもよそ者の人間が、

撮影を行うことってハードルが高いのかなと思います。

70歳以上の方ですと、こうした写真撮影をする機会も滅多にないと思いますので

1人1人のいい表情を引き出すことは、何より大変ではないかと想像します。

「シニアフォトキャラバンin夕張」はKEIさんや、清水沢プロジェクトを行う佐藤さん含め

地域や人と対話を重ねていて、共感や関係性がありきで撮影していることが、すごいなあと思っています。

写真に映る皆さんがすごいいい表情をしていて、

写真を見てると、その1人1人のこれまでの人生がイメージされてくるというか。

ただの写真じゃなくて、人生が伝わってくる気がするというか。

なんか、この人はこんな人生を歩んできたのかな??

みたいな。

KEIさんのFacebookページから何枚かご紹介します。

11057254 891177077584157 697403708629583317 o

プロのスタイリストさんも同行して、メイクも行われます。

これも嬉しいですよね!

11045459 891033947598470 8240808431944342853 o

11924820 891177590917439 8699853922888722248 o

11942186 891177600917438 6931167356064381044 o

11947924 891178480917350 1850770006636354786 o

どれも綺麗だなあと思うし

かっこいいなあと思う写真ばかりです。

子どもであれ大人であれ高齢者であれ、変わらない人間の心理

「シニアフォトキャラバンin夕張」、外からとても素敵な企画だなあと思って眺めていました!

年齢を重ねると、体力も知力も衰えて

ネガティブにもなるし、生きがいみたいなものは、どうしてもなくなってくるのかもしれません。

ただ、人間若かろうが年齢を重ねようが

女性なら、綺麗に見られたい

男性なら、かっこ良く見られたい

そう思われたり、言われたりすると嬉しいものではないでしょうか?

また、自身の平取町にいた時にやった高齢者向けのPC教室などから

新しいことを学ぶこと・成長することも年齢問わず、誰しろ嬉しいものだと感じます。

IMG 1331

NewImage

そういえば、去年は高齢者大学で30人くらいのおばあちゃんたちと、

通年で教室を開いたりや旅行に行ったりしていました(笑)

これは、学園祭で合唱をしている写真です。

面白かったなあ。

自分が主役になれる瞬間。

「シニアフォトキャラバンin夕張」、「パソコン教室」、「高齢者大学」

僕がみたり経験したシニア向けの取り組みは、年齢を重ねて、出来ないことが増えてくる中で

どれも生きがいに繋がる取り組みだと思います。

何歳になっても、自分が主役になれる瞬間や笑顔になれる瞬間は嬉しいもので、

こうした1人1人が輝ける瞬間をみんなで創っていくことが、

1人の健康や美しさに繋がり、それが町も元気にも繋がっていくのだと思いました。

写真撮影時のストーリーなど、詳しくは下記リンクからご確認くださいませ(^^)

清水沢プロジェクト

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

秋に向け色づいてきた!?夕張の絶景紅葉ポイントの変遷は、ko-labを要チェック!

IMG_0221.JPG

どーも、冨安です。

もはや北海道は朝や夜は肌寒いをこえて、寒いくらいになってきました。

そして僕は経験していませんが、四方を山に囲まれる夕張は、当然ながら紅葉が凄いらしいです。

その中でも、特に夕張南部に位置する「滝の上公園」は北海道でも屈指の紅葉絶景ポイントと言われています。

IMG 0221

こちらは、春先にとった滝の上公園の様子。

夕張川の歴史とともに、形成された奇石と間を流れる夕張川の渓谷は壮観。

IMG 0223

春先は春先で、新緑に囲まれた散歩道は清々しくて気持ちいい場所でした。

滝の上公園は、アイヌ語で「ポンソウカムイコタン」といわれ、

神様の住む小さな滝のある村、と言われています。

きっと春夏秋冬それぞれ、景観はどれも素晴らしいものなのだと思います。

IMG 2849

絶景紅葉ポイントの変遷は、ko-labを要チェック

そんな滝の上公園はこれから秋に向けて、徐々に色づいてきています。

僕も滝の上公園の紅葉は見たことがないので楽しみにしていますが、

そんな夕張の紅葉絶景ポイントを毎日写真におさめている、カメラマンにWEBサイトがございますのでご紹介いたします。

夕張市の紅葉の風景 | Ko-lab.me

夕張市の紅葉の風景 Ko lab me

中の人は、新聞にも紹介されていたそう。

3 3

目線は隠されていますが、決して悪い人ではございません。

小林さんのブログとインスタグラムにて、9月から絶景ポイントの景観がアップされています。

少し写真をインスタグラムからご紹介します。

safe_image-5
safe_image-4
safe_image-1
safe_image-2
safe_image-6
safe_image
これから、この景観がどんな風に紅葉の絶景に移り変わっていくのか?

毎日毎日の少しづつの夕張の景観の変化を楽しみたいと思います!

田舎に住む醍醐味は自然を日常的に感じれるところだなあとこういう時思います。

夕張の紅葉絶景ポイントの、景観の移り変わりはKo-labのブログとインスタグラムを要チェックです。

毎日同じ場所から撮影をされており、

少しづつ

お、色づいてきたな!

みたいな発見があったりして面白いですよ(^^)

NAOKI ‘ko-lab’ KOBAさん(@ihave_pen) • Instagram写真と動画

夕張市の紅葉の風景 | Ko-lab.me

夕張市の紅葉の風景 Ko lab me

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

夏の終わりを感じた、夕張農協清涼祭

IMG_0454.JPG

IMG 0454

どーも、冨安です。

金曜日、土曜日と夕張農協主催で道の駅前広場で夕張農協清涼祭が行われました。

夏の暑いシーズンも終わり、夕張で有名ブランドの夕張メロンのシーズンも終わりつつあります。

いえば、今年を無事に農繁期を終えたことを祝う収穫祭。

IMG 0451

IMG 0452

屋台では、夕張の農家さん方がつくった旬の農産物を使った出店が並び、飯はどれもとても美味しかったです!

IMG 0453

IMG 0455

さらにバンド出演や夕張太鼓、抽選会などもあり、僕も祭りの一時を楽しみました!

夕張に来てから夏までは、まず乗り越えた

清涼祭は夜となると涼しいくらいで、秋の気配も感じました。

こうした祭りにいる時は、よそ者の自分がなんでこの町にいるのか最も不思議に感じる時間でもあります。

4月から夕張に来て、何とか今に至るまでは無事に乗り切ることができました。

夕張でも徐々に知り合いも増えてきて、楽しく過ごしております。

また問題の仕事は、着実にクラウドソーシングを利用したWEBを通じた収入は増えてきています。

まだまだそれだけでは食っていけないレベルですが。

夕張メロンもシーズンも終わりかけた頃に、自分のブログを活用したりECサイトを作ってみたりと

色々と実験することも出来たのは良かったです。

可能性はある分野なので、さらに実験を重ねていきたいと思います。

問題はこれからだ。

春から夏にかけては、夕張に限らず北海道は何だかんだで仕事はあると思います。

僕も夏は市場の仕事に関われたので、収入の大きな助けになりました。

問題はこれから冬ですよね。

燃料費は嵩むし、夏のような夕張メロンはありません。

逆にいえば、今年夕張で一冬を乗り切ることが出来る事ができれば・・!!

という話だと思います。

冬にいかに仕事をうみだせるか、

これは考えていることを1つづつ実践していきます。

まずは夏まで何とか夕張でやってこれて良かったです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

障害者も健常者もともに歩んでいける社会を。いけまぜ夏フェス2015inゆうばり

IMG_0431.JPG

IMG 0431

どーも、冨安です!

8月1日、2日は各地で色んなお祭りが開催されていますねー。

僕もこの時期は、北海道に初めてのお祭りがあったりして色々と思い出しますね!

さて、夕張市では障害者も健常者もごっちゃになって楽しんじゃおう!という趣旨の

「いけまぜ夏フェス2015inゆうばり」が旧緑陽小学校で現在廃校として活用されている「あ・りーさだ」にて開催されました。

昨日と今日で1000人以上の人が集まる大きなイベントとなりました。

なかなか障害を持つ子供たちと関わる機会はないので、僕自身も彼らと接しつつ気づくことや学ぶこともあり楽しめました!

僕も少し関わりましたので、当日の様子をお伝えします!

IMG 0436

「いけまぜ」ってなに?

いけまぜ、というこのイベントは、

「障害がある人もない人も、ごちゃまぜになって生きていく社会」

をつくっていくために開催されているアドベンチャースクールキャンプです。

「にわとりクラブ」という障害児の活動を支援する団体が主催して、毎年1度全道の各地で開催されています。

昨年は恵庭で、今年は夕張、来年は石狩という感じでバトンタッチされています。

にわとりクラブの活動理念をHPから紹介します。

もっと「外に出たい!」「何かしたい!」そんな思いをもちながら、

障がいがあるということだけで、

あきらめなければならないこどもたちが数多くいます。

彼らが自由に飛び出していける社会を創るためには、

何が一番大切だと思いますか?

それはスロープでもなく、エレベーターでもなく、

「人が理解すること」だと私たちは思っています。

彼らが私たちと同じ感情をもち、同じように楽しいことを楽しんで、

生きたいと思っている、と真に理解すること。

そして、たとえ歩けなくても、話せなくても、

彼らにもたくさんの能力があるということ。

それらを社会一般の人が理解することで、

彼らの「真の障がい」をクリアすることができる、と私たちは思っています。

できるだけ多くの人が、彼らと接する機会をつくり、

それらを確実に認識することができたら、

そして、彼らとの時間を共有し、互いに認め合えたら、

また、その時間を自分自身の糧にすることができたら、と思います。

そんな「いけまぜ」の世界は誰もが少しずつ助け合って生きる、優しい社会。

そんな時代が早く来ることを願って・・・。

障害者にとって最も必要なことは

便利な施設よりも

お互いにもっと理解しあうことなのかもしれません。

障害がある、というだけで出来ることも健常者よりも少ないかもしれないから、

少数派になり生きづらさを抱えてしまうのかもしれません。

でも人間誰しろ、大なり小なり出来ることや出来ないことがあるのは当たり前の話。

障害者も健常者もなにも分け隔てることなく、それこそ多くの人達が自然体で生きていける世の中になればいいなと個人的にも思います。

11794627 803104373140789 2978249660049054700 o

参加者、ボランティアなど様々な立場で1000人以上の人が集まる。

いけまぜには、1000人以上の人が集まりイベントが行われました。

参加者、参加者の家族、全道からのボランティア、夕張からのボランティアなど様々な人たちが関わっています。

IMG 3311

参加者の中には、最初は自分が障害児として参加したけれど、

今度はイベントをつくる側のボランティアとしてチャレンジする子供たちもたくさんいるようです。

何かできる!と思えるきっかけになる素晴らしい場なのかもしれませんね!

さらに、いけまぜでは特に地域の協力なしでは成り立ちません。

事前準備から当日運営までには、役所から町内から商店、高校生から高齢者まで地域からも多くの参加がありました。

「いけまぜ」は障害児にとって貴重な体験になることはもちろん、僕らのようなイベントを支える側の人間にとっても

障害児と接したり、イベントをつくりあげる中で多くの気付きや学びがあるのだと思います。

ポイントラリーや花火、運動会でごちゃまぜ!

では当日の様子をお伝えします!

IMG 3309

参加者やその家族が来る前に、ボランティアが集合。

夕張から、また全道各地から来ています。

以前は参加者だったけど、ボランティア側としてチャレンジする子どもの姿も。

IMG 3317

IMG 3315

メロン熊もパンダも何もごちゃまぜ。

IMG 3326

参加者が集まってから開会式が行われ、夕張太鼓のパフォーマンスなどが行われました。

初めて見たけど迫力あったなあー。

そして初日はその後、ポイントラリーが行われ15くらいの体験ブースを巡り参加者は楽しんでいました。

IMG 3329

IMG 3332

IMG 3334

IMG 3336

IMG 3337

IMG 3338

IMG 3339

何かを教えることは、実は教える側に1番学ぶことが多かったりしますよね。

障害児に何かを教える、ということは当然物の見方が違う部分があるので、彼らの素直な反応からは逆に学ぶことが多いように感じました。

この他にも消防車両を近くで見たりパトカーに乗れるような体験もあり、地域ぐるみで色々な体験する場をつくりあげていることに地域のパワーを感じました!

IMG 3320

マッサージ室などもありました。

無料で10分やってくれたんですよね。

IMG 3330

はい、気持よかったです!笑

そしてポイントラリーの時間が終了すると、夕食。

この夕食もボランティアによりつくって頂いた、夕張のすぐりメロン入りというカレーライス!

IMG 3341

11817185 763052760506730 4728303466953395720 n

とても美味しかった!

さらにこの夕食以外にも朝食や昼食も、地域のボランティアの協力により1000人分以上つくって頂きました。

凄いことですよね。

僕は多めにおかわり頂きました!ごちそうさまでした!

11781776 832168323557942 6777221187652124461 n

11781885 832529470188494 5854423159609544049 n

そして夕食後には花火もグラウンドで打ち上げられました。

IMG 0417

IMG 0421

こうして田舎でやる花火って、また都会のでかい花火大会とは違ったよさがありますよね。

初日は終了して、参加者はそれぞれの宿泊場所で明日に向けて就寝。

懇親会なども行われました!

IMG 0422

2日目、運動会!

そして2日目は僕は途中からですが、朝のラジオ体操からはじまり運動会が行われました!

11219113 763328783812461 2260744763548549828 n

IMG 0426

IMG 0427

IMG 0434

子供たちにとっても、普段は接することのない人たちと接して楽しむことが出来て、きっと記憶の中に残っていくのかと思います。

IMG 0435

そして暑い中ですが全ての工程を終え、多くの人が充実感のある表情をしているように思えました。

次会ったときの成長が楽しみな子が出来た。

イベントはこうして終了したわけですが、個人的な話を。

僕も初日に合成写真のポスターをつくるブースにいたのですが、そこで出会ったのがだいき、という中学生の少年です。

彼もこれまでいけまぜに参加者として参加をしていたけど、参加側からボランティアにチャレンジをしている1人。

きっと勇気も必要だったはず。

親御さんとも少し話して、何かの疾患に伴い中学生ながら白内障を患っているということでした。

白内障、というのは主に加齢と伴に出てくる症状で目の病気です。

目が霞んだり、ぼやけたりするみたいで、生まれながら先天的に患ってしまう子もいるそうです。

だいきの場合は小学生の頃わかったって言ってたかな。

IMG 0411

写真をとって、それを加工して印刷をして渡していくのですが

だいきにはカメラマンを担当してもらっていました。

もともとカメラで写真を撮るのが好きらしく、一生懸命写真をとる姿はとても印象に残っています。

写真をパソコンで加工する様子も興味深そうに見ていたから、きっと才能あるんじゃないかなと思いました。

将来はカメラやパソコンを使ってデザイナーとか似合ってそうだなあ、とか勝手に思ったり(笑)

いずれにしても、彼くらいの年齢で色んな人間と接して、こうやって一緒に何かをやった経験はきっと記憶に残っていくのかなと思います。

そして今回の経験が彼の新しい1歩を踏み出すきっかけになったら心から嬉しく思うし、まただいきと会える時はとても楽しみです!

そして「いけまぜ」の趣旨にあるように、

健常者も障害者も分け隔てのないごっちゃな社会をつくっていければいいなと、だいきのような少年と接する中で僕自身も思いました。

子供たちに新しい1歩を踏み出すきっかけになることはもちろん。

子供たちと接することは何より大人にとって、新しい1歩を踏み出すきっかけになるのかもしれません。

参加者も運営側の皆さまもお疲れ様でした!いい時間をありがとうございました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

アクティブチャレンジ2015in夕張!障がい児者に新たなチャレンジのきっかけを。

NewImage.png

NewImage

どーも、とみやすです。

昨日、一昨日と当日まで知らなかった

「アクティブチャレンジ2015in夕張」

という障害児者が登山というアウトドア活動にチャレンジする企画に偶然関わりましたので

本日は、少しご紹介したいと思います!

アクティブチャレンジ2015in夕張

チームパラマウントアドベンチャー、という組織が企画し、昨日行われました。

チーム パラマウント アドベンチャー(@TPA_Hokkaido)さん | Twitterチーム パラマウント アドベンチャー TPA Hokkaido さん Twitter

障害児に新しいチャレンジのきっかけを体験してもらうような企画を行っているとのこと。

そして、今回は夕張市の中でも「マウントレースイ」という

冬はスキー場にもなっている場所を登山されています。

それで、その参加者の受け入れを障害者スポーツを推進している

「あ・りーさだ」

という団体が旧廃校施設で行っていて、僕も近所のおじさん枠で一緒に作業、焼き肉、

作業

いや

焼き肉

いや

焼き肉

いたしました。

NewImage

こちらは、本日の様子ではないですが、Facebookページから様子が伝わりそうなものを。

今日は、車いすの方にくわえ、多くの学生さんたちがボランティアで一緒に登山をしていました。

その立場になったことがないから想像できないですが、車いすで登山を行うのは、多くの困難が伴い、

1人では出来ないことだから、障害当事者と支援者がお互いの立場でベストを尽くして初めてゴールにたどり着けるのだと思います。

お互いに感動や達成感があるんだろうなあー、現場を見てないからなんとも言えないのですが。

競技終了後も、色々なイベントで盛り上がっていました。

IMG 3271

IMG 0397IMG 3274

IMG 3275

アクティブチャレンジ2015in夕張、障害当事者にも支援者にも、何か新しいことに気づいたりチャレンジする機会となったのだと思います!

ちなみに一昨日は、地元の方々と先に入られてるボランティアなどで、焼き肉・・

枠がなく、色んな立場の人で交流できて楽しかったです。

IMG 0392

IMG 0394

星が綺麗でしたねー!寝転がったら、プラネタリウムいるみたいで。この写真は流れ星ですかね??

田舎にいると、こういう些細な瞬間瞬間が、いいなーって思ったりします!

記事の趣旨はずれますが、飯がうまかった(笑)

IMG 3277

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0