イノーバのPENYAライターのテストに受かった!

どーも、冨安です。

「現在の職業はなに?」

と言われると1つのことを専業にしているわけではないので困ります。

主にクラウドソーシング大手、ランサーズのライティング案件を中心にやっておりますが、ライター業一本で生きていこうとは考えていません。

夕張という地方の町にいる利点を活かして、時期によってはEC業が中心になるかもしれないし、不動産の運用も考えています。

なのでフリーライター、というよりフリーランス。

「何でも屋」

これだなと思っています笑。

最近クラウドソーシング以外でも、リモートワークできる仕事は多いと気づいた。

WEB上で仕事が完結し、新しい働き方として注目されるクラウドソーシング。

半年ほどランサーズを活用してきて、ランサーズに依存するリスクの高さを理解しました。

例えばクラウドワークスでもいいですが、仕事先は複数確保しとかないとダメだなと。

それで最近、「オンラインWEBライター飲み」。1人でお悩みのWEBライターは参加してみては!?

こちらに参加して情報交換したりする中で、クラウドソーシング会社以外にもウォンテッドリーなど案外リモートワークの手段は色々とあることに気づきました。

例えばライター業だったら、ウォンテッドリーでも募集はあるし、BuzzFeed Japanなど色んなWEB媒体で募集があったりします。

その販路拡大の一環で応募してみたのが、

ライター・エディターのコミュニティ「PENYA」

こちらのサイト。

イノーバという会社が運営しています。

コンテンツマーケティングなら株式会社イノーバ

今でもライターや編集者は募集してますよ!

今でも募集してますねー。

PENYAの運営会社である株式会社イノーバは、コンテンツで企業のメッセージを届ける「コンテンツマーケティング」で企業をサポートする会社です。取り扱い媒体は大手企業のオウンドメディアが多数。BtoB領域をはじめとし、美容系の女性向けWEBサイトなども手がけています。あなたも有名企業のオウンドメディアで執筆し、フリーランサーとして活躍してみませんか?

PENYAより)

まずは課題を提出して、それをクリアできれば案件の案内が来るようになるそうです。

報酬はこのようなイメージらしい。

あくまでもだいたいの目安ですが、以下をご参考ください。実際は案件によります。

 編集者

2,000〜10,000円/1記事

1つの案件で4〜15本程度の記事を制作します。

ライター

専門性がやや低い案件(Webリサーチ) ― 2,000〜3,000円/1記事(1,500字程度)

専門性がやや高い案件(Webリサーチ) ― 4,000〜6,000円/1記事(1,500字程度)

経験の長い方、取材記事 ― 10,000〜30,000円 /1記事(1,500字程度)

高名な方 ― 数万円〜/1記事(1,500字程度)

PENYAより)

実際にどのように仕事が進むか、果たして仕事は来るのか?

など、これからやってみないと分からないです。

どんな感じなんでしょうね?

ちなみに課題は去年1回落ちました笑 これまでに作成したポートフォリオをお送りして、通過できました。

クラウドソーシング以外にも、色々とWEB上で完結する仕事はありそうなので、地方の方は色々と探してみては??

スポーツが生むヒトと地域の新しい繋がり。 0からスタートの定山渓クラブ! 

13125025_1105351672869837_5956269710391911421_n.jpg

どーも、冨安です。

先日フィールドホッケーをやりに野幌に行ってきました。

Ch0xMyWVIAAooYl

フィールドホッケーというのはサッカーとアイスホッケーを足して2で割ったようなスポーツ。

僕は大学のときにやっていました。北海道に来てからはどういう経緯か覚えていないのですが、ちょくちょく札幌のチームで一緒に遊ばせてもらっています。

北海道はフィールドホッケーのチームが減って大変らしい。

フィールドホッケーはマイナーなスポーツで競技人口自体も少ないですが、北海道はフィールドホッケーをやる高校や大学もどんどん減ってしまっているそう。

高校は男子で一校、大学は北大だけなのかな?

そんな中、子供から大人まで幅広い世代で、フィールドホッケーや室内で行うフロアボールなど活発なのが定山渓!

昨年度から活動が始まったばかりで、定山渓クラブはホッケーにしては珍しいだろう0からスタートした地域に根ざしているチームです。

先週の日曜日に定山渓クラブ(小学生)、定山渓クラブ、美香保、江別高校、学札OBの5チームでの練習試合をしました。

北海道フィールドホッケー業界の超新星「定山渓フィールドホッケークラブ」を陰ながら応援したい。

社会人チームで一緒にプレーしている先生が指導をされていて知りました。

小学生から中学生まで、地域の子供たちが参加しています。本格的に始動しそうなのが中学。

11921863 860863990650526 4361228222227150308 o

去年の写真ですが!

11951549 950807154990957 9189045610476650110 o

野球、サッカーならお馴染みの少年チーム!ホッケーでみるのは新鮮!

例えば大人がホッケーやるときは、大学や高校のOBとしてグラウンドに顔を出したり、OBチームで参加することが多いと思います。

こうしたパターンと異なり定山渓のチームは、子供から大人まで地域ぐるみでチームを育てていくような雰囲気がある点が特徴です!

スポーツは競い合うことも大きな醍醐味。

それに加えヒトと地域など新しい繋がりを創り出すパワーもあるんだなと、定山渓フィールドホッケークラブをみてて感じます。

全体的にホッケー人口自体が減っていると思いますのでフィールドホッケー、アイスホッケー、フロアーボールなど垣根を越えて楽しめる場やチームにヒトは集まるのかもしれませんね!

今週末には大会もあるので、子供たちの成長を個人的にも楽しみにしたいと思います。

13125025 1105351672869837 5956269710391911421 n

「オンラインWEBライター飲み」。1人でお悩みのWEBライターは参加してみては!?

どーも、冨安です。

昨日一見すると怪しく感じる方も多いかもしれませんが、こんなのものに参加してみました!

僕は北海道の夕張市という地方に住んでいて、最近オンライン上で様々な地域、職業の方と繋がることに楽しみや可能性を感じております!

クラウドソーシングを活用しはじめて半年くらい。 周囲には同じ境遇の人は、なかなかいませんので色々情報交換できたらいいなと思い参加してみました。

時間により、入退室もあり3〜4人ほどで 飲み会!? のようにざっくばらんにお話をしていました。

どんな人が参加したの?

ではどんな人が参加したのでしょうか!? まずは主催の吉見さん。

ライター歴は3年ほどだそう。

2015年にはランサーオブザイヤーで賞を受賞されるなど、活躍をされています。

今回の企画を主催するなどアクティブな印象です。

次に太郎さん。

ライター業を始めたのは、つい最近とのことでした。

スペイン関係に強いそう!

3人目に松本さん。

ご存じの方も多いかもしれませんが、ノマド的節約術というサイトを運営されています。

ノマド的節約術 – 支出を減らし、貯金を増やすテクニック紹介ブログ

「何が本業かよく分からない、色々とやっている方」

という印象です!笑

皆さんWEBライターを専業としているわけではなく、あくまでも1つの手段として位置づけている印象だったかなー。

キャリアも僕や太郎さんみたいに、1年ない人もいれば吉見さんや松本さんのように実績ある方もいたりと様々。

通信状況の問題で、上手く参加できない方もいらっしゃいました。是非またお話を聞いてみたいところです!

どんなこと話すの?

2時間くらいやりましたが、あっという間でした。飲みながら話している方もいれば、そうでない方もいたり。

特にテーマは設定せずに、

・自己紹介

・普段どんな風に仕事をしているのか?

・ランサーズ、クラウドワークスはどっちを使用しているか?

・受注する仕事の選び方

などなど。

田舎に住んでいますし普段周りに仕事の話をできる人がいないので、こうした話をできる場がまず貴重です。

北海道、京都、神奈川など住んでいる地域もバラバラでしたので、住む地域によってできる仕事も変わってくるなーとか思いました。

例えば僕は現状、仕事がランサーズに偏っていて、その他の仕事先をいかに広げるか?

みたいな部分が課題だったのですが、太郎さんはウォンテッドリーを活用されていることを聞いて、新しい方法を知ったりしました。

自分一人でやってると、気づいたら同じやり方に執着していたりしますので、僕みたいな地方在住フリーランスには、こうしたオンラインの場は世界を広げるために貴重です!

またやるらしいので、お一人でお悩みのWEBライターさんは参加してみては!?

吉見さんがブログでも書かれていたのですが、また今回の企画は継続してされるそう!

WEBライターの仕事というのは始めたばかり、という方にはピッタリだと思います。

今でこそクラウドソーシングは多少慣れましたが、僕も始めたばかりの頃、人知れず一人で悶々としながらやっていたことを思い出します笑

悩みとかあっても、相談できる人もいないですしねー。

吉見さんはランサーズでママランサー賞だったかな?

を受賞された実績もありますが、まさに僕などと同じように0からクラウドソーシングを開拓されているので、実践的な部分で参考になるお話がたくさんできますよ。

個人的には切磋宅場するような場として活用したいところ!

気軽に参加できるものなので、ちょっとでも気になる方はとりあえず参加してみては!?

明治時代、発展途上の札幌が舞台! ゴールデンカムイ第6巻

IMG_1105.PNG

どーも、冨安です。

日露戦争後の北海道が舞台のサバイバルバトルマンガ「ゴールデンカムイ」。

ゴールデンカムイ 7 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

北海道の歴史やアイヌ文化が細かく描かれていて、北海道に住んでいることもあり面白く読んでいました!

ただこれは北海道以外の方が読んでも面白いらしく、色々と賞を受賞したりしているそう。

『マンガ大賞』大賞受賞!一攫千金サバイバル漫画「ゴールデンカムイ」がアツイ!【6巻3/18発売】 – NAVER まとめ

隠された金塊を巡るサバイバルバトルマンガですが、当時の北海道なども細かく描かれています。

・明治時代、開拓されたばかりの北海道の歴史が描かれていること

・アイヌ文化についてかなり細かく描写されていること

・歴史的背景にIFの要素が入ったストーリー

この辺りがゴールデンカムイの特徴です。

100年ちょっと前の話なのですが、開拓途中の北海道はアイヌ民族の人たちが現在とは全く異なる暮らしを送っていただろうし、異国だなとこのマンガを見てて思います。

明治時代の内地からみる北海道という存在は、海外みたいな感覚だったのかなと想像します。

個人的にはゴールデンカムイを読んでいて何が面白いかって、身近な土地が出てくることに限ります!

小樽から網走監獄へと向かう主人公一向。

第6巻ではその道中、札幌が舞台!

IMG 1107

IMG 1108IMG 1105

(ゴールデンカムイ第6巻より引用)

まだ開拓途中。人口規模も小樽より少なかった札幌

現在は北海道の中心都市として栄え、人口約200万の都市札幌。

ゴールデンカムイの舞台の明治初期は、まだまだ開拓途中。

札幌よりも栄えていたのは、早くから和人が住み着いていた道南の函館、にしん漁で栄えていた小樽などの町。

函館といえばペリーが開国要求をしたときに、開港した町としてもお馴染みですよね!

今の北海道の中心が函館あたりでもおかしくなかった気がしますが、なぜ札幌が中心になったのか?

不思議ですよね。

IMG 1109

札幌という町が生まれたのは明治以降で、現在本州に残るような江戸時代からの歴史や文化を感じる機会は札幌にはありません。

僕が知る限りですが・・・!

札幌で歴史を感じる建築物は、明治以降西洋の建築様式を取り入れた旧北海道庁赤レンガ、時計台、札幌ファクトリーなどでしょうか。

IMG 0386

これが時計台。

がっかりスポットといわれますが、ビルに囲まれちゃってるのがもったいない気がします。

何気に1時間に1回かな?ゴーン!ってなるんですよね。

IMG 0306

こちらが旧北海道庁赤レンガ。

札幌を象徴する場所っていうと、ここなイメージはあるかな。

IMG 0513

こちら明治時代、開拓使により作られたサッポロビールのビール工場!

日本人の手で作られた初のビール工場らしい。

中に入ったことはないのですが、複合型の商業施設になってます。

こんな感じで、僕はゴールデンカムイを見ながら過去、現在の北海道を行ったり来たりすることを楽しんでいます!

100年でこんなに変わるもんなんだなあー、と笑

ゴールデンカムイの世界から約100年が経過して、暮らしも大きく変わった北海道。

これからどのように変化していくのでしょう?

実在した人がモデル!?不敗の牛山という男

第6巻では札幌世界ホテルを舞台にバトルが繰り広げられます。

IMG 1110

ここで出てくるのが敵役ですが「不敗の牛山」という男です。

IMG 1113

この「不敗の牛山」、牛島辰熊 – Wikipediaという実在した人物がモデルっぽいです。

その柔道の荒々しさ、性格の豪放さは語り草で、「鬼の牛島」「不敗の牛島」と謳われ[1]、対戦相手からは「猛虎」と恐れられた[4]。鷲のような眼光鋭い目は、睨まれるだけで射すくめられたという。

朝は60kgあるローラーを牽きながら走り込み、深夜になると裸で大石を抱え上げて筋肉を鍛えた。さらに茶の葉を噛んで自身を奮い立たせ、大木に体当たりを繰り返した。そして仕上げはその大木に帯を縛り付けて背負い投げ千本の打ち込みをした。

試合前夜にはスッポンの血を飲み、当日はマムシの粉を口に含んで試合場に上がる。開始の合図と同時に突進して相手に躍りかかり、徹頭徹尾、攻めて攻めて攻め続ける。この攻撃精神が牛島柔道の信条であり、愛弟子の木村政彦にも受け継がれている。

(Wikipediaより)

マンガの世界のような話ですよね・・!!

史実とIF要素の入ったリアリティーあるストーリーはゴールデンカムイの面白さだよなあ。

そして第6巻に続き、第7巻も既に出ておりますが、第7巻の舞台は僕も住んでいました日高!!!

IMG 1114

もう読んでしまったのですが、苫小牧などが登場して楽しめました!

アイヌ文化にフォーカスを当てているゴールデンカムイ。個人的にはそろそろ僕も住んでいた平取町二風谷あたりが登場するのではないかと期待しております!

冒険家イザベラバード辺りに登場して欲しいなあ。

義経伝説とジンギスカンのうんちくをセットで。

認定ランサーになった。 何がどう変わるのだろう? 

どーも、冨安です。

GWですね!

北海道は観光客が最も多い時期かと思いますので、こういう時期は余計な移動はしないに限ります。

僕は決まった時間までに、決められた物を納品すれば時間には縛られないので、観光をするなら平日です!

不安定ながらこうしたライフスタイルができるのは、クラウドソーシングという仕組みの恩恵。僕は基本的にクラウドソーシング大手のランサーズ、という会社のサービスを利用しているのですが、このランサーズが提供する仕組みの1つが「認定ランサー」制度です。

一定の実績があることが必要になり、今後の仕事獲得などに優位になるらしい!?

クラウドソーシング大手のクラウドワークスでは同類の「プロワーカー制度」なんて仕組みを用意しています。

認定ランサーとは?

認定ランサーとは、ランサーズが決めた一定の基準をクリアした人が対象になります。

以下こちらのサイトから引用いたします。

認定ランサー検索 | クラウドソーシング「ランサーズ」

認定ランサーは、返信速度・納品実績・獲得額・高評価などの条件を満たしています。

メッセージ返信率(24時間以内)が80%以上でなければ、認定ランサー認可が得られません。クライアントからのメッセージに早く応答できるかどうかが基準の1つです。

仕事を受注してから納品を完了させる割合が、90%以上でないと認定ランサー認可が得られません。トラブルなく仕事を納品まで完了させるスキルが認定ランサーの条件です。

獲得額が上位20%以内でないと認定ランサー認可が得られません。ランサーズで高額案件や多数依頼をこなした実績のある人が認定ランサーです。

など。

ランサーズ側が設定する一定の基準をクリアできれば認定ランサーになれます。

最近認定ランサーになった。

5月に入ってメールがきて、僕も認定ランサーになりました。

いつもランサーズでお仕事いただき、誠にありがとうございます。
ランサーズ認定ランサー事務局でございます。

このたび弊社で実施しました認定ランサー審査につきまして、
厳正なる審査をいたしました結果、
是非aolarena16様に認定ランサーとして、ご活躍いただきたいと考えております。

どのようなメリットがあるか?

再び以下こちらのサイトから紹介いたします。

認定ランサー検索 | クラウドソーシング「ランサーズ」

・認定ランサーには、認定エンブレムが付与されます。検索ページ・プロフィールページ・提案ページなどで、クライアントに認定であることをアピールできます。

・認定ランサーは、認定ランサー検索に表示されます。認定ランサーのみが掲載されるページで、クライアントからの直接相談されたり個別の依頼が増加します。

認定ランサーは、ランサーズ案件担当から案件を紹介されます。
高単価案件や発注につながりやすい案件など、おすすめ案件多数です。

ランサーズでそれなりの報酬の案件を獲得しようとするとき、基本的にはコンペ形式で他の方と競う必要があります。

この提案時に優位になるのかなとは思います。

多数の提案があったときに、認定マークがあると選ぶ側も分かりやすいはず。

旅行好き必見 全国の宿泊ホテルの取材記事制作の事例 実績 提案|インタビュー 取材の仕事|ランサーズ 🔊

とはいっても、この認定ランサーになっている人の数も多く、形骸化している印象が強いですね。

僕自身認定ランサーになったけど、日々実力不足しか感じないので、一喜一憂することなくやっていきたいと思います。

東京にはない札幌の魅力は、自然との距離感の近さ

IMG_0400.JPG

どーも、冨安です。

4月中は仕事柄、札幌の魅力ってなんだろうな?

と改めて考える機会がたくさんありました。

その1つが現在はまっているスープカレーですが、札幌は都市ながら東京とは全く違う雰囲気を持つ街で、

札幌に惹かれる道外の方は多いのではないでしょうか?

札幌にしかない魅力は、一言でいえば自然との距離感の近さ!

だと思っています。

都会のオアシス的な大通り公園

札幌ならではの空間といえば、僕はこの大通り公園だと思います。

札幌駅とすすきの繁華街の中間くらいにあり、高層ビル群のなかに直線で広がる緑の空間。

IMG 0393

IMG 0400

天気がよければ芝生でゴロッとしている人たちや犬の散歩をしている人、遊んでいる子供たちの姿を見かけるなど、

狭苦しい空気感ではなく、自由な空気感があるように思います!

IMG 0491

この大通公園は季節毎に北海道の1大イベントが開催されるなど、まちづくり的な観点からもすごく活躍している空間。

札幌は土地の区画分けがキッチリしている街という特徴も。

Googleマップを札幌の地図を見ると分かりますが

札幌市 Google マップ 🔊

綺麗で整然としています。

IMG 0492

故に大通公園からは景観を阻害するビルもなく、直線上に広がる山々まで見渡すことができます。

IMG 0436

IMG 0483

まあ綺麗に整理されている分、同じような景観が続いたりして、どこを歩いているかよく分からなくなりますけどね笑

だから先日記事に書いたような→駐車券は持ち歩くべき理由を学んだ、札幌ファクトリー第3駐車場事件

みたいなことが発生するんです。

東京にも代々木公園みたいな自然はあるけど、札幌は点が線で繋がってるイメージ。

札幌は普通に都会ですが、大通り公園という大きな緑の空間があり、すぐそこに山を見渡せるような自然との距離感がある。

東京にも代々木公園みたいな自然ある場所もありますが、こうした場所は点でしかありません。

大通り公園は直線数キロメートル緑の空間が続いて、さらに奥に山が見渡せるような点が線に繋がって面になっているイメージがあります。

だから高層ビルに囲まれながらも、暑苦しさはないし開放感のある深呼吸したくなる空間になるのかなー。

ゴールデンカムイ6巻で札幌が出てきますが、

ゴールデンカムイ 6 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

明治からのまちづくりの歴史の積み重ねで今日の札幌の景観はあるのだろうと思います。

札幌が好きだ!笑

IMG 0484

北海道グルメにおけるスープカレーの立ち位置

IMG_0294.JPG

どーも、冨安です。

4月に入ってから僕のブームはスープカレー。

IMG 0289

北海道に住んで5年近くが経ちますが、これまでスープカレーはほとんど食べたことがありませんでした。

ちょっと高いし、なんだかよく分からないグルメという印象が強くあったからだと思います。

しかし偶然にも仕事をきっかけに、スープカレー店を数カ所巡る機会に恵まれ、すっかりスープカレーの虜になってしまったのでした。

IMG 0294

(こちらの写真はスリランカ狂和国の味を継ぐ「gopのアナグラ」というお店のスープカレー)

何だかよく分からないまま、はまっているスープカレー。

僕はなぜスープカレーの虜になってしまったのか?

その要因は丁寧に1つ1つ紐解いていかなれけばならないと考えています。

どのような特徴がある食文化なのか?

なぜ札幌で生まれたのか?

ルーカレーとの違いは一体なんなのか?

浮き上がってくるクエッションは枚挙にありますが、今回は現状北海道におけるスープカレーのポジショニングについて整理してみます。

北海道のソウルフードといわれるものを列挙してみる。

まずは北海道に5年近く暮らしてみて、北海道のソウルフードにはどんなグルメがあるのか思い付くものを列挙します。

・味噌ラーメン

・ジンギスカン

・スープカレー

・みよしの「餃子カレー」

・海鮮

・ザンギ

・マルちゃん やきそば弁当

マルちゃん 北海道限定 やきそば弁当 132g×12個

・いももち

・あげいも

・ソフトカツゲン

ソフトカツゲン 500ml 20本

・リボンナポリン

・ガラナ

・白い恋人

他にも色々あると思いますが、僕がざっと思い付くのがこんなところでしょうか。

ジャンルも様々ですので一概に比較はできませんが、最も道民の生活に根付いているのは、

ジンギスカンかなと感じます。

僕自身も何かの機会に集まってジンギスカンをした記憶は数多くあります。

このベルのジンギスカンたれと一緒に。

温泉市場 ジンギスカン ベルのタレ 360ml

味噌ラーメンは札幌発祥で、ラーメン店の数は関東に負けず劣らずなレベルで札幌にはラーメン店が多いですね。

ラーメン店には日常的に足を運ぶ方も多いことと思います。

また北海道限定のカップ焼きそば「やきそば弁当」。北海道に来た当初は信じられなかったですが、残り汁をスープにして飲むという、これまた寒い北海道ならではの食文化!

麺の旨みがしみこんだ残り汁、濃厚なスープになるんですよねえ。

道外から来た方は、コンビニのカップラーメン、カップ焼きそばのコーナーを是非ご覧ください。

UFOや一平ちゃんを大きく凌ぐ、圧倒的な「やきそば弁当」シェア率の高さに驚きますよ。

ではスープカレーは?

ではスープカレーはいかがでしょうか?

札幌には100を超える店舗があるようですが、実際には足を運んだことがない、道民の方も多いのではないでしょうか?

一杯700円前後のラーメン、500円前後で食べることができる丼物と比較すると1,000円を超えるお店も多く、敷居の高さは少しありますよね。

また私生活のなかでスープカレーを食べることも、マニアな方でなければないはず。

スープカレーはジンギスカンや味噌ラーメンと比較すると、道民にもそこまで浸透していないグルメな印象です。

ソウルフードという印象はないですよね。

道外から来る観光客からしても、

スープカレー=「何だかよく分からない食べ物」

というイメージを持つ方は多いのではないかと想像します。

これまでの僕がそうでした。

しかしちょっと待って欲しい。

スープカレーの魅力を知ることのないまま、北海道を過ごすことは非常にもったいないと感じています。

北海道の大地で育った食材をふんだんに使用し、恵まれた水質から生み出される一杯!

IMG_0542.JPG

北海道だからこそ生また食文化で、世界に誇るグルメではないかと考えるようになりました。

店舗の主人の思いや個性が加わり、一杯が生まれるまでのストーリーも楽しむことができる。まずは人気店を5店舗、是非食べ歩いてみて下さい。

きっとあなたもスープカレーの虜になっているはず!

スープカレーとは、一体どんな食べ物なのか?

僕自身もまだまだよく分かっていない領域ですが、1つ1つ紐解いてまいります。

次回まずは

「ルーカレーとスープカレーの違いは何か?」

ここから始めてみたいと思います。

柄にも合わない一眼レフカメラを購入した!

IMG_0542.JPG

どーも、冨安です。

僕はこれまで比較的写真などにはそこまで強いこだわりはなく、3年くらい同じデジカメを使用していました。

一眼レフを持っている人をみて、自分はあんなカメラ持つことはないだろうな・・・と思っていたのですが、

4月前半に一眼レフを購入しました。

自分で一眼レフって感じの人じゃないよなー、と思いながら突拍子もなく購入しました。

購入したのはコチラです!

なんで一眼レフを購入したかといえば、撮影なども含めた仕事が発生しまして、さすがに安っぽいデジカメで撮影はないなと思ったからです。

必要に迫られてほとんど何も考えずに買っちゃいましたねー!

どの一眼レフがいいのか?ミラーレスとの違いは何なのか?

どのレンズがいいのか?

そんなことは全く分かりませんので、適当に即決です!

一眼レフの何が凄いのかも分からず(笑)

未来の自分に借金して(笑)

この一眼レフが僕の相棒になりました。

世界で最も軽い一眼レフだけあって、軽いのは助かりますね。

一眼レフにしてからは写真が楽しくなったし、いい買い物をしました!

(と、思い込んでおくことにする)

ちゃんと仕組みを理解してないのですが、デジカメやスマホではとれないような写真が撮れます。

こちらのサンドイッチは札幌に詳しい方ならご存じかもしれませんが「サンドイッチの店 さえら」の名物「たらばがにサンド」!!

IMG 0416

これまで、ぼかした写真をどう撮っているのか全く分からなかったのですが、遠近感だったんですね。

IMG 0414

焦点を当てたいモノを、よりフォーカスしやすくなるのが一眼レフの魅力なのでしょうか?

IMG 0616

まだ使用し始めたばかりでよく分かっていないことの方が多いですが、デジカメ時代よりカシャカシャしたくなる楽しさが一眼レフにはあります!

一眼レフは関係ないのですが、最近仕事の関連で札幌のスープカレー店を数カ所回ってたら、スープカレーに目覚めました!

ラーメンかスープカレーか、2択を迫られたらスープカレーをセレクトするほどに、スープカレーにはまっています。

実際のところ、北海道住んでいてもスープカレーを食べたことがない方も多いかもしれませんが、

北海道が世界に誇るグルメではないかと最近感じております。

IMG 0542

マイブームは一眼レフカメラとスープカレー。

冨安でした。

駐車券は持ち歩くべき理由を学んだ、札幌ファクトリー第3駐車場事件

IMG_5908.JPG

どーも、冨安です。

4月中取材の仕事などが発生しまして、高頻度に札幌に足を運んでいました。

夕張は下道でも、1時間半〜2時間くらいで札幌まで着くので利便性はいいんですよね。

札幌までは車で移動をするのですが、1日駐車するようなときは基本的に札幌ファクトリーそばの駐車場に車を置いていきます。

IMG 5906

IMG 5904

札幌駅までは10分〜15分くらいで1日置いておいて、1000円です。

駐車券は持ち歩くべき理由を学んだ一件

駐車券って皆さまどうされていますか?

僕はいつも車に駐車券を置いていって、自分で持ち歩いていなかったのですが、先日駐車券を持ち歩くべき理由を学びました!

僕が利用しているのは「札幌ファクトリー駐車場」。

いつも通り車をここに駐めて、仕事を終えて駐車場に戻るじゃないですか。

すると駐めていたはずの場所に車がないんですよ!

駐車場内を何周もして、2階も確認したりしたのですが何度確認しても僕の車がない!!!

「駐車場に駐めていた車がなくなるなんていうハプニングが平和な日本で発生するのか?」

そんなクエスチョンが頭に浮かびながら、

①強制的に移動させられた。

②盗まれた。

この2つの可能性がパッと考えつきました。

駐車場に駐めていた車がなくなる、という未経験の事態に戸惑いましたが、

駐車場を管理する会社に連絡を取りました。

話によれば防犯カメラなどを確認するようなことは不可能だそうで、警備員の方に来て頂き、僕の車の捜索は開始されました。

「駐車券はお持ちですか?」

と問われ車に置いてきてしまい、持っていないことを後悔するとともに

「こういうときのために、駐車券は持ち歩かないといけなかったのか・・・!!!」

と深く学びました。

札幌ファクトリー駐車場のトラップ

で、結果的に車は隣りの駐車場にありました。

実は僕が駐めていた「札幌ファクトリー駐車場」。

全く同じような駐車場が2つあるんですよね。

IMG 5907

手前と奥、2つあるのが分かりますか?

IMG 5908

確かこのとき奥の第4駐車場に駐めていたのですが、

僕はずっと第3駐車場を探していたのでした!!!

駆けつけて頂いた警備員の方に

「横にも同じような駐車場がございますので、もしかしたらそちらにあるのかもしれないですね・・・。」

と言われ、てっきり1つしかないと思い込んでいたので

あれ、そうだったんだ!?

とビックリしました!笑

IMG 5908

そして横の第4駐車場に無事! 僕の車はございました!

こういうときに駐車券を持っていれば捜索もスムーズでしたね、きっと。

いやー人間の記憶って適当ですよね。

皆さまも札幌ファクトリー駐車場をご利用の際はお気を付け下さいませ!笑

生き方の幅を広げる、逃げ道としてのクラウドソーシング

どーも、冨安です。

3月に1週間弱、横浜市に滞在していました。

僕は主にクラウドソーシングのランサーズを活用していますが、横浜滞在時に

「クラウドソーシングは条件不利な地域でこそ存在意義が増すんだろうな」

と感じました。

現在僕が住んでいる北海道夕張市を含めて、地方の町は仕事が限られます。

正職員といえば公務員、農協職員、教職員など極めて限定的で、1年間これ1本で食っていける!

という職業はなかなかありません。

例えば夕張でいえば、夕張メロンのシーズンはメロン周りで雇用が生まれますが、アクティブなのは3ヶ月間に限定されますし、ここで1年間食っていけるだけ稼ぐことも難しいのが現状だと思いました。

仕事がないから、存在が輝きを増したクラウドソーシング。

そんな仕事が限定的な町にいたからこそクラウドソーシングは輝きを放ちました。

クラウドソーシングで稼ごうと思ったとき、やはり最初は上手くいかないことが多いし、なかなか軌道に乗りません。クラウドソーシングを使わなくてもいいなら、他の仕事をやった方が遙かに効率良く稼げる仕事はたくさんあります。

3月はランサーズだけで20万円を初めて超えて、「生計を立てれる」レベルの収入をクラウドソーシングのみで確立できました。

これは夕張市という仕事が限られる町にいて、クラウドソーシング以外に収益の見込みが立ってなかったから、やったんだろうなと思います。

本当にマズイ状況だったので・・・。

これが例えば横浜市などだったら、仕事はいくらでもあるから絶対クラウドソーシングは活用していなかった。

クラウドソーシングという仕組みすら、知らなかったかもしれません。

クラウドソーシングって地方在住だからこそ恩恵を強く感じるんだろうな・・・と横浜滞在中に思いました。

また地方在住者だけでなく、都会にいても外での仕事が難しい方などには恩恵がでかい仕組みなはず。

僕はアトピー性皮膚炎持ちですが、最悪めちゃくちゃ悪化したらクラウドソーシングで生き延びよう・・・とか思えますし。

生き方の幅を広げる、逃げ道としてのクラウドソーシング。

「企業が個人に業務委託をする」

それもネットで完結できる。さらに特定の個人ではなく、フラットに企業と個人を繋げてくれる。

このクラウドソーシング普及による新しい仕事の流通の恩恵は、条件不利な地方に住んでいる人、なかなか家から出ることが難しい人・・・こうした層には特に大きいのかもしれませんね。

僕は今後特にクラウドソーシングにこだわって生きていくつもりはございませんが、クラウドソーシングを開拓したことにより

「最悪クラウドソーシングを活用して、生き延びる!」

「他で失敗しても、最悪クラウドソーシングで!」

みたいな考え方できるようになったので、心に余裕を持って他のことにもチャレンジできるようになります。

クラウドソーシングという1つの逃げ道ができたのはデカいなと感じています。

僕の夕張暮らしを始めてからのイメージは、来た当初から

①夕張市とは関係ないデジタルな仕事をベーシックインカムにしつつ、

②リアルな地域でしかできないことにチャレンジしていく。

というイメージ。

①が実現しつつあるので、今年は②の方にも、少しずつエネルギーを割いていきたいと思います。

他で失敗しても、クラウドソーシングで生き延びればいい話ですから。

僕にとってクラウドソーシングは1つの人生の保険・・・!?

ライフカードです笑

クラウドソーシングは仕事の1つの選択肢として、多くの人の人生の幅を広げる可能性があると思います。