除雪の美学。なぜ除雪はマメに行うべきなのか?

035

035

どーもです!

僕は神奈川出身で、今住んでいる北海道の平取町には約2年ほど住んでいます。

当然ながら、神奈川に比べてよく雪は振ります。

雪が降ったら除雪をしますよね?

北海道に来て、僕の感覚がズボラなのもありますが

北海道の方々は結構マメに除雪をしている印象があったんです。

そこまでマメに除雪する必要あるんだろうか??

みたいな感じで。

実際僕が住んでいる辺りはそんな雪降っていないのですが

それで油断して積もった雪を気にしないでいたら

ああ・・・!!

これが除雪をマメに行う理由だったのか、と気づきました!笑

題して、「除雪の美学」です。

雪を放置していたら

まあ大して降ってないしと思って家の玄関前の雪放置していたんですよね。

そうしたらどうなったと思いますか?

9127700e-9488-49ee-8724-7f17c7a80a1f

e2238fe9-42e6-4bbc-9418-5774c9117041

放置していた雪はスリッピーな氷になったではありませんか!!

塵は積もって

山となり

スリッピーな氷になる

この言葉を忘れないでください。

除雪の美学

除雪をしていないと積もった雪が凍ったり溶けたりを繰り返して

結果として、スリッピーな氷になります。

僕も家の前で何回かすべって転びましたw

さっさと何とかしろって話なんですが、ここまで来たら春の訪れと共に、自然に溶けるのを待ちたい。

除雪を放置しておくと、結果としてスリッピーな氷になるみたいで、しかも中々溶けない・・

だからこそ

雪が降って間もない時に除雪をするのが、1番結果として楽でいいのだと思いました!

ズボラな人間ですが、僕も来年からはマメに除雪をします!

以上。

除雪の美学でした(笑)

ブログ記事で作る本棚。エアー本屋の店長をやってみた

山善(YAMAZEN) 大容量ダブルスライド本棚 CSCS-9090(BK) ブラック

 

どーもです。

先日「本の逆襲」について書きましたが、その中で本、本屋の在り方が変わってくる!

ということが書いてありました。

 http://hirokitomiyasu.com/?p=1829

そこで、ブログの記事でも本屋っぽく本棚作れるなーって思ったんですよね!笑

ブクログとかオンライン本棚作れるサービスありますが。

というわけで本屋の店長もどきやってみました。

読んだ本とAmazonのほしい物リストに入ってる本が大半です。

 

しらずしらず――あなたの9割を支配する「無意識」を科学する  しまった! 「失敗の心理」を科学する  たまたま―日常に潜む「偶然」を科学する まさか!?―自信がある人ほど陥る意思決定8つの罠

ヤル気の科学 行動経済学が教える成功の秘訣  偶然の科学 (ハヤカワ文庫 NF 400 〈数理を愉しむ〉シリーズ)  錯覚の科学  「勇気」の科学 〜一歩踏み出すための集中講義〜

この辺りの日常を科学する系のシリーズは取り揃えたい!

この中には1冊も読んだ本はありませんがw

ブラック・スワン[上]―不確実性とリスクの本質  リスクにあなたは騙される―「恐怖」を操る論理   不合理 誰もがまぬがれない思考の罠100  ずる―嘘とごまかしの行動経済学

歴史は「べき乗則」で動く――種の絶滅から戦争までを読み解く複雑系科学 (ハヤカワ文庫NF―数理を愉しむシリーズ)  ファスト&スロー (上): あなたの意思はどのように決まるか?  欲望と幻想の市場―伝説の投機王リバモア  ヤバい経営学: 世界のビジネスで行われている不都合な真実

大好きです!タイトルもデザインもかっこよくて惹かれますね!笑

こんな感じの本棚があったらディズニーランドよりテンションが上がります。

そうです!

タイトルを眺めて満足するパターンです!

国家はなぜ衰退するのか(上):権力・繁栄・貧困の起源  滅亡へのカウントダウン(上): 人口大爆発とわれわれの未来 明日をどこまで計算できるか?――「予測する科学」の歴史と可能性  ウォール街の物理学者

上記4冊含め、この中には早川書房という出版社の本が結構あります。

出版社は意識せずに本を買ってたのですが、気づいたら早川書房の本がちょいちょいあったんです。

僕はネガティブなのか、危機を煽られるタイトルに惹かれるようです笑

出版会社ってどこも同じような感じして印象に残ってる会社特になくて、出版会社で本を選ぶってありませんけど

そんな中で、なぜか早川書房は自分の中では際立ってます!

 

天才と発達障害 映像思考のガウディと相貌失認のルイス・キャロル (こころライブラリー)  医師のつくった「頭のよさ」テスト 認知特性から見た6つのパターン (光文社新書)  心と脳――認知科学入門 (岩波新書) 話を聞かない男、地図が読めない女―男脳・女脳が「謎」を解く

遺伝子があなたをそうさせる―喫煙からダイエットまで  脳はバカ、腸はかしこい  4つの気質と個性のしくみ シュタイナーの人間観 内向型人間の時代 社会を変える静かな人の力

人の性格や能力の違いは脳の構造の違いが起因しているみたいで、これらの本を読めば、自分を客観的に見ることができるようになると思います。

読んだのと読んでないの半々くらい

現代用語のクソ知識  社会人大学人見知り学部 卒業見込 (ダ・ヴィンチブックス)  架空OL日記 1 (小学館文庫) 世迷いごと (双葉文庫)

オレは絶対性格悪くない!  熟女論  たくらむ技術 (新潮新書)  地味ですが何か? (扶桑社文庫)

芸人の書いてる本。

テレビに出てる人たちってこんな人だったのか!みたいな発見があり、ちょいちょい読みます。

有吉の書籍は何冊か持ってて結構好きです。

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら  数字で考える習慣をもちなさい―女子高生コンサルタント・レイの数字眼  コミック版 100円のコーラを1000円で売る方法 もし、ドラッガーを読んでも勝てないと悟った女子マネージャーが肉体を駆使したら… (ヴァージン☆文庫)

難しいビジネス用語を漫画で学べるシリーズ!

一番右が気になりますね!笑

ももクロの美学~〈わけのわからなさ〉の秘密~ (廣済堂新書)  なぜ指原ばかりが躍進を続けるのか AKB48総選挙スピーチにみるコトバの力  前田敦子はキリストを超えた: 〈宗教〉としてのAKB48 (ちくま新書)  「ガンダム」を創った男たち。 上巻 (カドカワコミックス・エース)

カイジ「勝つべくして勝つ! 」働き方の話 東大ワンピース研究会 これからの『ワンピース』の話をしよう  ジブリの哲学――変わるものと変わらないもの  涼宮ハルヒの憂鬱 (角川スニーカー文庫)

ここらへんも取り揃えたい。

もっと自由に働きたい とことん自分に正直に生きろ。 (U25 Survival Manual Series) バカ、アホ、ドジ、マヌケの成功者  自分のアタマで考えよう  ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法

日本って常識という実体のない何かに囚われすぎで、生き苦しいとこありますよね。

まあそれでもいいのかーって思える本です。

地域再生--人口減少時代の地域まちづくり まちづくりの「経営力」養成講座 コミュニティデザイン―人がつながるしくみをつくる 上山集楽物語 -限界集落を超えて-

地域づくりとかに関わる書籍もおきたいよなー。

本棚づくりは難しい

このように、おきたいものを考えだしたら際限がなくなります。

くすみ書房の久住社長も書棚作りは難しいと言われていました。

あれもこれもは置けないですからね。

リアル書店の本棚を店員さんたちは、どういう風に考えながら作ってるんでしょう?

でも、ブログでも本棚っぽいものつくれる気がしますよね!

こうやってブログで本を紹介している方結構いるので

これも10年前では考えられなかったかもしれない本屋の在り方なのだと思います!

書棚作りに興味が湧いてきました!笑

映像の影響力。TVがなくて、ソチ五輪を1つも見なかった件

浅田真央 そして、その瞬間へ (読み物単品)

どーもです!

皆さまはソチオリンピックはご覧になられましたか?

僕は、今テレビのない生活をしているのですがテレビがなくて新聞もとってないので、マスメディアの情報ってあまり知りません(笑)

それで、ソチ5輪に関わる映像は1つも見ていなくて、日本がどれだけメダルとったかも全然知りません。

知ってるのは、浅田真央とスキージャンプの葛西選手がすごかった!!

ということくらいで・・。

入ってくる情報と言えば、フェイスブックで上がってくる情報くらいなんですよね。

何となくオリンピック盛り上がってる感じは伝わってくるんですけど、そこまで興味が出なくて。

TV、映像の影響力

僕がソチ5輪に関して得ていた情報は、フェイスブックなどの画像とテキストに関するものがほとんどでした。

それだけだと別にそこまで興味は出くて、だから日本がどれだけメダルとったかも知らないです。

一方でもし家にTVがあれば、何となく気になって見ているのは間違いない!

そこで、やはりTV、映像が人に与える影響力は大きいのだなーと思いました。

僕が思うに、TVある人・ない人。

これで全くソチ5輪への関心度は違ってくるような気がします。

僕みたいにTVない人はたぶんソチ5輪に興味なかった人が多いんじゃないかなー。

TVがある!ない!で何が違ってくるか

ソチ5輪に関して僕が得ていた情報はフェイスブックで上がってくるものがほとんどで、つまり

画像とテキスト

による情報でした。

一方でTVは映像、テキスト、音声、ライブ感

など感情に訴えてくる要素が多くあり、そこから得られる連帯感や充実感もありますよね。

ここが違いなのかなと思います。

ソチ5輪を例に出してますが、サッカーのW杯も同じなんですよね。

僕はサッカーはそこそこ好きで、例えば欧州CLを夜更しして見ていた時もありました。

でもTVのない生活をしはじめると、

サッカーW杯に日本が出ようと出まいとどっちでもよくなります。

アジア予選も全く見てなくて結果も全然知らないんですよね。

そこそこ好きな競技でもTVないと、どうでもよくなっちゃうという・・・。

だから所詮そこそこだったんだろうなーと思います。

日本には頑張って欲しいともちろん思いますし、たまにYouTubeで試合見ることはありますね!

それでTVない暮らしをして思うのはTVって、本来はどうでもいいものでも見なきゃいけない!

みたいな心理にさせるのうまいんだろうなーということです。

5輪、W杯なら一体感や賑わい感出したりして。

情報発信が映像!と言われる理由

TVがない生活をしていると、TVがあった時に映像の影響力をかなり受けていたことに気づきます。

やはり、静止画とテキストだけでは伝えられない

圧倒的な影響力を与える要素があるからだと思います。

映像とテキストに加えて

音声、そこにいるかのようなライブ感

TVにはこれがありますよね。

それと共通の話題も生まれますしね(^^)

そして情報発信は映像の時代!

と聞くことがありますが

映像が人に与える影響力の大きさは絶大で

これまで映像をつくるには高い機材や技術が必要だったのが、タブレット1台あれば誰でも簡単に映像を作れるからだと思います。

またインターネットでリアルタイムで映像流せるツールもたくさんあるし

ユーチューブで自分のチャンネル持つこともできますからね!

例えばホリエモンチャンネルとか分かりやすい。

 

個人的にも映像は独学で学んでいきたいと思いますね!

というわけで、

皆さんも何気なく見ている映像から色々と影響を受けているのかもしれませんよ??(・∀・)

シニアの方々にPC・タブレットで「何ができるか」伝えるのが大事でムズイ!

IMG_0645

IMG_0645

どーもです!

かつてない高齢化社会がやってくる、ということはよく言われていて、田舎に住んでいると過疎化の流れを感じることは多々あります。

若い人すくないですw

一方で都会においても高齢化は進んでいて、学生の時にクロネコヤマトで宅急便の配達のバイトをしていた時に団地の高齢者の多さに驚いた記憶があります。

そしてシニアの方にも楽しく日々を過ごしてもらうために

PCやタブレットをどう活用していくか?

これは日本のどこの地域でも考えられてることだと思います。

2年以上続いている、岩知志地区のPC・タブレット教室での経験から

PCタブレット教室をやる時に大事だと思うことを、私見と偏見でお伝えします!笑

他の地区でやろうと思ったときに、参考になる要素がかなりあると思います。

PCやタブレットで「何ができるか」わからない」

時代的にもアナログ人間でよく分からないけど

PCやタブレットをはじめて持ちました!

という方であれば絶対まずはここがハードルです(笑)

タブレットで何ができるかわからない

僕もiPad持ってますが、間違いなくiPadの本来の凄さを全く活かせていません。

タブレットの使い道。これはビジネスマンでなければ困る人多いんじゃないかな?

僕は読書にはそこそこ有効活用できてますね!笑

シニアの方に限らず若者でも、タブレットをとりあえず買ったのはいいけど使い道に困る人は結構いると思います。

教室で話を聞いていても、

「PCやタブレットで何ができるのかわからない」

という方は多くて。

おそらくやろうと思えば、かなり何でもできてしまうタブレットですが

何でもいい!何でもできる!

と言われると逆に困まりますよね。

子供に今日の晩御飯何がいい?

って聞くけど

「何でもいいー!!」

と言われて困るお母さんみたいな感じですかね笑

新しいことを学びつつ、コミュニケーションを楽しむ!

タブレットは初期設定やappleストアーでアプリをダウンロードしてとか

こういう楽しむための基本操作がややこしいです。

例えば有料アプリとかは抵抗ある方が多いです。

iTunesカードを買ってそれをバーコードで認識して、みたいな・・

これは慣れるまで時間がかかるのかもしれません。

ではこうした操作は置いておいて、

PCやタブレットでどういう部分が楽しいと感じるのでしょうか?

色々ありますが例えば

1891102_399226556880911_1967018942_n (1)

ワードやpagesで、自分で書類を作成する⇒印刷する

自分でつくったものが目にみえたら達成感があります!

また今まで出来なかったことができるようになった!

という自信にも繋がり、また前向きにチャレンジしてみようかな!

と思えて楽しいですよね(^^)

また、フェイスブックなども使い方を覚えてくれば、写真をアップしたりメッセージのやりとりなど楽しみは増えてきます。

新しいことを学びつつ、コミュニケーションを楽しむ!

というのが大事なのだと思います。

アプリが大事!?

タブレットで

新しいことを学びつつ、コミュニケーションを楽しむ!

そのために必要なのはアプリです。

タブレットが何でもできるのは色んなアプリがあるからですが、

もはや色んなアプリがありすぎて、何を選んだらいいのか分からない!!

というのが難しい部分です。あれもこれも試すのめんどくさいですからねw

ですから、これは面白い!

と思ったアプリをみんなで紹介し合ったりしたら面白いのかもしれません。

新しいことを学んだり、体感しつつ

会話が生まれるアプリ

ゲーム、写真、動画、教育、SNSなどジャンルは様々だと思います。

このアプリでは世界遺産に関するクイズ問題があって、画像も出てきます。

勉強にもなるし、世界のあちこみ見て回れて楽しそうです!

例えばこのアプリとかはシニア向けのタブレット教室をやる時に、いいアプリなのでは!?

と思います。

ITに慣れてないシニアの方がタブレットを使う時の1つの問題にアプリがありすぎて、どのアプリを選べばいいか分からない!

それがタブレットで何ができるか分からない!

に繋がっていると思います。

せっかく買ったタブレット!

有効活用してもらうために、講師側にとってアプリ探しは重要かもしれません。

これから僕なりに面白そうなアプリを探して紹介していきたいと思います!

86歳のブロガーおばあちゃんが書籍を出したらしい

2fcc5b

2fcc5b

どーもです。

めっちゃ素敵です。ブログ「気がつけば82歳」

以前紹介した86歳のブロガーおばあちゃん

82歳からブログを始めて4年が過ぎているとのことですが!

何と書籍を出されたそうで、まためっちゃビックリしました!笑

この方は、82歳でブログを始めるという好奇心、チャレンジ精神

同じくブログを書いてる人間として、読みたくなる不思議な文章

色々とすごいなと思います!

こういう日記系のブログで読みたくなるって中々ない。

86歳の人が書いてるから惹かれるのか、文章自体がうまくて惹かれるのか、内容に惹かれるのか

何に惹かれるのかわからないのですが!

すごい方だと思います。

さらに書籍を出されるということですので、もうホント高齢化社会の鏡です。

ちなみに最近、岩知志PCクラブではタブレットの方が増えてきました(笑)

1148895_403705959766453_563507030_n

これもまた時代の変化を感じます・・。

PCよりも使いやすいのかな??

もはや若い人よりも高齢者の方がチャレンジングで元気な時代がやってくるのかもしれないですね!

俺が60歳になるの35年後でしょー?35年後の未来とか予測不可能すぎます。

テクノロジーの進化でSFみたいな世界になってるかもしれないし

自然災害、戦争で世界はめちゃくちゃになってるかもしれないし。

明日生きてるかもわかりませんしね。

あまり先のことを考えてもしょうがなくて、今はブログにはまってるから、ブログを極めることが最大の興味関心です(笑)

そして、このおばあちゃんブロガーのように

86歳になってもこのブログが続いていたら面白いなと思いますね!

気がつけば82歳!

こんなタイトルでブログを書くときが・・・

来ないだろうな笑

出版業界の未来は暗いけど、本の未来は明るい!?内沼晋太郎「本の逆襲」

本の逆襲 (ideaink 〈アイデアインク〉)

どーもです。

地方の本屋の未来について!「久住社長、浦河に本屋を作るって可能ですか?」

以前浦河町で行われた、くすみ書房という本屋の久住社長の講演会のことを紹介しました。

時代の流れとともに本屋の在り方、求められることが変わっているとのことでした。

この時、久住社長が他の面白い本屋や本に関する書籍を紹介してくれたんですよね。

そこで知ったのが「本の逆襲」という本!

こちらはAmazonの内容紹介。

出版業界の未来は暗いかもしれないが、本の未来は明るい。
本はインターネットもスマホもSNSもイベントも、すべてのコンテンツとコミュニケーションを飲み込んで、その形を拡張していく。
「本と人との出会い」を作る型破りなプロジェクトを次々と立ち上げ、話題の新刊書店、下北沢「B&B」でメディアとしての本屋を実験する若きブック・コーディネーターが、新しい本の可能性を指し示す。
形が見えないからこそ、明日の本も本屋も面白い。
「これからのアイデア」をコンパクトに提供するブックシリーズ第10弾。画期的なブックデザインはグルーヴィジョンズ。

著者は僕も行ってみたい下北沢の「B&B」の経営をされていて、新しい本屋の在り方を実践されている内沼さんという方です。

本書の中では、現在の仕事に携わるまでの経緯、手掛けてきたプロジェクトを紹介、本と書店の現状と未来への展望などが書かれています。

くすみ書房の久住社長は、時代の変化とともに中小規模の本屋の経営はかなり厳しいと言われていました。

僕も最近では電子書籍の便利さに気づいて紙の本を読む機会は減っています。

本屋に行く機会も減るし、紙で本を読むことも減る・・僕みたいな人は多いはず。

そんな本を取り巻く環境の中で

著者は、本とは何か?てことを改めて考えています。

 手書きのものが冊子になり、やがて印刷され、そしてデジタルになったこれらすべてを、広義の本であると考えてみます。するとたとえば、企業が作る商品のカタログやパンフレットも、本だと言えるでしょう。それをデジタル化した、商品のウェブサイトさえ、iPadで見たら一緒ですから、本でないとは言えません。博物館に収蔵されている写本が本であるならば、現代に生きるぼくたちが文庫本サイズのノートに手書きで書いた小説も、本だということになります。Evernote上にある書きかけの論文でさえ、本ということになる。電子書籍だけでなく、電子辞書も本です。

考えさせられます。

金を払うのか?タダか?

本に僕たちが求めるものは、新しい知見を得たり新しい世界を知ることで、

そして本にお金を払うのはタダでは手に入らない価値があるからだと思います。

一方でインターネット上のnaverまとめ、2ちゃん、WEBメディア、個人ブログ、PDFなどで無料の情報も溢れています。

情報にどれだけ価値があるか?

という点は違いますが、これらのインターネットで出回ってるものも、同じように活字を読んで情報を得るので本みたいなものな気がします。

本屋に行く動機はとても変化している

ある決まった本を求めて本屋に足を運ぶ、

という動機で本屋に行く人は減っていると思います。

Amazonを使いますから。

だから、本屋に求めるのは新しい世界との出会い、だと思います。

ふらふらーっと歩いてて、ふと目にとまって気になるタイトルの本に遭遇することってありません!?

 そして本は、そこに書いてあることだけで完結しているものではありません。言葉の意味をみんながすべて同じように理解し、同じような考えを持って生きるということはありませんから、100人いれば100通りの「読み」があります。本は書かれたところで止まっているのではなく、読まれて初めて本として完成する、書き手と読み手のコミュニケーションなのです。

著者が経営されているB&Bは

本×ビール×インテリア×イベント

4つもの要素を掛け合わせていて、まさに本が本だけで完結しない本屋だと思います。

個人的にも最近思うんですけど、本が本だけで完結しないというか、もはや本が何だかよく分からない。

本から生まれるコミュニケーションも含めてコンテンツだったりすると思います。

例えば、本を出してる著者の方がフェイスブックのファンページ持ってたり、メルマガしてたり、ツイッターしてたりしますよね?

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

堀江貴文さんが分かりやすい例だと思います。

ソーシャルメディア駆使していて、ブログ、ツイッター、フェイスブック、ユーチューブチャンネル、メルマガ

これら全部やってます。

本から生まれる読者とのやりとり、メルマガのQ&Aなど本から派生したコミュニケーションもコンテンツで

こういうコミュニケーションを見てるのも本みたいな気がするし・・。

最近はメルマガのQ&Aを本にまとめるパターンもあります。

黒本白本

高城剛さんのこちらの著書のように。

テクノロジーの進化で、本の在り方も変わってきているのかな、と感じます。

それこそ、僕みたいな人間でもAmazonでオンライン書店開いたりできるし、僕がブログで本を紹介すればそれも本屋みたいなもんかもしれないし。

10年、20年前は考えれなかったことですよね。

早い!安い!旨い!吉野家の牛丼のようにkindle本が素晴らしい3つの理由

本屋の社長が語った小さな町にも本屋が必要な理由

小さな町にも本屋は必要!と言ったり電子書籍最高!

とか矛盾したようなこと言ってますがw

kindleも素晴らしいと思うし、小さな本屋は小さな本屋でしかできないこともあると思います!

本の未来!

どうなってくるのか楽しみですね(^O^)

「本の逆襲」、本の未来へのアイデアが詰まっている1冊だと思います。

本の未来は、明るい!

早い!安い!旨い!吉野家の牛丼のようにkindle本が素晴らしい3つの理由

鉄人281

蓋丼の定番柄♪ 錦間取蓋丼・美濃焼

どーもです。

先日のkindle端末はいらない!?iPad、iPhoneでも気軽に読める電子書籍!

に引き続きまして電子書籍ネタです。

僕はiPadでkindle本を読んでおりまして、購入はAmazonのkindleストアーで行っています。

kindle本自体、紙媒体と比較して劣ることは全然なく、読みやすいです!

本日はさらに、kindle本における紙媒体の本にはない素晴らしい3つの理由を紹介したいと思います。

まるで吉野家の牛丼(笑)

僕が思うに、kindle本の素晴らしさは吉野家の牛丼に似ています。

吉野家

吉野家でなくてもいいですが、牛丼チェーン店といえば

早い!安い!旨い!

この三拍子が揃っていることが最大の特徴であり、お客さんが牛丼チェーン店に求めているものだと思います。

そしてkindle本にも吉野家のように

早い!安い!旨い!

という要素が含まれているのではないかと思っているのです。

この3つのポイントをそれぞれ考えていきましょう。

早い!

牛丼チェーン店では、注文してから品物が出てくるまでがめちゃくちゃ早いですよね。

お客さんの入り具合にもよりますが、3分まてばたいてい出てくる気がします。

そしてこの早い!

kindle本を購入する時にも当てはまります。

例えば、Amazonで紙媒体の書籍を購入するとしたら、注文してから配達するまでに時間がかかります。

kindle本にはこのタイムラグがなくて、例えば欲しい本があれば

鉄人281

この1クリックですぐ買うってとこ押したら、速攻で買うことができます。

僕はクレジットカードで決済してますので、クレカは必要かもですが。

そして購入してから、kindleアプリ開いてwifiなど電波が通っていればすぐに同期を開始してくれます。

吉野家の牛丼が注文してから3分くらいですぐ食べれるように、

kindle本は購入してから3分あれば読みたい本を読むことが可能なわけです!!

ウルトラマンがウルトラマンでいれる時間くらいあっという間!

読みたい!と思った本をすぐ読めるこの仕組みは最高(^^)

安い!

吉野家でも、まつやでもいいですが、牛丼は1杯300円で食べることができて、半端なく安いですよね!

この安さはkindle本にも当てはまるんですよ!

紙媒体に比べて、だいたい何%オフかで売ってるものがほとんどです。

また100円など安価で気軽に読めるものも結構あります。

これは大したことないですが、kindle本の安さで注目すべきはセールです。

日替わりでセールが行われていて

え!?

この本がこの価格で買えるの!?

ってことが結構あります。

後、月かわりで40%オフのセールやったり色々あります。

1000円前後の本なら100円、200円、300円で買えたりするからバシバシ1クリックで買ってしまいます。

マンガもお得に買えたりするから、セールでなければまず買わないマンガも買ったりします。

例えば最近なら

これ198円。ポチったw

吃音をテーマにしたこのマンガ。250円。ポチったw

こんな感じで結構このセール

 

激アツだ・・!!

 

このセールに出てくる本が自分好みな本もあればそうでないものもありますが、結構な頻度でセールしてるから

このkindle本のセールは結構楽しみです!

調子乗って買いすぎてしまうのが難点ですかね。

牛丼の安いと、種類は違いますがkindle本も安い!

旨い!

吉野家の特徴は早い!安い!

それでいてかつ旨い!というところにありますよね。

【吉野家】丼の具3種8食お試しセット(牛丼4食 / 豚丼2食 / 牛焼肉丼2食)

kindle本において旨い!

これは・・・どうこじつけるか悩むところです。

なぜなら電子書籍は食べ物ではないからです。

食べたあとの旨くて満足した満足感を、kindle本の読後も味わうことができる!

と、こじつけることができるかもしれないですね。

でも読後の満足感はその書籍の内容によりけりですもんねー。

旨い!

まあ微妙ですけど、これも牛丼と同じで旨い!

で、いいでしょう!

というわけで、

「早い!安い!旨い!吉野家の牛丼のようにkindle本が素晴らしい3つの理由」

でした(笑)

吃音を知らない方は是非。マンガ「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」

志乃ちゃんは自分の名前が言えない

どーもです。

先日、Amazonのkindleセールで上記の「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」ってマンガ250円でポチったんです。

一見すると、なんかオタクっぽい少女漫画!?

て気がするのですが、メッセージ性強くてかなり色々と考えさせられるマンガです。

天才と発達障害 映像思考のガウディと相貌失認のルイス・キャロル (こころライブラリー)

「天才と発達障害」。あなたはどっち!?視覚優位と聴覚優位という2つの認知

以前読んで紹介したこの内容にも共通するものがあって、

「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」は吃音がテーマのマンガです。

天才と発達障害に出てた、不思議の国のアリスのルイスキャロルも吃音だったそうです。

こちらはAmazonでの内容紹介。

“普通になれなくて ごめんなさい”
ヒリヒリ青春漫画のマエストロが贈る、
もどかしくて、でもそれだけじゃない、
疾走焦燥ガールズ・ストーリー。
“自分の名前が言えない”大島志乃。
そんな彼女にも、高校に入って初めての友達が出来た。
ぎこちなさ100%コミュニケーションが始まるーー。
いつも後から遅れて浮かぶ、ぴったりな言葉。
さて、青春は不器用なヤツにも光り輝く……のか?

 

主人公の志乃ちゃんは高校1年生。

入学式とか最初のクラスの顔合わせとか緊張するもんですよねー

その最初の自己紹介!

大島志乃ちゃんは、自己紹介でどもる

母音が苦手であ、い、う、え、お

が言えないから。

周りからはふざけてるの?緊張しすぎなんじゃない?

って思われるけど、それが吃音障害だからとも言えない。

身近な人に理解されがたくて、当事者にしかわからない辛さなんだと思います。

作者の押見修造さんが経験されたことだそう。

吃る様子や言いたいことを言えないもどがしさ・・

それでいて、周りからは理解されない辛さ

あー・・・。あー・・・。

何かわかるーって感じでめっちゃ感情移入した・・。

僕の場合は吃音じゃないけど子供のころからアトピーだから、こういう不自由さって共通してる部分あるのかもしれないですね。

吃音の辛さってのは僕には理解できないことだし、吃音の人からしたら、お前に吃音の辛さがわかるわけない!

って思われるのだと思いますが(–;)

吃音でもアトピーでも、いろんな病気や障害を持ってる人に共通する心理ってきっとあります。

その中で、周りで理解してくれる人が1人でもいるか、いないかって大事じゃないかなー?

志乃ちゃんも、ギターは得意だけど音痴な友達加代ちゃんと仲良くなるけど

”しのかよ”でバンド組んで上手くいくかと思いきや、でしゃばりな男子菊池が入って二転三転して。

ああ・・・!!

あああ・・・!!

あああああああああ

って感じで、とにかく感情移入してしまった・・。

イジメが起こる原因

高校時代に、周りが当たり前にできることできないって辛いですよね

このマンガの場合は吃音がテーマで、しゃべりたいことがしゃべれないというコンプレックスですが

誰しろこういうできないこと、劣等感を感じることってあると思います。

例えば、運動が苦手な子って体育の授業とか結構憂鬱になりますよね?

運動神経いい子が当たり前にやることを、できなくてバカにされたりすると思うんですよね。

こんな感じで志乃ちゃんと比較して程度の差はあるけど、

周りが当たり前にできることを、できないもどかしさ

これは誰しろ経験があることではないでしょうか?

そして、思春期の年代だと周りと違うことを理解しようとするんじゃなくて、

仲間はずれにしちゃう。

イジメ。起きがちですよね

で、何で子供らがそういうことをするかと言えば、そういうことを大人がしていて、

それを見ているから。

年齢を重ねた人ほど頑固で自分と異なるものを受け入れない気がします。

子供のイジメと違って、陰湿でたちの悪いことを年齢を重ねた人がやってることって結構ないですか?

で、その縮図がTVのくだらないバラエティー番組だと思います。

ピンからキリまで色んな番組あって、いい番組もあるけどワイドショーとかバラエティ番組とか。

周りとちょっと違ったことする人を棚に上げて叩く、みたいな

人をバカにして笑いをとる気持ちの悪い番組が、多い気がします。

そんなのばっか見てたら、気づいたら自分も似たようなことやっちゃうんじゃないでしょうか。

TVないので3年くらいTVほぼ見てないんで最近のは知りませんが。

最後に

吃音の人の気持ちは、吃音にならない限り理解できませんが

理解しようとすることはできます。

自分にとって当たり前でないことを、理解できるか?

ではなく

どれだけ理解しようとするか?

が大事なのだと思いました。

吃音にならない限り、吃音の人の気持ちは理解できませんから。

「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」

色々と考えさせらるマンガでした!

iPhoneの電源ボタンは陥没する!てか陥没した!その時の対処法

写真 (31)

電子機器設計者が知りたい電子部品の故障原因とその対策

どーもです!

謎な2年契約縛り。以外と知らないスマホ解約時の違約金の話

先日、スマホの2年契約縛りの話をしてタイミングを逃すと違約金が約1万かかるって書きました。

僕のiPhoneの場合は違約金なしで解約しようと思ったら1年待たないといけないですので、乗り換えのタイミングは迷うところ・・・

なんて思ってた先日、iPhone4が壊れましたw

何の前兆もなく、いきなり壊れた印象でしたが・・3年使ってるし劣化してたんだと思います。

壊れたのは

写真 (31)

この電源を切ったり、スクリーンショットに使ったりするこのボタンです。

地味に陥没したみたいで、いきなり全然押せなくなってしまいました。

めっちゃ地味な壊れ方なのですが(笑)

このボタンって壊れるんですね・・・。

壊れた時はうわ、マジか・・!!

って思ったんですけど、ここ壊れてても以外と特に支障がないことに気づきました!笑

問題は

  • 電源をすぐにオフにできず、電池の無駄使いが起きる
  • スクリーンショットがとれない
  • 再起動できない

こんなところでしょうか?

だから日常的に使う分には全然問題ないと思います。

ボタンが陥没した時の対処法

この電源ボタンが陥没した時はアクセシビリティという設定で対応できるようです。

  1. 設定⇒一般
  2. アクセシビリティ
  3. アクセシブルタッチをオンにする

 

この手順で、電源ボタン陥没しても、タッチで電源を落とせたり、スクリーンショットできるようになります。

設定画面の一般を押すと出る、赤枠で囲ったアクセシビリティを押します。

IMG_0633

すると出てくるアクセシブルタッチボタンを押します。

IMG_0634

で、アクセシブルタッチをオンにします。

IMG_0635

これをオンにすればオッケーです。

後は、例えば電源を切りたければ

IMG_0636

IMG_0637

この赤枠で囲ったボタンを押していけばOKです。

ちょっと、めんどくさいのであんまり使わないかもしれないですけど。

もし今回の僕のように電源ボタンが陥没したら、是非アクセシブルボタンをご利用くださいませ(笑)

kindle端末はいらない!?iPad、iPhoneでも気軽に読める電子書籍!

Over Board 防水テクノロジーケース 電子書籍リーダー ケース 1082B

どーもです。

皆さん、本は紙媒体、電子書籍、どちらで読まれていますか?

それとも、そもそも読みませんか?笑

さらにはインターネット上に溢れる情報はどうやって収集されていますか?

地方から本屋はなくなるのか?「久住社長、浦河に本屋を作るって可能ですか?」

書籍関連の記事を書いてりしてますが、時代の流れとともに本の在り方というのも変わってきていると思います。

ブックオフ、ジュンク堂、蔦谷書店、Amazon、電子書籍。

さらにはインターネット上のnaverまとめ、2ちゃん、WEBメディア、個人ブログ、PDFなどで無料の情報が溢れかえっています。

インターネット上の情報も文字を通じて、新しい情報に触れてますから、本みたいなものだと思います。

そんな本関連を巡っては色々妄想していますが、本日の記事は電子書籍についてです!

kindle端末がなくても電子書籍は十分読める!

電子書籍で読書、皆さんはされていますか?

実は、というか当たり前なのか・・iPhoneでもiPadでも十分読むことができます。

そして、iPhone、iPadの所持人口はかなり多いので電子書籍はもっと普及していいはずですが、そこまで普及していないように見えます。

僕自身もiPadを持って2年たつのに、iPadで十分電子書籍を読めることに気がついたのは1、2ヶ月前です(笑)

僕自身が電子書籍を使わなった要因を考えると大きく2つ

  • 本は紙媒体で読むのが当たり前だったから、電子書籍そのものに抵抗があったこと
  • 電子書籍はkindle端末で読むもの!という謎の思い込みがあったこと

てことが挙げられます。

本は紙媒体で読むのが当たり前だったから、電子書籍そのものに抵抗があったこと

誰しろあると思います。慣れ親しんだものから慣れないものに何かを変えるのは、めんどくさいですから

これは、ガラケーしか使ってこなった人がスマホに乗り換えるのに抵抗を感じるのと似たようなものだと思います。

僕はそうでしたが最初は、ガラケーからスマホに乗り換える時、慣れるまで抵抗ありませんでしたか!?

紙媒体の本から電子書籍に乗り換える心理的抵抗ってあるのではないでしょうか?

電子書籍はkindle端末で読むもの!という謎の思い込み

これは、誰しろあるのかわかりませんが、僕の中でなぜか電子書籍はkindle端末で読むもの!

という思い込みがあり、電子書籍はkindle端末を買ってから!

と考えていたんですよね。

なんでだろう(笑)

kindle端末以外はイマイチ!と思っていたわけです。

それで、数ヶ月前から電子書籍をバリバリ使うようになったきっかけが

Appleのkindleアプリ

iPadいじってたある時、どこから仕入れた情報か

kindleアプリがあることを知りました。

これをダウンロードすれば、iPad、iPhoneでもAmazonで買ったkindle本はすぐ読めます。

クレジットで決済すれば速攻で買えるし、買った本をすぐ読めますから最強です。

買ったものはアプリを開いたら勝手に同期してくれます。

使ってみて、全然不自由なく読めますし、途中まで読んだところを勝手に記憶してくれるので、しおりとかいりません。

個人的な経験から言えることはkindle端末でなくても、iPadなら十分電子書籍読めます!ってことは間違いなく言えます。

iPhoneでも読めるけど少し小さいのが難点。

kindle端末って買う必要あるのかな?

ってことで、iPadを持っていたらkindle端末をわざわざ買う必要があるのか?

というのが疑問に思うところ。

kindle端末を持つメリットは色々あると思うし、使ったことないのでわからないのですが、どうなんでしょう?

ibooksとkindleアプリの違いは、販売元がAppleかAmazonか

 

Anker Kindle Paperwhite PUレザーケース 軽量・シンプルなデザイン

iPadにもibooksって電子書籍アプリがありますが、個人的にはkindleアプリしか使わないと思います。

ibooksとkindleの違いは読みやすさ、使いやすさもありますが、販売元がAppleかAmazonかってのがでかい。

基本的に僕には、書籍はAmazonで買う習慣ができてますし、品揃えとかAmazonの方が間違いない気がしますから、電子書籍は全部Amazonで買うと思います。

セールも熱いしw

逆に、iTunesストアで電子書籍を買うことは少ないだろうな。

たぶん僕が書籍の購入をAmazonから乗り換えることは、よほどのことがない限りない気がします。

この辺りを考えると、Apple、Amazon、Googleがそれぞれどうやってユーザーを囲い込もうとしているか

見えるような、見えないような!

んー・・・見えなかった!笑

とりあえず僕がAmazonの戦略通りにAmazonのヘビーユーザーになってるのは間違いないと思います(笑)

こうしたプラットフォームは完全にアメリカの時代なんですかね?

楽天とか使わない・・・。

というわけで、話がずれましたが

iPhone、iPadユーザーの方々でしたらkindleアプリは、なかなかいいと思いますよ!

本屋の社長が語った小さな町にも本屋が必要な理由

こんなこと書いておいて、電子書籍すすめたり矛盾してますね!笑

本も人も、テクノロジーでも何でも、時代の変化に適応していけるかが大事なのかもしれないですね(^^)