残り任期1年の地域おこし協力隊。大卒で特にスキルもない後もない俺はどう平取町で生き残ってくべきか?

写真 (17)

写真 (17)

最近僕は悩んでいます。

どーにもこーにも鼻が若干高いことに関して

すいません嘘です別にどーも思ってないです。

トリビアとしては顔に関してイケメンと言われることはございません。

何へえ頂けましたでしょうか?それともわかるーボタンがあればといった所でしょうか?ヽ( ̄▽ ̄)ノ

フィリピンでイケメンと言われ騙されたことはございます。

イケメン詐欺ですね。

では本題に入りたいと思います。

最近僕は悩んでいます。

大卒でスキルも何もない俺が地域おこし協力隊残り1年の中でこのご時勢平取町でどう生き残ってくべきか

と。笑

前記事⇒hirokitomiyasu.comの再来
でも書いてますが大学休学したまま地域おこし協力隊始めました。タイトルふざけてますが笑

立教大学を留年するような人間で何か興せるような人間でもないのに任期3年で何とか仕事をするって、何が難しいかも分からないまま始めた状況。

大卒で就職経験ないから何もスキルもなければ常識もない笑

けど1年半住んで同じ平取町地域おこし協力隊の同期や役場関係者や地域の方々など僕は恵まれてると思う。

皆さんだったら大卒でいきなり知らない地域入ってどうしていこーと考えますでしょーか?

協力隊同期と悩んだり一緒に行動したりしていろんな経験しました。

地域に入っていくために地域支援?というか高齢者の方の除雪であったり草刈りであったり農作業であったり薪割りをやったりした。

個人でなくても祭りの手伝い、炭焼きを一緒にしたり高齢者向けパソコン教室は今でもやってたり、外から人を呼ぶ企画をしたり、林地残材を集材搬出する林業関係の取り組みや小水力エネルギーの資源調査みたいなこともやったり

でも1年後の収入は自分で何とかしないといけない状況の中でこうした

こうした取り組みを1年後生きてくための直近の収入に繋げる自信ない

これは俺のコミュニケーション能力、何かやるための専門知識、資金の取り方回し方、企画力、やってしまう実践力とか全部ないからあげればキリがない要因があると思います。

こうした取り組みは1年後すぐの収入と考えると難しいんですが、定住できればどこかで繋がって地域にも自分にも役立ってくると思います。

何にしても農村の中、特に第一次産業の世界で食ってく難しさ大変さは実感してます。

だから1年後は今とれる現実的な選択肢で収入をつくって、定住できればまた農や林に関わることでも生業の1つになるようやれたらいいなと考えています。

今年は本業としては役場やNPOとの共同である事業の1部をやってきます。

結局自分次第ですが成功するか失敗するか分からなければ、収入に繋がるかも読めない。

まあ後ないんでなりふり構わず全力で今の自分にやれることやっていきたいと思います。

でも

僕は自活して定住にはこだわっていきたいと思ってますので、とりあえず確実に任期終了後の4月からも生きてける収入は協力隊期間内にどーにか目処たてなければいけません。

何とか定住すればその後やれること増やしてて地域での仕事の選択肢も増やせる可能性は出てくると思いますし。任期3年だけど任期終わった後も協力隊の視点活かしてどーその地域と関わってくか。これ重要でないかと思います。

そして

写真 (13)

カァーーーーーーーーーーー!!!!!

僕はどーしていくべきか考えました笑

現状の自分のスキルや能力を考えて1年後という直近ですぐ収入に繋げることが出来ることは何かと・・・

写真 (25)

そんな悩んでいる僕に何とそこに一寸の光が差し込んできたではありませんか!

僕はあまりの眩しさに自分が蛍光灯になったかのような感覚に陥りました。

俺が本業と別に力を入れていきたいもの。それは

かてきょーとブログの2つ

まあ別に大したアイデアでも何でもないんですけど僕の直近の収入になって経験活かせる可能性あるのは家庭教師や塾講かなーって思ったんです。

最近大学卒業したから笑

これまたうまくいくかわからないんだけど土日や平日の夜に副業として家庭教師、塾講やって定住して食ってくための収入にしたいと思ってます。

時間外での副業でやってくつもりです。協力隊副業可能なんで

でも平取町だけでは農村で過疎化進んでいる地域。そもそもニーズがあるかもわからない

俺家庭教師や塾講経験大してあるわけじゃないんで結果が今年中に出るかもわからないし。

平取町に来て一人だけ中学3年生の子を教えてて、その子はいきたい高校に行ってくれました。けど僕の力より本人の努力でしょーから一人見ただけでは何とも言えない。

そんな中で具体的にどーやってくかも全て行き当たりばったりの思いつきで考えているのでまた別の記事で!!

これまた正解なのか不正解なのかわかんないんですけどねー。ま、決めたんでやってきます笑

ブログの持つ未知の可能性

それからブログはちゃんと書いていきたいと考えてます。

もしも、の話ですけど協力隊任期終了後僕は結局なんにも収入がなくなってしまって

どうもこうもできなく定住できない、町をでないといけないっていう可能性現実的にあります。

むしろそっちの方が高いか?笑

そうしたら、新卒で就職してない俺は最高に中途半端な人間でまあどっか就職するにも大変でしょう。

そういう時の保険にブログはなると思ってます。

ソーシャルネットワークの影響力は大きく、俺と同世代で普通に同じ大学生やっててブログから人生を切り開いた人はリアルに結構います。

僕も大学4年の時に病気きっかけで始めたアメブロで人の繋がりや付き合う人は相当変わったんでブログが持ってる可能性のでかさは実感してます。

実践ありきで、ブログの内容の質、量の積み重ね

がないと話になんないとは思いますが。

ブログの内容の質、量がどちらもあれば誰かの目に止まって俺に興味を持って一緒に仕事したいと思ってくれる人が出てくる

可能性が出てきますよね?可能性が0のものがそうではなくなります。

そー簡単なもんではないのはわかってますが、就活で言えばこのブログは俺の自己PRの場になります。

例えば家庭教師始めて教育について発信してたら教育の会社から声かかったりみたいな。

絵空事だろうか?笑

職探してますって言ってたら就職活動しなくてもそれまでのブログを見てこいつなら・・・って思ってくれる人が出てくる可能性が出てきます。

絵空事だろうか?笑

その代わり実践も必要だし、当たり障りない無難なこと書いても誰の目にも止まらないわけだから、周りどー思われても知るかっ!!て気持ちで自分の価値観を発信してくことは必要です。

もー後ないんでそれができるかな笑

ブログはどこでどの知らない人が見てるかわからないし、どんな繋がりを生み出すか未知の可能性があると思います。

そんな可能性を少しでも増やしていくためにブログしっかりやってきたい。

しかしながら

根性ないから3日坊主で終わらないことを祈るばかり!!笑

最近こうした選択が正しいのか間違ってるのかって悩むことはすごい多いし、この先の自分の人生に不安になることもあるけど

まーやってしまえっていう気持ちが不安を超えています。

いやバカでよかった!笑

やるだけやって駄目ならしゃーないですもんね。

ま、じゃー今日は長くなったけどこんなところで!!

テレビを見るときはちゃんと電気を明るくしないと目が悪くなっちゃうぞ?ヽ(´ー`)ノ

次回の記事は家庭教師に関して現在進行中でやってることについて!

次回の記事をお楽しみにっ!笑

さいならー

hirokitomiyasu.comの再来

139

139

大変お久しぶりでございます。

4月になり東京はもう桜が散り始めた頃でしょうか?

私現在おります北海道沙流郡平取町を流れます沙流川は雪解けです

そして沙流川の雪解けとともに・・・こちらのブログも雪解けでございます!笑

半年の冬眠(ただの放置)から目覚めました。

バシバシ自分をネタにしていきます。

どーもトスミヤキロヒです。

ああ。

すいませんつい自分の名前を。目覚めたばかりだからでしょうか?笑

トミヤスヒロキです。

013

ジジイです。

2011年度3月単位を取り残し大学卒業できず。

2011年度7月から大学を休学して平取町の地域おこし協力隊に。そして2012年後期は大学に復学させて頂き半年間立教に通っていた笑

そして晴れて2つしたの後輩とともに卒業!そしてまた平取町地域おこし協力隊です。

こうして大学を卒業させてくれた平取町の皆さんには感謝しなければいけないことだらけで・・何とか定住していくことで恩を返していけたらと思ってます。

地域おこし協力隊もラスト1年残すのみ

はやいもんで後地域おこし協力隊の任期は後1年です!

まーそれが何を意味するかと言うと

後1年経ったら定額のお給料なくなっちゃいますよってことです!

排水の陣というか後はホントにありません。

何とか出口の蛇口を見つけて水を撒き散らしていきたいものでって・・

ああ。すいません背水の陣でした。

イージーミスですね。目覚めたばかりだからでしょうか?笑

就職せずにレールから外れてみた僕はどーなるんだろう!?

よく言う3年は会社で働けという

周りの大人の言うことに逆らって勢いで地域おこし協力隊始めちゃったわけなんですけども

やはり現実は厳しいわけで

僕のような平凡どころか留年するような駄目人間がいきなり過疎化が進む農村部で3年で生きる生業をなんとかって、どーすりゃいーんだと途方に暮れる時もございます。

地域の人たちですら仕事どーしよーかって悩んでる人もたくさんいるのによそ者の僕が・・

とかまーそんなできない理由や悩みの種はゴミのように出てくるわけです笑

実際に地域おこし協力隊やってる多くの人は任期終了後の仕事どーにかやりくりするのは大変なんじゃないかなと思います。

成功している人たちは目立ちますけど、うまくいってなくて悩んでる人の方が多いのが現実じゃないかなー地域おこし協力隊て。

IMG_0388

順調に言ってる人は社会人3年目で給料もそこそこ上がってる同世代。

しかし1年後給料ないかもしれない俺・・・

レールを外れた現実でしょうか?笑

それを何とかする1年なわけですが

平凡以下な俺ですが、大学⇒就職というレールから外れたらどうなるのか

実践と現実を発信してくので大学生の皆様にご参考にして頂きたい!笑

1年後ですら自分が破滅しているのか、ほそぼそと暮らしているのか、はたまた一攫千金しているのか全くイメージつかないのが今の現状です。

ふざけてるように見えるかもしれないですがリアルに後がないなので、当たって砕けろを合言葉に前進してきます(^O^)

このブログ!!

俺の今の平取町地域おこし協力隊っていう立場もありますがあくまで関係なく自分を発信してく場として使ってきたいと思ってます。

ブログは内容と積み重ね次第で人生を切り開くツールになると思うんで。

当たり障りないこと書くだけだと面白くないと思うので、シビアな現実とかそのほかのことも書いていこーかと。

どーせ後がないので笑

IMG_0408

1年後失敗しても成功しても何か爪痕を残したい(気持ち)

しかしながらじゃー具体的に1年後どうやってお前生き残っていくんだ?と

お前大して何もできないくせにどーすんだと。

皆様の心の中のツッコミが聞こえてまいります。

農村部でどうやって定住して仕事どーにかしていくのか?

残念ながら諸葛亮孔明のような起死回生の策は僕には出ません。

しかし!最近思いついたたぶんツッコミどころ満載な俺のロードto 定住タクティクス( ̄▽ ̄)

次回の記事で皆様にお届けしたいと思う!

というわけで次回の記事は

「サバイバル( ̄^ ̄)ゞ地域おこし協力隊も後1年!北海道の過疎地で平凡な冨安はどう定住していくのか?」

テーーーーーーーーレーーーーーーーーー(`・ω・´)

だ!じゃーみんな!次回の記事をお楽しみにっ!

あんまり夜ふかしはするんじゃないぞっ(戦隊アニメ予告編風

炭は地産地消で! 8月25日農協青年部振内支部ビアパーティー

IMG_0365

IMG_0365

どーもこんにちは。

こんばんは。

先日8月25日に農協青年部振内支部、平取町振内支部の若い農家さんたち主催のビアパーティーが行われ、協力隊もスタッフで一緒にやってました!

晴天でからっと暑く、最高の平取和牛BBQ&ビール日和!

略して日和でした!

IMG_0331

開催場所は振内のAコープ前

こんな感じでミニBBQの準備を

IMG_0328

IMG_0342

平取高校の高校生ボランティア。平取で祭りあったら高校生ボランティアよく手伝ってくれてます!

いつもお疲れ様です!(^O^)

IMG_0334

よっ!日本一!

IMG_0344

そして祭り開始前には、お客さんに配る炭の準備が始まる

地産地消の炭

遡ること約半年前、今回使った炭は今回祭りを主催している青年部の中の炭焼きし隊

の面々で作った炭で、協力隊も一緒に作ってました。

では呪文を唱えます

タッカラプト ポッポルンガ プピリット パロ

半年前遡って頂けましたでしょうか?

おーそうです。冬の日々ですね。

炭焼き1

炭焼き3

そんな冬の日々に平取町の岩知志地区にある炭窯で作られました!

ではまたタイムスリップします!机の引き出しをあけてください!

出ましたね!?タイムマシーン!

IMG_0355

月日は遡り2012年8月25日

それらの炭の1部は今回の祭りに(^-^)

よそからお金を払って買うことは簡単ですが、せっかく自然が豊かなんだから小さくてもこうやって地産地消の取り組みしてくことは大事なのかなーと思います!

何でも自分たちでやれることは、スーパーマリオの無敵状態のようなものでしょうからね。

今回のビアパーティーではJA女性部岩知志支部の方々や農家さんの奥さんチームフレッシュミズの方々も出店されております。

IMG_0363

写真とらせて頂いたところ所撮影料高いからね!と恒例のくだり?笑

IMG_0349

IMG_0356

IMG_0360

平取町の元気なお姉さん?

お姉さんたちです!(^O^)

IMG_0365

IMG_0374

IMG_0377

IMG_0359

炭をお客さんのとこ配って回ります。炭もって歩くのこわいw

去年も来たばかりのころお手伝いしましたが、1年経って知り合いの方も増えたので楽しくできました!笑

IMG_0378

恒例の大抽選会です!

特産品や家電製品や特賞に温泉ペアチケット!

IMG_0370

IMG_0380

特賞おめでとーございます!

僕はニシパの恋人トマトジュースが2ケース当たりました!笑

若返りを目指したいと思います。

IMG_0383

そして最も大変なのが最後の片付け笑

盛り上がってスタッフ側も楽しい時間を過ごせました!

自分らで作った炭を使ってその炭使って祭りを自分たちで主催する農家さんたち

行動力すごい(゚∀゚)

そんな企画の1役を担えてよかったです!

事故もなく無事終わってよかったですねーお疲れ様でしたー!

誰もやりたらがらないことこそやってきたい。幌尻山荘排泄物人力運搬!

IMG_0304

IMG_0304

どーもです。

平取町には幌尻岳という日本百名山にも選ばれている山があります。

原生の自然が残っていて、登山口となる幌尻山荘までは川を遡行しながら進む必要があるため、知識と経験が問われる百名山の中で難関といわれる山。

自然が残っているということは、都会のような便利さはないということ。

どの山でも問題と思いますが、幌尻岳も排泄物の処理というのは問題になってます。

土壌や水質調査の結果、糞便性大腸菌が検出され。環境に悪影響があることを野放しにできないと言う思いから日高山脈ファンクラブが主催となり

排泄物の人力運搬ボランティアが行われています。

他の山がどのようか知らないですが、幌尻岳では排泄物を人力運搬ボランティアで運んでます。ヘリで運ぶには莫大な予算がかかります。

僕も昨年度1度参加させていただき、今年の第1回も参加しました!

今回は日高山脈ファンクラブの方、俺含め5名で出陣

IMG_0286

IMG_0287

まずはシャトルバス待合場所に設置されている待合所とトイレの清掃から。

IMG_0289

清掃後はいざ幌尻山荘へ。

IMG_0291

IMG_0294

沢の渡渉が多いのが幌尻岳の特徴。自然がそのまま残ってる証拠!?

IMG_0296

今回は水量は比較的少なかったです。だいたい膝前後くらい。

去年は腰くらい水量あるから何度も流されかけたw

IMG_0298

IMG_0300

IMG_0305

こんな感じで、行くとこは結構道なき道が多い。

これは素人だけで行ったらどこ歩いたらいいかわからんし、難易度の高い山と言われる理由がわかります。

素人だけでは行けない山ですね(ToT)

IMG_0314

IMG_0297

IMG_0318

そして、晴れてたのもあり、景観は最高でした!

こうやって人の手が加わっていない景観はめったに見れないと思います。

こういう場所を自分の足で自然感じながら歩いてけるってのは、お金で買えない贅沢な瞬間っすね(^O^)

IMG_0308

IMG_0302

もののけ姫の世界!!!笑

IMG_0317

水は澄んでてとてもきれい!癒されます!

IMG_0321

そして歩くこと1時間半くらいかなー?

幌尻山荘に到着。

IMG_0322

IMG_0323

そして、排泄物を一斗缶に詰める作業が行われる。

当然だがにおいは強烈w

時々意識がどっかにいきそうになりますね。

機会があれば誰もが是非生きてるうちに1度は体験するべきと思います( ̄▽ ̄)

この桶で一斗缶にぶちこまれる。袋は全部で3重にされます。

しかしながらこれでも歩いててどこからともなく臭ってくるw

IMG_0327

IMG_0325

そしてこの作業をした後のこの写真なので

笑顔が引きつってしまうのはいかしかたないw

5人で75キロ運搬しました!

運搬したのは振内の鉄道記念館のトイレのとこに流して終了。

何事にも地道な裏方が

幌尻岳は僕も山荘までしか行ったことないですがありのままの自然残ってて素敵な場所だと思います(^O^)

今回ボランティアの方と一緒に登っていて、ゴミが落ちてたりするときの反応がはやくビックリしました

してマナーの悪い登山客いることを残念がってました。

今回自分で山荘まで行って思いましたが、ゴミが落ちてたり、排泄物のこと

こうしたことで景観は台無しになったり、環境は汚染される。

すると今回俺がすごいなーと思ったことも、何も感動なくなっちゃうかもしれないですね。

まあ山に限らず、何事にも当てはまることかと思いますけど

こうした地道な活動を自分でも実践しつつ、多くの人に知ってもらえたらいいなと思います!

いやーにしても山頂まで行きたいなー(^O^)

平取小水力発電適地調査レポーツ!その2

IMG_0207

こんにちは!

8月ということでアブやらハチやらブンブンブンブン飛び回るような!

そんなシーズンに!

にーーーーーーー

なってまいりましたね(・∀・)

ねーーーーーーー

車に気づいたらアブが入り込んで目の前ブンブン飛ぶもんだから

ハンドル操作誤っちゃって

あ、アブねえ!!

なんてこと。誰もが1度は経験したことあるんじゃないでしょうか?

アブだけに

はい。

では本題に入りたいと思います。

以前書いた記事→平取町小水力発電候補地調査レポートその1

に引き続き候補地探して、平取町で小水力発電の可能性のありそうな場所を詮索してきました。

落差がある地点というのが限られるので、平取町で小水力発電が可能そうな箇所の目星は立ったかなと思います。

もちろん、まだ知らない適地もたくさんあるとは思いますけど(^_^;)

第2回レポーツは可能性のありそうな箇所を紹介、情報シェアしまーす。

沙流幹線用水路

IMG_0207

こちらは本町~紫雲古津を流れる沙流幹線用水路です。

IMG_0189

本町から紫雲古津にかけて流れてるので、長いですが

IMG_0192

IMG_0197

IMG_0202

IMG_0203

こんな感じでところどころで落差ある箇所があります。

こうした用水路を活かした発電は多くの地域で模索されてるかと思います。

落差が小さいので、規模は小さいかもしれないですが、候補の1つかと。

写真 (43)

こちらは仁世宇川。流量比較的多い川でした。

写真 (40)

ここは貫気別地区にて。謎のポイント(ToT)

写真 (42)

写真 (41)

こちらは、岩知志から豊糠地区に抜ける桂峠前の道。

落差があるので、これまでの候補地の数箇所の中で発電量という視点であれば最も可能性ある箇所かなと。

とりあえずは候補地をいくつか見つけたわけで

次のステップ

次にやることとしては、各候補地の流量、落差を調査して

おおよその発電可能量を出すことです。

そこから年間可能発電量概算で出す。それが建設コスト、工事コストなど諸コストに対して、採算性がとれる

っていうことがわかれば、小水力発電を地域で考えてくのに1つのわかりやすい数字として提案できると思います。

大事なのは地域でエネルギーってことを考えてくことと思うので、その前の段階としてわかりやすく提案できる可能性がある場所を数字で伝えれるよーなること。

またどうやって地域の人たちと一緒にやっていける体制にしていけるかは大事な考えなきゃいけない1つのポイント。

逆に採算性をとれる見込みがなかったら、可能性は潰えるわけですが。

ま、第1ステップは踏めたとして

次の問題はとりあえず、候補地における流量落差をどうやって調査するかってとこですw

8月4日 びらとりサイエンスフェスティバル 無事終了(^^)

IMG_0237

IMG_0237

どーもです(^^)

8月に入りましたけど北海道は涼しいですねー。夜寝苦しくないのが助かります!

先週の土曜日に本町ふれあいセンターにてびらとりサイエンスフェスティバルなるイベントが開催されました。

サイエンスショーと12箇所の科学工作体験ブースを体験できる子供でも大人でも楽しめるイベント(^O^)

今回サイエンスショーを行なってくれたのは道内中心に活動されている神山幸也さんです。http://kouyalion.exblog.jp/→神山氏のブログ

実行委員の1人して俺も一緒に企画に!

IMG_0215

IMG_0227

まずは午前中に、科学工作12ブースでやる工作を伝授してもらいました。

そして12箇所の科学工作ブースは平取のサイフェス実行委員が担当。

IMG_0221

一方的な講演でなく、こうしたブースを地域の人たちでできて、子供たちに体験させてあげられるのがいいですね(^^)

工作は紙とはさみがあればできるような身近なものがほとんどです。

IMG_0254

そして午後からイベント始まりです。

科学工作ブースも準備オーケー!?

IMG_0235IMG_0236

IMG_0241

IMG_0231

まずは神山氏のサイエンスショーから(^^)

IMG_0245

IMG_0252

IMG_0248

空き缶をしゅぽしゅぽするとどーなる!?

しゅぽしゅぽー

3・2・1

しゅぽしゅぽー!!!!

楽しそ〜(^O^)

サイエンスショー後は12箇所のブース好きなところを回って科学工作タイムです。

IMG_0257

IMG_0258

ハトのエサの標本づくり!これ大人もどれが何の種か以外とわからない種が多い

IMG_0266

こちらはからのフィルムケースで万華鏡づくり!

IMG_0268

IMG_0261

親子でも一緒に楽しめます(^O^)

IMG_0264

IMG_0256

俺の担当だった3D折り紙BOX。

ただの絵の描いてある紙が3DBOXに!なまら衝撃です( ̄^ ̄)

最後に再びサイエンスショー!

IMG_0277

IMG_0278IMG_0280

と、このような感じで最後まで子供たちには科学を身近なところから楽しんでもらえたのかなと思います(^^)

子供はもちろんですが、大人でも楽しむことができるのがこのイベントの肝。

俺自身今回のイベントを誰よりも楽しんだ自信があります笑 まあ企画実行側だったんですけど・・

スタッフやゲストが楽しくやれたので、いい雰囲気のままイベント終われたのかなと思います(^O^)

科学・サイエンス

って皆さんどんなイメージでしょうか?

俺の科学に対する子供の頃のイメージは、

頭が痛くなる、ややこしいなんだめんどくさい、そんなんなくても生きれるでしょ

という感じできて、結果生粋の文系でございますw

理数系は完全にアウト(^O^)

生活に身近だけど以外と知らないことばっかな科学

今の24歳という年になり、科学や数学というのは生活に密着なものだと気づく

特に自分の今取り組んでるテーマが自然エネルギーとかなもんで

科学チックな分野なんですよねw

電気を生み出すパワーも物理的だったり、蒸気の力だったり。身近

まあ俺は生粋の文系だしそこらへんよく分からず育っているw

科学的なことを知ることは、日常で起きてるいろんなことを理解することに繋がると思う。

上っ面の事柄じゃなく物事の本質見抜く力つきそう( ̄▽ ̄)

地域の子供たちの学習の場は地域で!

今回のイベントは発起人太一さんのこんな想いから

都会と農村部って学習環境の格差みたいなこと言われてる?かもしれませんが

そんなことはなくて。ってことを言われて今回の企画を実行しています(^O^)

まー受験のための机上でやること以外にも、世の中いろんな学びがそこらじゅうにありますよね。

自然あるから出来ることもたくさんあると思います。

今回のようなイベントでもいいと思いますし、子供たちにどんな発見や気づきを経験させてあげることができるか。座学でも実態験通じてでも何でも

ってのが教育の肝要なとこなんですかね?

まあそれには都会も農村も関係ないですよねたぶん

まーこれからの未来生きる子供らのためになるよーなことできるよー今後俺も頑張ってきますわ( ̄^ ̄)

参加してくれた方も主催側もイベントお疲れ様でしたー!!!

7月29日(日) 幌尻まつり

写真 (37)

写真 (37)

ホップステップジャーンプ

いやーあるときふとロンドンを見てみたんです。

そしたらなまらビックリ

ちょうどロンドンはオリンピックなんですね。

え?

はいそうなんです

平取町では7月29日に幌尻祭りが開催されました(^O^)

第25回目ということでちょうど5×5!

この祭りが30回40回とまた盛り上がっていけたらいいですね!

こちら町長挨拶。

IMG_0145

昭和62年に廃止になった旧国鉄富内線。その歴史を後世へと伝えるために建設された「振内鉄道記念館」で開催されています。

やまべのつかみ取りや地元特産品食べれたりするのが目玉

快晴の中に恵まれた中での開催でした。暑かったけどw

まずは幌尻太鼓で祭りは幕をあける。

IMG_0147

幌尻だいこ

地元の子供たち大活躍(^-^)

俺揚げ物あげてて見れなかったw

IMG_0144

平取和牛を丸焼きにして食べることができる。これがなまらたまらない

よっ!明日もファイトだまるやきくん!

IMG_0150IMG_0149IMG_0153

yosakoi1

さらにフラダンスやよさこい演舞などが行われます(^^)

そして北海道1のものまね芸人るみるみさんとヒロ青山さんによるモノマネしょー!

IMG_0152

monomaneIMG_0160

暑い中渾身のモノマネおつかれさまでした!(゚∀゚)

さらに天まで頂け幌尻岳!という雪を積み上げて競うゲームが!

IMG_0161

IMG_0162

IMG_0163

雪を選択するところから勝負は始まっているようで、はたから見る以上に難しいんだとうと思ったw

IMG_0164

最後にもちばらまき!!

暑い中お疲れ様でしたー!

7月28日(土) 幌尻祭り前夜祭 ビールパーティー

花火2

花火2

どーもです。

最近やたらアブやらハチやら飛んでるなー

・・・・・

そう思います。

あっもう8月だったんだ!

というわけで平取町では7月28日(土)、7月29日(日)と幌尻祭り前夜祭、幌尻祭りが行われました(^O^)

幌尻祭り前夜祭ビールパーティーは平取町で唯一花火が見れる祭りと評判。

酪農や牧場があるので、なかなか花火は難しい箇所が多いみたいです。

IMG_0119

IMG_0121

焼き鳥

課された使命はひたすら焼き鳥を焼くこと。

IMG_0120

ひたすら焼いてました(゚∀゚)

IMG_0122IMG_0124IMG_0125

この前夜祭ビールパーティー、翌日の幌尻祭りのすごいところは的屋なしなところ。

いろんな出店が出てますが全部お店は地元の人たちで出しています(^^)

これは簡単なようでエネルギーのいることですよね・・

そして、地元で作って地元のみんなで消費!

IMG_0127

景品抽選会(^O^)

花火花火2花火1

祭りの締めには、花火です!

会場と打ち上げてる場所が近いのでなまら迫力ありました!

都会のでかい祭りではないけど、こうやって花火を見ることができるのになまら感謝ですねー(^^)

写真 (36)

最後はみんなで片付け。

この片付けがほんと大変なんだけど、みんなで協力するからすぐ片付いていく。

暑い中おつかれさまでしたー!

平取町小水力発電候補地調査レポートその1

写真 (35)

 

どーもです。

あっ!

月がけられ・・けられ・・けられ・・・

けられなあーーーーーい!!!!!

けられないのかよっ!一本とられたよっ!

(漫画ワンピースより、イワンコフとその部下たちのやりとり風)

前々回記事。地域自立・分散エネルギーhttp://hirokitomiyasu.com/?p=407

前回記事。北海道内の小水力発電導入状況http://hirokitomiyasu.com/?p=411

という感じできておりますが続きまして先日、平取町でとりあえず行なってみた小水力候補地調査レポーツです。

1級河川沙流川!

平取町には日高管内を流れ太平洋に注ぐ一級河川沙流川が流れています。

サケやマス、シシャモがのぼる川としても知られ、豊かな自然の恵みを背景に、古くからアイヌ民族が住み、平取という地域は川と共に育まれてきています。

チプサンケ(船おろしの儀式)等、川に密接はイベントは現在も行われております。

小水力発電適地はどんなとこ??

水力発電の発電量は、流量×落差の大きさでほぼきまります。

正確には、流量×落差×9.8(重力加速度)×発電効率で決まります。

バリバリで理系が苦手な俺なのでここらへんの理解は大変です

例えば、毎秒1立米(1000リットル)の流量で5mの落差の地点。仮に発電効率70%とするなら

1㎥/s×5m×9.8×0.7=約35kw

たぶんこんな感じだ。あってんのか?まあいいわ

さらにここから以下のようにして年間発電量が。365日動くと仮定した場合ですが

35kw×24h×365日×0.7(設備利用率)=214,620kwh(年間発電量)

あってんのか?違ってたらドンマイすね

そしてこれを2012年7月よりスタートした固定価格買取制度の価格に当てはめると200kw以下であれば35.7円で売電可能

というわけで

214,620kw×35.7円=7,661,934円

というわけで、流量1立米、落差5mの場所で発電したら、仮に全部売電したとして

年間約750万円の売電収入を得ることが可能という計算。まあすごいザックリの概算ですけど。

建設コストは20年で減価償却が目安。このケースなら1億5000万が建設コスト上限の目安?

ま、俺無知な部分だらけなので、努力いたします(ーー;)

下記は小水力発電の事例です

写真 (2)

(長野県平成23年度自然エネルギー自給型コミュニティー構築事業委託業務の報告書より)

このように流量、落差のある地点を探すことができるかが小水力はキー。

特に上の表を見ると落差による影響がでかいのがわかりますね。

平取町の候補地調査

役場の方に同行して頂きいくつかの川を見てきた。主に準用河川や普通河川と言われる川ですね。地図の川を参照して候補をいくつか絞り行きました

IMG_0138

オバウシナイ川(本町地区)

IMG_0083

IMG_0084

今年の雨量が少ないのか流量は少ない。いい場所でした!

看看川(二風谷)

IMG_0092

よく見えないですねwこちらも流量は少なかったです

オサツナイ沢川(長知内)

IMG_0093

IMG_0094

BBQをやったら最高そうな場所でした!

流量落差のある箇所は限られるのかもしれないですね。

ポロケシオマップ川(幌毛志)

IMG_0098

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

小水力の可能性ありそうなのが以下2つの場所

貫別川砂防堰堤(旭地区)

IMG_0110

IMG_0109

IMG_0104

落差があるので可能性としてはあるかと。

送電線の場所が遠くなってしまうのが課題ですかね。

親水公園(本町地区)

IMG_0114IMG_0116

IMG_0115

本町地区の親水公園。流量があるので可能性はあるかと。

親水公園という立地ならではの取り組みが考えられそうですね。

第1回候補地調査感想

実際に、いくつか川を見て小水力の適地というのはかなり限られるのかなという実感

もちろんまだまだ知らない場所だらけなんだけど。

そこを何とかするのがやるべきことですが・・

砂防堰堤だったり、農業用水だったり、既に落差流量を作ってくれている箇所というのが導入するに当たり現実的な可能性として高いのかもしれないですね。

と思った以上第一回平取小水力候補地レポーツでした!

北海道内の小水力発電導入状況!

水車

どーもです。

先日、平取町内の小水力発電候補地調査に。

まあそれとは別で北海道内だと、冬場の凍結の問題があるから、他の道内で小水力導入している地域はどうその問題対応してるかなー

と思って、事例探してたんですけど、道内は小水力あまり普及が進んでない印象。俺調べた限りの情報シェアします!

水車

365日運転可能な地域に比べたら、寒い北海道は凍結期間があるだけ、採算性を合わせるのが難しい?

ていうのが普及が進んでないぱっと思いつく問題点。

小水力発電データベースからの情報によれば道内での導入は下記のような状況。

 

藻岩浄水場水力発電所 (北海道札幌市)400キロワット

美瑛町しろがねダム管理用水力発電所 (北海道上川郡美瑛町)900キロワット

愛別ダム管理用水力発電所 (北海道上川郡愛別町字協和)290キロワット

湧別川発電所 (北海道遠軽町)690キロワット

清川発電所 (北海道利尻富士町)75キロワット

鴛泊発電所 (北海道利尻富士町)170キロワット

ホヤ石川発電所 (北海道奥尻町)170キロワット

小平ダム管理用水力発電所 (北海道留萌郡小平町滝下)820キロワット

遠軽町白滝水力発電所 (北海道紋別郡遠軽町)220キロワット

(小水力発電データベースより)

この内、運転開始から50年以上になるのが、遠軽町白滝水力発電所、ホヤ石川発電所、鴛泊発電所、清川発電所、湧別川発電所の発電所

一方運転開始が平成以降なのは、美瑛町しろがねダム管理用水力発電所、藻岩浄水場水力発電所、小平ダム管理用水力発電所の3発電所

平成以降の運転開始がわずか3発電所ということで、導入のハードルの高さがわかりますね。

もちろん俺知らない他の事例がたくさんあるかもしれないんですが汗

またこの平成運転開始3発電所のうち2つがダム管理用水力発電所。

というわけで、河川を活用した小水力発電のハードルも高いのかもしれない。

冬場の凍結がネックなのか、本州とは川の流量落差が異なり適地が少ないのか・・謎ですね笑

一般河川なのか、工業用水、農業用水、ダム管理用水力発電、砂防堰堤といった既存の設備を活用するのか?

かなり検討が必要なポイントですね。

富良野、麓郷の森に水車による小水力発電!

ご存知「北の国から」で有名な富良野麓郷に水車が本年度から設置されたよう。

「北の国から」のロケセットにこの水車で電力を供給するという構想で始まったらしい

http://www.facebook.com/video/video.php?v=373202009392116

こちらその動画。環境教育に役立てるため外部から見やすい水車にしているのが特徴。自然河川を活用したこの型の水車は道内には、ほとんどない珍しいものなのだそう

出力は最大で200W。

出力自体大きいわけではないですが、「北の国から」ブランドとその景観に合ったこの土地ならではの小水力導入ですね!(^.^)

売電などの効果より環境教育や観光PRで効果がでかそう。

俺のいる沙流川流域の小水力の可能性は未知。適地が多いかもしれなければ、全くない可能性もあるわけで。

その土地にあった目的、活用法を地域で考えてくのが小水力の肝

と、いうことですかな!

てかブログの内容マニアックだなーw

では次回の小水力レポートお楽しみにっ!笑