ラピュタ的な石垣の棚田が絶景のマリコン村に!フィリピン旅5日目

IMG_0623

IMG_0623

どーもこんばんは!

地域おこし協力隊の身も蓋もない雑学シリーズは2までで終わりまして

再びフィリピン旅の続きへと移りたいと思います。

書いてることが支離滅裂ですいません笑

バギオから、何もなさがいい感じのボントックへ。フィリピン旅4日目

4日目で、ルソン島北部のボントックといういい感じの何もない町に着きました。

ボントックに来たら、是非立ち寄りたいマリコン村、という村があります。

2013-03-09 14.02.39

ボントックから、フィリピンお馴染みのジムニーで行きます。

45分くらいだったかなあ。

マリコン村は、こことは別のバナウェという世界遺産にも登録されている地域の棚田とは、文化が異なる棚田群が有名です。

ずらーっと広がる石垣の棚田群は、ラピュタ!!!

僕の感性では笑

標高1400mの高さで

石垣の棚田群って言ったらラピュタっぽくないですか?笑

IMG_0631

3月頃行ったけど、晴れたら暑かった。

そしてジムニーから降りて、道に迷っていたら

地元の少年ランス君が案内をしてくれました!

IMG_0623

この景観は生でみたら鳥肌たちます。

僕のフィリピン旅の中では、マリコン村の景観がNO1です!

世界遺産に登録されてるバナウェの方は変に観光地化されてて、何か違和感を感じる部分もあったんですよねー。

IMG_0625

絵みたいですよね。

IMG_0624

IMG_0629

あーまた行きたい。

IMG_0627

田植えのシーズンぱかった。

IMG_0634

ランス君に会えるといいですね!

IMG_0632

この山を開拓して、棚田にしてって・・歴史を感じます。

2013-03-09 08.39.14

2013-03-09 09.09.41

そして集落が見えてくる。

結構歩いた。

IMG_0639

原風景が残ってる感じです。

IMG_0640

ランスの家。

IMG_0641

勝手に公開!笑

彼は、米と目玉焼きをご馳走してくれた。

2013-03-09 09.21.25

鶏は放し飼い。ひよこも放し飼い。

外敵いないんですかね?

IMG_0645

IMG_0647

IMG_0651

あぜ道を行く。

IMG_0654

IMG_0658

IMG_0667

ばあちゃんたちが田植えしてた。

日本ほどじゃないと思うけど、若者は田舎から都会に出て行く流れはあるみたいです。

警察やショッピングモールの店員は、倍率高そう。

IMG_0668

そして、ここ入っていいのか!?

て感じのゲストハウスで休憩。

マリコン村来たら、ここで宿泊して、泊まるのいいと思います!

確かジムニーの通り道だったので。

IMG_0669

IMG_0671

IMG_0670

というわけで食事!

フィリピンの山岳地方は、お米と野菜美味しいですよ!

フィリピンは野菜がまずいイメージあるかもしれませんが、山奥の野菜料理は最高でした!

IMG_0672

かわいらしいネコ。

IMG_0673

ネコ!笑

IMG_0674

一緒に頂きました。

IMG_0676

フィリピンっぽくていいですよねー!笑

ここが、一泊150円で1食も100円でいいもの食べれた気がするから

500円あれば、ここでしばらく暮らしていけますよね!

いやー、いいなー。

時間に余裕があればしばらく滞在してみたい。

ルソン島北部のマリコン村!

景観は抜群だし、人々の生活を感じることができてオススメです!

近くまで行ったら是非足を運んでみてください(^^)

よそ者が地域に入るための重要度の低い技!温泉フレンドシップ作戦

びっくりどうぶつフレンドシップ

どーもこんばんは。

先日は、地域おこし協力隊における「食べ物の好き嫌いがないこと」と「食堂のラーメン」の重要性について

ということで、

よそ者が田舎の地域に溶け込んでいくためには、「食べ物の好き嫌いがないこと」、

「食堂のラーメンを食べに行くこと」が重要なのではないか?

ということについて書きましたが、いががでしたでしょうか?

本日も、よそ者が田舎に入っていく方法について考えていきたいと思います。

本日のテーマは、「温泉」です。

おそらく、各地域に1つはある温泉施設。

ここに行くことが、人の繋がりを生むのではないか?

名づけて「温泉フレンドシップ作戦」と比較的、どうでもいいことを考えています。

温泉での偶然の出会い

温泉では、普段なかなか会うことができない方々と偶然出くわすことがあります。

僕はサウナに入りたいので、隣町の温泉に行っていますけれどw

そうした方々と出会うことができるのが、地元の温泉に行く1つのメリットです。

さらに、温泉に行くことが日常生活の中でルーティーンになっている方もいるはずです。

何曜日の8時~9時の間に、温泉に入りにくる・・・

みたいな感じで。

温泉から生まれる繋がりが、そこにある

そして、最初は何となくの顔を知っているぐらいだった方とも、その温泉で何度も顔を合わせていれば

顔なじみになってきます。

さらに、地域おこし協力隊における「食べ物の好き嫌いがないこと」と「食堂のラーメン」の重要性について

こちらの記事においては「食堂のラーメン」が人と繋がるうえで大事なのではないか?

と考察しましたが

「食堂のラーメン」で生まれる会話があるように、「温泉」で生まれる会話もあるのです。

温泉とは別のところで、あっても

「最近、入りに来てるのー!?」

このような会話が生まれるのです。

「食堂のラーメン」でしか生まれない会話があるように

「温泉のサウナ」だから生まれる会話があるのです。

さらに、「温泉フレンドシップ作戦」を重ねていくと

「この後、飯でも食べに行くか!?」

という展開になることが希にあります。

何しろ「裸の付き合い」をしていますから、色々な話を聞くことができて、ご飯もご馳走してくれるかもしれません。

もし温泉に行ってなければ一緒にご飯を食べに行くことはなかったはずです。

地域おこし協力隊などで、これから地域でどう繋がりを作っていこうか!?

と考えている方は

「温泉フレンドシップ作戦」

是非使ってみてください!

温泉に行くことがルーティーンになっている方と、きっと仲良くなれるはずです!笑

そして、僕も温泉に定期的に通い、「温泉フレンドシップ作戦」を使いながら

「温泉とえいばとみやす」

と言われるまでに成長したいと思います。

地域おこし協力隊における「食べ物の好き嫌いがないこと」と「食堂のラーメン」の重要性について

110

ギコ 嫌なら見るな! 長袖Tシャツ

どーもこんはんは。

とみやうです。

本日は地域おこし協力隊にいける身も蓋もない、どうでもいい雑学について考えてみたいと思います。

地域おこし協力隊、に限らず人が新しいコミュニティに入っていくときって大変ですよね。

慣れない人たちとの出会いの連続。

慣れない異文化との共生。

地域おこし協力隊の皆さまは、こうしたアウェイな環境からスタートしている方がほとんどだと思います。

いわゆる

「地域に入る」

と言われることでしょうか?

今日はこの「地域に入る」ための手段として食が大事な要素であり

「食べ物の好き嫌いがないことが、地域に入ることの助けになるのではないか?」

という、割合どうでもいいことを皆さまと考えていきたいと思います。

僕は平取町に住んで2年半。最近ツケが効くようになりました笑

何でも食べよう!笑

ではなぜ食が、地域おこし協力隊が地域に入ることに貢献してくれるのでしょうか?

やはり、地域の集まりでは食事をしながら!ということが多いと思いますし

そうした場では、好き嫌いはない方がいいです。

「なになに、は好きか!?」

「いや・・・それはちょっと・・・」

みたいなのはNGだと思います。

「あー最高ですね!」

と言って何でも食べましょう!笑

あれも食えない、これも食えないだと、何か気分悪いじゃないですか。

地元食堂のラーメンを積極的に食べよう!笑

田舎の飲食店は、人と人を繋げる場だと思います。

滅多にあわない人とも飲食店でたまたま一緒になることあるじゃないですか。

そうした人の繋がりを飲食店はうみます。

さらに、地元の飲食店にガンガン行くべき理由は、話のネタとして最高だからです。

狭い田舎であれば、だいたい行くお店は決まってきます。

田舎において、強烈なコミュニケーションツールになるのは

昔ながらの食堂のラーメンです!

110

地域おこし協力隊の方は、地元の食堂のラーメンは全て抑えておきましょう!笑

とりあえず、話のネタに困ったら

「どこどこのラーメンうまいっすよねー!!」

と言ってみましょう!

きっと何かが生まれるはずです笑

さらにポイントとしては、そのお店において、自分が塩・味噌・醤油、どの味が好きなのか!?

3秒以内に回答できるようにしておきましょう!

きっと何かが生まれるはずです笑

また地域で悩んだら、食堂に行ってラーメンを食べましょう!

きっと何かが生まれるはずです笑

最後に

本記事は、思いつきで書き始めた予想通りに

身も蓋もない、どうでもいい結論となりました。

結論としては、

地域おこし協力隊やって、困ったら食堂に行ってラーメンを食べよう!

ということですね!

是非、実践してみてください!

きっと何かが生まれるはずです笑

桜もいいし、新緑も魅力的な春の日高ドライブロード!浦河アエル~新冠ディマシオ美術館

IMG_1621

IMG_1621

こんばんは!佐藤です!

あっ!!!

つい普通な苗字を名乗ってみたくて間違えてしまいました!

気取ってしまってすいません。 冨安です。

今、全国やっている地域がおそらく増えている、高齢者大学の取り組みがあります。

学校、という名前がついている通り、シニアが学んだり体験したりする場づくり的取り組みです。

この取り組みは、高齢化が進んでいる田舎の方が多いかなと思うのですが、平取町でもかなり歴史がある取り組みだそうです。

平取町は3地区、3大学で取り組みを行っています。

その中でも、振内という地区を僕が担当させて頂いてまして 先日、町外見学で花見&美術館見学に浦河町、新冠町に行きました。

桜の見所は過ぎてしまった

5月12日に行ったのですが、見所は先週だったかな!? という感じでした。

浦河町は優駿さくらロード、という場所がお花見の見所で、「うわかわ優駿ビレッジアエル」という宿泊観光施設を通り過ぎて すぐのところに駐車スペースがありました。

IMG_1583

満開だったらすごいんだろうなーと思いつつも、まだ咲いている桜もあり、また気候も良く、皆さま楽しんで過ごされていました。

 

IMG_1594 IMG_1595 IMG_1597

外でのんびりご飯食べれる時間がいいんですよね! 足が悪い方への対応が、考えないといけない部分です。

IMG_1596

景観いいですよ!

 

IMG_1586

天下のセイコマ弁当。

新緑がきれいな、ディマシオ美術館までの道のり

次に、新冠町のディマシオ美術館に向かいます。

世界最大の油彩画を描いた幻想絵画の鬼才、ジェラール・ディマシオの絵画が展示されています。

廃校を活用した事例としても注目されており、新冠町の新しい観光スポットとして注目されています。 そんなディマシオ美術館への道中の新緑がとてもきれいでした!

IMG_1618 IMG_1619

春の黄緑色というか、ほんのり明るい緑の感じって良くないですか??

IMG_1621

夏は緑濃すぎるし、ボーボーだから、今時期の新緑の景観は好きですね! 大学の皆さんも、新緑の景観楽しまれていました(^^)

IMG_1650 IMG_1631

ディマシオ美術館の魅力は、こちらの鏡張りの巨大壁画。

IMG_1635 鏡張りの下を見ると、奥行半端なく長く見えます。
的な感覚になります。

10309336_625181960885398_2538486326125175691_n

 

 

 

 

 

 

IMG_1641

 

休憩スペースもありがたいですね。

桜もいいけど、新緑も是非ー!

今回の浦河町~ディマシオ美術館コース。 桜の見所は過ぎてしまいながらも、まばらに咲いている桜や新緑の景観はまだまだ楽しめるものでした!

満開の時期に行ければ最高なのですが、時期を見極めるのは難しいですね・・・。

春に日高をドライブされる方は、新緑の景観も是非ご覧下さいませ(^^)

バギオから、何もなさがいい感じのボントックへ。フィリピン旅4日目

IMG_0586

IMG_0586

どーもこんばんは。

最近髪の毛が伸びてきました。

とみやすです。

本日はフィリピン旅4日目についです!

4日目は、バギオからマウンテン州のボントックという町に行きました。

スクリーンショット 2014-05-12 22.27.43

コルディエラ山群のほぼ中央部には旅行者が立ち寄る町です。

サガダとボントックはマウンテン州,バナウェはイフガオ州に位置しまして、それぞれ文化の異なる棚田群を感じることができます。

 

IMG_0576

さらバギオ。

バギオもでかい町だったらかバス停探すの大変でした。

道を走っていたバス停に向かうバスにタダ乗りすることで、無事バス停にたどり着くことができました。

というかボントック行きかと思って、道を走っていたバスに乗ってみるとバス停行きだった。

ボントックまでの車窓。

IMG_0579

IMG_0580

IMG_0583

フィリピンは都市化しているイメージ持たれている方多いかもしれませんが、ルソン島北部は田舎ですよー。

IMG_0585

ボントック到着。

ボントックの見所は、ジムニーで30分ほど行った場所にあるマリコン村にある棚田群です。

ボントック自体は旅の中継地点的な感じで、そこまで見所ないと言われています。

個人的には、フィリピン旅の中では1番好きな町でした!

IMG_0587

変に観光地化してなくて、人もガツガツしてなくてのんびりとしています。

落ち着いてて、暮らしに溶け込める気がした町です。

IMG_0593

IMG_0592

とりあえず飯!!

IMG_0590

暗いw

IMG_0589

田舎は飯安いっす!100円でいいもの食べれました。

IMG_0591

うまかったです!

ボントックはファーストフードもコンビニもほとんどなかったですね。

この辺りの田舎になるとセブンイレブンもまだ未開拓なようです。

IMG_0596

苦手な方には申し訳ないです。

ボントックは犬を食べる文化があるよう。

IMG_0597

何か九州とか四国にありそうな風景ですよね。

IMG_0601

適当に泊まったゲストハウス。

行き当たりばったりが楽しい!

異国の地の行き当たりばったりは、ドキドキ感あってたまらないです。

1泊200円。

IMG_0598

IMG_0600

問題は、水で体を洗わないといけないことくらいで十分快適。

IMG_0604

飯。

IMG_0605

うまかった!

ハエとかプンプン飛んでるのが気になる人は来れないですね。

IMG_0606

店内で犬が寝ているのは、田舎のお馴染みの光景。

IMG_0609

 

IMG_0610

あーまた行きたい。

IMG_0613

IMG_0616

学校。

IMG_0621

夜のボントック。

ボントックの魅力は、変に観光地化されてない素朴な町並みや文化を感じれることだと思います!

レストランもファーストなくて、現地の安くて美味しい食事を楽しめますよ!

個人的には、フィリピンで住める気がした町NO1です!笑

「たそがれのザンギ」。北海道に来たら聞いて欲しいザンギ(唐揚げ)の歌がある!

ベル食品

ザ~ンザ~ンンザ ザンザンザンザンザン

ザンザンザンザンザン!!!!!!!!

こんばんは。とみやすです。

スーパーやホームセンターに行ったら流れている、ポップなミュージックって面白いですよね!

そんな中でも、北海道に来たら是非聞いて欲しいスーパーで流れている歌があります。

その名も

 

「たそがれの

    

         ザンギ」

 

という歌です。

これは北海道全道で流れているのか知らないのですが・・。

ザンギとは!?

ザンギとは北海道では一般的に使われており、唐揚げのことらしいです。

ウィキペディアによれば、

ザンギ北海道で広く用いられる呼称である。料理の名前であり「から揚げにしたもの」という意味を持つと、くしろザンギ推進協議会 は定義している[14]。また、日本唐揚協会や北海道ザンギ愛好会によると

「ザンギ」と「唐揚げ」の垣根が曖昧なこともあり、同一のものとする見方が強まっている

という見解を示している[15][16]

らしいです。

唐揚げのことをいうらしいですが、イコールでもない!?

ザンギです。

スーパーのお惣菜コーナーで流れているポップなザンギの歌

そんなザンギですが、近くのスーパーに行くと、ザンギをテーマにした素晴らしいミュージックが流れています。

 

「たそがれのザンギ」というらしいです。

見ていただければわかると思いますが、ツッコミどころが満載の歌!笑

富川のスーパーのお惣菜コーナーに行くと必ず流れておりまして、

この歌が聞こえてきますと、

キタキタキタキタ━(゚∀゚)━!!!!!

とテンションが高まってくるのです。

よく1人で口ずさみます。

とりあえず、この歌を聴き終わるまで、用はないけどお惣菜コーナーにいることがあります。

ちなみに歌詞にはザンギに関し、ウィキペディア以上の情報が入っておりまして

この歌を聞いておけば、とりあえずザンギについてはある程度わかるのではないかと思います。

そしてザンギを食べたくなります!

というか頭から離れないんですが!このザンギの歌!笑

それでは「たそがれのザンギ」歌詞を見てみましょう!

ザ~ンザ~ンンザ ザンザンザンザンザン

ザンザンザンザンザン!!!!!!!!

ザンギって何だか知ってるかい??

鳥の唐揚げ大体同じ!!

生まれは道産子釧路です♫

中国から来たってうわさもあるよ♫

鳥の唐揚げと大体同じ・・100%イコールではないという笑

生まれ釧路です!って言ってる直後に中国かもって言ってる笑

ルーツが不明なザンギ。

「ザンギ」って中国でから揚げは

「ザーチー」「ジャージー」「ザーツーチー」とか

「ザーガイ」「ザーギー」「ザージーガイ」

昭和35年頃~北海道の料理人

ザーギー食べたら「運」つくようにあいだに入れて

「ザンギ」と名付けたうわさ!!

骨ごとザンギリするから「ザンギ」

ルーツはいっぱいいろいろあるけど

なんでもいいけど「ザンギ」といったら「ザ・ン・ギ♫」

これで1番は終わりです。

とにかく、ルーツが不明で「なぜザンギがザンギであるのか?」は謎につつまれているようです。

骨ごとザンギリするから、という可能性もあるくらいですから!笑

何しろ、歌詞の最後にも

ザンギってわかったー??

うん♫・・・わかんないね。。。

とありますので!笑

興味がある方は見てみてください。

 

CDあるみたいですw

ああ、ザンギ食べたい。

地味に使う!パソコンの画面を画像保存するスクリーンショットのやり方について。

無題

無題

どーもです!

最近はカレーライスづくりにはまっています。とみやすです。

本日は今さら感がとてもあるのですが、パソコンの画面を画像保存する「スクリーンショット」のやり方についてです。

パソコンの画面を画像として、誰かに送りたい時や仕事で資料として使いたいときってありますよね。

そういう時に便利なのが、スクリーンショットのやり方覚えておくと便利です!

僕はブログで使うことが多いのですが、パソコンのやり方最近知りました笑

無題

例えば、このyoutubeの画面を画像として保存したいなーって時。

IMG_1563

これはパソコンによっても画像の保存の仕方が違うらしいのですが、僕のPCの場合は2つのキーを押します。

PrtScr+Fn これを同時押しです。

IMG_1565

PrtScr=プリントスクリーンという意味です。

ここ押すだけでいいPCもあるみたいですが、僕のではできないです。

PrtScrに加えて

IMG_1564

赤く囲ってあるFnキーを押します。

PrtScr+Fn 押下!

これでOKです!

画像はどこに保存される!?

それで、画像がどこに保存されるのか?

なのですが一般的には、ペイントに貼り付けるみたいです。

スクリーンショット 2014-05-11 01.12.52

ペイントの左上の貼り付けボタンをおします。

スクリーンショット 2014-05-11 01.14.01

そうすると、PC画面が貼り付けられますので

スクリーンショット 2014-05-11 01.14.25

後は、好きな場所に名前をつけて画像を保存する!

これでOKです。

Dropboxやってると勝手に保存してくれる!

もう1つの保存の仕方があります。

Dropboxをやっているとスクリーンショットは勝手にDropboxが保存してくれます。

スクリーンショット 2014-05-11 01.10.03

PrtScr+Fn 押すと、右下にDropboxに保存されましたーってメッセージが出てきます。

「もしDropboxをやっていれば」

という条件付きになりますが、こっちの方がペイントよりも手間が省けて楽です!

僕はこのスクリーンショットのやり方知らなかったのですが、普通に知ってるものなんですかね??

調べれば一発なんですけども(笑)

トニーの射撃場から標高1500mの都市バギオへ。フィリピン旅3日目

IMG_0542

IMG_0542

どーもです!

本日はフィリピン旅3日目の模様についてお届けいたします。

2日目はマニラのエルミタで騒々しい1日を過ごしました。

僕の中でエルミタは新宿歌舞伎町なイメージで、喧騒とした町でした。

声をかけてくるキャッチのお兄さんや売春婦、

喧嘩をしている若者たち。

独特の空気感でした!

そんなエルミタで、夜を明かして朝になりましたら

ニセ観光ガイド「トニー」が朝から僕の部屋にやってきました!

今日はバギオに行くからって言ってたのですが、バス停まで案内するからとひつこい笑

行こうとしていたバギオという町がマニラからバスで7時間前後くらい。

10264702_622702581133336_2689111231050984618_n

標高1500Mの町で、マニラ、パサイシティからバスに乗っていく感じです。

慣れない観光客の方ですと、マニラの移動は鬼門でバス停までの行き方は悩まれる点だと思います。

僕も最後の方は慣れて鉄道移動してマニラ交通もだいぶ楽になりましたが。

最初はわけわかりませんでした。

ですから、バス停まではタクシー使うのが無難じゃないですかね。

マニラからバギオまでの料金は450ペソ。日本円で1000円くらいです。

僕の場合、バス停まで行くのにトニーが勝手に案内しだしまして、タクシーで行きましたw

その前にトニー経営の射撃場に連れて行かれました。

何かわけわかんないこといってるなーって思ってたのですが

めんどくさいから、OKOK言ってたら連れて行かれましたw

IMG_0509

 

IMG_0508

間抜けな光景なのですが。

本物の銃を経験しました!

ばっこんばっこん打ってました!

最高でした!

トニーも絶好調です!

「You are champion!!!!!!!

     You are champion!!!!!!!

   fuuuuuuuu!!!!!!!!!!!!」

IMG_0510

お察しの通り、このあとぼったくられました。

バカですよねーw

IMG_0513

IMG_0514

その後バス停へ。

コナンやってました!笑

そしてバスの価格を知らなかった僕は、後でぼったくられたことに気づく。

現地のルールを知ることが、ぼったくられないために大事なことだと思います。

で、トニーともここでわかれまして、バギオへ。

IMG_0517

IMG_0518

マニラをちょっと出たら、ほとんど田舎に。

マニラ走ってたら、インフラ結構めちゃくちゃな都市であることわかりますね。

急成長に追いついてない感じはあります。

またマニラのショッピングモールとかバブル!!!な雰囲気で日本にない勢い感じますよ。

IMG_0519

バス道中の景色。

IMG_0521

IMG_0527

そしてバギオに。

IMG_0538

バギオは、フィリピン北部ルソン島のコルディリェラ行政地域にある都市で、 この地域の中心的存在。近くにユネスコの世界遺産にも登録されてい るコルディリェラの棚田群があります。

僕もその辺りフラフラしました。

フィリピンでは大きい都市だと思いますが、またマニラとは全く違う雰囲気です。

学生が多い!

ということもあり、マニラみたいな喧騒とした感じはなく、治安も悪くないと思います。IMG_0539

ミスド。50円あったら結構食えた。

とりあえず地図が読めないので、適当に歩きます。

IMG_0543

IMG_0545

やっぱ外で、マーケットあるから町に賑わい感でますよねー。日本全部屋内じゃないですか。

IMG_0547

フィリピンはファーストフードが超人気でした。IMG_0546

米とチキンの組み合わせ料理は定番なイメージ。

200円くらいでまあまあ食べれますよ。

2013-03-06 16.13.49

IMG_0551

さすが1500Mの町の景観!

IMG_0552

名物何とかかんとか

IMG_0554IMG_0555

20円くらい。安い!

IMG_0560

やっぱ若い!!日本の町に比べて!笑IMG_0567

イベント!?盛り上がってたけど全然分からない。IMG_0574

日本のセブンが見習うべき、フィリピンセブンの帽子広告。

IMG_0531

適当にたどり着いたゲストハウスで1泊。

ファミリーでのんびり経営してました。

1000ペソで2000円くらい。食事は別です。

IMG_0530

夕方まで電気入らないらしく、ロウソクを使うw

IMG_0533

やはりマニラとは全く町バギオ。

標高1500Mの独特な景観も好きで、また行きたいっすねー!!!

平取!春のオススメ散歩スポット。義経伝説を感じ、UFO基地ハヨピラを眺める義経神社

IMG_1518

IMG_1518

どーもです!

北海道にきて今年は花粉症にやられていません。とみやすです。

本日は、平取町の春のオススメ散歩スポットということでご紹介したい場所があります。

まあもう夏になるんですけども(笑)

夏になったら、また夏のオススメ散歩スポットで紹介しますね。

まあもう秋になるんですけども(笑)

とでも言って。

義経=ジンギスカン説

本日ご紹介するのは「義経神社」という場所です!

源義経、といえば大河ドラマにもなり有名ですが奥州衣川で自害したとされています。

しなし、実は死んでおらず北に逃げているという説が存在しています。

ウィキペディアによれば

この説は四つの立場がある。

  1. 義経が奥州衣川で死せず、死んだと見せかけて北上し蝦夷に渡った。
  2. 義経が奥州衣川で死せず、大陸の金の将軍になった。
  3. 義経が奥州衣川で死せず、蝦夷にわたり、更に韃靼にわたり元を建国しチンギス・カンとなった。
  4. 義経は大陸で死んだがその子孫が清和源氏の清の字をとった清を建国した。

とあります。

さらに、なぜ平取町に義経神社があるのか?

といえば

水戸光圀は義経北行説の立証に熱心だったようで、『大日本史編纂事業では、その一環として調査団を組織し快風丸を建造して蝦夷地探検と義経北行伝説の真偽を確かめるため派遣している。派遣団は、蝦夷地に義経・弁慶にちなんだ地名があること、義経がアイヌの人達からオキクルミ(狩猟や農耕をアイヌの人に教えた神)として崇められていることを報告している。農耕、舟の作り方と操法、機織などを伝えたという伝説が義経神社に伝わっており、平取 の義経神社の社伝によれば、義経一行は、むかし蝦夷地白神(現在の福島町)に渡り、西の海岸を北上し、羊蹄山を廻って、日高ピラトリ(現在の平取町)のアイヌ集落に落ち着いたとされ、そこで農耕、舟の製作法、機織りなどを教え、アイヌの民から「ハンガンカムイ」(判官の神ほどの意味か)あるいは「ホンカンカムイ」と慕われたこという説もあり、アイヌの民の間ではアイヌの民から様々な宝物を奪った大悪人ということになっている。また義経に裏切られて、女の子(メノコ)が自殺を遂げた場所も存在する。

こうした説があるそうです。

ちなみによくわからないのですが、

チンギス・ハーン=ジンギス・カン

なんですか?笑

ジンギスカンって、羊料理のジンギスカンをイメージするのですが、チンギス・ハーンが由来だったんですか!?

と思って調べたら優秀なウィキ・ペディア君は回答してくれました。

「はい。その通りです。

起源については、俗説で「かつてモンゴル帝国を率いたジンギスカン(チンギス・カン)が遠征の陣中で兵士のために作らせた」と説明される場合もある[3]。また、ジンギスカンという料理の命名は、源義経が北海道を経由してモンゴルに渡ってジンギスカンとなったという伝説義経=ジンギスカン説)から想起したものであるとも言われている[4]。しかし、実際にはモンゴルの料理とはかけ離れている。

という伝説があるのです。」

BY ウィキ・ペディア君(声甲高め)

はっりしてない伝説が多いということですね!笑

はっきりしてないことは伝説って言っておけばいいってことですね!笑

いい散歩コースです

というわけで、そんな義経神社をぐるっとまわってみましょう

IMG_1512

IMG_1513

GW中に行ったのですが、散歩日よりでした。

IMG_1515

IMG_1517

IMG_1518

桜はまだだったんですかね?

IMG_1519

巨木。

IMG_1520IMG_1521

IMG_1522

いい感じでした!

さらに展望台や弁慶池のあるスポットまで歩いていくことができます。

1周して、30分くらいのいい散歩コースです。

IMG_1525

IMG_1526

IMG_1527

森林浴コースへ

IMG_1528

IMG_1529

出てくるんですかね?笑IMG_1533

IMG_1535

IMG_1536

展望台が見えてきます。

IMG_1537

IMG_1538

天国へのカウントダウンが!

IMG_1539

どんな絶景が!?

IMG_1541

IMG_1542

・・・・・!!!!!

というわけで弁慶池を目指します。

IMG_1546IMG_1543

IMG_1553

おや!?これは!!

IMG_1548

見てください。このスプラッシュマウンテンかのような階段の先の見えなさ・・!!!

これはおそろしい。

IMG_1549

この先は90度急降下!?

IMG_1550

ではないのでご安心ください。

IMG_1555

弁慶池。

デートにどうぞ!

IMG_1556

このままぐるっと義経神社に戻れますので。

IMG_1559

最後に。

右の方の文字をよく見てみてください。IMG_1560

で、でた!笑

伝説のUFO基地施設ハヨピラ。

義経神社にいったらついでに、ハヨピラも眺めておきましょう。

現在ハヨピラは立ち入り禁止です。

なぜならUFOに乗った宇宙人「ミナモトノ・ヨシツネ」にさらわれてしまうからです。

遠い宇宙に。

IMG_1561

IMG_1562

ハヨピラは今日も宇宙と交信しています。

そして新たなる伝説が平取町にまた生まれるのでしょう。

 

エルミタのニセ観光ガイド「トニー」。フィリピン旅2日目

IMG_0513

IMG_0513

どーもです。

世界1周には憧れます。とみやすです。

先日のフィリピン初日に引き続きまして、フィリピン滞在2日目です。

旅の目的は、フィリピンの首都マニラがあるルソン島北部にあります棚田が有名な「バナウェ」、

という町で、その周辺の田舎町をグルッと回ろうと考えました!

2日目は、とりあえず「バギオ」という町に行こうと思ってフラフラしてました。

IMG_0718

 

どうやって行けばいいのかなー

みたいな感じで。

どこいけばいいか分からないので、とりあえずホテルからタクシーで適当な場所まで行ったんですよね。

それで適当に降り立った町がマニラの中でも、「エルミタ」という町でした。

IMG_0459

IMG_0460

ホントどこだここは・・・!!!

って感じでしたねー。

それで、たまたま着いたエルミタが、日本でいえば新宿歌舞伎町みたいな場所だったんですよ。

ホテルばんばん立ってる一方で、格差を感じる町でした。

治安もよくないらしい。

IMG_0462

右も左も分からない。

適当に歩く。

地球の歩き方を頼りに笑

IMG_0464

日本とは違う独特な雰囲気。

フィリピン人と日本人かおは似てる気がしました。

 

2013-03-06 15.34.34

道路がめちゃくちゃ(笑)

IMG_0465

野外マーケット。

そしてさまよっていた、カモネギとみやすを見つけた、ニセ観光ガイド「トニー」

IMG_0513

「トニー」

日本語を話すことができて、ハイアットホテルでホテルマンをしていると言っていました。

実態はカモネギを狙うハンターでしたね笑

何か日本にもいたとか言ってたけど。

歌舞伎町のキャッチのお兄さんみたいな感じでしょうね!

「お前はトミーか!それならお前は息子のようなものだ!」

みたいなことを連発してましたねw

面白かったなー

IMG_0467

「トニー」

IMG_0470

「トニー」

エルミタを案内してもらいました。

IMG_0473

僕は結構フィリピンの料理は何でも、うまく感じました!

特に酷く腹を下すこともなかったですね。

「とりあえず宿を紹介するから、荷物をおろして観光しよう!」

ということで、危険な橋は渡りたくなるのでついていく。

マニラは危ないイメージもたれる方多いと思いますが、すべてが危ないわけでなく、

この通りはヤバイな・・みたいな場所に行かないことがポイントかと思います。

IMG_0475

トニーに紹介された宿。

500ペソで日本円で1000円とか。

まあ寝れれば何でもOK。

IMG_0478

これはジプニーといって、フィリピンの格安公共交通。

IMG_0497

距離にもよるけど、だいたい30円くらいで移動可能。

田舎で本数少ないとこなら、使えるけどマニラじゃどこ行くんだか全然分からなくで、乗れないですねー。

最初乗り方とかわからないけど、ノリで現地の人に合わせるのがポイントです。

降りたい時に天井叩いて

「バヤッド!!」

って言ってお金を渡せばOKです。

IMG_0480

IMG_0482

2013-03-06 17.08.14

マニラは結構、空気悪いし匂いもきついです。

怪しい人にも話しかけられるので、緊張感はあります。

IMG_0485

というわけで、安定感抜群のショッピングモールに避難。

IMG_0487

IMG_0489

マニラ歩いてると暑いし、ショッピングモールに逃げたくなりますw

IMG_0496

格差の光と影が見える、夜のエルミタ。

治安が悪いっていうけど、おそらくでかい通りを歩く分には大丈夫です。

僕が夜に宿から出てフラフラしてたら、「トニー」が僕いないもんだから

「サガシタヨードコイッテタノー」

と翌日現れました。

なぜ僕を探していたのか?

なぜならカモネギだからです。

また20歳と言っておきながら実は26歳と年齢をサバ読んでいた

「アニー」

と何があったのかは誰にも言うことができません。

この段階では「トニー」にもぼったくられてなかったですね。

それでは3日目以降に続きます。