今年もドローン屋台。ポイントは音楽に連動した光るフラフープ。

37333608_1794345203989923_3547792936689205248_o

どーも、冨安です。

8/11日に上山夏祭りが開催予定です!

上山集楽夏祭り2018

37333608_1794345203989923_3547792936689205248_o

 

昨年は課題だらけで終わったドローン屋台を今年もやる予定です。

そこで去年よりもいかにグレードアップさせるか考えています。

去年は掴んでるモノを標的に落とすゲームをやりました。

IMG 5574

しかしながら操作を覚えてもらう手間など一人一人に時間がかかるのが問題でした。

そこで操作は究極なまでにシンプルにゲーム性を高めてやりたいと考えています。

いかに演出をするか。

そこで重要になってくるのはもはやドローンではありません。

いかに演出をするか?

ここです。

ドローンの操作をシンプルにできるゲームにして、その他の演出でどれだけ盛り上がってる感を出すことができるか?

ここがドローン屋台2年目の肝になるでしょう。

では一体どんな演出をすればいいのか?

①光るもの

②いい感じの音楽

この2つが必要になるのかと。

パチスロ的な発想ですがドキドキする光る演出。

音楽が連動する。

これにドローンゲームを乗っける。

完璧じゃないでしょうか。

音楽に連動する光る何か。

ということで音楽に連動する光る何かを探しています。

ドローンの操作は離陸発着くらいの操作で、タイミングに合わせてドローンを下ろすみたいなイメージです。

光るフラフープをくぐるみたいなのは難易度高くて厳しいかなー。

音楽に連動する光る何かってどんなものがあるかAmazonでリサーチしています。

この辺りとかをうまく生かす感じになるんですかね。

あーこれとか面白いかな。

というわけでドローン屋台はドローンの枠組みをこえて、演出で勝負していきたいと思います。

あーこうしたら面白くなりそうだなと。

何か面白そうなことを閃いたあなた!

ぜひアイデアをこっそり教えて下さい。

民宿むろらんのHPを作成中。

民宿むろらん_–_岡山県美作市上山のゲストハウス(簡易宿所許可済み)_と_民宿むろらんのHPを作成中。_と_MarsEdit.png

どーも、冨安です。

既にあるものをもっといかしていけるように情報発信していこうという今日この頃です。

やった方がいいだろうことをやろうと思いまして、とりあえずブログの固定ページにドローンサービス こちらを追加。

また今住んでいる古民家は簡易宿所許可済みなので、ドローンと同時に宿の発信もやってきます。

というわけでWEBサイトを即席で自分で作っています。

民宿むろらん – 岡山県美作市上山のゲストハウス(簡易宿所許可済み)

民宿むろらん 岡山県美作市上山のゲストハウス 簡易宿所許可済み と 民宿むろらんのHPを作成中 と MarsEdit

ドローン同様、とりあえず何をいくらでどんなことをやっているか?

問い合わせ先やアクセスを作るとか、宿っぽいWEBサイトを作っておくのが大事かなと思いまして。作成中でまだ外側しか出来てないですが更新してゆきます。

ドローン同様、集客と情報発信に力をいれてきます(^^ゞ

ブログのFacebookページは消し、新しく宿や上山ならではの暮らし目線で情報発信してこーと思います。

ドローンサービス用の固定ページ作りました。

どーも、冨安です。

ブログのメニューバーにドローン用のサービス提供ページを作成しました。

ドローンサービス

何をいくらでどんなことをできるか書いています。

特にドローンを観光に使った取り組みは、周囲でそんなにしてる人も見ないのでポテンシャルは高いと思っています。

持続可能なカタチでやっていくために、広報ややり方を含めて今より動いていきバージョンアップさせていきます。

6月くらいからやり始めて、実際にサービスを受けた方の満足度は絶対的に高い一方で、収益やかかる労力など持続可能性な形ではないとも感じています。

どうやって周知していくか?

どうやって地域の観光にドローンというツールを落とし込んでいくか?

とりあえず思い付くことを試しながら進めていきます。

その1つがWEBの活用ということで固定ページ追加、情報発信の量を増やしていきたいと思います。

ドローンサービス

チラシ配布にご協力いただける方など大歓迎です(^^)

ドローン空旅チラシ

岡山でCS60を受けたい、興味ある方募集

Dh5eXw-VMAMk8jP.jpg

どーも、冨安です。

先日記事にしました謎の球体CS60。

謎の球体CS60

ぜひ詳しくはHPで見てみてください。

といっても怪しさばかりを感じると思うのですが笑

東京で肩こり、腰痛、膝痛なら是非、CS60の日本イノベーションへ。 | 東京で幅広い対応実績あります。

「CS60」は、細胞内のミトコンドリアに直接働きかけ活性化するため、慢性的な肩コリ・痛み・シビレなどの諸症状が緩和されるばかりではなく、基礎代謝量の改善により、免疫力アップ、自然治癒力アップ、老化防止、ダイエット効果、美容効果等を上げることができる他に類を見ない画期的で近未来の医療を担う健康施術器具です。

Dh5eXw-VMAMk8jP.jpg

あるきっかけで知りまして、先日高松で実際に施術を受けてきました。

先っぽの球体を擦り体に溜まっている老廃物や余計な電気を抜き出すそうです。

「CS60」の施術を2010年から始めて数多くの人々を施術し、医者から見放された難病や様々な症状に接しましたが、効果が無く断念することはありませんでした。
それ以上に現代医学では治りませんと宣告された人達に希望を与えています

「CS60」の施術は身体の中に潜む酸化物質や老廃物を
“真空掃除機”のように身体の内部から吸い出すことで
細胞を活性させ、人々が持っている自然治癒力や免疫力を
最大限に引き出す施術器具なのです。

”薬に頼らずに”

自前の細胞が病原菌や老化物質を
体外へ排出させる機能が大幅に上がります。

是非体験して下さい

「CS60」は次世代の救世主になるでしょう。

なぜ治るのか?

細胞がどんな動き方をしているのか、理屈は開発者にも分からないそうですがあり得ないようなことが起こるのだそうです。

この謎の球体により。

好奇心がそそられますよね(笑)

岡山でCS60受けてみたい、興味がある方募集

CS60の施術者が高松にいらっしゃいます。

複数人の施術希望があれば岡山に来ていただけます。

僕は一定期間で定期的に受けたいなと思っておりまして、もし岡山でCS60に興味がある方いらっしゃいましたら一緒にいかがですか?

価格がどうなるかとか要相談なのですが。

怪しさが満点ですが、好奇心が旺盛なあなたならもう答えは決まっていますよね?笑

CS60in岡山

ご興味ある方、お気軽にメッセージやメールをくださいませ。

メール:aolarena16@gmail.com

謎の球体CS60

どーも、冨安です。

自分がまだ見たいことのない、体験したことのない世界を見ることができたとき。体験することができたとき。

そんな瞬間が僕はとても好きです。

最近初めてドローンを飛ばしたときのような、新しい世界に触れる機会がありました。

謎の球体CS60

僕が心ときめいたものであり、体験がこちら。

Dh5eXw VMAMk8jP

CS60という謎の球体です。

東京で肩こり、腰痛、膝痛なら是非、CS60の日本イノベーションへ。|東京で肩こり、腰痛で実績あり

正式名称はCell Smooth 60trillion。

Cはセル(細胞)、Sはスムーズ(滑らか)、6060トリリオン(60兆)を表しています。

60兆ある人間の細胞を活性化し、人間の免疫力を高めるのだそう。

代替医療の一種とでもいえばいいのでしょうか。

マッサージや鍼灸などに近いイメージです。

先端の球体で体をこすることで、体に溜まっている老廃物や悪い電気を抜き取ることができるのだそうです。

ときに医者から見放された難病も治してしまうことがある、不思議な球体。

先端の半導体には特殊な回路になっており、開発者の西村先生によればブラックホールのようなイメージで、擦ると老廃物や電気を吸い取ってくれるのだそう。

高城剛ポッドキャストで知る。

CS60のことを高城剛さんボッドキャストで知りまして、車で何度も聞いているうちにこの謎すぎる体験は絶対にしてみたいと思い、実際に高松に受けに行ってきました。

開発者の先生にすらなぜ治るのかはよく分からないらしく、でも過程は分からないけどイメージはできるらしい。

この会のポッドキャストはめちゃくちゃ面白いので車で100回くらい聞いています。

Dh5eXw VMAMk8jP

で、好奇心を抑えきれず高松まで出向き実際に施術を受けました。

なんとも不思議な世界を体験させていただきました。

この謎の体験が1時間7000円だったので、個人的にはこれは安いと感じています。

体が何ともない箇所は痛くないのですが、老廃物などが溜まっている箇所は痛みがあります。

同じ強さで擦っているのですが、痛い箇所はブラックホールに吸い取られるかのごとく重力がかかってギシギシと痛みがあるんですよね。

一番痛いところは刃物で刺されてる感覚がありました。人により悪い箇所が酷い人は、想像を絶する痛みがあるらしいです。

僕は視力とアトピーが気になるとこで、一度では変化は分かりませんでしたがこの不思議な世界を味わうために定期的に通ってまいります。

たぶんこのCS60は怪しい、うさんくさいと思われる方が大半だと思いますが、僕はとても好奇心がそそられています。

こんな謎の球体見たことがありません。

誰もが絶対に「嘘でしょ」と思うものこそ、実体験していくことを大事にしたいと思います。

地域でのドローンツーリズムの可能性

Df4-defU8AAaz29

どーも、冨安です。

ドローンを観光に使えるんじゃないか?とドローンを飛ばし始めたときから思っておりまして、

ドローン空旅チラシ

こちらをスタートしてみました。

ドローンを観光で使ってみよーというドローンツーリズムです。

ドローンを観光に使った取り組みは案外ありそうでちゃんとカタチにしている事例は見たことがなくて、ぐぐってもそんな上手くいってそうな事例もないんですよね。

ということで、この領域は僕が第一人者になろうかと思っている次第です笑

本当に人が来てくれるのか!?

手探りでスタートしましたがありがたいことに週末を中心にお問い合わせいただいてます。

実際に何件か体験してもらったことをふまえて、どんなことをやっているか、どんな可能性がありそうか考えてみます。

ドローンをみる、飛ばす。

やっていることはざっくりいうと

ドローンからの景色をみる、飛ばす。この2つです。

33130352 1885713534832228 4547979236677255168 n

32855344 1883011671769081 5737475999877038080 n

このゴーグルはドローンのカメラと連動して、目の前に映画館のスクリーンのような世界が広がります。

バーチャルなんだけど、ドローンは目の前に飛んでいて実際に棚田のある上山にいる!

という点で町でやるVR体験とは全く質が異なる体験なのかなと思います。

これにより空からの景色を気軽に伝え、空から地域のガイドをすることができるようになります。

33105808 1885696161500632 8865330991690940416 n

またコースにもよりますが、ゴーグルで見るだけだと飽きると思うので飛ばしてもらいます。

35300624 1533033453492630 3302816046599110656 n

GOPR1824

35228506_1533033360159306_3300305432056168448_n

何をどれくらいの時間で、どれだけやる。

みたいな型は特に決めずに、よくいえば柔軟に悪く言えば行き当たりばったりでやっています。

ロケーションは重要で

①安全な場所

②飛ばして楽しいところ

は意識しています。

どっからどう飛ばしたら景色の広がりに楽しさがあるか?どの時間帯にどんな景色か?

とか自分でも飛ばしながらリサーチしています。

ゴーグルの使い方はまだまだ開拓しないといけないところです。

ドローンはまだまだ一部の人にしか触れる機会がなさそう。

僕が初めてドローンを買ったのが2016年で買ってからちょうど2年くらい。

間違いなく持ってる人は増えたし空撮映像も身近になりました。

でもまだまだドローンを体験したことがない人が大多数なのかなと感じています。

10万円以上のドローンを買っても飛ばす場所は限られるし、興味を持っても実際に買う人は少ない印象。

さらにドローンスクールはくそ高い。

という中でドローンを飛ばしたい!というか家族や友人との余暇のエンタメの1つとしてお越し頂いてるパターンが多くなりそうです。

①上山という中山間のロケーション

②ドローンを飛ばす

③ゴーグルをつけて景色を見れる。

この3つが主な面白ポイント。

感想めっちゃありがたいです! 先週は4人家族でのご参加がありまして、親子間で色んなコミュニケーションが生まれるのがええなあとおもいました(^^)

DCIM100GOPROGOPR1837.JPG

 

さらに+α

やっていると色々と思い付くのですが、 映像を撮られたい人向けのコース、映像を撮ってみたい人向けのコースなど上山は棚田やコムスもあるのでいいなと思いました。

例えば自転車やバイクに乗っている方などであれば、撮影会自体がめっちゃ楽しくなるんですよね。

はるばる上山まで足を運んでもらうにはドローンだけでなく、+αでどんな体験を掛け合わせるかで面白さや滞在時間は変わってきます。

上山であれば棚田を中心に他のことを掛け合わさることができます。例えば先日は女子二人旅のキャンプツーリングにドローンも。

そのときの映像です。

ドローンにこだわりすぎずにドローンを要素の1つとして考えて、地域でできる他の要素を掛け合わせるといい感じで機能してくるのかなと感じています。

ドローンツーリズムは日本ではまだまだ未開の領域なので、開拓者になれる楽しみがあります笑

いい感じにしていけるように試行錯誤しながらやっていきます!ご興味ある方はお気軽にお問い合わせくださいませー(^^)

ドローン空旅チラシ

ロボットやAIに棚田は出来るのか?

34199747_1091956280957816_2004495742810456064_n.jpg

どーも、冨安です。

今日は上山では大芦池から各田んぼに続く水の水落しでした。

田んぼの期間はこの溜め池の水門を開け閉め調整して、上山中に張り巡らされてる水路をたどり田んぼに水が入ります。

34033526 1091955730957871 5578818031062089728 n

34090644 1091955780957866 5248450830280949760 n

同時に田んぼの準備も進みます。

棚田なので一枚一枚は小さく細かいところで作業は大変です。

GOPR1768

34199747 1091956280957816 2004495742810456064 n

ロボットやAIに棚田は出来るのか?

今日は棚田で作業をしながらロボットやAIに棚田は出来るのだろうか?

ということを考えていました。

棚田は水路管理から小さい田んぼでの作業など、現時点では人間でないとできないことが多いです。

単純作業はロボットやAIに置き換わっていますが、高い専門性や複雑なことすらも段々ロボットやAIがやってくれる時代。

部分部分の作業だったら棚田でロボやAIが活躍すると思います。

自動草刈り機とかも開発中ですし。

でもやはり棚田全体を維持していくこと(草刈りや野焼き、水路維持、田んぼ準備など)

さらに棚田をきっかけに人を繋ぐこと

これはロボットやAIでは代替できないんじゃないかなー

とか。

いやこの僕の想像を遙かにテクノロジーは進化しているんだろうか。

とか。

これまで1,000年以上の歴史の積み重ねで人間の叡智の結晶が残っている上山。

ロボットが歴史を感じて棚田の凄さを雄弁に語る時代が来るのでしょうか!?

さすがにそれは当分先な気がします(笑)

何かを思い描けるのも人だし、何かを創造できるのは人なのかなと思います。どちらかとえいば、そういうことをやっているので特にロボットやAIと僕は競合しないんじゃないかなと思います。。

僕はといえばドローンでできる遊びを創造しました。

これはロボットでは代替不可能でしょう。というかロボットと人のコラボ作品ともいうことができます。

ドローン空旅チラシ

そうです!

コマーシャルです。

一人で水路掃除しながら考えた、地方の人モノ金

どーも、冨安です。

最近上山では棚田の田んぼに水を引き入れるための水路掃除が行われています。大芦池という水源があり、そこから山々に水路が張り巡られているのですが、棚田で田んぼをやるには水路の維持管理が大変です。

上山全体でやる水路掃除、各部落でやる水路掃除に分かれます。

今度僕が住んでいる部落の水路掃除がありますが、その日に行けないので今日かわりに一人で作業していました。

33403355 1891144817622433 1352422447743238144 n

上山では水路掃除のときに英田上山棚田団のメンバーなどが大阪から来てくれたりして、人数も多くワイワイとやりながら結構なスピードで終わったりします。

32945177 1772434099479546 7793944231403323392 n

今日は水路掃除を一人でやっていて思ったことが、

もし周りに仲間も全然いなくて、ずっと一人でやり続けるようなことが続いたら?

ということでした。

一人でやり続けるとか本当にしんどいと思うので、地域で地元に根付くことをやり続け、守り続けてる方はただただすごいと思います。

一人で大人数でやるのと比較する時間もめちゃくちゃかかります。

日本全体で人口が減っているなかで、こうした地方のこれまでの暮らしの維持管理は苦しい地域が多いはず。

地方であれば人が段々とへり高齢化が進むとしたら、少しずつ衰退するしかない。

例えばなんで僕が水路掃除や草刈りなど、地道なことをやるモチベーションがあるかといえば上山は一緒に活動してるメンバーいるし何かしら希望があるからだと思います。

一方でいずれ消滅する、どうしようもないと分かっていることをやり続けるのは相当にしんどいはず。

人が集まる地域、そうでない地域の違いは何なのか?

水路掃除をしながら考えていました。

人が集まってくる地域、そうでない地域の違いは何なんだろうかと。

過疎化の流れはどの地域も共通していて、どの地域も何かしらのかたちで巻き込む人を増やしたい。

まあまあ苦しい地域間の人材争奪戦が繰り広げられてると思います。

水路で落ち葉を拾いながら考えていたらふと、

人モノ金

というキーワードが出てきました。

人>モノ>金

上山という地域にいると、地域は人しかないなと感じることが多いです。

10年前は耕作放棄地だったところが少しずつ再生されて広がる景観は僕も大好きです。

ただ上山に何がある?

といわれたら、何もないといえば何もないんですよね。

たぶん他の地域にあるものとそんな大きく変わるものではない。棚田の景色だけでいえば、もっとすごい棚田はたくさんある。

というなかで上山に人が来てくれるのはまず、そこにいる人たちの存在が大きいと思います。

僕も上山にいる人たちに惹かれて移住したうちの一人ですし。

人が先にあって棚田の景色や様々な企画は生まれ、そこから金が初めて生まれます。

32908675 1772434159479540 3994635918211284992 n

なんで水路掃除に人が来てくれるのかもよくよく考えたら不思議です。

本当にただ水路掃除をしたいのであれば上山である必要はないので、水路掃除だけではない何かがモチベーションになって人はきてくれるのかなと思います。

時代にあわせて人モノ金の集め方は変わる。

地域にとって人モノ金はどれも必要なもの。

10年前と今とでは人モノ金の循環は間違いなく全く変わっているはず。

キーワードの1つは発信力なのかなーと思います。

ネットはもちろん1つ、友達めっちゃ多いとかも大事でしょうし、メディアの使い方が上手いとかも1つと思います。

どんな魅力的な地域があったとしても、何してるか言ってくれなければ何も分からない。すごい何かで困っていることがあって発信力があれば届くことがあるかもしれない。

地域おこし協力隊の募集などを見ていても、地域よって人が集まる地域とそうでない地域があり残酷だなと思います。

国が税金で何とかしてくれたのがなくなってくると、地域も自力が問われるんでしょうか。

地域の自力とは何なんでしょうか。

金を稼ぐことなんでしょうか?

金がいくらあったとしても使い方を誤って滅びてる地域も多いはずなので、どんな人がいるかが大事なんだろうか?

問答は続くんですけども。

一人で水路掃除をして思ったことの結論は、人が来てくれるのは地域にとって本当に希望なんだろうということです。

今の僕は上山にこれで人が来てくれるのが素晴らしい希望です。ぜひ、お気軽にお問い合わせを(笑)

ドローン空旅チラシ

SNSで情報発信する意味と価値

IMG_5922.JPG

どーも、冨安です。

FacebookやTwitter、Instagram。

色んなSNSがありますよね。仕事のことプライベートのこと、人と繋がるために様々なSNSの活用があります。

僕はデジタルなことをやたらやってた時期もありましたが、最近は上山という地域で外仕事が多く人の繋がりもリアルが強いです。

なのでSNSでの情報発信はちゃんとやれていないところです。

特に外仕事やリアルな付き合いの比重が大きいと、SNSを軽視したくもなってきます。

それでもリアルとデジタルなこともバランスは大事だなーと思うことがありました。

自分で集客をして何かやろうというとき、SNSの情報発信の積み重ねは効いてくるなあ−と思います。

最近ドローンでこんなことを始めまして。

上山の空からの景色を気軽に。【上山ドローンツーリズム】スタート! | ダイアリー | 上山集楽

ドローン空旅チラシ

SNS経由で問い合わせが来る。

ドローンのこの取り組みは、問い合わせとか来るのか!?

全く未知数だったのでとりあえず情報発信をしてみたところです。

最近有り難いことにまず2件お問い合わせが来て、実際に上山にきて遊んでもらうことができました(^^)

IMG 5906

IMG 5913

IMG 5926

IMG 5922

SNSで何回か情報発信をしただけなのでSNS経由で問い合わせが来るのは当たり前なのですが、どっちもSNS経由で問い合わせがきました。

一件目はTwitterでインドの記事(金を持たずにインドに行ったらどうなるか?無力感と日本の自由さ)を見たのがきっかけでフォローしてくれてた大学性。

二件目はFacebookの上山集楽ページから。

こうやってドローンという媒体をきっかけに、実際に上山まで人が来てくれてドローンを飛ばして遊んでくれること。

この価値は結構すごいと思うんですよね。

なんせすごい田舎までわざわざ足を運んでくれるわけですから。

僕はSNSのフォロワーが多ければいいとも思わないし、SNSそんなやってなくてもすごいと感じる人はたくさんいます。

それでもSNSの情報発信をコツコツやって、何かで覚えてもらっておくことはどっかで役に立つなと思いました。

やっぱいざ自分が何かやろう!

というとき地道な情報発信は結構効いてくるんですよね。

例えばもしインドの記事を書いてなかったら、僕がTwitterをやってなければ。

彼が来てくれることはなかったわけで。

IMG 5900

外仕事が中心になるとインターネットの世界にあまりいなくなり、Twitterとか全然やらなくて日報代わりのFacebookを1日一件あげるくらいになってしまいます。

デジタルとリアルのバランスは難しいなーと思いますが、SNSはSNSでコツコツやっとくことは大事だなと改めて思いました。

というわけで、こちらぜひお問い合わせくださいませ笑

ドローン空旅チラシ

ハムストリングの重要性

どーも、冨安です。

最近上山では水路掃除や草刈り、木工所建設のための砂利運びなど肉体労働が続いています。

32349578 1874399199296995 5826123368952233984 n

32559395 1878739058863009 8009885854082269184 n

そこでどうしても体をそれなりに酷使することが多いので、体を痛めないように作業することも大切です。

どうしても痛くなってくるのが腰。

そして例えば草刈りにしても、今日の生コンクリートの一輪車運びにしても、体全体を使いながら極力疲れないように作業するのも大事だと考えています。

1日作業するとなるとまあまあスタミナが必要になってきます。

ハムストリング(太腿)が重要なのではないか?

先日ひたすら泥あげをしていく水路掃除がありました。

32349578 1874399199296995 5826123368952233984 n

この日は雨だったため、水分を含んだ重い泥を上げていかなければなりません。

こうしたときつい腰をかがめて作業をしてしまうのですが、泥が重くて上半身だけ使ってると疲れて仕方がありません。

そこでこの日は上半身だけでなく、下半身を使うことを意識しながら泥を上げていました。

腰はかがめず、

膝を曲げ、

背筋をピッと伸ばし、

体の上下運動で泥をあげていきます。

スクワットをやってる感じです。

筋肉痛が太腿にきた!

すると水路掃除の後、大学の部活をやって以来レベルの筋肉痛が太腿に来ました。

腰はそこまで痛くありません。

きっとこれはいい傾向です。

そして今日は一輪車で生コンクリートを運搬していたのですが、僕が上半身の筋力がないからか。腕だけだと一輪車のバランスが崩れるので、下半身に体重をかけると一輪車がうまく動きました。

何しろ今も太腿に筋肉痛がきています。

きっとこれはいい傾向です。

腰が痛いとしんどくて仕方がないので、

腰はかがめず、

膝を曲げ、

背筋をピッと伸ばし、

ハムストリングを意識して、いい姿勢で体を動かしていきたいと思います。

以上、今日作業をしながら考えていたハムストリングの重要性についてでした。