• 2020年4月27日
  • 2020年4月27日

感想と要約④:知っておきたい感染症 ―21世紀型パンデミックに備える

どーも、冨安です。 「知っておきたい感染症−21世紀型パンデミックに備える」 この本を読んだので紹介します。 昨今のコロナウィルス拡大までウィルスや病原菌について考えることはそんななかったのですが、人類はこれまでの歴史のなかでもずっと病原菌とたたかって今に至るのだと知りました。 ウィルスや感染症に関 […]

  • 2020年4月26日
  • 2020年4月26日

感想と要約③:生命の暗号

どーも、冨安です。 「生命の暗号」という本を読んだので紹介します。 コロナウィルスをきっかけに感染症やウィルスに関する本を色々と読んでいます。 ウィルスとはDNAのような遺伝子とそれをタンパク質であり、生物ではなく物質である。4種類の塩基配列で構成されている。 ウィルスは宿主に宿ってはじめて活動を始 […]

  • 2020年4月25日
  • 2020年4月29日

なぜシマウマは家畜にならなかったのか? 「銃・病原菌・鉄」から①

どーも、冨安です。 ここ半年歴史にハマり、関連書籍のなかで最も面白かったのがダントツで「銃・病原菌・鉄」という本でした。 人類の歴史を農耕が始まった1万3000年前からさかのぼり、なぜ大陸ごとに人類は異なった進化をしていったのか? 延々と色んな角度から書き連ねられた書籍です。 僕は大好きなテーマでし […]

  • 2020年4月24日
  • 2020年4月24日

要約と感想②:世界史を大きく動かした植物

どーも、冨安です。 ここ半年くらい歴史にハマっていまして歴史関連の書籍を色々と読んでいました。 今の社会がどうやって成り立っているのか? どんな経緯で成り立っているのか? 知っていって、世界の見え方が広がっていく感覚が楽しいんですよね。 色々と読んだなかでかなり面白かった書籍がこちら。 Amazon […]

  • 2019年12月22日
  • 2019年12月23日

要約と感想:クリプトキャッシュ「暗号通貨」が世界を変える

どーも、冨安です。 今回は『クリプトキャッシュ「暗号通貨」が世界を変える』という本の紹介です。 2、3年前に仮想通貨ブームが起こりましたが、すっかり今では見なくなってしまいました。 本書は仮想通貨とも異なる暗号技術であり、クリプトキャッシュを開発した中村氏による一冊。 ビットコインとも大きく異るクリ […]

  • 2019年11月19日
  • 2019年11月19日

絵を描くことと棚田で田んぼをやることの共通点

どーも、冨安です。 先日Airbnbをきっかけに知り合ったるってぃ– プロ無職 と岡山で会う機会がありました。 最近彼が絵を描き始めていて、絵で表現することと僕が棚田で田んぼをやってることに共通することがあっておもしろいなーと思うことがありました。 るってぃは4年前からインターネットの世 […]

  • 2019年11月18日
  • 2019年11月18日

感想:傭兵の二千年史

どーも、冨安です。 今回は最近読んだ本「傭兵の2千年史」の紹介です。 なぜこの本を読んだか? 僕は岡山県美作市上山という棚田のあるエリアで田んぼをやっています。 山の斜面を切り開いて田んぼにしているわけですが、平地に比べると大変なことがたくさんあります。農業ではなく棚田という文化や歴史を紡いでいくた […]

  • 2019年10月7日
  • 2019年10月7日

なぜアパレルメーカーで哲学や思想が大事なのか?「ALL YOURS」代表の話を聞いてきた。

どーも、冨安です。 アパレルブランド「ALL YOURS」をご存知でしょうか? クラウドファンディングを24ヶ月連続でやったり、「着たくないのに、毎日着てしまう」をキャッチコピーにした服などを開発されている2015年創業のアパレルメーカーです。 僕はなんかどこかで見たことはあったけどよく知らない会社 […]

  • 2019年10月6日
  • 2019年10月6日

認知の広がりや変化をみて作る実験したい。プペルVRをまた岡山でやる理由

どーも、冨安です。 【お礼】プペルVR岡山、述べ169名の方に見て頂き無事終わりました。 – FAAVOFAAVO岡山 8月に絵本の世界を楽しめるプペルVRを岡山で企画させていただきました。 このプペルVR岡山を10月12日-14日にまた開催することになりました。 今回は津山、岡山市、や […]

  • 2019年10月3日
  • 2019年10月3日

感想:映画「あまのがわ」

どーも、冨安です。 先日「あまのがわ」という映画をみてきました。 前々から知っていてめちゃくちゃ見てみたかった映画でした。 心を無くした彼女は、身体を無くした彼と、旅に出る 主人公の史織は、祭りの太鼓奏者であったが、教育に厳しい母親との葛藤から自分自身のやりたいことを見失ってしまう。 故郷にいる祖母 […]