なぜアパレルメーカーで哲学や思想が大事なのか?「ALL YOURS」代表の話を聞いてきた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
72322581_1190896697775644_2855296075151966208_n.jpg

どーも、冨安です。

アパレルブランド「ALL YOURS」をご存知でしょうか?

クラウドファンディングを24ヶ月連続でやったり、「着たくないのに、毎日着てしまう」をキャッチコピーにした服などを開発されている2015年創業のアパレルメーカーです。

僕はなんかどこかで見たことはあったけどよく知らない会社でした。

津山のレプタイルという会社のHomingという起業スクールのなかで「ALL YOURS」代表木村さんの講演、試着会があり参加させてもらいました。

結論としては自分にも置き換えれる話がありとてもおもしろかったです。

72322581 1190896697775644 2855296075151966208 n

71334991 3043461919060870 6556286745783042048 n

哲学、思想、理想が洋服に宿るアパレルブランド

製品の機能だけで勝負すると無限に競争相手が出てくるアパレルメーカー。

その中でいったいどうやって差別化をはかっていくか?

アパレル業界に限らず、あらゆる業界に共通している悩みだと思います。

話を聞いていて、服としての機能がいいことはもちろんなんですが、服のなかに「ALL YOURS」の理想や思想、哲学などが宿っている感じがすごいなと感じました。

お話をきいて、僕の「ALL YOURS」のイメージは、自分たちが目指す理想や思想、哲学が服に宿ってるアパレルメーカーになりました。

なぜ「ALL YOURS」を立ち上げようと思ったのか?その名前にしたのか?どんな人に来てもらうための服を作っているのか?

なぜ自分たちがやるのか?

すごい向き合ってきているんだろうということをお話から感じました。

僕らが売っているのはファッションじゃない。|オールユアーズの木村まさし|note

ファストファッションが流行る中で、中小のアパレルメーカーが生き残るために大事なのは理想や思想。

機能だけならファストファッションでいいし、どこでもいいから。

ブログをみていてもファッションに関することもありますが、生き方や考え方に関する記事も多くて面白いです。

僕も「ALL YOURS」の服着たいし、応援していきたいなーって思いました。それは洋服の機能以上に「ALL YOURS」がどんな世界を見せてくれるのか楽しみだから!「ALL YOURS」と歩んでみたいなーって思うから、「ALL YOURS」の洋服を買いたいなと思います。

理想や思想、哲学が大事だと思った。

僕がいる上山では棚田再生をしています。

なぜ棚田で田んぼをやるのか?こうした文化や歴史を残していくことはどんな意味があるのか?

お金の価値に直接変わるわけではないことをやっているのでめちゃくちゃ考えます。

71786633 3001231306613773 2106794635371216896 n

「ALL YOURS」の木村さんが「共犯者」を増やしていくこと。

を大事にされてるのですが、棚田再生という活動も同じく「共犯者」を増やしていくことが大事です。

でも全国には棚田がある地域はいくらでもあるし、中山間地域でお米づくりをしている地域もいくらでもあります。

ただ棚田でお米づくりをしています。

だったらどこの地域でもいい話です。

なので「何をするか」「どうやるか」も大事なんですが、

それ以上に

「なぜやるのか」

理想や思想を言葉にしていくことが大事。ここに向き合わずに思考停止している方が楽なんですが、僕もちゃんと向き合っていこうと思いました。

僕が「ALL YOURS」がどんな世界を見せてくれるのか楽しみだから応援したい!

と思ったように、この人、この地域は何を考えてどんな世界を見せてくれるんだろう?

機能が満たされていく世界の中で大事なのは理想や思想、哲学を発信していくことだと思いました。

「ALL YOURS」木村さんの話は、あらゆる業界や個人に当てはまる話で面白かったです!

木村さんや場を作ってくれたレプタイルさんありがとうございました!

  • SmaSurf クイック検索
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク







この記事を書いている人について


最後まで読んで頂きありがとうございました!
岡山県美作市上山から更新してますので気が向いたら、またよろしくお願いします(^^)
 とみやすについての詳細はこちら



follow us in feedly

コメントを残す

*