8月プペルVRのクラウドファンディングでやりたいこと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
名称未設定_2.png

どーも、冨安です。

8月10日−12日にえんとつ町のプペルという絵本をVR化したプペルVRシアターを岡山県内で3日間やります。

これをやるにあたってはクラウドファンディングをやる予定で時間もないので、今週中には公開する予定です。

そもそもクラウドファンディングをやるかやらないか?すごい考えたのですが、今回僕がクラウドファンディングをやってでもやりたいことが未来チケットの導入です。

誰でも無料「げんきカレー」 匿名の善意が支える一杯:朝日新聞デジタル

お客さんは200円で未来チケットを買うことができて、そのチケットはお店に貼られます。貼られた未来チケットで子どもたちは無料でカレーを食べることができます。

今回プペルVRのチケットは1000円です。1000円を出すのが難しいけど体験してみたい!という方に、「プペルVR未来チケット」という選択肢を用意したいと考えています。

名称未設定 2

この未来チケットのイメージをどう伝えるか?1つの課題だと思ってるのですが、この図で伝わるでしょうか?

食堂の場とは異なり、インターネット上のクラウドファンディングっていう仕組みを通じて、トライしてみようと考えています。

お金に囚われない選択肢を作れるか?

奈良県の食堂の未来チケットでいいなと思ったことは、お金以外でカレーを食べれる選択肢があることです。

知らない人からの恩で、一杯のカレーを食べれて恩と感謝が巡っていったら。

例えば本屋で1000円の本が買えないときに、1000円分の未来チケットで本を手にすることができたら嬉しいし、習い事や体験でもいいと思います。

もし自分が子どものころにお金が問題でできなかった何かが、誰かからの恩でできるようになったら。買うことができたら。体験することができたら。

子どもでも大人でも多様なことを学ぶ機会が増え、人生の可能性を広げることに繋がり、社会はもっと良くなっていくんじゃないかと思います。

今回1000円を支払える方は通常チケットを選んでほしいですし、厳しい方は「プペルVR未来チケット」を選んでほしいと思っています。

今回のクラウドファンディングでは

①プペルVRを岡山でやること

 

②未来チケットを導入してみること

という大きく2つのチャレンジをくっつけます。

いいな!ということは自分でやってみよう!というのを大事にしたいなと思っています。

クラウドファンディングも含めてVRも未来チケットも、全てやってみないと分からないことだらけですがプペルVRをやる3日間は一人でも多くの方に楽しんでもらえるようにがんばります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク







この記事を書いている人について


最後まで読んで頂きありがとうございました!
岡山県美作市上山から更新してますので気が向いたら、またよろしくお願いします(^^)
 とみやすについての詳細はこちら



follow us in feedly

コメントを残す

*