空と地域と旅行者をつなげる、上山ドローンクエスト。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
53916349_2457572990979610_5319969775290417152_n.jpg

どーも、冨安です。

どうしてもやり遂げたいことってなかなか出会うことがないもの。

なんですが、ドローンではやり遂げたいなと思うことが飛ばし始めたときからあります。

クラウドファンディングもやったのですが、空からの感動をもっと身近にして地域と人を空からつなげることができないかと思っています。

ドローンで「空のツーリズム」を作り、上山が誇る棚田の魅力を伝えたい! – FAAVO岡山

ドローン☓観光というところです。

ドローンやAR技術、AI、スマートグラスなどテクノロジーを組み合わせることで、地域の観光を相当面白くできるんじゃないか?と考えていて、将来的にはトータルで未来の観光創ることやりたいです。

まずは足元からできるドローンで空のアクティビティ作っていきます。

これがどこにでもあるものだったらやる気でないと思うのですが、まだまだ世の中にはないので開拓者になりたいんだと思います。

ドローン空旅チラシ

去年と同じ動き方ではダメだと考えてるので。

ドローンの世間での認知度アップ、ドローン単体での観光を成り立たせる難しさ、一人でやることは厳しい、土日が主になると収益化はどこですればいいか

どうやって生活設計するか!

不確実なことが多いのですが、思い切って動きたいなと考えてます。

色んな人に会ったりWEB経由でアウトプットしてるなかで、融資を受けるのも1つの選択肢と考えています。

人生で初めて融資というものを考えはじめ、いくら借り入れたら年間いくらの売上が必要でとか、逆算を真剣にするようになりました。

とりあえず5000円一組でやってみるか!という行き当たりばったりから

月30万の売上をあげるためには何をすればいいか?

という全く異なる発想をするようになりました。

投資したいところは僕以外の人件費、宣伝広告費、ドローンなど設備費が主です。

知られないと始まらないので宣伝広告費は結構かけたいところです。何をやるにしても不確実なことしかないのでやるしかないかなと考えています。

どうやったら空から人と地域をつなげることができるか?

僕の方向性として、どうやって空から地域と人(今回は旅行者)をつなげることができるか?

という点から企画を考えています。

ただ飛ばす見る体験する→どうやって地域性を織り交ぜるか?

で去年ドローン企画に遊びにきてくれた人が、アドベンチャー型ツーリズムだよねーみたいな話をしていて

アドベンチャー感!

て考えてたらドローンクエストって響き的に面白そうだなと思いつきました。

ただ飛ばすだけ見るだけでなく、謎解きや協力プレイ、ミッションなどゲーム性を取り入れる。

例えば2人一組で

操作をしてある場所を導く人

ゴーグルをつけて探しものを見つけて写真を撮る人

とか役割分担をして、決められた場所を探して写真を撮るとかゲーム性をもたせることはできるかなと。

どんなミッションを入れるかは、地域性によりけり。

例えば僕が住んでいる上山であれば、ミッションをクリアしていくと棚田のストーリーがわかるような設計ができればいいですよね。

レベル1、レベル2とかつくることでリピーターも考えることができます。

とかくいかにゲームにするか?

ドローンを主役にして地域のアクティビティを作るとしたら、ここが1つ肝になるかもしれません。

あらゆる産業に当てはまる話ですが、ドローンは主役ではなくなにかを成し遂げるための手段の1つでしかないです。

そんななかであえて、ドローンを主役に地域で遊べるコンテンツを作りたいと考えています。

ゲームの設計が好きな方などいたら、ぜひドローンクエストの設計のアドバイスをいただけると嬉しいです。

ドローンを飛ばす遊ぶ地域を知る学ぶ、老若男女ファミリー、カップル、友達同士で遊べる空のアトラクションをつくっていきます。

自律飛行を取り入れたりいろいろと実験していきます。

53916349 2457572990979610 5319969775290417152 n

下記チラシもメニューや価格帯を変えますが、まだこちらで受け付けております。3月来てくれる方もおられます(^^)

ドローンクエスト開発の実験に付き合ってくれる方も大歓迎です笑

ドローン空旅チラシ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク







この記事を書いている人について


最後まで読んで頂きありがとうございました!
岡山県美作市上山から更新してますので気が向いたら、またよろしくお願いします(^^)
 とみやすについての詳細はこちら



follow us in feedly

コメントを残す

*