ブログが続く理由は、飽き性だから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どーも、冨安です。

このブログは約7年続いていてトータルの記事は600ほどです。

1年に100記事前後くらい書いているみたいです。

更新する期間があったりなかったりしますが、7年間続いているものは僕には他に何もありません。

住む場所もやってることもコロコロ変わる中で、ブログだけはよく続いています。

性にあっているんだと思います。

ブログが続く理由は、飽き性だからかもしれない。

自分のブログを客観的に見たときに、雑記なのが特徴です。

特にテーマは絞っておらず、その時々で興味のあることを淡々と書いています。

例えば何かにテーマを絞って(働き方やドローン、民泊など)サイトを作ったら、アクセスを増やすことや収益化を目指すこともできるのですが、そこをやる気が起きません。

アフィリエイトとかもどうも興味が出ません。

結果としてアクセスも収益も大してないのが本ブログです。

なぜ続いているかといえば気づけば完全にライフワークになってるからで、ブログを通じて頭にあることをアウトプットする回路が出来上がってるから。

僕のブログをやってるのは、頭にあることを外に吐き出すためだと思います。

そしてトータルで600記事の蓄積がありますが、600記事分の脳内アウトプットがこのブログではされています。

それだけネタが続くのは僕が飽き性だからかと考えています。

例えば今はハマっているのがベンガル語なので、ベンガル語の記事が多い。

とっつきづらいベンガル文字の覚え方

0からベンガル語を覚えるオススメの勉強方法。

ですがベンガル語から語学に興味が移り、日本語を含めた語学全体に興味が出始めています。

漢字、カナ、平仮名。ややこしい日本語は、どうやってできたか?

なんで日本人は、中高で英語を6年勉強してるのに話せる人が少ないの?

ヒンディー語とベンガル語が、めちゃくちゃ似ててビックリした。

3ヶ月前の僕のトレンドは認知症で、介護についてばかり書いてました。

介護施設利用者のうたた寝が多い感じは何なのか?

自尊心と施設の都合。急に車椅子の利用者をみて思う、人はどう寝たきりになっていくか?

認知症について興味持ったら、脳科学に興味が出始めて量子や波動に派生して歯止めが効かなくなっていた時期があったのですが、気がつけば飽きていました笑

興味が縦に深まらず、横にどんどん広がっていく。

ベンガル語にハマっていてたかと思ったら、気づいたら違う方向に向かっている。

みたいなことはよくあります。

ハマるときはダッとハマって、その分野の書籍を読み込んだりするんですが、スーッと熱が冷めていく瞬間があります。

ですので1つの分野が中途半端なうちに次に興味がいってしまい、何かを極めるということがありません。

この大卒後の7年間は色々やってみて、ブログのテーマもころころ変わります。

自分のマイブームが今は語学です。

地域おこし協力隊、行政、Airbnb、クラウドソーシング、クラウドファンディング、仮想通貨、ネットショップ、ブログ、ドローン、介護認知症、語学

上記はこれまでブログで扱ってるテーマ。全部自分でやったことや経験していることで、ブログでは自分が実際に経験したこと、その上での考察を書くことを大事にしています。

興味の対象とやることがコロコロコロコロ変わっているのがブログからわかります。

興味が変わるからネタが尽きない。

ブログで600記事積み重ねることができたのは、飽き性だからかもしれないですね。

色々と手を出すからネタは尽きないんです。

それを特に誰かに話すこともしないので、アウトプットの場としてブログがたまたまフィットしている。

僕がおしゃべりな人間だったらブログは必要なかったと思います。

興味の対象が変わっても、ブログでは書き続けることができますからね。

新しい世界を知る→感動する→アウトプットする。

飽きる。

新しい世界を知る→感動する→アウトプットする

飽きる。

これを繰り返しています。

このサイクルに今は語学がハマっています。語学に飽きて次に何が来るのか?

楽しみでなりません笑

僕の興味赴くままに書いている本ブログは、方向性があっちこっち行くので読者に優しくないブログです…!

どうしようもありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク







この記事を書いている人について


最後まで読んで頂きありがとうございました!
岡山県美作市上山から更新してますので気が向いたら、またよろしくお願いします(^^)
 とみやすについての詳細はこちら



follow us in feedly

コメントを残す

*