言語習得の成長曲線はどんな感じか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どーも、冨安です。

昨年の11月から新しくベンガル語を覚え始めました。

新しい言語を習得するプロセスで言語習得には、伸び悩む時期と急激に伸びる成長曲線があるんじゃないかなーと考えています。

こんなイメージ。

名称未設定 001

グラフの作り方がテキトーですいません。苦手なんです。

第一段階 簡単な日常会話を覚える。

まず最初の段階はアルファベット覚えて簡単な日常会話ができるようになること。

英語なら

How are you?

I am fine.

とか行く、来る、食べる、美味しい、眠いなどの頻出するワードを覚えます。

簡単な文法も理解できて、0からスタートすると飛躍的に成長して「俺もしかして言語習得の才能あるんじゃないか?」

みたいなことを考えます。

このフェーズは結構楽しいんじゃないかと思います。

第二段階 単語や文法を覚えるため時間がかかる

最近ベンガル語の成長曲線が鈍ってきたのですが、テキトーに覚えるだけでは成長できないなと思い始めました。

とっつきづらかったベンガル文字も覚えないと先に進めないし、より成長しようと思ったら根気よく単語を覚えないとダメです。

新しい言語を習得するためには、頭に染み付かせるために時間をかけないと厳しいなと感じている次第です。

本屋に行くとよく「3ヶ月で英語をーー」

みたいな本がよく出ていますが、言語習得は地道にコツコツと積み上げていくしかない気がします。

どうやったら記憶に定着しやすいか?

意識して覚えていったりはしていますが。

ベンガル語の場合はまずベンガル文字をすべて完璧に覚えることが次のステップです。

文法はややこしくないので、ベンガル文字と使える単語を増やせれば第3のステップにいける気がします。

言語習得の第三段階は何でしょうね?

今月中にベンガル文字は覚えてしまいたいなあ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク







この記事を書いている人について


最後まで読んで頂きありがとうございました!
岡山県美作市上山から更新してますので気が向いたら、またよろしくお願いします(^^)
 とみやすについての詳細はこちら



follow us in feedly

コメントを残す

*