知らずに食べた。ブルーベリーみたいな、有毒のヨウシュヤマゴボウに気を付けよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どーも、冨安です。

先ほど草刈りをしているときにブルーベリーと勘違いして、有毒のヨウシュヤマブドウという植物を食べてしまいました。

40391252 2082657978471115 148447671911186432 n

無心で草刈りを進めていたら、

ハッ!!!

ブルーベリーの実が見えるではありませんか。

なぜこんなところにブルーベリー!?

これはブルーベリーなのか?

まあ食べてみてから考えるか。

と思って食べてみたところブルーベリーっぽい感じでした。

草刈りをして汗を流してたからか、本当は不味いのかもしれませんが特に不味いと感じませんでした。

おお、ブルーベリーじゃん!

と思って食べていたら「それちゃうで」と連絡が。

有毒のヨウシュヤマゴボウ

まあ毒はないだろうと思ってたんですが有毒のヨウシュヤマゴボウというらしいです。ややこしい名前ですね。

40391252 2082657978471115 148447671911186432 n

こうしてみるとピンクの茎が怪しいですね。

Wikipediaではこのように記されています。

ヨウシュヤマゴボウは有毒植物で、全体にわたってがあり、果実も有毒である。毒性は、根>葉>果実の順であるが、果実中の種子は毒性が高い。ブルーベリーと間違って果実を誤食する事故もあり、注意が必要である[3]

毒成分は、アルカロイドであるフィトラッカトキシン(phytolaccatoxin)、サポニンであるフィトラッカサポニン(phytolaccasaponins)、アグリコンであるフィトラッキゲニン(phytolaccigenin)などである。また、根には硝酸カリウムが多く含まれる。

誤食すると、2時間ほど経過後に強い嘔吐や下痢が起こり、摂取量が多い場合はさらに中枢神経麻痺から痙攣や意識障害が生じ、最悪の場合には呼吸障害や心臓麻痺を引き起こして死に至る。幼児の場合は、種子を破砕した果汁を誤飲すると、果実数粒分でも重篤な症状を引き起こしうるために十分な警戒を要する。

ヨウシュヤマゴボウ – Wikipediaより

実を5、6個食べてしまいました。

食べてから3時間くらい経ちましたが今のところは何もありません。

時間が経過してから症状が出てくるのか?

5、6個くらいは大丈夫なのか?

よく分かりません。

調べてみると最悪の場合は死にいたる場合もあるそうなので、これからは食べないようにします。

無知とはこわいものですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク







この記事を書いている人について


最後まで読んで頂きありがとうございました!
岡山県美作市上山から更新してますので気が向いたら、またよろしくお願いします(^^)
 とみやすについての詳細はこちら



follow us in feedly


コメントを残す

*