インドでは人と野良犬が上手いこと共存していた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どーも、冨安です。

インド滞在シリーズです。

日本にはなくインドでは日常的な光景の1つに、そこら辺に野良犬がたくさんいることがあげられます。

インドでは野良牛や野良犬、野生のサルもみかけました。

なかでも犬と牛は割とそこら辺を歩いていて、これは日本ではみない風景です。インドでは牛は神聖な動物で食べることはありません。宗教の関係で牛と豚はあまり食べれるところなかったです。

30414944 1823371547733094 500393737575202816 n

人と犬が上手いこと共存していた。

デリーのメインバザールというとこにいましたが、野良犬が危険と感じることはあまりありませんでした。

深夜は気性の荒そうな犬がケンカしたりしてましたが。

基本的にデリーの犬は、夏バテで疲れてるのかやつれてやる気がない感じの犬が多いです。

日陰で寝ている犬がほとんどですね。

面白いのが野良犬が人間社会に馴染みすぎているところ(笑)インド人は基本的に野良犬は放置です。

日本だったら排除しそうなところを、そのまま放っておいている。

野良犬は攻撃的かといえばそういうわけでもなく、インドの人間社会のなかでどう生きるかちゃんと考えている。

人に迷惑をかけないように賢く生きているように見えました。

人間にも縄張りがあるように、野良犬には野良犬の縄張りがあるようでして、だいたいいつも同じ犬が決まった場所にいます(笑)

それも例えば屋台の下の日陰とかホテルの入り口の脇とか、商売の邪魔にならないような自分の居場所を確保しています。

30414944 1823371547733094 500393737575202816 n

ペットとして飼っているわけではなさそうなのですが、暗黙の了解なのか人間社会のなかに居場所を確立している野良犬が多かったです。

インドの排除はしない感じが好きだ。

野良犬が馴染みすぎているインド社会。

好きなのは別に犬にかまいもしないけど、排除もしない感じ。

放って置いているんですよね。

デリーにいたインド人の印象は、基本的にみんな本能のまま生きていて俺俺俺俺!みたいな感じで自分の目的以外のことには目が向いていないイメージ。

日本でいう和を尊重するとか空気を読む、みたいなのは一切ないですね。

良くも悪くも。

例えばゴミとか自分の目の前だけは掃除するのですが微妙にゴミの位置が変わるだけで、町全体としては何も解決しないとか。

そんなインド人ですが、何でもそのままにしておく感じはいいなあと思います。

例えば日本だったら、和を乱す人やグループで異質な人は排除するじゃないですか。

インドはカースト制度でものすごい差別はあるかもしれないですが、そのままにしている。

大陸で色んな人や文化が入り交じっているインド、島国で異質な文化や人が交わることの少ないかもしれない日本。

たぶんインドのストレスと日本のストレスは全く別物で、インドだと常に感情がストレートになるんじゃないかなと思います。鬱病とか過労死とかない。

日本は感情とかを殺して殺して、まわりに伺いを立てて・・・みたいな部分があると思います。

日本社会が嫌になった人はインドに行ってみたらいいと思います。たぶん気楽になります。

インドの人間社会に馴染みすぎていた野良犬からこんなことを考えてました(笑)

よく分からない不思議な国だ。

インド。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク







この記事を書いている人について


最後まで読んで頂きありがとうございました!
岡山県美作市上山から更新してますので気が向いたら、またよろしくお願いします(^^)
 とみやすについての詳細はこちら



follow us in feedly







コメントを残す

*