コンビニがないインドと異様に多い日本

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どーも、冨安です。

2週間ほどインドに行っていました。

お金を3000円だけ持っていった滞在でして、色々とあるのですが気づいたことを忘れないうちに書いてこーと思います。

滞在中はお金もない状態なので、働いて寝る場所と水を確保してチップをもらい生きてました。

滞在していたのは首都のデリー。

そのなかでもニューデリーのメインバザールという、バックパッカーとかも集まる混沌としたエリアでした。

1960年代とか高度経済成長期くらいの日本なイメージか。

29571427 1813464635390452 1578646478576544384 n

インドにはコンビニがない。

感じたことの1つがインドにはコンビニがないなーということ。

インドといっても広いので探せばあるんだと思いますが、僕が滞在しているときはコンビニは見かけませんでした。

かわりに家族経営と思われる個人商店が多かったですね。

メインバザールは商店が細分化されていて、日本みたいな何でも揃ってるコンビニとかショッピングモールはありませんでした。

IMG 1738  1

インドは夏で40度いかない位の暑さですが、冷房がきいている場所もほとんどない感じ。

便利さ快適さでいえば、フィリピンの首都マニラの方がかなり進んでるのかなと感じました。

コンビニやショッピングモールがない。

ということは逆に個人商店が何でもあるということで、服屋、生地屋、薬屋、旅行代理店、食料販売店。さらにはジュースや食べ物など屋台がひしめき合っていました。

またカースト制度で様々な立場の人がいるだろうし、旅行者もそれなりにいる。

野良犬や野良牛もいる。

車やリキシャーもひしめき合い、クラクションは鳴り止まない。

全てがごちゃ混ぜ。

カースト制度で差別はあるかもしれないけど、何でも受け入れ排除はしない感じ。

この感じはメインバザールにいて好きなところでした。逆に日本には異質なものは排除するところがあるかもしれません。

もし日本のようにコンビニやショッピングモールが乱立するようになったら、こんな混沌はないのかもしれません。

インドかこのエリアは外資の参入を制限しているんですかね?

それともインドに参入するのが難しいのか?

東南アジアだとセブンは見ること多いので、インドもあるものだと思ってました。

日本はコンビニが多く、クオリティーの高さ半端ない。

インドから帰ると、コンビニのクオリティーの高さが半端ないと改めて思います。

あんなに美味しい弁当やおにぎりを、いつでも毎日必ずいけば置いてあること。

毎日毎日安定的に供給し続けていること。

それを支える生産体制や物流の仕組みが整っていること。

インフラが当たり前にあること。

日本ではごくごく当たり前なんですが、本当にすごいと思います。

例えばインドでは夏場は停電が多いとか、約束を守らないとか多いらしく、日本みたいなレベルのコンビニができることはなかなか想像できない。

一方で日本みたいなクオリティー高いコンビニがたくさんあると、悪い側面もありますよね。

コンビニって人を駄目にすると思うんですよねw

24時間いつでも簡単に、美味しい食べ物が手に入ってしまうわけじゃないですか。

余計なものを食べる機会が増えてしまうし、肥満や病気の原因になりません?

コンビニって。

インドから戻って日本のコンビニやスーパーにいくと、食品や飲み物のバリエーションの豊かさや美味しさ、日常的すぎて気づかない利便性の高さを改めて感じた次第でした!

これはきっとそこで働く方々の決められたことを決められた時間までにやる。色んな人の小さな仕事のおかげだと思います。

日本の24時間コンビニが当たり前にある暮らしの便利さ快適さは圧倒的ですが、その快適さ便利さを当たり前と思わずに支えている人やモノに感謝しながらやっていきたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク







この記事を書いている人について


最後まで読んで頂きありがとうございました!
岡山県美作市上山から更新してますので気が向いたら、またよろしくお願いします(^^)
 とみやすについての詳細はこちら



follow us in feedly







コメントを残す

*