世の中便利になる必要があるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どーも、冨安です。

最近世の中が便利になること=人が幸せになれる

わけではないなと思っておりまして、

なんで今の社会は

今よりももっと便利に

今よりももっと経済成長を

そんなことを追い求めることが普通なんだろうなと考えてます。

iPhoneもインターネットもなきゃないでいい。

例えば僕たちの暮らしを便利にしたiPhoneやインターネット。

iPhoneがあればどこでも仕事できるし、インターネットの発達やSNSの恩恵で誰かと繋がってることも簡単になりました。

確かに暮らしは便利になりました。

ただ一方で、別になきゃないでいいじゃないですか。

世の中がインターネットで繋がれば繋がるほど、もしかしたらリアルの繋がりは希薄になったかもしれません。

SNSで他人のキラキラした部分ばかりが目につくから、他人と比較する機会が増えてしまい自分を見失ってる人も多いかもしれません。

iPhoneがあれば便利だけど、別にない時代はない時代でどうにでもなっていました。

iPhoneが登場して暮らしは便利になったとしても、だからといって幸せになるわけではない。

人工知能、仮想通貨、ドローンなどなど。

様々なテクノロジーが進化することで世の中は便利になっているのかもしれませんが、人の暮らしが豊かになっているようには思えません。

便利になる→仕事を奪われる人が出る。

AppleはiPhoneをヒットさせましたが、常にイノベーションを起こし続けなければ生き残れません。

世の中を効率化しなければならない、経済成長しなければならない、常に勝ち続けなければならない。

終わりないですよね。

便利な世の中になればなるほど、心の豊かさみたいなものは消えていっているように思います。

なんでないものを追い求め続けるのか?

日本とかもう十分便利だし、生活的には豊かじゃないですか。

僕は最近「もっとこうしなきゃいけない」「誰かみたいになりたい」

とか思ってたのがあまりなくなりました。

ないものは求めだしたらキリがないし、誰かになろうとして比較しだしてもキリがないし自分は自分です。

目の前に、もう既にモノも人の繋がりも恵まれすぎているほどにあるじゃんと思って。

ないものを求め続けて、もっと便利に、もっと快適に。

とか本当に必要なことなんですかね?

もう十分あるじゃないですか。

たぶん、生きることはもっとシンプル。

難しいことを頭でごちゃごちゃ考え出すとキリがないのですが、最近生きることはもっとシンプルなんだろうなと考えるようになりました。

最近しばらく自然のなかで体を動かして草刈りし続けていました。

自然の中で体を動かしてると、考え方がシンプルになってくるんだと思います。

生命力ある草木。太陽。川。

自然と人は別じゃなくて同じ。

どんな生命にも人にも役割あるんだろうなーとか考えながら、草刈りしてます。

能力が低いやつはダメだ。

能力が高いやつが認められる。

仕事ができない人間は切り捨てられる。

こういう世の中は嫌いです。何しろ僕もだいぶ不完全な人間なので笑

効率化や経済成長。こういうモノサシで図るとダメな人でも、違うとこでいいところはたくさんあるはずじゃないですか。

僕は棚田で田んぼを1年やっただけなんですが、棚田再生の価値ってこういう所なんだろうなと。

DJI 0369

棚田は生産性も低いし非効率的なわけで、資本主義的にいったら価値はありません。

でもすごい小さな一枚の田んぼにも、一枚一枚の田んぼに個性があり何かの生命が循環しています。

小さくても色んな役割を果たしているじゃないですか。

便利さや効率化を追い求める世の中なので、棚田にある一枚一枚の田んぼが伝えてくれるメッセージは色々とあると思っています。

今年は世間ではじかれモノになりそうな田んぼも再生していきたいなーと思っている次第です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク







この記事を書いている人について


最後まで読んで頂きありがとうございました!
岡山県美作市上山から更新してますので気が向いたら、またよろしくお願いします(^^)
 とみやすについての詳細はこちら



follow us in feedly


コメントを残す

*