どーも、冨安です。

 

上山は稲刈りがスタートしました。春先からやってきた田んぼ作業がようやく実りを迎えました!

 

 

晴れていると気持ちがいいです。高度があるだけに天空で作業してるみたい。

 

 

そして上山でやっているのがこのハゼ干し。普通はコンバインで稲刈り、脱穀までやって機械ですぐ乾燥させますが、稲刈りをしてから天日干しをします。

 

 

ハゼ足を組み立てて、ハゼ棒を乗っけます。簡単そうに見えるのですがバランスの取り方が難しい。

 

 

機械が刈った稲をいたすらにハゼにかけていく。作業自体はひたすらに地道・・・!人数がいても大変なので、日本でこうした景色が見れるところも希少になっていくのかもしれません。

 

 

機械が主流になり、今ではあまり見かけることのないこのハゼ干しのある景観。じっくりと乾燥させることでお米に旨みが凝縮されるそう!食べるのが楽しみです(^^)

上山でこのハゼ干しのある景観を見れるのも、稲刈りシーズンのこの時期ならでは。

 

僕らがやっていることはお米を売る農業だけではなく、文化や景観を継承していく仕事なのかなと感じます。

 

最新情報をチェックしよう!