クラウドファンディングでFacebook広告を最も有効活用できそうな方法。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
瀬戸内DroneWalker_-_【ドローン×岡山のクラウドファンディング、正式にスタートしました。】___.png

どーも、冨安です。

今やっているクラウドファンディング。

ドローンで「空のツーリズム」を作り、上山が誇る棚田の魅力を伝えたい! – FAAVO岡山

数分でデザインのプロになろう

どうやったら支援が増えるか?

どうやったら拡散されるか?

色々と実験をしています。

その一環でFacebook広告を使ってみました。

僕も関わっている「上山集楽」「瀬戸内DRONEWALKER」と微妙に中身を変えて広告出してみてます。

瀬戸内DroneWalker ドローン×岡山のクラウドファンディング 正式にスタートしました

1日500円で出してみました。

重要なのは広告を出すタイミング。

クラウドファンディング×Facebook広告。

これをやる意味はあるのか?

一回しかやってないのでまだ不明です。

ただ一回やってみてタイミングが重要だなとは思いました。

僕のクラファンは9月1日~9月30日という設定。クラファンで支援金が集まるのは最初と最後、と言われていています。

中間期間に打ってみたわけですが、このタイミングでFacebook広告はあまり効果的でないなと思いました。

瀬戸内DroneWalker ホーム

Facebookページの1つの投稿に対して広告が打たれます。ターゲットを絞って、そのターゲットに広告が表示されるようになります。

いいねは増えたが、コンバージョンは増えず。

広告を出してから、いいねは増え始めました。

不特定多数に見てもらう機会には繋がります。その中で刺さる人はいるかもしれませんが費用対効果がどうか?というところです。

今のところ当然ながら支援までには繋がっていません。

①Facebookの投稿を見る

②クラファンページに飛ぶ

③クラファンページを読む、共感する

④FAAVOに登録する

⑤支援完結!

というところで、広告をみてから支援までのプロセスが長いので支援してもらうのは難易度高いです。

PCよりスマホで見る人が多いとして、まあ面倒くさくて支援する前に離脱しちゃいますよね。

企画は面白いと感じてもらったとしても。

またクラファン期間はまだあるので支援しようかなと思っても、まあ後でいっか?となるパターンも多いはず。

最も効果的なのは期限直前。

それで最も効果的なFacebook広告の使い方は、直前にドカッと打つことかなと思いました。

終了の3日前くらいから打ち始めて、終了当日は多めに投資しても良さそう。

支援するタイミングが今しかない!

というのがポイントです。

クラファンの中間期間に広告出して、

まあ後でいっか→結局忘れる

となることを避けれます。

クラウドファンディング×Facebook広告で最も効果的なタイミングは期日直前くらいだろう、ということで実験してみたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

9月30日まで!【ドローン×地域】でクラウドファンディングに挑戦中!

【9月1日〜9月30日までクラウドファンディングに挑戦中!】

数分でデザインのプロになろう.jpg

ドローンで「空のツーリズム」を作り、上山が誇る棚田の魅力を伝えたい! - FAAVO岡山

ドローンをより安全に身近に、もっと観光で活用していこうというプロジェクトです。

具体的にはドローンを使った、空旅を作りたいと考えています!

多くの方から応援をいただき、スタートから一週間でまずは目標金額を達成することができました。ドローンで「空のツーリズム」を作り、上山が誇る棚田の魅力を伝えたい!_-_FAAVO岡山

ご興味ある方はぜひご覧いただけると嬉しいです。

とみやすがチャレンジ中のクラウドファンディングはこちらから!

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク







この記事を書いている人について


最後まで読んで頂きありがとうございました!
北海道夕張市から更新してますので気が向いたら、またよろしくお願いします(^^)
 とみやすについての詳細はこちら



follow us in feedly







コメントを残す

*