ドローン×地域。9月1日からクラウドファンディング、スタートします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
名称未設定_3

どーも、冨安です。

やろうやろうと思って、先延ばしにして結局なにもアクションを起こさないこと。

よくありませんか?

僕は頻繁にあります。

例えば前々から「ドローン×地域」ていう領域で、クラウドファンディングやってみたいなーと考えていました。6月くらいから方向性を考えて、仲のいい友人などに話しをしたりしてみていました。

そういう中で、アイデアの方向性はこれだな!ということは8月始めくらいに決まりました。

後やるべきこととしては、ざっくり2つ。

①企画文章作成

②リターン案の決定

ここが決まってしまえば後はやるだけ、という状態かなと思っています。

後回しにしてたら、気がつけば9月!!!

ここまで来ているにもかかわらず、クラファン企画を後回し後回しにしてしまい気がつけばもう9月です!

「これはこのままだと結局何もせずに終わる可能性があるな・・・!!!」

と猛烈な危機感がありますw

Googleの創業者のラリー・ペイジは言います。

「アイデアに価値はない」

本当にその通りだと思います。

アイデアって価値ないですよね。やらないと。

何かを発信したり一歩を踏み出すことはエネルギーが必要で、何もしない方が楽なので躊躇しちゃいますよね。

というわけで、デットラインを設けて宣言をしておきます。

ではつい楽な方向に流れてしまう自分に負けず、クラウドファンディングをスタートさせるために策を打つことにしましたw

①締め切り、デットラインを設ける

②ブログで宣言することで、社会的なプレッシャーを自分にかける

この2つです。

1つ目のデットラインについて。

今回のクラファン企画は9月1日からスタートします!後一週間もありますね。

これから全力で企画文書作成やリターン考案をします!

イメージはあるので言語化して、それを色んな人に見てもらおうかなと思っています。

時間があまりないので急ぎますw

2つ目の社会的なプレッシャーを自分にかける、について。

SNSなどでクラウドファンディングを9月1日にスタートします!

と宣言することで、もう強制的にクラファンやらざるを得ない状況を作ってしまおうとおもいます。

僕は9月1日からクラウドファンディングをスタートするので、期待してお待ち下さい。

クラウドファンディングを使うのは目的でなく手段。

こうやって書くとクラウドファンディングをやること自体が目的に見えるかもしれません。

なぜ数ある資金調達のなかで、クラウドファンディングを使うか?

1番は一回やってみたいという好奇心。

次ぎに自分がやってる活動をより広げていける可能性があると思うからです。

1つの商品ができる前のプロセスから、多くの人に取り組みを知ってもらうチャンスがあるのがクラウドファンディングの魅力。

さらにリターンの内容次第では自分の活動の幅を広げることも可能なこと。

一緒に活動していく人と出会えるチャンスがあること。

最初から1つの商品の完成形を売り出すよりも、0から企画を生み出すプロセスを共有しながら進めることに価値があるかなと考えています。

失敗するにしても成功するにしても。

 

この書籍に経験の共有について面白い記載があったので紹介します。

全体の歴史がオープンになっているのだ。われわれは最終プロダクトだけではなくプロセスも共有している。生煮えのアイデア、行き詰まった話、失敗、やり直しなどはすべて、実際に私や他の人々にとって仕事をより上手く行なうために役に立つ。すべてのプロセスを晒してしまえば、自分が間違うことが少なくなるし、実際に上手くいけば正しいやり方が分かりやすくなる

私がそれを学んだのは、コラボレーションにおいて、早いうちからシェアしていれば、それだけ学習も成果も速くなることに気づいたからだ。ここのところ私は常時つながっている。私がシェアし、またシェアされるもののほとんどは、ひっきりなしの微細なアップデートやバージョンアップ、ちょっとした工夫といった些細なものだが、そうした着実な前進こそが私に活力を与える

最近このプロセスから共有することは意識してブログでも情報発信しています。

【悲報】Phantom2号機、田んぼに散る。

3台目Phantom4は83,310円。DJIサポートの修理費用が代金引換のみでつらい。

こういうプロセスの共有は、人の繋がりやコミュニティー作りに繋がると思っています。

参照:今、個に求められるコミュニティーを育てる力。人生の勝算レビュー

クラファン企画内容は共有していきます!

これから「地域×ドローン」で考えているクラウドファンディングの企画。

ブログでも情報更新していきますのでお楽しみに!

とりあえず企画を走らせてみながら、色々と考えていきます。

やってみることに1番の価値がありそうだなと思っています。

プレッシャー大歓迎です笑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク







この記事を書いている人について


最後まで読んで頂きありがとうございました!
北海道夕張市から更新してますので気が向いたら、またよろしくお願いします(^^)
 とみやすについての詳細はこちら



follow us in feedly







コメントを残す

*