4/30 上山ツーリズム 摘み草ツアーレポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IMG_5147.JPG

どーも、冨安です。

上山では普段歩いているような場所に、食べることができる野草もたくさんあります。野焼きなどを通じて棚田再生をするが、植物の多様性を育むことにも繋がります。

棚田再生は地域医療にも繋がる。【上山ツーリズム 摘み草ツアー】

先日告知した4月30日に上山で摘み草ツアーが無事開催されました。

食べることもできる野草も実はたくさんある!

わけですが、どの野草が食べれて何が食べれないのか?

よく分かりませんよね。

上山集楽では、野草のスペシャリストの松原夫婦による摘み草ツアーを開催!一体どんなツアーになったのか、当日の様子をお伝えいたします!

IMG 4949

雲海温泉の前で集合。

IMG 4951

主催の松原は環境調査の仕事をしていたキャリアを持つ。

野草の解説を聞きながら、野草を摘み歩く。

IMG 4956

そして八伏のコミュニティセンターから摘み草をスタートします。

IMG 4961

IMG 4964

IMG 4967

歩いていると、すぐに色んな野草が見つかります。

どれが食べることができて、それぞれの植物にはどんな特徴があるのか?

解説を聞きながら採り歩いていきます。

IMG 4969

IMG 4976

これはタンポポ。どこにでも生えている雑草のイメージも強いですが、葉、茎、根っこと全て食べることができる。

IMG 4989

こちらはノビルという野草。

ネギのような野草で、僕は今回学んだ野草のなかで一番ヒットでした!

IMG 5042

小さい玉ねぎみたいな球根もシャリッとしてうまいです。

IMG 5003

歩いていると色んな野草が見つかります。今から紹介するのは全て食べることができる上山にある野草です。

IMG 4998

これはよもぎ。よもぎまんじゅうとかでお馴染みですが、結構見つかります。自分でよもぎ餅を作ってみたいですな。

IMG 5010

レンゲ草。これも食べれるんですね。

IMG 5019

オオバコ。まさに雑草という感じで人が踏みつけるような場所で見つけることができた。薬効も認められていて便秘や冷え性なんかにもいいらしい。

IMG 4972

カキドオシ。糖尿などにいいらしい。

IMG 4978

カラスナエンドウ。先っぽが豆みたいな味します。

IMG 5030

1回どれがどんな植物か分かると、草むらを見る目も変わってきます。

IMG 5025

採った野草は後処理が大変。

IMG 5032

野草は摘んでからの後処理もポイントです!採れた全ての部分を使えるわけではなく、実際に使用できるのは一部分です。

IMG 5037

IMG 5051

採った野草を仕分けていきます。

IMG 5042

僕の大好きなノビル。可愛らしい名前がいい。

そして仕分けた後は料理教室!みんなで採った野草で料理をつくります。

IMG 5052

野草料理を教えるのは松原久実さん。

野草を使った薬膳料理というと敷居が高いイメージがありますが、身近な料理に野草が織り交ぜられます。

IMG 5054

IMG 5070

バリエーション豊かな野草料理が並びます。

IMG 5083

タンポポサラダ

IMG 5107

獲れたてタケノコと野草のパスタ。また食べたい

IMG 5085

タンポポの根っこのきんぴら。また食べたい。

IMG 5113

タケノコ天。美味かった

IMG 5119

野草の卵焼き。美味かった

IMG 5123

美味しかった。また食べたい

IMG 5132

ヨモギ、オオバコの天ぷら。美味かった

IMG 5141

豚肉とたんぽぽのミルフィーユカツレツ。

美味かった!

IMG 5134

野草茶3種。

夏からのシーズンなどお茶にできる野草は採れるらしいので、ノブドウ茶などを自分で作っていきたい。

IMG 5147

IMG 5156

野草料理に加え、上山で収穫した棚田米も並びます。

今思い返しても豪勢な食卓でした・・・!!

普段の料理に少し工夫を加えることで、身近にある雑草にしかみえないものが色んな野草料理に・・・!

植物の多様性も棚田や里山の恵み。

野草のプロと一緒に歩くことで、食べれる野草の恵みを知ることができました。

こうした恩恵があるのも、棚田が維持管理され日当たりのいい環境があるからこそ。

棚田再生やお米づくりは今年から僕も初めて携わっていますが、棚田は維持管理は大変な一方で収益化が難しい。でも棚田が広がる景観や自然と共存するための知恵、公益的な機能は残すべき価値があるものだと思います。

今回の摘み草ツアーの荒れ果てた耕作放棄地では成り立たず、棚田再生や里山の管理があってこその摘み草ツアーのはず。

IMG 5022

また上山で採れる野草が、地域の健康や医療にも繋がる可能性があります。

棚田再生は、一見すると繋がりがみえないような多くの価値を生むのだと思います。棚田再生が地域医療に繋がるとは松原さんの話を聞くまで考えたことがありませんでした。

そして棚田再生はこのような美味しい食卓も繋がります。何よりピースフルかもしれませんね(^^)

IMG 5147

いやー美味しかったです!また食べたい。

というわけで上山ツーリズム 摘み草ツアー!

また直近で5月6日に開催予定でございます。まだ空きもあるとのことですので、ご興味や関心がある方はお気軽にご参加くださいませー。

上山ツーリズム 摘み草ツアー vol.2

上山摘み草ツアー第2弾

自生している野草、薬草類も食べるには1番よい季節
今年から本格化するエコツーリズム第一弾として、薬草ツアーを開催します

棚田を見ながらの野草・薬草を探索
採った野草・薬草を使ってランチを作ってみんなで食べましょう
昼食はおにぎり、パスタ、スープ、サラダなどのメニューをご用意しようかと^^

解説は上山の薬草夫婦 テツロー、クミッキーがご案内いたします

ぜひ、上山の薬草散策&ランチにお越しください

【集合場所】
大芦高原温泉 みんなのモビリティプロジェクトオフィス
岡山県美作市上山1735
https://ueyama-shuraku.jp/about/#route

【スケジュール】
◎集合時間 9:00
◎終了時間 14:00
※現地集合・現地解散となります
ご自分の車で直接お越しください。
  なお、集合後、開催場所までこちらのワゴンで移動していた
だきます

【開催人数】
5人以上-20人まで ※5人以上のご参加で開催いたします

【参加費】
大人      ¥3,000
小学生・中学生 ¥1,000
幼稚園以下   無料

【備考】
・服装は長袖、長ズボン、帽子はあった方がよいです
・少雨決行となります。雨天が予想される場合は最低限の雨具をご用意ください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク







この記事を書いている人について


最後まで読んで頂きありがとうございました!
北海道夕張市から更新してますので気が向いたら、またよろしくお願いします(^^)
 とみやすについての詳細はこちら



follow us in feedly







コメントを残す

*