林業の現場潜入 その2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
P1010057

前回に引き続き南日高での林業の現場に関する記事です。

チェーンソーの指導と森林で木を伐採する現場見させてもらいました。

チェーンソーびしばしぼし

 

チェーンソー使うの平取町来て2回目でした。

ずっと都会で育ってきたからチェーンソーを使う時が人生であると思ってなかった。

人生何があるかわからないですな。

 

まず足でハンドル部を下向きにおさえエンジンをかける。

ぶおおおおおおお

と音が鳴る

 

そして木にチェーンソーぶちこむ

てこの原理使ってうまく刃を入れてかないと、腕がめっちゃ疲れる

1日に何本切れるかスピードが勝負なので、うまく疲れないやり方できるかがとても大事なんだなと実感

後ケガしないよう注意してやらんと大怪我繋がると実感

森林伐採の現場にて。

 

続いて森林伐採の現場に案内して頂くの巻

しばらく歩いて出来たのは

 

 

 

高性能林業機械ハーべスタ

林業機械化の先進地である北欧などでは普及しているらしいが、日本は遅れていてここでも取り入れられたのは最近らしい

この機械があう地域そうでない地域あるから一概に遅れてると言えるのかわからんが・・・

現場の方々はおそらく多くの人がもたれている固いイメージと違って

ウエルカムでオープン。よそ者だったからかな?

ハーべスタは先端が腕みたいなってて、木をつかんでまず木を倒す

 

 

そして木の先端からチェーンソーが出てきて

一定の感覚で木をきってく

その速さたるや

ハーべスタはそんなに端材も出ないらしい

当然コストも相当高いですが、作業スピードと安全面からも優れてるらしいです。チェーンソーで行うのに比べ調整効かないところはあるそうですが

自分がこの機械で仕事創ってくことはあるかわかりませんが、こうした林業の実情知りつつ林業を絡めた仕事考えてきます。

非電化工房の藤村さんが言われる月3万ビジネスがイメージで規模でかい必要ないので、何かしら小回りきいた仕事生み出してけるよう動いてきます。

木材の新しい販路を模索すること・実際に現場で動いてくこと

この2つがとりあえず大事なことかと思っとります。森林組合が行なっていることは別のルート開拓して地元の協力も必須ですのでそこらへんも模索しつつですね。

今回ご案内頂いた師匠が今後もご指導くださるので感謝です!!

次回はチェーンソーズバズバ編とのことで楽しみであります(´▽`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク







この記事を書いている人について


最後まで読んで頂きありがとうございました!
北海道夕張市から更新してますので気が向いたら、またよろしくお願いします(^^)
 とみやすについての詳細はこちら



follow us in feedly







コメントを残す

*