【出張ドローン体験in平取町】をやってみたら、予想外の需要の方が高かった件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IMG_1619.JPG

どーも、冨安です。

先日10月8日に平取町でイベントに便乗させてもらう形でドローン体験をしてみました。

10/8(土) ドローン体験in平取町をやります!二風谷の収穫祭にて。

出張ドローン体験的な感じです。

平取町は僕が北海道で一番最初に住んでいた町。こういう縁でまた来れるのはありがたいです。

参加したのは平取町のなかでも二風谷というエリアの収穫祭!

IMG 2869

IMG 2861

IMG 2858

IMG 2862

アットホームな空気感の小さな催しでした(^^)

IMG 1619

ここでドローン体験をやってみたわけでした。

体験より空撮の需要の方があった。

天気は曇り&雨でドローンをやるには微妙な日ではありました。

実際にやってみると、自分で操作をするよりも自分の自宅や敷地内上空からの空撮をしてほしい!

という方が多く、普通に空撮の需要の方がありました。

ドローン体験の方はやりたい年齢層は40才以下くらいの若い層かなという印象ですが、地方でやっているとご高齢の方の割合の方が高いんですよね。

高齢者にドローン体験の需要はないかなと考えていたのですが、空撮需要は手広くあるのかもしれません。

体験需要は若い層やファミリーが高いイメージ。

飛ばす場所はどうするかなーと悩んでいたのですが、希望者の住宅前などで飛ばすパターンに収まりました。

DJI 0015

DJI 0016

ドローン空撮は天気に依存するんですよねー。

この日は曇ってましたが、気持ち良く晴れてると景色が全然違います。

DJI 0043

IMG 2876

IMG 2872

出張ドローン体験をやってみた課題と可能性

何でもやってみると気づきや発見があって楽しいですね!

体験よりも空撮をして欲しいという方が多かったのが今回予想外だったこと。

価格設定的にワンフライト1000円でやってみたのですが、空撮がメインになるとデータの受け渡しなどが課題になります。

体験と空撮は料金を別枠にする必要がありました。

映像を提供すること考えてドローンを飛ばさないと「撮影時間めっちゃ短かった!」みたいなことになってしまいました。

映像や写真はある程度編集も必要してお渡しした方がクオリティー的にはベストなので、空撮メインになると手間も色々と発生します。

映像はDVDに焼くところまで出来ればベストかなと思いますが、現在僕のアイテム的にできないのでSDカードでデータをお渡ししています。

現像された写真で欲しいという方もいたので、その方にはSDカードと写真を提供する予定です。これから・・・!

体験と空撮メインだとやることが結構違ってくるし、料金設定やメニューを分けないとだめですね。

空撮メインの場合はどんな形でどこまでやっていくらなのかパッケージ化して、案件受注していくのが良さそうかなと思いました。

ドローン体験にしても空撮にしても、形あるものを提供できるのが1番いいとは思うので、その辺りはしっかり考えていきたいです。

後は1回1回に思ったより時間がかかってしまって、回数を回せなかったのが課題ですかね。今回は5組でした!

気がつけばドローンで0→1が。

ネタ的に始めた夕張での駅前ドローン体験。

【駅前ドローン体験in夕張】はじめました。

突っ込みどころはあげればキリはありませんが、それでもやりながら情報発信をしていたら今回の平取のような場でドローン体験をやらせてもらうことができました。

ドローンによる収入はこれまでゼロでしたが、実験的にドローン体験をはじめてみて少しずつ収入になってきました。

ドローン収入、0→1にできたのはまず良かったです。

僕のドローン(Phantom4)は約15万なので、少しずつ回収できればと思います笑

僕はドローンの知識もスキルもまだまだひよっこです!

でも不完全なりにチャレンジをして、お金をもらいながらドローンで価値を提供することは、僕にとって大きな学びがあります。

お金をもらうって所が重要かなと考えています。

今回は地方の空撮需要の可能性を発見できたのが収穫でした。農地や山など大きな敷地を持っている方の需要はあるかなと思います。

とりあえず空撮に関しては何をどこまでいくらでやるのか、パッケージ化してブログで情報発信することを次はやってみます。

地方の場合はどちらかといえば、口コミで広がりが生まれる感じかなと思いますが。

また出張ドローン体験、空撮などのご相談もお気軽にどうぞ!

二風谷でお世話になりました皆さま、貴重な機会をありがとうございました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク







この記事を書いている人について


最後まで読んで頂きありがとうございました!
北海道夕張市から更新してますので気が向いたら、またよろしくお願いします(^^)
 とみやすについての詳細はこちら



follow us in feedly







コメントを残す

*