Airbnbだからできる地方創生。AirbnbJapan主催、ホストミートアップに参加。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
56b51c08-530b-4f0d-9683-4bd631bb1422.jpg

どーも、冨安です。

空き家・空き部屋を貸したい人と旅行者をマッチングする米発のAirbnb。

着実に日本でも広がりつつありますが、一方でホスト不在型の貸し出しが近隣住民との問題に繋がったり、旅館業界との軋轢を引き起こすなど課題も多く抱えている仕組みです。

最近僕も受け入れ側として始めましたが、夕張という土地にいながら海外との繋がりを育むことができる素晴らしいプラットフォームだと思います。

先日AirbnbJapan主催の下記のイベントに参加してきました。

北海道のホーム・シェアリング あれこれ語るミートアップを開催します!-Airbnbのミートアップ

札幌市内でホーム・シェアリングLOVE、ゲストとの交流を大切に、エンジョイされているホストさんを対象にミートアップを開催します!

ホーム・シェアリング、インバウンド、民泊とすっかり認知をされてきたエアビーだけど、その分ちょっと心配なことも増えてきたかなという思いもありませんか?

当日は、ホーム・シェアリング大好きで、ゲストさんとの交流を大切にされているホストさんを対象に、気軽にお話し合えるミートアップにしたいと思っています。

気になる法整備についてのアップデートや、より良いホーム・シェアリング社会の実現のためにホスト・コミュニティが取れるアクションについて共有します。

どっかのオフィスビルで行われるのかと思いきや、飲食店での開催。

56b51c08 530b 4f0d 9683 4bd631bb1422

料理やドリンクなどAirbnbJapanのおごりでビックリ笑

70b4d984 e994 440f 843e 422fb102f257

日本の民泊法改正の現状やAirbnbとしての方向性

今回の札幌のミートアップでは日本における民泊法改正がどうなるのか、AirbnbJapanとしての考え方などのお話をお聞きできました。

その他、集まったホストの皆さんとも色々お話するなど貴重な機会になりました!

日本におけるAirbnbの課題として、例えばマンションやアパートの一室をホスト不在で貸し出して近所迷惑が発生するなどのことが挙げられます。

また不動産業界にとって空室や空き家を収益化できる大きなメリットがあるAirbnbですが、対立するのが旅館業界。

旅館業法の許可無く低コストで民泊サービスを提供するホストも多いAirbnbは、既得権益の旅館業界やホテル業界を脅かす存在です。

日本では民泊は全面解禁される方向性ですが、営業日数が180日に制限される?などの可能性がありホストにとって非常に重要な法改正が今年か来年には行われます。

Airbnbだからできる旅と地方創生。

今後人口減少が進み空き家が増えてくる日本の不動産業界において、Airbnbのようなサービスは物件収益化に向けて願ってもいないチャンスだと思います。

でも個人的にはホスト不在型の収益化のみを目指したモデルには違和感を覚えます。

「暮らすように旅をする」

という部分がエアビーの目指す姿の1つであり、マスツーリズムでは難しい旅を演出できるのがエアビーの可能性だと思います。

収益化するためにホスト不在で家だけ貸すのは、安く泊まれるけどホテルとかと泊まる旅と変わらないし、そういう物件には個人的に面白みは感じません。

収益化も大切だと思いますが。

「暮らすように旅をする」

エアビーの考え方にもあるような旅を演出していければ、地方創生の分野にも大きなメリットがあるはず。

もっとでかくいえばエアビーの考え方などが正しく広がることは、世界平和にも繋がると思います。

人の繋がりが生まれないマスツーリズムは面白くない。

海外の観光客の人がどう日本を巡るのかそこまで知らないのですが、バスツアーなどで周る中国人などは最近よく見かけます。

著名な観光地をバスで複数巡るツアー。

個人的にはこういう行く場所を決められた、場所だけ巡るツアーは全く楽しく感じません。

適当に行き当たりばったりな旅行が一番好きです。

旅行で重要なキーワードは「人の繋がり」だと思っています。

僕たちがどこかの町へ行くとき、多くのケースでは人の繋がりがある町に行きませんか?

家族や友人、仕事・・・見ず知らずの町に行くときは意図していなくても、人の繋がりがある町にいくことがほとんどのはず。

「どこどこに行きたい」

というよりも

「だれだれがいる、どこどこに行く」

今後「人の繋がり」に紐付いた旅のスタイルをする人はどんどん増えてくると思います。

観光でリピーターを生み出すために必要なこと

現地の人と繋がりを育むことが難しいマスツーリズムでは、地域のリピーターは生まれづらいと思います。

全国に観光地はたくさんあり、一度旅した町を二度旅することはそうそうないはず。

人生で旅をする時間は限られます。

1回行った場所をあえて、リピート訪問してもらうためには何が必要か?

僕は「人の繋がり」だと思います。

どこどこに行きたい!

よりも先に

だれだれに会いたい!

というのが先にあって、結果として訪問先の地域があるようなイメージです。

僕自身がどこかの地域に行くときも、最近知り合いの誰かに会いにいくことが目的になっていることが多いんですよね。

リアルな知り合いもいれば、SNS上で繋がっていた人に実際に会いに行くようなパターンもあります。

海外のインバウンドを考えるときにも、そこでしかできない体験やロケーションがあることは当然重要。

それらのコンテンツを活かした上で、現地にしかない「人の繋がり」を生みだし、いかにその地域で「会いたい人」を増やしていくか?

これが結果として、地域を訪れるリピーターを増やすのではないでしょうか。

Airbnbのような個人をマッチングさせるプラットフォームを通じた旅がリピーターを育みやすく、地方創生にも大きな可能性を秘めていると思います。

なぜAirbnbなのか?

「暮らしように旅をする」

これは必ずしもエアビーでなくても、農家民泊など様々な形で存在します。

ではなぜエアビーなのか?

エアビーが世界共通のプラットフォームだからです。

現地を体感できるような民泊は、海外の人からしたらそもそも情報を探し出すのが難しいはず。

日本人でも日本を「暮らしように旅をする」と思ったときに、どう情報収集すればいいか困ります。

海外の人からしたら、日本で現地の人に触れながら旅をするためのプラットフォームは存在しなかったのかもしれません。

カウチサーフィンなどは該当しますが

エアビーは使い勝手もいいし安全性も確保しながら使用できるので、世界共通のプラットフォームとして広がりをみせているのだと思います。

FacebookなどのSNSとも紐付き、個人の信頼が可視化しやすくなったことなども要因の1つ。

実際に僕は夕張にいながら、Airbnbというプラットフォームをきっかけに世界各国の人が訪問してくれるわけですから、すごいことですよね。

IMG 1123

イギリスから。

B016cb56 3d17 45cc a78a 080866d49e05

こちら中国から。

Airbnbが世界共通のプラットフォームだからこそ、世界各国から人が来てくれるのだと思います。

Airbnbだからできることは「また会いたい!」と思う「人の繋がり」を育めること。

それが結果として地域のリピーターを生み出して、地方創生というテーマにも繋がってくると考えています。

その場限りで終わるマスツーリズムではない、ネットやSNSが発達したから可能になる個人に紐付いた旅のスタイル。

これからもっと増えてくるのではないでしょうか?

ただ実際にやってみると難しいですし、僕が一人でチマチマやっているレベルでは地方創生もくそもないですけどね笑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク







この記事を書いている人について


最後まで読んで頂きありがとうございました!
北海道夕張市から更新してますので気が向いたら、またよろしくお願いします(^^)
 とみやすについての詳細はこちら



follow us in feedly







コメントを残す

*