ドタバタながら。airbnbで初の受け入れをしてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CmVnyuIUkAI9yl5.jpg

どーも、冨安です。

5月途中から住み始めたシェアハウス新夕張!

使われていないスペースもたくさんある、ということでairbnbを始めてみました。

住民募集中!シェアハウス新夕張、オープンしました! 5/27

シェアハウス新夕張でAirbnbのホスト登録をしてみた!    6/1

夕張近郊で現在使っていない家具をゆる募!                    6/25

上記の記事のように5月に住み始めてから、6月にホスト登録、7月に受け入れ開始という流れです。

基本的には行き当たりばったりで、計画とかありません。

6月にairbnbのホスト登録をした段階では、布団がある以上の準備は進んでいませんでした!

そもそも、本当に人が来るのかも分からなかったので、とりあえず先に登録をしてみたんですよね。

IMG 0985

IMG 0860

とりあえずリスティングの写真も、すっからかんの写真を掲載。

まあ人も来ないでしょう!と思いながら登録だけ完了しました。

ボチボチ問い合わせが来るようになった。

ホスト登録をしてから数日経って、ボチボチ問い合わせが来るようになりました。

何事もやってみないと分からないですね。

リスティングの写真や文章に力を入れることが出来ていない中で、なぜ問い合わせがくるのか?

それは僕が住んでいる家の絶妙な立地の良さにあります!

北海道 Airbnb 🔊

夕張の中でも、僕が住んでいる紅葉山はかなり立地がいいエリアだと思います。

札幌まで2時間、千歳まで1時間、富良野や帯広方面へも2時間。高速もすぐそばにあります

地図をみて頂くと分かりますが札幌、千歳、富良野、帯広などの中間くらいに位置します。

そのため旅の中継地点としての需要があることが分かりました。

さらに札幌などはリスティングが多く激戦区ですが、周囲にそこまで競合もいないのがいいですね(笑)

札幌だったら絶対勝てません笑

東南アジア各国からの問い合わせが多い中で、

「富良野は近いんですか?」

という質問が多いです。

海外の方が北海道に持っているイメージは、広大で美しいロケーションのようでして、特に富良野のラベンダーファームをみたい人が多いみたいです。

当然海外の人は夕張市のことを知っている人は少数なので、

夕張で!

というよりも夕張はあくまでも旅の拠点で、富良野・帯広・千歳・由仁など周辺地域も含めた旅の提案をすることが重要かなと感じています。

夕張だけだとダークツーリズム的な発想で、炭鉱の暮らしや破綻後の歴史が分かるような施設を巡るようなコースは考えられますが、かなり学のある旅行者向けになる気がします。

インバウンド需要には、1つの地域だけでなく周辺地域も含めた広域連携は必須ではないでしょうか。

これから海外の方も結構来ますので、まずは僕ができる範囲で

「海外の人は何を、どう楽しむのか?」「どういった時間を演出するべきなのか?」

みたいな部分を実験してみたいと思います。

7月2日に初の来訪者が。

6月に準備をして7月から、というイメージでやっていたのですが、準備は当然ながらギリギリになり(笑)ドタバタしていました。

部屋に何のインテリアを揃えればいいか分からず右往左往しました!

CmVhXntUcAAqTIk

これは頂いたソファーを運んでいるときに、これ以上前には進めないんじゃないか!

とかなり焦ったときの写真です。

CmVnyuIUkAI9yl5

何とかねじ込むことができました(笑)

こういうのは1人でやると大変ですよね。

IMG 1089

あるもので何とか・・・。

IMG 1091

昨日は日本の方にお越し頂きました。

雑誌や北海道ガイド本など僕が持っていたモノを置いておいたのですが、これは会話も生まれるし良かったですね。

夕張メロンを出したりしまして、喜んで頂けたかなと思います。

IMG_1086

2a6f59af 193d 41e4 9ab0 f23de09dcfe9

しっかりとご意見や感想を書いてくれました!有り難いです!

airbnbは収益化を目的にやる人が多いと思いますが、いかに夕張であり北海道のリピーターを増やすか?

これを1つのミッションにしています。

数多くの地域があるなかで、1度行っただけで2度行くことがない地域が大半のはず。

そんな中でどうすれば2度、3度と足を運んでくれるのか?

目先の収益よりも大切なことだと考えています。

地域との横の連携をつくって、ソフト面で満足してもらえるように色々と実験していきたいと思います!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク







この記事を書いている人について


最後まで読んで頂きありがとうございました!
北海道夕張市から更新してますので気が向いたら、またよろしくお願いします(^^)
 とみやすについての詳細はこちら



follow us in feedly







コメントを残す

*