フリーの立場で思う、何百何千人の雇用を生める大企業の凄さ

どーも、冨安です。

昨年度公務員を辞めてから、特に職も定まらないまま夕張に来てから約1年経過しました。

フリーランス、といえば響きはいいですが、半分は路頭に彷徨っているとも言える状況が続いています。

「組織への依存から自立」

というのが公務員を辞めてからの自分のテーマでした。

これまで毎月安定的に収入が入る公務員的な状況→仕事が業務委託・案件単位

へと大きく変化しました。

実績もない僕はまず、昨年度はクラウドソーシングという仕組みを活用することで、辛うじて生存。

直近でいえば、3月はランサーズだけで20万円を初めて超えたので、収入0円から始まった昨年度と比較するとまあ進歩はしてるなと思います。

進歩が遅いですが・・・!!

身にしみるフリーの不安定さ

この生活をしばらくしてみて、契約が案件単位のフリーの不安定さは実感しています。

例えば先月20万円分の仕事があったとしても、クライアントが求めていたものが完成すれば一旦そこで仕事は終了。

また必要としてくれれば、声はかけてくれるかもしれませんが、一段落すれば仕事は終了するケースが多いと思います。

先月20万円分の仕事があったとしても、今月・来月はどうなっているか分からない状況が基本。

僕は4月は20万分くらいは確保できてますが、来月はまた色々動かないと・・・て感じです。

仕事が多いとき、少ないとき。このバランスが基本的に悪いのは課題です。仕事が多いときは次のことまで考えている余力がないので、営業活動は特に何もしません。

だた仕事が一段落して、ホッと一息ついたら我に返るんですよ。

「あれ、仕事ねーな?」

と(笑)

それで今後は動きすぎて、案件がドカッと増えるなど・・・ハンドリングといいますか?

仕事を安定的に続けていくことって難しいなと思います。

安定的に何百何千人という雇用を生み出せる企業の凄さ

自分一人の仕事すらハンドリングできていない僕は、大企業は本当にすごいと思います。

何百何千という雇用を創出して、当たり前のように給料を支払い続ける。

例えばワタミとかブラック企業としてよく叩かれてますが、圧倒的な雇用を生み出していることがまず凄い。

一人でやっていると、まず20万、30万でも安定的に仕事を受注することですら現状難しいです。

毎月数十万、数百万という給料を支払えるって考えられないんですよね。

器の違いを痛感します笑

さらに給料だけじゃなく社会保険、教育費などを含めると、一人正社員を雇うだけでもかかるコストは相当なはず。

新卒採用で20万支払うとか、割に合わないようにしか思えません。

淡々と日々チャレンジを積み重ねてく

毎月仕事が安定していないって、あまりメンタル衛生的に良くないと昨年度実感しました。

常に不安定だからこそ、日々危機感を持ってチャレンジせざるをえない良さもあるかもしれません。

また不安定ながら「組織への依存から自立」

という昨年度も目標は少しずつクリアしつつあります。メンタル衛生的に良くない日々は続きますけど。

僕が現在やっていることはあくまで受注なので、いかに自分で価値を生み出していくか?

ってことが今年度のテーマかなと思います。

収入の大部分がランサーズからなので、脱ランサーズできるように新しいこともチャレンジして自分をハラハラさせたいと思います。

ま、淡々とやっていきます。

最新情報をチェックしよう!