働かないアリは、なぜ働かないのか?

どーも、冨安です。

先日このような記事を見かけました。

<働かない働きアリ>集団存続に必要 働きアリだけは滅びる (毎日新聞) – Yahoo!ニュース

面白いテーマですよね。

集団が存続するためには、働かないアリも必要であると。

こちらの記事から内容を引用してご紹介します。

コロニー(集団)の中に必ず2~3割いる働かない働きアリは、他のアリが疲れて動けなくなったときに代わりに仕事をし、集団の長期存続に不可欠

これまでの研究で、働くアリだけのグループを作っても、必ず働かないアリが一定割合現れることが確認されている。仕事をする上では非効率な存在で、働かないアリがいることが謎だった。

最初よく働いていたアリが休むようになると、働かなかったアリが動き始めることを確認した。

勤勉なアリだけのケースでは一斉に疲労で動けなくなってコロニーが滅びてしまうのが早く、働かないアリがいる方が長続きする傾向があった。

※出典 <働かない働きアリ>集団存続に必要 働きアリだけは滅びる (毎日新聞) – Yahoo!ニュースより

この著者の方の研究ですね。

この本は買ってたけど、まだ読んでなかった。

働かないアリは、なぜ働かないのか?

ある集団ができた時に、働くアリ・働かないアリがいるとの研究。

いったいなぜ働かないアリが発生してしまうのでしょうか?

集団において、基本働かないアリになる、僕を事例に考えてみましょう。

僕も典型的なこの働かないアリに属すタイプの人間。集団で何かをするときは、基本的に機能していません。

まさに働かないアリ。

ではなぜ僕が働かないアリになるのか?

それは他の人たちが、僕が何かする前に全ての仕事をしてしまうからであり、働かないアリがいるのは、働くアリがいるからです。

これは価値観の問題でもあり、

僕は「ここは頑張る必要ない」、

と思うことでも、

ある人は「この状況はまずい!必死に頑張らないと!」

と思うことがあります。

そしてよくあるのが、僕が何かをするまえに、気づいたら他の誰かがやってくれた!

というケース。

僕が「後でやればいっか」と、のんびりしている間に、気づけば仕事は処理されているのです笑

ワークショップやグループワークで考えてみよう!

例えば何かのイベントで、よくあるグループワークやワークショップをイメージしてみてください。

だいたい5、6人くらいのメンバーがいたら、気づいたら役割分担が出来ていませんか?

①仕切る人

②いい意見をいう人

③大したことは言っていないけど存在感のある人

④何かを書いている人

⑤何もしない人

だいたいこのような感じで、パワーバランスが保たれることが多いのではないでしょうか?

僕は基本的に、⑤の何もしない人に落ち着きますね。

この①ー⑤が全員仕切りたがる人たちになっては、その場は成り立ちません。

分相応な役割が成り立ち、その場は成立しています。

だいたいの人は僕よりも仕切る能力が高いので、僕は何もしない方がかえって好都合でしょう。

冬の除雪の事例。

こうした働かないアリ・働くアリは、それぞれの価値観の違いにより発生しているパターンが多いと思います。

北海道は冬、除雪という仕事をしなければなりません。

僕がちょっと降ったくらいなら除雪しなくていいや、って思うとします。

でも同じ降雪量でも、除雪しなきゃだめだ!ってなる人もいます。

どこまで部屋が汚れたら、掃除をはじめるか?

みたいな話も価値観により異なってくると思います。

例えば同じ部屋で

僕が掃除をする必要がない、と思っても

ある人は、こんな汚い部屋は掃除しないとやっていけない、と考えるかもしれません。

追い込まれるまで、行動をしないことは僕自身の課題ですね・・・。

ラテン気質なのでしょうか?

それでも働かないアリが、働くとき

では僕のような働かないアリは、一体どのような時に働くのでしょうか?

いつだと思いますか?

・自分以上に、働かない人たちが集結してしまった時

・自分一人で仕事をやらざるをえない時

この2つですかね。

僕よりも働かない人ばかりが集まったら、僕はさすがに働かざるをえません。

逆に普段は働く人たちも、自分以上に働く人ばかりが集まったら、働かなくなると思うんですよね。

他の人たちが仕事してくれますから。

僕はどこにも属していない、フリーランスですが、さすがに自分で何とかせざるをえないので、働かざるをえません。

でも大きな組織にいたら、他の人が頑張ってくれるから、遠慮なくそれに甘んじます。

僕は集団で機能しないことが分かったので、1人でやっていこうと思いました笑

価値観の違い

働かないと思われるアリは、働くアリと価値観が違うから、働いていないだけ。

働くアリ、働かないアリは両者いて当然。

みんな同じタイミングで仕事をしていたら、この世の中は成り立たない。

というわけで、僕にたいして

「あいつ仕事をしてねーな・・・!!!」

と思うことがあってら、僕はきっと違うタイミングで仕事をしています。

そういうことにしておいてください(笑)

この書籍は買ったけど、読んでなかったからちゃんと読んでみよう。

働かないアリに意義がある (メディアファクトリー新書)

最新情報をチェックしよう!