新聞社と思えないベンチャーぶり。クラウドソーシング活用の最先端「西日本新聞メディアラボ」に行ってきた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IMG_5366.JPG

どーも、冨安です。

相変わらず大分県にいますが、そろそろ北に戻る予定です。

福岡でクラウドソーシングの活用をしてビジネスをしている「西日本新聞メディアラボ」という会社に足を運んできました。

「大衆に業務委託を行う」という意味で使われていて、場所と時間にとらわれない働き方を実現する手段として注目されているクラウドソーシング。

先週クラウドソーシングを活用した移住プロジェクトなどを進める、糸島市に足を運んだことを記事にしました。

クラウドソーシングはどう地方を変えるか? 移住ブームにわく福岡県糸島市のコワーキングスペースに行き思ったこと

IMG 5277

そしてこの時のランサーズの方との繋がりから、さらに西日本新聞社に行くことに。

西日本新聞社は九州エリアで高いシェアを誇る新聞社。北海道でいえば北海道新聞のような存在だと思います。

西日本新聞メディアラボさんとの繋がり。

今回僕が行ったのは西日本新聞のデジタル部門を担う「西日本メディアラボ」。

株式会社西日本新聞メディアラボ / 福岡を拠点として九州各地に事業展開する制作会社

クラウドソーシングのランサーズ上で、お仕事のやり取りを何回かしていて、「西日本メディアラボ」さんは僕のクライアントにあたる存在です。

これまで顔の見えない中でやり取りを重ねてきた方々と、リアルでお会いすることに。

西日本新聞はなぜか新聞社ながら、ランサーズ上ではレギュラー的存在。頻繁に案件を発注しているので、ランサーズユーザーであればご存じの方は多いと思います。

すごいと思いませんか?新聞社ですよ!?

僕はいまだに、西日本新聞社はなぜ新聞社なのにバリバリクラウドソーシングの活用をしているのか?

不思議でなりません(笑)

そして西日本新聞社はランサーズと提携して、九州エリアでのクラウドソーシング普及を推進しています。

九州お仕事モール – 西日本新聞社×ランサーズのクラウドソーシングサービス 福岡から全国へ発注

その1つが僕も先日行った糸島市での取り組み。

【クラウドソーシング活用セミナー@糸島市】開催のご案内 | 糸島スタイル糸島スタイル

糸島市では完全に主婦にターゲットを絞って、イベントを開催されています。

このように福岡近辺はクラウドソーシング活用について、日本の中でもかなり先進的なエリアだと思います。

福岡の中心エリアに。

西日本新聞社は福岡市役所などもある福岡の中心地エリアにありました!

福岡ってあまり歩いたことがないので、どこに何があるのか全く分かりませんね!

IMG 5343

IMG 5339

これは役所。

IMG 5356

IMG 5363

このビルの左側に西日本新聞社の各部局が。

もはやビルに行くことが久しぶりな気がしました(笑)

滅多にビルがあるような所まで出かけませんからねー。ビルにテンションが上がってしまいました!

メディアラボのクラウドソーシング部の方々と、クラウドソーシング談義を。

今回メディアラボの中でも、クラウドソーシング部の方々とお会いすることができました。

IMG 5366

新聞社ながら、クラウドソーシングを担当するクラウドソーシング部が存在することがある!ということ自体すごいですよね。

もはや新聞社ではないのではないか?

取り組み的にはそう感じますね・・・。新聞社ながら常識にとらわれない取り組みを進めていて、本当にすごいところだと思います。

このクラウドソーシング部は急成長して、人員も拡大しているそう。

今まではWEB 上だけでやり取りをしていましたが、リアルに会うことができて良かったです。

顔を合わせることなく仕事を進めることが魅力のクラウドソーシングですが、やはりお互いリアルでも関わることで、仕事上も緊張感が増し、よりよい仕事に繋がるように思いました。

そしてこの日僕がお話聞きたかったことの1つが、クラウドソーシングのユーザーや企業への広がり、九州エリアでのクラウドソーシングの認知度はどうなのかなー?

という部分。新聞社ながらクラウドソーシングを活用している経緯など、リアルな部分を色々とお話しました。

そしてクラウドソーシング上で、どのような変化が起こるか、発注側目線で色々と考えることもできました。

開拓のしがいがあるのがクラウドソーシングの今。

糸島市のライズアップケヤ、西日本新聞メディアラボさんなどお伺いして、先進的だと個人的に思っていたエリアでも手探りの中で、クラウドソーシング普及の取り組みをしているのだと思いました。

これから伸びる!と言われている市場で、使っている感じ僕もそう思います。

でもまだまだ正解のない分野。

とても開拓しがいがありそうで、僕はいまクラウドソーシングにただただハマっています。

怪しい!稼げない!

と思っている人が多いと思います。

しかしそれは逆にいえば、先行優位なポジションを確立できる最高のタイミングということではないでしょうか?

これは個人だけでなく、地方にも当てはまって、例えば今クラウドソーシングを開拓している九州の方が、何もしてない北海道よりフリーランス的な暮らし方できる人は絶対増えると思うんですよね。

クラウドソーシング市場は九州エリアが結構なシェアをとるのではないかと思います。

そしてこれからはチームで受注できる人たちが、クラウドソーシングでは強くなると思います。

来年のいまごろクラウドソーシング市場はどうなっているのでしょうか!?

いやーワクワクするなあー。

参照記事:今年公務員を辞めてから、クラウドソーシングに時間を投資した価値はでかいかもしれない。

参照記事:俺レベルで? ランサーズ12月報酬金額がTOP100にランクインした件について。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク







この記事を書いている人について


最後まで読んで頂きありがとうございました!
北海道夕張市から更新してますので気が向いたら、またよろしくお願いします(^^)
 とみやすについての詳細はこちら



follow us in feedly







コメントを残す

*