急募案件を狙え!ランサーズのライティング案件における仕事の探し方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どーも、冨安です。

noteに書いた記事をそのまま転載したいと思います。

noteの活用とブログの棲み分けも、どのようにするか方向性が見えてきました。

クラウドソーシングを活用した、時間や場所にとらわれない働き方のノウハウを実体験を元にお伝えしていきたいと思います。

以下noteから。

 

現在場所と時間を選ぶ必要がない新しい働き方として、注目されているクラウドソーシング。

しかしこれといってスキルがないのであれば、本当に稼ぐことができるの?

実際に始めてみたけど、どうやったら稼ぐことができるのか、全然分からない!という方もたくさんいるのではないでしょうか?

僕自身、前職は公務員という中で昨年度から組織に属さず、フリーランスとして生きております。

最初から仕事はあるはずもなく、約半年間かなり厳しい時期を乗り越えた上で、クラウドソーシングのライティング案件だけで、15万円〜20万円は稼ぐことが可能になりました。

まだまだムラがあり不安定ですが、実績も重ねて継続案件の割合も多くなり、約15万は安定的に稼げる体制にはなっています。

僕の案件は全てランサーズからです。

ランサーズのライティング案件で、稼ぐ方法を実体験から考察していきます。

ランサーズを本格的に使い始めて半年程度ですが、僕が経験したこと・実際に取り組んでいる案件・リアルなランサーズ月収・案件を上手く受注する方法・クライアントの見分け方。

などなどランサーズのライティング案件に関する情報を、お伝えしたいと思います。

ランサーズでどうやって稼いだらいいか分からない!

という方にお役に立つ情報を提供していければと思っております。

ランサーズのライティング案件は、ピンからキリまで膨大な案件があり、そもそものスキルはもちろん、

案件探し→コンペ提案→案件の獲得

という仕事を獲得するまでのプロセスの効率化も重要です。

あくまでもお伝えするのは僕のやり方ですので、正解でもなんでもないことはご了承くださいませ!

まず1回目の今回は、ライティング案件を探す見方の1つをお伝えします。

基本的にランサーズのお話になります。

急募案件を狙え!

ランサーズでライティング案件の仕事をしたい僕たちは、膨大な案件の中から一体どうやって案件を探していけばいいのでしょうか?

仕事を探すと、1392件ものライティング案件があるようです!

まさか1つ1つ丁寧にどのような案件か、見ているわけにはいきません。

そこで最も手っ取り早い、見分け方が左側のマークです。

急募・注目・何もなし

という3つに分かれています。

急募が最上位、注目がその次、その後に何も無しの案件。

となっています。

この中で、僕がやっている案件はほとんどが急募の案件です。

急募の案件はクライアントが大手のケースが多く、報酬が比較的安定しています。

1文字1円〜5円くらいが上限ですが、ランサーズ上においてはトップクラスです。

「注目」マークの案件は魅力を感じず、やったことがありません。何もついていない案件も微妙なものが多いです。

急募案件は基本的に、1ページ目にきます。

だいたいこの1ページ目の急募案件の中に、優良案件があります。

2ページ目以降になるとタスクの割合も増えて、1文字0.5円以下の案件が目立ちます。

もちろん実績の有無により、挑めるプロジェクトのレベルは変わりますが、優良な確率が高い急募案件を狙っていくことが、案件探しの1つのポイントだと考えています。

おそらくランサーズで稼いでいるランサーの皆さんは、急募案件の割合が多いのではないかと思います。

案件探しの1つの見方をお伝えしてきました。ランサーの皆様はどのように案件を探されていますか?

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク







この記事を書いている人について


最後まで読んで頂きありがとうございました!
北海道夕張市から更新してますので気が向いたら、またよろしくお願いします(^^)
 とみやすについての詳細はこちら



follow us in feedly







コメント

コメントを残す

*