大企業レベルの福利厚生をフリーランスも享受できる時代!? ランサーズクラブオフ対象になった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フリーランストータルサポート___クラウドソーシング「ランサーズ」_2.png

どーも、冨安です。

毎年毎年、最もブログの更新率が上がるのは年末年始な気がします。

現在僕が生きていくために使っているのが、

大衆に、業務委託をする

という意味のクラウドソーシングという仕組みです。

今年公務員を辞めてから、クラウドソーシングに時間を投資した価値はでかいかもしれない。

Amazonが「モノ」の流通を変えたとしたら、クラウドソーシングが変えるのは「仕事」の流通!

主に利用しているのが、大手のランサーズですがランサーズからこんなメールが。

Lancers ランサーズクラブオフの申込対象になりました aolarena16 gmail com Gmail

福利厚生サービスを享受できようになったそう。

このシステムを特に知らなかったので、福利厚生サービスまでやってたんだなと思いました。ランサーズで一定の条件をクリアすると、この福利厚生サービスは利用できるそうです。

クラウドソーシング会社が、福利厚生を担う時代に?

大企業が提供しているレベルの福利厚生サービスを享受できるそうです。

ランサーズ以外でも、日本では大手のクラウドワークスも同じような福利厚生サービスを提供しています。

クラウドソーシング会社が仕事のインフラになると同時に、福利厚生などの役割まで担うようになっているのですね。

さらにランサーズでは福利厚生以外の、教育支援や税務的なサポートにも力を入れています。

フリーランストータルサポート クラウドソーシング ランサーズ 2

フリーランストータルサポート クラウドソーシング ランサーズ 1

eラーニングと呼ばれるインターネットを利用した学習システムが低コストで提供できるから、この辺りも可能になってきてるんでしょうね。

個人的にもクラウドソーシングが普及するために1つのポイントになるのは、教育だろうなあと思っているので、さすがランサーズさんです。

こうしてクラウドソーシング会社が福利厚生を担う流れは、派遣会社が派遣社員の福利厚生の面倒を見る流れとも似ている気がします。

クラウドソーシング会社が提供するサービスにより、フリーランスは生きやすくなっていくだろうなあと感じます。

しかし身体を壊したら終わり、みたいな状況にどのように対応するかは問題です。共済とかもあるので、色々と調べないといけない所です。

ランサーズクラブオフ

ランサーズクラブオフは、3ヶ月連続で5000円以上報酬があれば利用できます。

ハードルはそこまで高くないと思います。

フリーランストータルサポート クラウドソーシング ランサーズ

クラウドソーシングは基本的に、縦社会的な組織とは180度異なる超フラットで自由競争な市場だと思います。しっかりと実績を積めば積むほど仕事も回ってくるし、色々と待遇も充実してきます。

埋もれないように差別化できないと厳しそうですが・・・。

現在の仕事に不安を抱えている方は、クラウドソーシングにチャレンジしたら新しい価値観に出会うことができるかもしれませんよ!

生きるための1つの手段としてはアリかなと思います。

【ランサーズ】日本最大級のお仕事マッチングサイト!

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク







この記事を書いている人について


最後まで読んで頂きありがとうございました!
北海道夕張市から更新してますので気が向いたら、またよろしくお願いします(^^)
 とみやすについての詳細はこちら



follow us in feedly







コメントを残す

*