賢いのか、ずる賢いのか?コピペから進化し、レポートをアウトソーシングする学生

どーも冨安です。

昨日今年公務員を辞めてから、クラウドソーシングに時間を投資した価値はでかいかもしれない。

こちらの記事でクラウドソーシングについて記事を書いたのですが、

クラウドソーシング上には実に色々な案件がありまして、眺めていて楽しいものがあります。

クラウドソーシングを使っていて、

レポートの作成、

的な案件もありまして、これをよくよく見てみますと、何のレポートかと思ってみてみると学生のレポートっぽいんですよね。

なになにについて、1500文字でまとめてください

みたいな。

発注の仕方などを見てもザックリしていて、何となく学生なんだろうなーと思いながら、

今時の学生はレポートをアウトソーシングするんだな!

と感銘を受けました。

賢い?ずる賢い?

レポートといえば、コピペなどで提出するような経験は、誰にしろ!?

あるとは思うのですが、学生も進化しているんですね。

まさかクラウドソーシングを活用するとは・・・!

まあ重大なレポートであれば、プロに任せて

単位を買う、

という発想でしょうか。

僕が学生の頃はまだこんな技を使うことはできなかったなー。

時代が変化するのははやいですね。

クラウドソーシングを使って、レポートを外注する!

こんなことをする学生は、頭がいいのでしょうか?ずる賢いのでしょうか?笑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!