不覚にもダイヤのAの青道VS稲城に感動した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どーも、冨安です。

最近Amazonプライムビデオで何となく見てみた「ダイヤのA」

ダイヤのA(1)

に不覚にもはまってしまいました。

なんかダイヤのAは、よくあるストーリーですが

主人公の沢村を中心にした名門野球部が甲子園を目指すストーリー。

そこまでの野球を中心にしたリアルな人間関係や成長や葛藤などを描くマンガ。

もう一度、あのミットに投げ込みたい‥・・。 捕手・御幸一也との出会いが、少年の人生を一変させる。沢村栄純15歳。己の力を試すため、仲間に別れを告げ、野球名門校・青道の扉を叩く。そこには己のすべてをかけた誇り高き球児達がいた! 王道にして斬新。感動と興奮の高校野球漫画!!

中学全国大会を目標としていた沢村栄純。最後の大会は自らの暴投で敗退してしまう。仲間とともに高校でリベンジを誓うなか、名門、青道高校野球部からスカウトが来る。見学に訪れた沢村は、いきなりエリート校の洗礼を受けることに! 名キャッチャーの呼び声高い御幸との出会いが沢村の高校野球への情熱を目覚めさせる!!

マンガで少し読んでたんですけど、あまり内容覚えてなかったレベルだったのですが・・。

面白かった!笑

マンガなど滅多に読まないし、ましてアニメで見たのは久しぶりでした。

野球マンガですと、読んだのはドカベンぐらいでした。

ダイヤのAの特徴は、なんかすごいリアルな感じだと思います。

甲子園に出るまでの厳しさや試合がすごいリアルに描かれています。

ドカベンと違って極めて、野球の感じが現実的でドカベンみたいなありえないプレーはないです。

ドカベン (1) (少年チャンピオン・コミックス)

ドカベンの殿馬の「白鳥の湖」とか「秘守 背面取り」「秘打オーバーザレインボー」

とか

岩鬼の「恐怖のスライスOB打法」とか「恋爆愛打」みたいな

すごいじゃないですか!おもしろいからいいんですけど。

サッカーでいえばキャプテン翼的なありえないプレーがないというか。

あと恋愛関係の話はほとんどないかな?

ただただ現実的な高校野球に近いです。

まずは主人公の沢村が1年の時の夏の県予選大会、熱い場面が何度もあります。

それまでのリアルな野球部の描写もあり、感情が入ってしまう。

アニメで見ると、臨場感や緊張感がこれまたあってドキドキしてしまう。

やはり最もしびれたのが、

夏の主人公の沢村のいる青道高校VS稲城実業

夏の西東京地区の県予選大会決勝戦。

1球1球の緊張感が半端なかった

熱かったです!最後の試合後の成宮にもぐっときました

僕はドラマをみても映画をみても泣くことは滅多にないですが、

ラグビーで日本代表の試合で涙を流した人が多かったように、感動しました!

久しぶりにチームスポーツっていいなと想いました。

個人的には、伊佐敷が1番好きです。

そしてAmazonプライムビデオもやはりやばい・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク







この記事を書いている人について


最後まで読んで頂きありがとうございました!
岡山県美作市上山から更新してますので気が向いたら、またよろしくお願いします(^^)
 とみやすについての詳細はこちら



follow us in feedly

コメントを残す

*