量販店やAmazonにない、個人ネットショップの魅力は人間臭さ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どーも、冨安です。

最近ハンドメイドものをネットで売ってみたい、という相談を受けたりして

ハンドメイド系のネットショップを調べたりしてます。

最近ですと、ミンネとかキャンペーンいろいろやっていて、熱そうなイメージです。

minne

それで、最近使っていたECサイトのBASEもですが、minne 

販売側としても、購入者側としても利用することができます。

ハンドメイド作品のオンラインマーケットは広がっており、minne以外にも多くのサービスがあったりします。

minneとかを活用するにあたり、まずは購入者側の人間は、どんな風に買い物を楽しむのかなあ?

ということを考えたりしています。

見てるだけで、たのしいECサイト

で、色んなサイトやアプリで見てると、色んなクリエイターさんの商品を見ることができて

見てるだけでも、すごい面白いんですよね。

Minne ミンネ ハンドメイドマーケット 手作り作品の通販

ネットの中の世界ですが、

リアルで言ったら、minneっていうビルの中に、色んなクリエイターのテナントが入っているイメージですかね。

おしゃれですし色んな商品に出会えますので、例えば夕張にいても

原宿辺りでも歩いているような楽しさをバーチャルで感じることができます。

「人間味」という量販店やAmazonにはない魅力。

minneなどハンドメイド系のオンラインマーケットの魅力は、

個人のクリエイターさんの数だけ、オリジナルの商品が並ぶ点です。

どれもオリジナルなので、例えばここでインテリアのショッピングをすることは、

ニトリやIKEAにはない商品に出会うことができる魅力があると思います。

さらに、minneやBASEや楽天などで個人で店舗を出してる人って、人間味ある人生を生きてる人なのかな?

とこんな記事をみて思いました。

なぜ日本のECサイトで「人間らしさ」が重要なのか–楽天とAmazonの違いにみる文化的背景とは – ログミー

大西:例えば大学卒業するぐらいの子どもがいる親がいて、「就職で東芝入るよ」っていうのと、「楽天で店舗やるよ」って言ったら、絶対後者はやめとけって言いますよね。

そんな危ないことやめて東芝行けって言うと思うんだけど、でも今、ちょっとこれ宣伝ですけど、来週発売の日経ビジネス。本当は、まだ持ってきちゃいけないんだけど、持って来ちゃいましたけど、この社畜卒業宣言って。

社畜っていうのは、人間らしさを捨てて会社の利益のために働く人たちのことですね。川原崎さんの質問に戻ると、僕、店舗の人たちと会って感じるのは、その社畜の真反対にいる人たち。

何かのために何かを我慢するとか、何かを捨てて地位を守るとか、そういうことの反対。リスクを取って、また最初ファーストペンギンって申しましたけれども、やりたいことのためにリスクを取って飛び込んでる人たちというのは、やっぱりすごい人間臭いですよね。その人間臭さが楽天の魅力だと思いますね。

自分でネットショップやろう!

と考える、または考えざるをえない個人の人は、きっと世間体など何かを捨てている人なのかなと思います。

大企業で安定していたら、個人でネットショップやろうって発想は生まれないですよね。

僕も公務員やってたら、BASEを使って夕張メロン売ってないです笑

自分でネットショップを立ち上げて、SNSなどで自分なりに色々と考えてやってる人は、みんな人間臭そうです。

紆余曲折がないと、やるまでにはなかなか至らないはずですし。

楽天は商品や商品ページに人間味があるのが、Amazonとの違いとのこと。

Amazonは便利ですが、確かに人間味や商品のストーリーを感じることはないですよね。

その点、価格は千差万別ですが直接クリエイターさんと繋がれる面白さが、minneやBASEにはあります。

量販店モデルから、オーダーメイドの時代に?

3Dプリンターの普及、BASEみたいな決済システム、ブログやSNSの普及により、

個人で仕事をしていく環境は出来つつあると思います。

その辺りは、量販店型のモデルから、個々に最適化されたオーダーメイドのモデルに変わってくるだろうと考察している

こちらの本。

さらにIT技術が日常にどう変化をもたらしているのか?

どんな影響を与えているのか?ということを

FacebookやApple、今回話題にも出した楽天などの事例から、考察している

上記2冊は条件不利な地方で生きる僕のような人間がWEBを活用する上で、参考になるかと思います。

僕もこうして夕張っていう、地方の町にいなければこれだけネットショップについて考えることもきっとなかったですねー。

minne 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク







この記事を書いている人について


最後まで読んで頂きありがとうございました!
北海道夕張市から更新してますので気が向いたら、またよろしくお願いします(^^)
 とみやすについての詳細はこちら



follow us in feedly







コメントを残す

*