入出金の管理をやってみよう!ネットショップBASE編⑥

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
振込申請   BASE.png

どーも、冨安です。

最近ネットショップについて書いたり、

自分でもやったり、リサーチをしていく中で、僕みたいな条件不利地域にいる人間には本当に可能性のあるツールだなあと感じております。

これまでBASEの立ち上げから、集客、注文管理や発送についてお伝えしてきました。

拍子抜けするくらい簡単!BASEでネットショップ立ち上げから商品登録までやってみよう。地方からネットショップ攻略BASE編①

地方のクリエイター必見!写真や音楽、デジタルコンテンツも気軽に販売できるBASE。地方からネットショップ攻略BASE編②

ブログ☓SNSで集客をしてみよう!地方からネットショップ攻略BASE編③ 

7500円分のプロモーションコードをゲットして、Googleに広告をのっけてみよう!地方からネットショップ攻略BASE編④ 

注文管理から発送までやってみよう!ネットショップ攻略BASE編⑤

これまで僕がご紹介しているのはBASEというサービスですが、

あくまでもBASEもWEB上に数あるショッピングモールの1つです。

BASEのような、WEB上に複数あるショッピングモールをどのように攻略していくかで、

僕のような地方にいる人間は、仕事を増やしていくことができるのかなと思っております。

前回までで、ネットショップ立ち上げ→集客→発送まで簡単にやり方をお伝えしました。

今回は、BASEの入出金管理のやり方についてお伝えしたいと思います。

BASEかんたん決済システムで面倒な作業はなし。

BASEでは、BASEかんたん決済という仕組みがあります。

これは販売者と購入者の間にBASEが売上を預かってくれる仕組みです。

販売者←BASE←購入者。

流れはこのようなイメージ。

購入者は、BASEの口座に売上分を支払うことになります。

ですので、販売する側の人間は、自分の銀行口座をお客さんにお伝えする必要はありません。

後で、振り込んでもらいたい額をBASEに申請します。

決済手数料は、売上の3.6%+40円

BASEを使う時は、必ずこのBASEかんたん決済を利用する必要があります。

決済手数料は、3.6%+40円。

実際の振込み手順はどのようになっているのでしょうか?

BASEのダッシュボード画面の「お金管理」

にいくと、下記のような画面になります。

お金管理 BASE

ここに振込申請をする、という所をクリックします。

例えば、合計で1万円の売上があったケースなので、手数料を引いて残高は9560円です。

そして振込んでもらいたい口座を入力して、申請ボタンを押すだけです。

振込申請 BASE

2万円以下の決済の場合は、500円の事務手数料が発生します。

さらに振込み手数料で1律250円。

例えば今回のように10000円の売上を振込み申請する時は、

10000円ー440円ー500円ー250円=8810円

これが振り込まれる額です。

8月後半に申請して、振り込まれたのは9月11日という感じでした。

入出金の管理に煩わしさなし

手数料は数%かかりますが、BASEが決済を代わりやってくれるので

決済に頭を悩ませる時間がなくなるのはとても魅力だと思います。

この辺り全部自分の銀行口座でやったら、確認の作業とか結構時間かかったりします。

WEB上で個人が売買を行うハードルは下がりつつあり、WEB上においては人口の多い少ないも関係ありません。

かつ安心に決済できる仕組みもあるので、条件不利の地方にいる僕のような人間は、

より有効活用を考えていきたいところですね!

BASE

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク







この記事を書いている人について


最後まで読んで頂きありがとうございました!
北海道夕張市から更新してますので気が向いたら、またよろしくお願いします(^^)
 とみやすについての詳細はこちら



follow us in feedly







コメントを残す

*