自分、危機感ない時に進歩してないなと思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どーも、冨安です。

4月から、特に仕事も決まっていないのに、新しい土地に移住してみる、

ということをやってみまして

3ヶ月くらいたっていますが、不安定な状況が続いております(笑)

この状況は当分続くだろうなと思うのですが、案外この不安定な常に危機感を感じる状況は、

これはこれで僕にはちょうどいいのかなとか思います。

危機感がない時に進歩してない。

人生を振り返った時に、危機感を感じないような時って、もれなく怠けてるんですよね。

学校のテストなどは、追い込まれてもやらないくらいな事も多く、危機を感じて体が動き始めることが多いです。

大学もそんなんで留年しちゃったし・・。

部活などスポーツでも、より進歩したのは、危機感を感じるような状況下にある時だったなあと思います。

競争があったり、こわい先輩がいたりみたいな。

身に迫らないと、体が動かない系の人間なのでしょうか?

僕のような人間が南国にでも行ったら、確実にただただ怠けますね。100%ギリシャ状態。

そもそも進歩する必要あるんだろうか?

と思いますが、競争社会なので進歩しないとヤバイという危機感はあります。

去年は公務員をやってたのですが、僕のような、怠け者☓公務員はアウトだと思いました。

とりあえず、暮らすだけの収入は確保されてる状況とで、惰性的に過ごしちゃっても問題ないという。

怠け者の僕が公務員やってたら、3年もすれば素晴らしい茹でガエル状態になること間違いなし!と危機感を感じて

公務員は1年で辞めました。

石に上に3年とも言うけど、僕の場合3年いたら茹で上がったカエルになるなと。

危機感がなかったらブログも継続してないだろうなと思う。

例えばこのブログが今、それなりの頻度で継続されているのも、危機感ある状況だからだと思います。

去年は、全然更新されてなかったし。

ヤバイなあ、と思う状況で

とりあえず何か、書き出さないと!

と思い無理矢理にでも1つ記事をつくりだす・・。

それを大衆にさらす。

危機感がなかったら、こんなこと敢えてやらないと思います。

無理に時間かけて、やる必要ないですからね。

結果としては、トライ・アンド・エラーが増えて発見の数も増えるのでいいことだと思います。

新しい1歩は、危機感と好奇心

自分を動かすものは、危機感ともう1つ、

好奇心、もあります。

就活ではなく、地域おこし協力隊を選択したり

公務員を辞めて、新しい土地に0から行ってみる、

などの行動は危機感もある一方で、好奇心もあるなあと思います。

自分が今、北海道にいるのも危機感と好奇心どっちもあってのことです。

特に危機感がある時が1番、思い切った行動してるなと思います(笑)

あの追い込まれてた時に発揮するエネルギーは何なのだろうか?

そしてなぜすぐ怠けてしまうのだろうか?

そんなことを思います。

アフリカや南米を冒険したいですねー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク







この記事を書いている人について


最後まで読んで頂きありがとうございました!
北海道夕張市から更新してますので気が向いたら、またよろしくお願いします(^^)
 とみやすについての詳細はこちら



follow us in feedly







コメントを残す

*