それで最近、Facebookの顔写真レインボーの人増えてたんだ。

どーも、冨安です。

最近Facebookで顔写真が虹色の人が増えていまして、

流行に疎い僕は、

これは一体なんのブームなんだ・・!?

と不思議に思っていました!

これはアメリカで同性婚が容認されることがきっかけだったんですね。

「性同一性障害」などの方々を意味するLGPTのシンボルが虹色だそうです。

Facebookで顔写真を虹色にして同性愛をカミングアウトする人が続出! 理解ある世の中へ | バズプラスニュース Buzz

2015年6月26日、アメリカ連邦最高裁が「同性婚は憲法上の権利」として認める判決を出し、事実上、全米で同性婚が容認されることになった。つまり、理解ある世の中への「第一歩」が、新たに踏み出されたのである。

・顔写真を虹色にする機能が搭載
同性婚が権利として認められたことを祝して、Facebookにプロフィールの顔写真を虹色にする機能が搭載された。

・自身が同性愛者であることをカミングアウト
すると、Facebookで顔写真を虹色にし、自身が同性愛者であることをカミングアウトする人が続出! 差別や「生きにくさ」を恐れて、今まで人に言えなかった自身の内面を、オープンにする人が続出していると言うのだ。

LGBT – Wikipedia

LGBT(エル・ジー・ビー・ティー)または GLBT(ジー・エル・ビー・ティー)とは、女性同性愛者(レズビアンLesbian)、男性同性愛者(ゲイGay)、両性愛者(バイセクシュアル、Bisexual)、そして性同一性障害含む性別越境者など(トランスジェンダーTransgender)の人々を意味する頭字語である。

 

それで最近、Facebookの顔写真虹色の人増えてたんですね。

最近Facebookでも、虹色のプロフィール写真に設定できるようになったそうです。

顔写真が虹色の人が増えてきたのは、そういうことだったんですね・・。

自身のカミングアウトかもしれないし、今回のアメリカの判決の祝福という意味あいもあるのでしょうか。

何かのメッセージとして多くの人に伝わる手段になるなら、いいことですね!

どうでもいいですが僕は以前流行ったALS、氷を被るバケツチャレンジもそうなのですが、

こういう流行ってるやつは、流行るほどに1歩引いちゃう人間です。

みんながやるほどに、やりたくなくなるという・・。

ひねくれてるんでしょうか?

流行り廃りにならずに、色んな人が生きやすい世の中になればいいなと思います!

Facebookが、米国同性婚合法化を祝してレインボープロフィール画像機能をリリース : ギズモード・ジャパン

「同性婚は合憲」アメリカ、全ての州で合法に ホワイトハウスもレインボーに染まる

意味がわからずフェイスブックレインボー~伝わらなければ何の意味もない

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!