Amazon、売る側で出品から配送まで自分でやってみた。適当にあった本を出品してみたら、想定外に売れてビックリした

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Amazon_セラーセントラル.png

どーも、冨安です。

最近実験的にやってみていることが、色々あるのですが、その1つでAmazonに本を出品してみました。

Amazonでどうやったら出品できるのかな!?

という仕組みを知りたくて、実験的にやってみたんですよね。

売れた後のことは考えていませでしたが、想定外に売れて慌てて配送まで行いました。

というわけで本日はAmazonを使って、出品から配送までやる方法をシェアします。

Amazonセラーセントラルに登録する。

Amazonで何かを販売したい、出品したい!

という時に出品自体はとても簡単です。

まずこのAmazonセラーセントラルに登録します。

ここにたくさんのセラー、販売者がいることでAmazonの豊富な商品ラインナップは成立しています。

AmazonセラーセントラルJAPAN

Amazon セラーセントラル

基本的に登録するために、そこまでややこしいことはないです。

考える部分は、契約パターンが2種類あるので、どっちを選ぶかという点です。

大口出品と小口出品

Amazon出品 出店 サービス トップページ

販売手数料と出品可能なカテゴリーなどが大きな違いです。

販売する量と物によりどちらかを選ぶことになります。

とりあえず、今回の僕の場合はある本を出品してみるくらいだから小口登録。

出品形態の機能

大口出品サービス

小口出品サービス

オンライン登録

オンライン登録

月間登録料

4,900円(3か月間無料*)

基本成約料詳しくはこちら
(成約商品1点につき100円)

Amazon.co.jp上にない
商品のカタログデータ登録

出品形態

出店(Amazon.co.jp上に出品商品一覧ページ掲載) 出品

一括出品ツールの利用

注文管理レポートの利用

出品者独自の配送料金・お届け日時指定
の設定(*4)

購入者へ提供できる決済方法

クレジットカードAmazonギフト券Amazonショッピングカードコンビニ決済代金引換(*3)Edy払い クレジットカードAmazonギフト券Amazonショッピングカード

プロモーション・ギフトオプション・
Amazonポイントなどを利用

商品詳細ページ右側「ショッピングカート」または「こちらからも買えますよ」ボックスへの出品者名表示権限

出品できるカテゴリー
(商品は、一部を除き「新品」「再生品」「中古商品」「コレクター商品」の4つの種類 から出品いただけます。)

今すぐ出品が可能

書籍 /文房具・オフィス用品/ミュージック/ホーム&キッチン/ビデオ/DIY・工具・車用品/DVD/おもちゃ&ホビー/PCソフト/スポーツ&アウトドア/TVゲーム/ベビー&マタニティ/エレクトロニクス/楽器

出品許可が必要

時計/ヘルス&ビューティ/アパレル、シューズ、バッグ/コスメ/ジュエリー/食品&飲料/ペット用品

今すぐ出品が可能

書籍 /文房具・オフィス用品/ミュージック/ホーム&キッチン/ビデオ/DIY・工具・車用品/DVD/おもちゃ&ホビー/PCソフト/スポーツ&アウトドア/TVゲーム/ベビー&マタニティ/エレクトロニクス/楽器

大口出品サービス

小口出品サービス

オンライン登録

オンライン登録

<Amazon servicesより>

Amazonセラーセントラルで商品を登録する

次にAmazonセラーセントラルで商品を登録します。

管理画面はこのような感じ。

在庫を押すと、商品登録できます。

Amazon セラーセントラル 1

次に売りたい商品を登録。

今回は、「世界史の極意」という手元にあって販売できるくらい綺麗な本を出品。

世界史の極意 (NHK出版新書 451)

この商品は既にAmazonで販売がされています。

商品登録 Amazon セラーセントラル 1

ここで出品する商品を検索します。

該当する商品があれば出てきます。

商品登録 Amazon セラーセントラル

出品するを選択します。

そして販売価格などを設定します。

配送料は、257円で決まっています。

商品提供の情報を登録 1

商品提供の情報を登録

これでOKです。

今回は中古品ですので

Amazon co jp 世界史の極意 NHK出版新書 451 佐藤 優 本

という流れで、出品自体は簡単です。

問題は売れるかです。

今回は、この中で最低価格で出品していたので売れたんだと思います。

配送のやり方

注文が確定すると、Amazonから注文入ったよー!とメールが来ます。

出品したのを忘れるくらい、売る気はなく適当に出してみたので、配送のやり方がよく分からずにあせりました。

1、納付書を印刷する

2、防水できるよう梱包する

3、発送する

4、出荷通知を送信する

発送のプロセスはこんな感じです。

注文管理 Amazon セラーセントラル

注文管理画面から納品書を印刷します。

僕は最近、印刷物はコンビニを利用しています(笑)

IPhoto 2

これは、上のモザイクかかっている部分が発送先の住所なので、これは梱包した封筒につけます。

下の部分は、本に挟んでおきます。

IPhoto 1

A4の茶封筒にポリ袋を用意しました。

IMG 0301

 

IMG 0302

防水用に、こうした対応をします。

IPhoto 1

 

IPhoto

裏は自分の住所を。

これで郵便局にて発送しました。

クレームはなかったから、おそらく大丈夫なはず・・・。

最後に出荷通知を、セラーセントラル管理画面で送信します!

注文管理 Amazon セラーセントラル

注文管理 Amazon セラーセントラル 1

これで作業は完了です!

Amazonで競合がたくさんいるので、売るのは大変ですが出品自体は簡単です。

今回は成約料金と、手数料引かれて445円が手元に入る感じです。

ブックオフで売るよりはマシかな?くらいですが、面白いですね!

Amazon市場を探ってみようと思いますので、手元にあるいらない本を出品してみます!笑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク







この記事を書いている人について


最後まで読んで頂きありがとうございました!
北海道夕張市から更新してますので気が向いたら、またよろしくお願いします(^^)
 とみやすについての詳細はこちら



follow us in feedly







コメントを残す

*