「石炭から石油へ」「炭鉱から観光へ」南から北まで歩いて考える夕張市の産業の歴史と未来。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IMG_3067.JPG

どーもこんばんは冨安です。

夕張市に来て1ヶ月ちょいが経ちました。

夕張市といえば「財政破綻」「夕張メロン」というキーワードで知っている方が多いと思います。

特に「財政破綻」というイメージが強いかもしれませんが、コンビニがあればスーパーもあり約1万人の人が暮らしを送っています。

先日、夕張市の国道沿いを南から北までひたすら歩いたので、ご紹介しつつ僕が1ヶ月くらい住んで感じること、歩いてみて思ったことをお伝えします。

縦に長く、6地域にわかれています

夕張市地図  1

(夕張不動産より)

夕張市は炭鉱の町として栄え、その面影が今でも強く残っています。

四方を山に囲まれており、縦に長く、炭鉱会社とともに各地域が発展してきたそうです。

地区により景観が異なり、それは産業の歴史の変遷と大きく関わっています。

夕張の炭鉱の町としての歴史は明治時代初期からはじまり、戦後の開発とともに大きく栄え、ピーク時は10万人以上の人口を抱えました。

しかし国の

「石炭から石油へ」

というエネルギー政策の転換とともに石炭産業は衰退し、炭鉱は1990年までに全て閉鎖されました。

炭鉱城下町だった夕張市からは雇用は大きく減り、

そこで「炭鉱から観光へ」

というフレーズで観光産業に投資が行われていきます。

当時バブル期、中曽根政権のリゾート法による観光産業振興政策も大きく影響しています。

しかし過大な投資が実らず、逆に足枷となり2007年の財政破綻に繋がります。

「石炭から石油へ」「炭鉱から観光へ」

いずれも国の政策とともに夕張市の産業は変遷しています。

そして現在は、若い鈴木市長のコンパクトシティ政策などが注目されています。

とても簡単に紹介しましたが、複雑な歴史があり、今の町があるのだと感じます。

国道274号線沿いの南から北まで、歩いたままをご紹介します!

まず南側の紅葉山にある道の駅メロード

夕張市地図  1

まず南側の紅葉山にある道の駅メロードから出発。

ここから、本庁地区まで約20キロ北上します。

IMG 2913

夕張の道の駅メロード。

 

 

 

 

IMG 2914

紅葉山にはセイコーマートとセブン-イレブンとコンビニが2つあり、道の駅もあります。

僕も住んでますが、便利な地域。

IMG 2919

夕張川。

この川が炭都を支えたのだろうか。

夕張メロンは紅葉山や沼ノ沢地区で

夕張メロンは、上記で紹介した「石炭から石油へ」「炭鉱から観光へ」

という政策とは関係のなく農家さんや関係者の努力で、今のブランドが築きあげられています。

メロン農家さんのハウスは、南側の地区で見ることが出来ます。

夕張は四方を山に囲まれている中でも、北上するほど険しさが増し農業が出来る立地ではなくなります。

だからこそ本町地区で観光への投資が行われたのかもしれません。

以前住んでいた平取町も南北に長かったのですが、南北に長いから??

南北で町の文化や雰囲気が違うのは共通しています。

IMG 2939

IMG 2940

 

IMG 2948

これ

IMG 2947

いかがでしょうか?笑

IMG 2942

こんな企業の施設も。

炭鉱町の面影と市長のコンパクトシティ政策と2つの顔がある清水沢地区

IMG 2950

さらに進んで

夕張市地図  1

清水沢地区に入ります。

清水沢地区は、ちょうど南北の中心に位置し、小中学校や高校もあり人口も多い地区です。

IMG 2954

市長のコンパクトシティ政策がリアルタイムで進められています。

分散している人口や町の機能を集約させて、効率的な経営を目指そう!という政策です。

IMG 2963

IMG 2958

IMG 2964

南清水沢駅。

夕張はJRが通っています。

IMG 2966

 

IMG 2968

面白うそうな本が(笑)

この中だったら「あくび、一回40円」が気になります。

IMG 2955

そして、国道274号線を奥に行くと、炭住と呼ばれる炭鉱住宅がそのまま残っている地区に入ります。

IMG 3064

IMG 3065

かつては、炭鉱会社が運営していたが、炭鉱の閉山とともに炭鉱住宅は市に売却されています。

現在も住宅は利用されております。

炭住には、お風呂がついていないため公共浴場が各地にあります。

炭鉱の町ならではの文化ですよね。

IMG 0277

僕も行きます。気持ちいいですよ!

でも話を聞くと、コンパクトシティ政策の影響でこの辺りの人口も減って、浴場利用者も減ってきているそうです。

IMG 0243

 

IMG 3067

橋をわたると清陵町。

夕張に来ていただくとわかりますが、市営住宅がとにかく多いです。

これらは炭鉱会社から市が買い取った住宅で、夕張市の公営住宅の割合は全国1だそうです。

こんだけの公営住宅、老朽化も進む中で、職員さんは管理相当大変だと思うのですが・・。

IMG 0307

これは清陵町の浴場。

最高です!

清水沢の商店街

IMG 2984

商店街。

IMG 2986

 

IMG 2990

炭鉱が栄えていた時は、きっと発展途上国の首都的な混沌した感じだったんだろうなあーと思う。

IMG 2998

さらに進みます。

傾斜がきついですw

若菜地区に入ります。

夕張市地図  1

IMG 3008

この地区にはサングリンスポーツビレッジという野球場やサッカー場があります。

とても立派なスポーツ施設で、色んな大会が行われています。

めっちゃいいスポーツ施設!夕張市平和運動公園のシーズンはシカの糞拾いから始まる。

IMG 3013

 

IMG 3015

IMG 3017

入ってみる。

IMG 3018

美味しかったです!

IMG 3021

ルパン!気になる!!

IMG 3027

札幌までは1時間でつくし、千歳も近い。

IMG 3030

もう足がだいぶ痛いです。

IMG 3032

 

IMG 3035

10分で開けてくれます!

IMG 3038

本町地区です!

約20キロ歩きました笑

IMG 3041

6月オープン!

アルバイトも募集中だそうな!

IMG 3042

cafebar-pleasureというお店。夜遅くに飲む方はどうぞ。

店長僕より若い!

cafebar-pleasure

IMG 0195

本庁地区。傾斜の厳しい場所に町がつくられています。

IMG 3056

 

IMG 3057

現在も映画祭が行われているように、映画文化のある町です。

IMG 3054

ホテルシューパロ。

IMG 3050

ホテルマウントレースイ。

「炭鉱から観光へ」という流れで誕生した施設。

本町地区に観光産業への投資は集中しており、廃墟となり使用されていない施設がたくさんあります。

IMG 0193

歩き疲れました!

ゴールにしていた屋台村です。

何かあると、ここに食べに来ることが多いです。

IMG 3049

ラーメン屋、ジンギスカン、寿司など5、6店舗入っており、好きなお店を選ぶことが出来ます。

IMG 3046

IMG 0283

ウォーキングの後の、オムカレーは最高ですね。

ゆうばり屋台村

歩いてみて思ったこと

こうして夕張ハツラツダイエットウォーキングは終了しました。

普段は車で移動してばかりなので、歩るくとまた発見があるものです。

計測結果として、紅葉山から本庁までは3万歩でした(笑)

「石炭から石油へ」「炭鉱から観光へ」「コンパクトシティ政策」

南から北へ歩いていると、産業の歴史をすごく感じます。

炭住地区のある清水沢などは、歩いていてどこかの時代にタイムスリップした感覚になります。

一方で「コンパクトシティ政策」という未来を考える取り組みも行われています。

そんな歴史や文化から僕みたいな若い人間は、きっと学ぶことがたくさんあるのだと思います。

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク







この記事を書いている人について


最後まで読んで頂きありがとうございました!
岡山県美作市上山から更新してますので気が向いたら、またよろしくお願いします(^^)
 とみやすについての詳細はこちら



follow us in feedly

コメントを残す

*