戦略は守りは固いぜ!密かに運営し始めたフェイスブックページにイイネ、1件入りました。

  • 2015年4月18日
  • SNS
SNS

11108876 792607277476198 3333265390203708328 n

どーも、冨安です。

最近は個人事業主としてやっていこう!

ということで、使えるソーシャルアカウントは駆使していこうと思っています。

今更ながら、密かにフェイスブックページの運用を開始していました。

特に誰かにイイネのリクエストをすることもなく密かにやっています。

ですので、そもそもその存在を知られていません。

0件のフェイスブックページにイイネを押す勇気

さて、0件だったフェイスブックページというのは

「うわ、このページ大丈夫かよ」

と思うものでして、イイネの数を押そうとは到底思いません。

普通はフェイスブックページは、作ったらイイネをリクエストするものです。

そうしたイイネが0件という状況の中で、誰が最初にイイネを押すんだろう?

また、一生押されないんだろうか?

はたまた、自分で禁断の第1号イイネになるべきだろうか?

僕は考えました。どうでもいい問題ですね。

僕は誰にも、その存在を伝えることをせずに静かにその時を待つことにしたのでした。

一発目のイイネが押される時を(笑)

気づいたらついてました。

 

業者に頼まず 自分で引越しをする技術 北海道に来て5度目の引越しを終えて とみやすブログ

 

とみやすブログ

 

とみやすブログ

名称未設定

 

名称未設定フェイスブックと僕の思い出にしたいと思います。

イイネありがとうございましたー!笑

守りのフェイスブックページ運用術

さて、フェイスブックページの運用は色々と目的がありますが

僕の場合はコアなリピーターになっている読者を把握したい、という目的があります。

繋がりのある所からのイイネが多いのか?あるいは知らない人もイイネしているのか?

例えばこうした部分とか。

フェイスブックページは、よくイイネのリクエストをぱーっと送るパターンが多いです。

色々と来るんだけど、来すぎてウォールがごちゃこちゃするので、結構忘れたりスルーしちゃうんですよね。

興味ない人にイイネ押してもらって、みかけの数字増やしても意味ない気がするので

特にフェイスブックページのリクエストは送らずに、運営して行こうと思います。

これが守りのフェイスブックページ運用術です。

そうです、全ては押しの弱さをごまかすための言い訳に繋がります(笑)

面白いページには勝手にイイネをする

リクエストをされてもイイネしないページもある一方で、自分が面白い!

と思ったページにはイイネを自ら押します。

そう考えると、イイネが押されないのは、フェイスブックページに投稿されている内容が面白くない、つまらないからです。

面白いページには勝手にイイネしますから。

お、おれ・・・!!!

1歩1歩ステップアップを目指したいと思います。

さて本記事を読まれた皆様。

11058572_793694107367515_7271905776877153452_n

 

10339780_793679594035633_6139859376892492972_n

最新情報をチェックしよう!