1歩を踏み出す勇気。半年放置していたブログの再開が難しい3つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
NewImage.png

どーも。

NewImage

いかがお過ごしでしょうか?

僕は3月で公務員を辞めたり地域おこし協力隊の時から約4年住んでいた平取町から夕張市に移住したりしました。

俗にいうフリーランスでやってみようと思い夕張市に移住するに至ります。

まさに春、エイプリルって感じですね!

一言で簡単に片付けてますけど、色んな経緯や考え方があり1年で公務員を辞めて夕張市に移住しています。

今回はその話は置いておいて、放置していたブログを再開する1歩を踏み出す勇気について考えたいと思います。

半年近く放置していた本ブログの再開するにあたり、書きづらいなーと思ったんですよね。

ブログは何かの理由で更新が途絶えがちなものです。

なぜ放置していたブログの再開の第1歩はなかなか踏み出せないのでしょうか?

その原因を3つ挙げて、ブログを気軽に更新しようと思うマインドセットを提案したいと思います。

原因1:気合を入れてしまう

ブログというのは気合を入れて、一発を狙うよりも淡々と淡々と記事を積み上げていくくらいがちょうどいいです。

毎日のように書いていると、読まれる読まれない気にせずに

はい次!はい次!

と淡々と更新していくことができます。

たまに更新する記事は、読まれなかったらどうしよう・・・???

などと余計なことを考えてしまいがちです。

まして半年ぶりの再開となれば、つい気合を入れて記事を書こうとしてしまいます。

気合を入れ過ぎると、考えすぎて逆に前に進まないものだと思います。

なぜセルゲームの時に悟空とご飯は戦闘の時以外でもスーパーサイヤ人の状態で過ごそうとしたのでしょうか?

ブロガーもスーパーサイヤ人もポテンシャルを発揮するための条件は同じなのかもしれません。

原因2:文章の書き方を忘れた

ブログは毎日のように書いていると、記事をアウトプットすることを意識しながら日々を過ごさないといけません。

毎日書いてると、常に物事をアウトプットする前提で観察したりするようになります。

さらにアウトプットするには、ちゃんと知識もつけないといけないから勉強もしないといけません。

アウトプットを意識して過ごすか、過ごさないか?

という点なんでしょうね。

ブログの記事とかだいたい記事にする前に、自分が経験したことや見たことを頭で考えて構成して、という作業が8割を占める気もします。

ブログを毎日のようにやっている時と久しぶりにやる時とでは、頭の使い方が全く異なります。

オフ明けのスポーツ選手みたいな感じでしょうか?笑

原因3:恥ずかしい

やはり自分のやっていることや意見を、大公開するのはためらいがあるものです。

身も蓋もありませんが、久しぶりにやると何か恥ずかしいなーって思う方も多いのではないでしょうか?

日常化すればどうってことはなくなりますが、久しぶりに更新する時や新たにブログを立ち上げる時など他人の目線がきになるものだと思います。

誰も気にしてないんですけどね。こうやってブログが晒されるのは恥ずかしいものです。

このような、恥ずかしさを感じる女々しい自分をどうにかしなければならないのだと思います。

ゴールデンボンバーさんも歌っていました。

女々しくて、女々しくて、女々しくて

1800195 790430631027196 1032539581423891686 n

立ち上げや、久々の記事更新は気楽にやろう

というわけで、僕も久しぶりのブログ記事更新で、

何書くかなあ・・って迷ったわけですが迷った気持ちが記事になりました。

新規のブログの立ち上げや久々の更新の1歩は、気合が入ってしまうものですが

僕のように適当な感じでやってみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク







この記事を書いている人について


最後まで読んで頂きありがとうございました!
北海道夕張市から更新してますので気が向いたら、またよろしくお願いします(^^)
 とみやすについての詳細はこちら



follow us in feedly







コメントを残す

*