君に、Dの意思はあるか?ワンピース、頂上決戦の事例から考える地域おこし協力隊、成功の方程式

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ONE PIECE 57 (ジャンプコミックス)

どーも、冨安です。

非常に久しぶりのブログ更新です。

色んな部分で余裕ないときは、ブログまで手がまわらないもので・・。

さて、久々の更新となりますが、本日は以前閃いた

漫画、ワンピースの事例から地域おこし協力隊の成功の方程式を考えてみる、

という今世紀最重要なテーマについて記事にしていきたい。

さもそれっぽくお伝えできるように、本ブログ記事においては「です、ます調」ではなく「である調」

とさせて頂く。

読者のみなさまにはご了承頂ければ幸いである。

諸説については、これから述べていくが地域で暮らしを営む皆様や地域おこし協力隊の方々には是非1度立ち止まって考えてみて欲しい。

 

「あなたはDの意思を持っていますか?」

 

地方をめぐる社会的な背景

まずは、昨今の地方をめぐる情勢を考えてみたい。

人口減少や高齢化、少子化、インフラの老朽化、進む円安など問題を上げれば際限はない。

これは例外なくほとんどすべての地域で進んでおり都会ですらそうだろう。

こうした情勢に対して、国は地方創生に向けた政策を出しているが、これがバラマキではないかなどと巷の噂が流れている。

弾けるのは時間の問題に見える地域活性化バブル。

その中の政策目標の1つに地域おこし協力隊の規模を3000人まで拡大する

との目標が掲げられている。

ちなみに現在は約1000人ほどらしいので、約3倍である。

地域おこし協力隊とえば僕もやっていて、都心部の人間を地方に呼ぶための政策である。

しなしながら以前の記事でも書いたように、活かすも殺すも受け入れ地域に問われる部分もでかいのが地域おこし協力隊。

地域おこし協力隊で最も大事なのは受け入れ地域が何をしたいか

数千人数万人の町に対してたかが数人で、できることはやはり限られる。

さらに、人口減少や高齢化、少子化、インフラの老朽化、気候変動、経済状況など誰も対処方法を分かっていない地域が抱える問題に対して

地域おこし協力隊でよそから来た人間に何ができるのだろうか?

それは、

嵐の中にアリが一匹飛び込むのと同じ事

ではないだろうか?

この言葉に覚えはあるだろうか?

そう、かの有名なアマゾン・リリーの、先々々代皇帝、ニョン婆ことグロリオーサがインペルダウンに向かうルフィに言ったセリフだ。

インペルダウンと頂上決戦

毒々の能力を持つマゼラン率いるインペルダウンの戦力、さらに海軍の戦力が集結している頂上決戦。

兄、エースを救出するためにルフィは立ち向かっていくわけだが、単独で海軍の最高戦力に立ち向かっていくことはまさに

嵐の中にアリが一匹飛び込むのと同じ事

である。

これをリアルの世界に無理やり当てはめれば、地域おこし協力隊みたいな人間が多くの問題を抱える地域を変える!

みたいな話は

嵐の中にアリが一匹飛び込むのと同じ事

である。

しかしながら

「諦めたらそこで試合終了ですよ・・。」

というのがスラムダンク安西先生の教えである。

僕達はここで諦めてはいけない。

トラファルガー・ローのセリフを思い出して欲しい。

 

「Dはまた・・必ず嵐を呼ぶ・・!!」

 

なぜルフィはインペルダウンと頂上決戦を生き残れたのか?

エースを救出するというミッションは達成できなかったルフィだが、インペルダウン、頂上決戦を生き抜いたルフィを

アマゾン・リリーの、先々々代皇帝ニョン婆は

「巨大な嵐の中核に飛び込んだアリ1匹・・!!命を持って帰還するとはいよいよ持って神の所業・・」

とまで評価している。

ルフィが難局を乗り越えることが出来たのは、彼が持つ周りにいる人間を次々に仲間にしていく能力であり、覇王色の覇気である。

僕達も地域に訪れる巨大な嵐に一人で立ち向かっていくことはできない。

インペルダウンで監獄から脱出するという目標が仲間をつくったように。

頂上決戦でエースを救出するという目標が仲間をつくったように。

大きな目標を達成していくには一人の力には限界がある。

巨大な嵐に立ち向かっていくために

さて、現在は卒業した人間を含めれば1000人以上の人が経験している地域おこし協力隊。

誰もがルフィのような覇王色の覇気を持っているわけではないのは当然である。

むしろ、やはり覇王色の覇気を持っている地域おこし協力隊はかなり限られるだろう。

なぜなら数百万人に一人しか身に付けることが出来ない資質だからだ。

僕はあるとすれば聞色の覇気の資質だと、神様に教えてもらいました。

大事なのは誰もがルフィになることではなく、それぞれがそれぞれにしかできない役割を果たしていくことが大事である、

というのがワンピースの教えだろう。

巨大な嵐に立ち向かっていくために僕達は、チームを組んでいかなければならないようだ。

では次回、引き続きワンピースのチーム戦略から地方創生を紐解いていきたい。

500ピース ワンピース 海賊王におれはなる! (38cmx53cm)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク







この記事を書いている人について


最後まで読んで頂きありがとうございました!
岡山県美作市上山から更新してますので気が向いたら、またよろしくお願いします(^^)
 とみやすについての詳細はこちら



follow us in feedly


コメント

  1. 名無し より:

    漫画の記事書いてないで活動内容書いてよ。アフィリエイトみたいで気持ち悪い。

    1. aolarena より:

      ご期待裏切ってしまい申し訳ないです。
      ダメだなと思ってるので、ちゃんとしたこと書けるようにします。

      よければ名前教えて頂ければ嬉しいです。

  2. sin より:

    記事読ませて頂きましたm(_ _)m
    今年就活で地域おこし協力隊になりたいと思っている者です。

    自分はワンピース好きで、当然ネタも分かる訳ですが、ワンピースを例にとても上手に表現していて楽しく読めましたしとても参考になりました。

    これからも是非情報発信をお願い致しますm(_ _)m

    1. aolarena より:

      ありがとうございます!

      お役に立てたようで嬉しいですーまたコメントまで残して頂いてありがとうございます(^^)
      今はちょっと書けないのですが、またやってきますのでお楽しみにどうぞ!笑

コメントを残す

*