バズったのか?拡散力が半端なかった、佐々木俊尚インパクト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本百名山、幌尻岳の「トイレ問題」。登山ブームの今、いったい他人のブツは誰が運び出すべきなのか?.png

どーも、冨安です。

先日書いた幌尻岳の糞尿下ろしに関する記事

 日本百名山、幌尻岳の「トイレ問題」。登山ブームの今、いったい他人のブツは誰が運び出すべきなのか?

この記事は僕が今まで書いた中では最もソーシャルネットワークで拡散されました。

日本百名山 幌尻岳の トイレ問題 登山ブームの今 いったい他人のブツは誰が運び出すべきなのか

2日で3000PVくらいでした。

なかなかにこれだけ拡散されることは僕のブログ的には珍しく、僕のような人間でもこれだけ読まれる記事を書くことができた、ということは多くの方に夢と希望を与えるはずです。

本日は、なぜこの記事が拡散されたのか、そして拡散されたら何が起こるのか?

感じたことを書いていきたいと思います。

佐々木俊尚インパクト

 日本百名山、幌尻岳の「トイレ問題」。登山ブームの今、いったい他人のブツは誰が運び出すべきなのか?

この記事は、登山客の排泄物の問題と問題に対処している日高山脈ファンクラブの取り組みを紹介した記事でした。

いつも記事を書く要領で書いていましたが、この記事の大前提に日高山脈ファンクラブの活動自体がスゴい!

ということがあります。

さらに、登山というのは多くの方に通じるテーマでもありました。

記事自体はいつも通りに書いていたのですが、ブログで難しいのは読んでもらうまでです。

どんなに素晴らしいことを書いても、その記事の存在を知らなければ読まれることはないわけです。

そこで今回、僕がやってみたことはTwitterで影響力のある人に絡んでみる、ということでした。

絡んでみた方が佐々木俊尚さん、というジャーナリストの方です。

佐々木俊尚 sasakitoshinao さん Twitter と バズったのか 拡散力が半端なかった 佐々木俊尚インパクト

知ってる方は知っていると思いますが著書には

などがあります。

Twitterのフォロワーが約22万という影響力ある方。今回は佐々木さんに記事を拾ってもらえたことが拡散の大きな要因でした。

 

佐々木さんに絡んでみた理由

著書も何冊か読んでいて、佐々木さんのメルマガを購読しているので、登山をされていることは知っていました。 ですので、もしかしたら読んでもらえたら響く可能性があるなと思いつきまして、Twitterで営業をかけてみた次第でした。


適当な感じですけど。

たまたま意図が当たった結果、佐々木さんに拾って頂いたインパクトは強烈で主にTwitterでかなり読まれました。

実験してみるのはタダでゼロリスクですから、やってみるものですね。

拡散は拡散を呼ぶ

佐々木さんに拡散された結果、他のニュース配信アプリで取り上げられる現象が起きました。

すべてのトラフィック Google Analytics

すべてのトラフィック Google Analytics

スマートニュースやグノシーに取り上げられたようです。

いや、嬉しいですねー笑

グノシーは初めてです。大して読まれなかったけど・・。

すべてのトラフィック Google Analytics

後、嬉しかったのが、ネタフルさんにピックアップされてたこと。

このサイトやってるコグレマサトさんの著書読んでて知ってたんですよね。

遠いように感じてた世界の人たちが少しずつ近く感じるようになった気がします。

影響力のある人に記事を拾われるメリット

拡散されているのを見ていて、今回の記事であれば

問題が多くの人に共有されること、課題解決への意見が集まってくること

この2点が面白いなと思いました。

山の問題についての色んな意見が出てきて、色んな分野の人たちがこうしたらいいじゃない?

というツイートしてくれるので、こうした中から実際の解決に繋がるアイデアも出てくることがあると思います。

このように昼にカレーという点も注目を浴びているようでした笑

登山というメジャーなテーマと日高山脈ファンクラブの活動が拡散要因

僕が地道にブログの記事を書いていても中々バズらせるとかやろうと思ってもできるもんじゃないと感じています。

そんな中で今回それなりに拡散されたのは

登山という多くの人に共通するテーマであったこと、紹介した日高山脈ファンクラブの活動が凄かったこと

この2点にプラスして、記事の書き方が上達してきたことが要因かなと思います。

改めてソーシャルネットワークやブログという個人メデイアは組織に頼らなくても行きていくツールになるなーと感じた次第でした。

今の僕ではこうしたことは滅多にできないので、引き続き淡々と記事を更新していきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク







この記事を書いている人について


最後まで読んで頂きありがとうございました!
北海道夕張市から更新してますので気が向いたら、またよろしくお願いします(^^)
 とみやすについての詳細はこちら



follow us in feedly







コメントを残す

*