なぜヒゲだけアゴ毛と言わないのか?ヒゲと毛の違いは一体何?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
10489839_646352655434995_8753491376969612319_n

10489839_646352655434995_8753491376969612319_n

どーもこんばんは。とみやすです。

今日ふと疑問に思ったのをきっかけに一体何が違うんだろうか!?

とずっと考えていることがあります。

極めて身も蓋もないのですが。

耳の中に髪の毛が入った時の3つの対処法

ブログ記事のジャンルとしては上記の記事と同様に身も蓋もない系で

「ヒゲ」と「毛」の違いについて、ずっと考えています。

ふと疑問に思ったんですよ。

 

ヒゲはなぜ、

 

アゴ毛と言わない

のか?

 

おかしくないですか?

普通、どの毛も

体の部位の後に~~毛ってつくじゃないですか。

すね毛、胸毛、鼻毛

まあ何でもいいのですが。

でもヒゲってアゴ毛って言わないじゃないですか?

おかしくないですか?

ヒゲって、アゴという体の部位の名前をつけてアゴ毛、とすることなく

ヒゲって言っちゃってるんですよ?

しかも、もはや大人気マンガワンピースにおいて、かの4皇たちにもヒゲがついてるじゃないですか?

300ピース ワンピース 白ひげ海賊団-エドワード・ニューゲート 300-378

白ひげ、黒ひげ

確かに、白すね毛、黒胸毛とかださい、

ということを考えると

「ヒゲ」という響きが他の毛に比べて圧倒的に優位であることがわかります。

何なのでしょうか?

アゴ毛と言わないことによる他の毛と比較した時の

 

ヒゲの優位感

 

なかなか調べえてもしっくりくる答えは出てこなかったのですが

こちらの髭スタイル

というサイトがヒゲに関して、1番参考になるんじゃないかと思います。

髭の総合的な情報を提供しているサイトだそうです。

なにげに髭について色んなことが書いてあって面白いです!笑

髭は言うまでもなく、人間の体毛の1つです。ですから、ヒゲだからと言って胸毛など他の体毛と、毛質に違いはほとんどありません。しかし、普段私たちが目にしているひげの大部分は、硬い毛質をしているように感じられますよね。ですから、ゴワゴワした髭と他の部分の体毛を比べても、中々これらが同じ質の毛だというイメージが湧かないのではないでしょうか。しかし体質にもよりますが、ひげを長期間伸ばしっぱなしにすると大抵ソフトな毛が生えてきます。簡単に言うと、普段見慣れているヒゲは短く切ってあるので、その切り口が硬いだけなのです。ひげをそれなりの長さにまで伸ばすと、他の体毛と同じような質の毛が生えていることに気付くはずです。

引用:髭スタイルより

どうやら、特に体毛とヒゲに違いはないようですね。

ウィキペディアにも記載があります。

(ひげ)とは、人間のから顎の下にかけて生えるのこと。髯、鬚とも書き、くちひげ(髭)、あごひげ(鬚)、ほおひげ(髯)で漢字を使い分ける。英語においても同様に使い分けられている。一方、日本語の「ひげ」のように3者を統括した漢字や英単語は存在しない。

やはり

アゴ毛とは言わないんですよ。

いや、謎は深まるばかりです!

なんで、ヒゲだけ独立しちゃってるんですか!?笑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク







この記事を書いている人について


最後まで読んで頂きありがとうございました!
北海道夕張市から更新してますので気が向いたら、またよろしくお願いします(^^)
 とみやすについての詳細はこちら



follow us in feedly







コメントを残す

*